【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-1-1 もうおしまいだ、何もかも

人類史って、どんな道のりであったかご存知だろうか?

人類が知恵を持ち、組織で活動するようになってから同種同士の争いは今に至るまで終幕を迎えない。

そんな歴史の中で滅びもせず、種の存続が絶えず行えているのは争うのはいつも一部の人間だけだからだ。

争う理由はいくらでもあろう。

そんな争いも時代が進むごとに殺傷速度も、範囲も拡大していき、今となっては地球規模の破壊を行える兵器まで存在している。

それが抑止力となることで大規模な戦争は起きていない。

しかしそれはただの口上でしかなく、やろうと思えば指先一つで地球は滅びる。

 

これは人類の進化した結果として正解なのだろうか?

 

間違いであるならば修正するしかない。

たとえ歴史を覆す力が、魔法少女という化け物由来の力であったとしても。

 

ヨーロッパ 某所

 

「集団の魔力反応を確認。3日前に武器庫を襲撃した魔法少女たちだと考えられます」

「大人しく管理下に入ればよかったものを。何が彼女たちを反抗させるのやら」

「アンチマギア、準備が完了しました」

「よし、鎮圧マニュアルを実行しろ。いいか、できるだけ殺すんじゃないぞ」

森林の廃墟を取り囲むように軍人たちが侵攻を開始する。

その手には特殊な銃と特殊な粉末が含まれたRPGがある。

歩くたびに出てしまう草を踏んだ音、枝を擦る音を魔法少女たちが聞き逃すはずもなく、一瞬のうちに周囲の音が消えてしまった。

消えた音は空気の振動による音だけでなく、電波を伝ってくる音と呼べるもの全てがその場から失ってしまった

異常事態にもかかわらず軍人たちは慌てることなくハンドサインでこの後の行動を共有していく。

1人のRPGを持った軍人が廃墟の上空目掛けてRPGの引き金を引く。

音が無いまま上空で爆散した弾頭は周囲に特殊な粉を撒き散らす。

すると、消えていたはずの音が元に戻った。

”なにgaza tあの、みんp、裏!-て!“

「ノイズがひどい。だが奴らは裏口から逃げるつもりだ。S班、洞窟を張れ」

現地にいる部隊長の指示に従ってS班は獣道が残る洞窟の前で待機した

「N班、E班は引き続き鎮圧マニュアルに従って進軍せよ。N班は作った穴の監視も怠るな」

廃墟を取り囲む軍人たちは廃墟へ取り付き、内部にいる魔法少女の捕獲を開始する。

内部にいた1人の魔法少女は侵入してきた軍人へ小さな錨のアンカーを投げつけてきて軍人は脇腹を貫かれた。

「ここから先は通すものか!」

軍人たちは魔法少女へ銃口を向け、部隊長は魔法少女の前に出た。

「武器を下ろせ、下手な行動を起こせば後の扱いが酷くなるだけだ」

「ふん、あたしたちにとっちゃ保護された時点で死ぬと一緒なのさ」

部隊長がアンカーを持つ魔法少女へ一歩近づく。

「もう一度言おう。武器をおろして降伏しろ」

「…断る」

「そうか、残念だ」

部隊長は建物の中へグレネードを投げ入れた。

内部に残っていた魔法少女たちはグレネードを目にして建物の奥へと逃げ始める。

グレネードが破裂すると破片と共にRPGにも含まれていた謎の粉塵が周囲に拡散された。

粉塵に触れた魔法少女は皆動きが鈍くなり、アンカーを持っていた魔法少女も立っているのがやっとの状態だった。

「なんだこれ、意識が遠く」

軍人たちは内部へ一気に突入し、動きが鈍くなった魔法少女たちのソウルジェムへ銃を押し付けていく。

「まさかアンチマギアか!
なぜだ、武器倉庫は破壊したはず」

そして部隊長がアンカーを持つ魔法少女のソウルジェムへ銃を押し付けながら話し始めた。

我々がサピエンスから与えられた、人ならざる君達へ対抗するために用意してくれたものの一部さ。君たちも知らない一部だよ」

「サピエンス…そうか、あいつが言っていた人間を敵たらしめる存在か」

「裏口から逃げようとした魔法少女、素質のある少女たちを裏口で捉えた。
悪いが仲間揃って身柄を拘束させてもらう。あとは君の言うアイツについて詳しく聞かせてもらおう」

アンカーを持つ魔法少女は驚いた顔をした後、部隊長の足を掴んだ。

「お願いだ、裏口から逃げようとしたやつの中に、グリーフシードが必要な奴がいるんだ。
そいつだけは、見逃してくれないか」

「身の程をわきまえろ。警告を無視したんだ、要求には答えられない」

アンカーを持つ魔法少女は部隊長の足を離し、何も話さずにうなだれていた。

部隊長は状況確認のために各部隊へ連絡を取っていると周囲が禍々しい空間へと変わっていった。

「隊長!S班から拘束した魔法少女が魔女になったという報告が」

「各位、鎮圧マニュアルから対魔女マニュアルに変更。
S班、E班は魔女討伐を実施せよ。N班は私とここで待機だ。
なお、くれぐれも逃亡者が出ないよう見張りも並行して実施すること」

指示を出した部隊長はその場で銃のカートリッジを変更した。

「無駄なことを。人間が魔女に敵うわけがないだろう」

「少し前までではな。人間を甘く見るんじゃない」

そう言った後、部隊長はカートリッジを変え終わった拳銃を一発発砲し、目の前に現れた使い魔を倒してしまった。

「普通の銃弾が使い魔を」

「我々にはすでに争う力がある。お前たち魔法少女に頼らずとも、戦う力がな」

話をしているうちに、禍々しい結界は消えて周囲は元の廃墟へと風景が戻った。

「現状報告。
…あー。わかった。全員を拠点へ搬送しろ」

無線を切って部隊長はアンカーを持つ魔法少女を抱え上げた。

「こちら実行部隊、これから本部へターゲットを搬送する。受け入れ準備を頼む」

「もうおしまいだ、何もかも。
すまないなカレン、あんたの目指す世界に、私は入れそうになさそうだ」

ヨーロッパのかつては中立国を主張していた国だが、今は対魔法少女用の拠点が構えられている。

これは国連が魔法少女は人類の敵であると宣言したためである。

その拠点へターゲットである魔法少女を捕獲したという情報が入った。

「レディ、例の武器倉庫襲撃犯たちを捕らえたとのことです」

「そう、輸送を完了させるまで気を緩ませないでね」

「了解」

携帯での会話が終わったところを見計らい、一緒に歩いているボディーガードの少女がレディと呼ばれている少女へ話しかけた。

「武器庫破壊がわかったから彼女たちの存在に気づけたものの、知らぬ間にかなりの損害が出ていたようね」

「ヨーロッパ地域とアフリカ地域、さらにはロシア領の半分に及ぶ地域に存在した裏組織の対魔法少女兵器が跡形もなく破壊されていた。

そして、武器庫破壊時点で戦車や戦闘機といった大型兵器への転用実験がデータごと吹き飛んだ。

秘密裏に破壊工作や情報収集を行っていたにしても手際が良すぎる」

「魔法少女にも頭がキレる奴がいるってことよ。そう考えると随分と呆気なく終わったなぁ。ちょっと期待はずれ」

2人の少女は建物内へ入り、エレベーターを使って3階の司令室へと移動していた。

そして、エレベーターの中で会話を続けた。

「残ってるのが軍艦への搭載実験だけど、作戦にすぐ使えそうなのは1隻だけなのよね」

「相手は魔法少女。海上からの援護砲撃ができれば十分じゃないの?」

「キアラ、魔法少女にも船乗りがいるかもしれないじゃない。
予備がないっていうのは怖いことよ」

「しばらくは白兵戦しかできないのね」

エレベーターの扉が開き、司令室ですれ違った兵士たちはほとんどがイザベラへ敬礼を行っていた。

敬礼を行わなかった兵士は、近くにいた友人の兵士へ話しかけた。

「あの人たち誰だ?」

「サピエンス責任者のイザベラ様とそのパートナーのキアラ様だぞ。お前こんなことも知らなかったのか」

「俺はアンチマギアとは無縁の部隊だからね。あの二人とサピエンスってそんなにすごいのか?」

「サピエンスは魔法少女と魔女へ特攻を持った成分であるアンチマギアを生み出した、魔法少女を狩るスペシャリストが集まる組織だ。

イザベラ様とキアラ様はその中でもトップクラスに魔法少女と魔女を狩ってきた数が多い方たちだ。もちろん、俺達一般兵が束になって挑んでもかなわないさ」

「ふーん、今の世界情勢だからこそ敬われてるってわけか」

「言葉を慎んどけ。聞かれたら殺されるぞ」

 

イザベラは指令室へ入ると周囲の兵士へ敬礼を返し、ヨーロッパ地域の司令官へ話しかけた。

「提供した武器で事足りたかしら?」

「レディ、武器の供給は感謝する。しかし前回のような大掛かりな実験は魔法少女の標的になると考えるとリスクしかない」

「あら?そんなことを言うならロシアか中華民国へ実験場を移すけどいいのかしら」

「我々が求めているのは人類の安全だ。
レディたちのように魔法少女キラーとして名をあげることに連合のトップたちは賛同していないのだ」

実験場として使っても良いと真っ先に名乗りをあげたのはあなたたちじゃないの。何を今更」

司令官は返事をすることはなかった。

「まあいいわ。国連の宣言に従える最低限のものは提供したから、あとは好きにしなさい」

イザベラは司令室を出ようとしたら足を止めて司令官へ向き直った

「そうそう、もし魔法少女の取り締まりを怠ってヨーロッパが魔法少女の巣窟になりでもしたら、その時はヨーロッパが赤く燃えてしまうということはお忘れなく」

「わかっているさ」

イザベラとキアラが司令室から出ていくのを確認したあと、司令官は愚痴をこぼした。

「少女たちを拘束、殺害する狂った方針をなぜ国連が宣言してしまったんだ。
私は、あの演説を見聞きした後でも理解に苦しむよ」

「魔法少女は願いによって人類史を捻じ曲げてきたとありましたが、それが事実だとするとそこまで必死になるのも致し方ないのでは」

「だから芽が出る前に掘りつくし、出た花は手折るというのか。
監視だけでいいのではないか」

「しかし、今回のように明確に人類へ反抗する者達もいます。
躊躇していたらこちらがやられますよ。
司令官殿には、娘さんがいるのは知っていますが今は耐えるときですよ」

「ふぅ、そうだな。この躊躇は娘が魔法少女だったから、かもしれんな」

 

イザベラとキアラは司令部近くに停められているごく一般的な乗用車のもとへと向かった。

4人乗りの乗用車には1人の運転手が待機していて、2人の姿を見ると車のエンジンを起動した。

イザベラとキアラは後部座席に座り、ドアが閉められたのを確認すると運転手は何も言わずにアクセルを踏んで車は前進を始めた。

「はぁ、司令部で話し込むと思って遅めの飛行機を予約したのにこれじゃあ結構時間が余っちゃうわね」

「それなら折角だ。この国の日常が変わったか見てまわるのも良いんじゃないか?」

アポなしで行けるところなんて広場くらいしか思いつかないんだけど」

「広場で何の問題がある?
どんな身分の人でも立ち寄れる場所が一番欲しい情報を得られると思うが」

「ま、別にいいわ。運転手さん、シャンドマルス公園へ向かって頂戴」

「はいわかりました」

車内から街並みを眺めているけど特に何か変わったこともないいつも通りの日常が広がっていた。

時間帯で言えばお昼過ぎ。

広場には親子連れの姿がたくさんあった。

イザベラとキアラは車を降りて広場から見えるエッフェル塔を見ていた。

あれだけの発表があったのに世の中ってそれほど変わらないものなのね」

「そういうものさ。人って簡単には変われないっていうじゃない?

「魔法少女に対する認識が変わっていればいいのさ、私はね」

そう話していると、広場で遊んでいた男の子がキアラにぶつかってきた。

男の子はぶつかった後尻餅をついてしまい、手に持っていた飛行機の模型は男の子の体重によって壊れてしまった。

「ルイくん大丈夫?」

「ちょっと、よその人に迷惑かけちゃダメでしょ」

男の子が走ってきた方向からは女の子と母親と思われる人物が近づいてきた。

男の子は壊れた模型を見ると泣き出してしまった。

そんな男の子を見てキアラは男の子の前に正座をして男の子の頭を撫でた。

「男子たるもの、すぐに泣き出したらカッコ悪いぞ。
それ、大切なもの?」

男の子はキアラの顔を見て「うん」とうなづいた。

「それじゃあお姉さんに任せてもらえるかな?すぐに直してあげる」

「…本当?」

そんなキアラを見てイザベラが母親と思われる女性に話しかけた。

「いいですかね、彼女が治しても」

「え、ええ」

イザベラ達はベンチのある場所へ移動し、キアラは男の子と女の子が両サイドで見守っている中でバッグから包帯に割り箸、サジカルテープと化粧セットを取り出した。

割り箸は適度な長さで割り、包帯と合わせて折れた翼を補強した。

サジカルテープでは包帯の端を止めるだけではなく、細々とした部品の接着、割り箸のささくれ立った部分を覆うのに使われた。

補強が完了すると、化粧セットを開いてキアラはブラシを男の子に渡した。

「好きな色に塗ってあげて」

男の子は塗り絵をするように包帯やテープの白い部分へ色をつけていった。

そんな様子を見ていたイザベラは女の子の首元へバーコードが付いているのを目にした。

「奥さん、あの2人は奥さんのお子様?」

「そうよ。すみませんね、勝手にぶつかったのにここまでしていただいて」

「いえいえ。それよりもお嬢さんの首元にあるバーコードはいったい?」

「あれですか。最近国連から発表された魔法少女検査を受けた痕です。

バーコードリーダーのようなものを首元に当てて検査を行ったのですが、魔法少女の資格有りと判断されてそのまま注射のようなものも刺されていましたね」

「すげー!前よりかっこよくなった!」

「君がデザインしたんだから当然じゃないか」

「お姉さんすごーい!」

「お姉さん、むこうで一緒に遊ぼう!」

「いいよ。広げた道具を片付けてからね」

キアラはおもちゃを治してすっかり子どもたちに懐かれてしまったようだ。

「あらあら」

「あの子、魔法少女の資格があったんですね」

「私も驚きました。普通に育てたはずのあの子が、まさか魔法少女になれる可能性があったなんて。
でも、予防注射を受けると魔法少女にはなれなくなると伺いました」

「奥さんとしてはどう感じました?」

あのアメリカ大統領の演説時の画像にあった化け物にならなくて良かったと考えると、検査に行ってよかったと思っています」

「そうですか」

イザベラは遊んでいる子どもたちの方へと向かい、女の子へ話しかけた。

「お嬢ちゃん、最近検査を受けたみたいだね。首元のやつ、痛くなかった?」

「最初は怖かったけど、少しチクってした後は何もなかったよ。それに泣かなかった!」

「そうか、強いね。お嬢ちゃん」

「ぼ、ぼくだって強いんだから!」

「模型壊した時に泣いてたじゃない」

「う、うるさい!」

「こら、喧嘩しちゃダメだぞ」

子どもたちの世話はキアラに任せてイザベラは母親と再び会話を始めた。

「検査を受けにきていた人は多かったですか?」

「多かったですよ。なにせ必ず受診してくださいって言われていますからね。
ご近所の方たちも検査に行っていましたね」

「多くの人が、国連からの発表の影響を受けているんですね」

「世の中もっと物騒になった気がします。こうして安全に外で遊べているのは、国連の兵士さんたちが脅威を排除してくれたからなんです」

「おや、発表があっても何気ない日常を送っていたのかとつい思ってしまいましたが」

「いえいえ、危ないので外になんて出る人はいませんでしたよ。でも国連の兵士さんたちが外を見回って脅威を排除してくれたんです。
こうしてたくさんの人が外にいるのは、そういった経緯があったからなんです」

「そうでしたか」

アメリカ同様、あの演説が行われた後はどの国も外出禁止になっていたようだ。

そして、国連の兵士というのはおそらく。

「あなたたちは海外から?」

「はい、父親の仕事にくっついてきてちょっとした旅行気分でいました。
アメリカから来たんですが、実は今日帰国するんです」

「そうでしたか。飛行機の時間、大丈夫ですか?」

時計を見たら1時間半ほど前だった。

「1時間半前か…」

「なんだって?!
ごめん君たち。お姉さんは飛行機に乗って帰らないといけないんだ。ここら辺で失礼するよ」

キアラは急いで私の腕を掴み、奥さんたちへ一言挨拶した後車へと急いだ。

「なんで早く伝えなかったんだ!」

「子どもたちと楽しそうにしていたからさ、45分前までいいかなって」

「入場受付に時間かかるの忘れてない?!これだからファーストクラスに慣れたお嬢様は!」

「そこまで言わなくてもいいでしょ」

私たちは急いで車に乗り、そのまま空港へ向かって無事に飛行機へ乗ることができた。

私は車の中で、キアラにこう伝えた。

「あんた、将来いい母親になるよ」

「おちょくってるのかイザベラは」

アメリカ以外の街並みに触れて分かったが、どの国も最初は慎重に動くようになっていつもの日常なんてなかった。

そんな中、表では脅威排除と呼んでいる「魔女狩り」が行われたおかげで今回のような、なんの変哲もない日常が訪れたのだと思うと迅速な魔女狩り実施は成功だったのだろう。

残念なことは、野良魔法少女は大方捕らえられたものの、組織的な魔法少女のリーダー格を捉えられていないこと。

例の神浜の守りも強固だし、人類の平和が訪れるのはまだ先になりそうだ。

 

 

レコードを撒き戻す:top page

Next:

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 下の録

「軌跡を壊し、奇跡を創る そんな私たちが奇跡を創る」

 

願いを叶え、奇跡を得た少女は「魔法少女」と呼ばれる。

そんな魔法少女が生き続けた先に待ち受けるものは何なのか。

マギアレコードのパラレルディスク、ここから聞こえてくるのは人類史を守ろうと足掻く人類と魔法少女の世界を求める少女達との衝突による炸裂音であった。
人類史へ疑いを抱く魔法少女達と人類史の危機に気付いた人類が動き出した時、世界は一つの終わりを迎える。

 

この作品は「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の二次創作です。

マギアレコードのパラレルワールドで展開される話であるため、実際のストーリーとは大きな違いが生じます。
人間の否定、キャラの扱い等で過激な表現が出る箇所がたくさん出てきます。耐性のない方は閲覧にご注意ください。

 

 

このページは魔叙事詩カグラ・マギカ 下の録 のトップページです。

上の録はこちらをどうぞ。

1章

1-1 もうおしましだ、何もかも

 

 

【VOICEROID実況】今までに投稿してきた動画まとめ

イランカラッテ

このページでは今までに投稿してきた動画をまとめていきます。

 

注意

作成した動画はVOICEROIDを使用したオリジナルキャラで実況を行っています

 

使用ゲーム:Minecraft


シリーズ名 カテゴリークラフトリベンジ 【完結済】

このシリーズはカテゴリークラフトという初めてボイスロイド実況を始めたときに達成できなかったことに対してリベンジしようという企画です。
カテゴリークラフトというタイトルで上げた動画はリアル環境の変化や作ってる側の意欲喪失が原因で3回ほど挫折しています。
挫折した理由としては当時承認意欲が強かったので再生数が全く伸びなくて同時期に動画を上げ始めた人の再生数がどんどん伸びていく劣等感にやられて何度も動画シリーズを挫折しています。
そんな中今回のシリーズは動画作成の際に一番邪魔していた承認意欲を捨て、動画作成の時間がかかる原因になっていた立ち絵をなくすことで「作る側が満足できる動画」としてやり直し、何度も挫折してきた自分とお別れするために創った動画シリーズでした。

元々カテゴリークラフトはエメラルドの獲得数によって自作実績を解放していくというスタイルで進めていて、そんな中で結月ゆかり亜種を調査するというコンセプトで進めてきました。

その名残で本シリーズの目標はエメラルドを2020個集めることとしたのです。
そして目標を達成し、シリーズを完結することができたので見事にリベンジを果たすことができました。正直作ってて楽しかったです。

これを機に、動画作成は自分が満足できればいいなってものだと確信しました。

 

使用ゲーム:7 days to die


シリーズ名 Melt World生存日誌 【打ち切り】

誰もやっていない死んだら最初からやり直しというルールの下で7日生き残ることを目標に始めたシリーズです。
元々は7 days to dieの仕様を理解するために始めたシリーズで、ついでにいろんな実験も同時に行っていこうということで秘かに色んな試みを行ってみました。

まずは動画タイトルを統一させずに動画内で思ったことをそのままタイトルにするという試みです。
これを行うことでこの動画内容は何をやる内容なのか分かりやすくなるのだろうかという興味本位でしたが、結果はタイトル統一化した場合と変わらなかったです。
そもそもいちいちタイトルを変えるのが面倒だなと感じてしまったので止めました。

次の試みは、録画時のプレイ音声と、編集時の語りを分けた編集を行ってみるという試みです。
これはプレイ時の自分を実況することで「実況動画詐欺」を避けられるかという考えからやってみようと思いました。
結果は会話がプツンプツンとキレて作り終わった後に何度見ても違和感しかなかったので止めました。

そして7日生き延びるという目標自体は、既存建築物に籠ればどんな難易度でもとりあえず生き延びることができるということが発覚してしまったのと、いくら時間をかけて拠点を建築しても壊されるわ突然現れるホードで即死からの最初からやり直しになるわで精神が疲弊したので止めました。

 

 


シリーズ名 こうして私は世紀末な世界で建築を始めた 【打ち切り】

このシリーズは7 days to dieから大規模襲撃の要素をなくし、気楽に建築を楽しむという動画シリーズです。
広めの移住者たちが移り住む安全地帯をのんびりと作りたいという欲求があったのではじめてみました。

 

 

使用ゲーム:Absented Age


シリーズ名 記憶を失った少女が英霊となるまでのローグライクアクション 【完結】

記憶を失った少女 カレンが記憶を取り戻しつつ、過去の自分を見つめ直していく物語です。
動画では主に戦闘や着せ替え要素を扱います。ストーリーはこのページでまとめています。
https://wp.me/paDc6H-1ao
次の章が公開されたら別動画シリーズで再び触れようと思います。いやーほんとに楽しかった。

ストーリーのまとめはこちら
心を奪われた少女 カレンが心を取り戻すために奮闘する物語【ストーリー解説】

使用ゲーム:satisfactory


シリーズ名 こうして私は生まれ変わった惑星で工場建築をはじめた 【継続中】

version4となったsatisfactoryをのんびりとプレイしていきます。
ガチな工場建築は、たぶんしない。

 

【DQX】version5が終結しても残されたままの謎

5000年以上の歴史があるとされるアストルティアの世界ですが、version5まで続いたことで初期から存在した謎の遺跡や、空白の歴史が明らかとされてきました。

そんな多くの謎が明かされたアストルティアですが、いまだに謎のままとなっている遺跡や設定が残されています。

今回はversion5が終結しても、なお残り続けている謎を整理し、後に登場するversion6へ備えていきましょう。

 

 

・キュララナ海岸から見える謎の遺跡

キュララナ海岸はイベントやメインストーリーの通り道としてスルーされがちですが、ふと海岸を見渡してみると大きな遺跡があります。

同型の塔が3カ所あるので、ジュレイダ連塔遺跡の上部分ではないかという話もありますが、ジュレイダ連塔遺跡はそれほど大きくない遺跡で、3つの像から延びる3カ所の空間と繋がっているにしては3つの塔同士が離れすぎています。
あまり信用ならないかとおもいますが、ジュレイダ連塔遺跡のあるとされる場所へジュレ―下層の地図を重ねてみても、出入り口が実際の場所と一致しませんでした。

↑上層の地図に下層の地図をかぶせてみた

これらのことから、キュララナ海岸から見える遺跡はジュレイダ連塔遺跡とは違った別物の遺跡だと考えられます。
果たしてこの遺跡の謎が解かれる時は来るのか。

 

・ジュレイダ連塔遺跡

この遺跡も謎が多く、かつては牢獄としての役割を持っていたようですがラーディス王が音叉開発のための拠点として使用してから時々調査員が訪れるだけの場所となっていたようです。

いったいどこの誰が牢獄として使用し、その後遺跡となるまで打ち捨てられたのか。
ウェナ諸島の中でも闇の深そうな遺跡となっています。
この遺跡が存在した、本来の目的が明らかとなる時は来るのか。

 

 

・チョッピ荒野

チョッピ荒野には初期から存在しているにもかかわらず触れられていないものがたくさんあります。

まずはアラモンド鉱山です。封鎖中のまま一切触れられることがない謎の鉱山です。
荒野の休憩所が鉱山労働者の宿泊所だったという情報くらいしかこの鉱山に関わるようなものはありません。

次は荒野に放置された墓の跡地です。いったい誰が葬られた墓なのか自体が謎ではありますが、近くに鉱山があるので鉱山労働者関係の墓だったと考えられます。
とはいえ、真実を知る方法はありません。

そして崩れ行く廃墟という名前の付いた廃墟群がチョッピ荒野の奥地にあるのですが、名もなき廃墟群はアストルティアにたくさんあります。
そんな中崩れ行く廃墟と名が付いてるからには、何か重要な場所ではないかと思ってしまいますがversion5までに触れられたことはありません。

これらは雰囲気作りのためだけに作られた場所とは考えられますが今後も放置されたまま終わってしまうのか。

 

 

・サーマリ高原にある調査中から進展しない転送装置と沈んだ遺跡

初期の頃から存在しているこのサーマリ高原にある転送装置のようなものと水没した遺跡はガテリア皇国やウルベア地下帝国について明かされていく中でも一切触れられることがなかった謎多き場所となっています。

位置的にはウルベア地下帝国に近い場所ではありますが、過去へ移動した際はウルベア地下帝国の天井はかなり高い位置に存在していました。

仮に地脈エネルギーの減少が原因で地盤沈下が発生して帝国が水の中へ沈んだとしても、サーマリ高原からみられるほど浅い場所まで住宅地は存在しません。ましてや沈んでいる遺跡はウルベア地下遺跡のような独特な模様を有していません。

見た目が似ている建物はありますが、よく見ると柱が無かったり模様が無かったりと別物のように見えます。
見覚えのない建物もあったりするのでウルベア地下帝国とは異なる遺跡だと考えられます。

 

・エグゼリア王国

500年前に起こった厄災時にグレン城を占領していた人間たちがグレン城解放後、建国したのがエグゼリア王国です。
この名前は災厄の王に関わる神話篇でしか取り上げられておらず、エグゼリア王国は大打撃を受けていてどうやら国として機能していないのが現状のようです。

王族であるコゼットが帰還することで再興される未来があるようですが、訪れることができないうえに地図上にも表示されないため、謎多き国となっています。

 

 

・ファルエンデ王国

ファルエンデ王国という名前はアルヴァンとの許嫁として登場したヴィスタリア姫の出身国として初めて出てきます。
ファルエンデ王国はリャナ荒涼地帯にあったとされる国で、鉱脈から取れる鉱石によって栄えた国のようですが、現代では国があったとされる痕跡は残っていません。
というのも、ファルエンデ王国の王位継承者であったヴィスタリア姫の兄は、オルセコ闘技場で行われた親善試合でカミルによって殺されています。
そして残ったヴィスタリア姫はアルヴァンとは結婚することができず、元から好きだった一般男性と結婚するような話がありました。

グランゼドーラ王国のように、男女問わず跡継ぎができれば国は滅びないという例があるため王家の血筋ではない男性が王となっただけで国が亡ぶとは考えられません。

滅んだ原因として考えられるのは、国の資金源であった鉱脈から良質な鉱石が取れなくなって財政の維持ができなくなったこと。
ヴィスタリア姫に跡継ぎが生まれたのかということも定かではないので、滅んだ原因はいまだに謎です。

リャナ荒涼地帯に国の後はありませんが、ソーラリア峡谷には古き神の遺跡へつながる道中に大きな遺跡が存在します。
その遺跡群がファルエンデ王国であった可能性はあります。

とはいえファルエンデ王国という国が存在したという記録が残されておらず、いつから存在していつどのような原因で存在が消えてしまったのかを知る人はいません。

 

 

 

放置されても影響がない遺跡や設定がほとんどですが、天使にかかわりがあった神話篇や破界編の設定はversion6に出てくるかもしれません。

みなさんもこの機会に、アストルティアに残っている謎を整理してみてはどうでしょうか。

 

【AbsentedAge】心を奪われた少女 カレンが心を取り戻すために奮闘する物語【ストーリー解説】

このページでは、AbsentedAge -幽玄の章-のストーリーについて解説していきます。

 

AbsentedAgeとは

Absented Ageは日本語にすると「欠けた時代」
物語の中では茶道バンド部のバンド名として使用されています。
AbsentedAgeの物語は幽玄の章だけではわかりにくいかもしれませんが、今後のアップデートでハヤトやスズも禁域で活動する様子があることから、カレンだけではなく茶道バンド部の物語として展開されていきそうです。

 

主人公であるカレンは何者か

主人公の名前は朝比奈カレン
雨降り橋高校の2年生で茶道バンド部に所属している。
特技はトランペット演奏。中学の頃にコンクールで優勝した実績がある。
記憶を失って霊体となった後、不思議な力を持っていてゲンガーを倒せる重要な人物だと発覚する。

現状判明している記憶を失うまでのカレンの記憶

-ここから前の記憶は公開されていない、または失われている-

・雨降り橋高校に入学したカレンは吹奏楽部へ入部する。

・吹奏楽部へ入部したカレンは吹奏楽部のメンバーとかみ合わず、居心地の悪い場所となっていった。

・カレンは吹奏楽部に所属していたハヤトと共に吹奏楽部をやめる。

・吹奏楽部をやめたカレンは校庭でトランペットの練習をするようになったが、学校の教頭等に迷惑がられ、どんどんトランペットが扱える場所がなくなっていく。
トランペットを演奏できる場所がなくなっていく中、カレンは自分の居場所がなくなっていく感じ、トランペットを演奏しているときじゃないと自分らしくいられないと強く感じるようになってしまう。

・教頭の策略によって茶道部が廃部となる。

・茶道部が廃止になった話を聞き、茶道部の顧問であったミナミ先生へハヤトが声をかけ、茶道バンド部の結成に向けて動き始める。

・廃部となった茶道部の部室を使ってハヤトとカレンは後輩のスズへ演奏を聴かせる。そこに教頭が乱入して演奏をやめるよう伝えてくるが、そこへミナミ先生も加わって茶道部の部室は茶道バンド部のものだと主張する。

-この間の記憶はまだない-

・茶道バンド部は「超楽祭」という音楽フェスに参加することとなる。この頃はまだ茶道バンド部が認められて間もなく、存在を認めようとしない人もいた。

-この間の記憶はまだない-

・新学期が始まった4月頃、カレンは行方不明となる。

-この間の記憶はまだない-

・7月頃、カレンは謎の禁域で記憶を失った状態で目覚める。

 

Absented Ageに登場する人物

・タルト(精霊)

エリシオ教会に所属している精霊。特に大きな力はもっていなくて他の精霊に下等精霊扱いされている。
カレンと出会ったことで精霊としての真価を発揮できるようになったが、同時にエリシオ教会に追われる身となってしまう。
禁域に存在する心のカケラを使用して物体を生成することができる。生成できるものと質は心のカケラに含まれた記憶に依存する。
水が苦手。

 

・ミカ(人間)

カレンが行方不明になってから、タルトへカレンの捜索をお願いした存在。カレンが見つかってからは自分の部屋に住まわせ、カレンの探索のサポート役という立場にいる。
ミカ自身には両親がいなくて児童施設で育ってきた。その児童施設というのは、エリシオ教会のことである。
6月頃、ミカはゲンガーに襲われて記憶喪失状態でエリシオ教会に保護される。その後はエリシオ教会の協力のもと、部屋を借りて一人で暮らすようにしている。カレンが来てからはカレンと一緒に暮らしている。
学校で何かあったらしく、親しい人間以外には人見知りが激しい。
両親がいないのは、ゲンガーに襲われたのが原因と思われる。ちなみに行方不明のカレンが禁域にいると知っていた理由は謎である。

 

・ハヤト(人間)

茶道バンド部のメンバーでキーボード担当兼部長。
カレン同様に1年生の頃は吹奏楽部に所属していたがカレンと共にやめている。
自分がおかしいと思ったことにはとことんつっかかる性格をしていて、カレンが行方不明になった後も10年前に起きた飛行機事故でカレンが死んだことになっていて違和感を持っていた。
カレンが行方不明ではないと最後まで信じてくれた1人である。

 

・スズ(人間)

茶道バンド部に所属しているカレンがいた中学校の後輩。
高校入学後、カレンがいる茶道バンド部に入部している。
ハヤト同様、カレンが行方不明ではないと最後まで信じてくれた1人である。
機械に強いらしいが、幽玄の章ではそのようなシーンが出てはこない。

 

・ヤヨイ(精霊使い)

 

フープのパートナーである精霊使い。
エリシオ教会に所属していて最初の頃は教会の言うことを忠実に守っていた。
カレンと出会ってからは考え方を改めるようになって、カレンへ協力するようになる。
そんなヤヨイも、ゲンガーに何かされた過去があるらしい。

 

・フープ(精霊)

エリシオ教会に所属するヤヨイのパートナーである上級精霊。
なにかとタルトへつっかかるが、精霊が扱える術についてはタルトよりも圧倒的に知識が豊富である。
一応エリシオ教会のおきてには忠実だが、隠れてヤヨイと共にカレンへ協力している。

 

 

Absented Ageに登場する重要な要素

・禁域

多くの心のカケラで形作られた世界。
この空間では創造性やイメージ力があるほど強力な存在となる。特別な力が働かない限り、現世と相まみえることはない。
禁域へ侵入できるのはその禁域にある心のカケラにゆかりの持つ人物か、精霊くらいである。

 

・ゲンガー

禁域に出没するようになったタルトたち精霊にとっての外敵。
正体は解明されておらず、禁域内の心のカケラを食い散らかしては禁域を崩壊させてしまう存在。また、ゲンガーは精霊も食べてしまう。
禁域内の心のカケラを吸収して吸収した心のカケラの持ち主になり替わろうとする個体もいた。
ゲンガーは他人の心のカケラを食らい、心のカケラに記録された記憶に映る人物へ擬態することができる。大きな力を持っていれば、生きている人間の心のカケラも奪って食べることができる。
そしてゲンガーに死の概念はない。しかしなぜかカレンには討伐されてしまう。

 

・エリシオ教会

「異常存在の徹底排除」を掲げて禁域と現世どちらも見守る組織。この組織に精霊と精霊使いが所属している。
エリシオ教会は自立型のユニットを作る技術があり、エリシオクローンやエリシオゴーレムといった存在を生み出して禁域に解き放っている。
禁域に現れるようになったゲンガーは禁域を乱す異常な存在のはずが、そんなゲンガーを倒せるカレンを教会は異常な存在とみなして教会のメンバーへカレンとパートナーのタルトを捕獲するよう命令を出している。

 

・エリシオ教会での精霊の決まり

エリシオ教会に所属する精霊は「禁域の怪異から現世を守る」という考えで動いている。
精霊だけでは禁域の怪異へ立ち向かうことが難しく、現世から精霊使いの才能がある人間を引き抜き、精霊使いとして精霊のパートナーを探すことを推奨している。

精霊使いと精霊のコンビで活動している例としてフープとヤヨイがいる。

 

・カレンの心にいる謎の花

ゲンガーにも奪うことができないカレンの心の中核に滞在する謎の花はカレンへ様々な精霊術を教え、助言をしてくれる。
カレンにとても協力的だが、正体は心の持ち主であるカレン自身も知らない。

 

 

記憶を失った後の物語 -幽玄の章-

記憶を失ったカレンは禁域と呼ばれる魔物が現れる場所に倒れていた。
その禁域で出会ったタルトと一緒に禁域を脱出しようとする。禁域の道中、カレンはカレンの心のカケラを発見する。
心のカケラとは、人が何かを忘れたときに記憶が剥がれ落ちたものとされている。
タルトの話の通り、カレンは心のカケラを手に入れたことで過去の記憶を少し取り戻す。現実世界へ戻った後に友人のハヤトとスズを見つけて声をかけようとするが気付いてもらえることができなかった。なぜかというと、カレンは現実世界では行方不明者扱いで、自身の体が霊体となっていたから。

カレンは現実世界では特定の場所でしか実体を表すことができない。その場所とは、ミカの部屋だけ。なぜかカレンはミカの部屋か禁域の中でのみ実体を見せることができる。

カレンは霊体となっているためタルトに死んだ人間だと誤解されたが、抱き着いた際の心音、ミカの部屋では実体を表すことができるという点から死んではいないが霊体になってしまった可能性があるとして、カレンにタルトが付いてくるようになる。そしてカレンは失った記憶を取り戻すために心のカケラを集めるようになる。

カレンは心のカケラを取り戻すためにカレンの心のカケラを狙うゲンガーを倒す必要がある。カレンの心のカケラに引き寄せられたゲンガーは本来倒せない存在だが、カレンはいともたやすく倒せてしまう。

このゲンガーを倒して回るというカレンとタルトの行いが禁域を管理するエリシオ教会には都合が悪いらしく、カレンとタルトを捕えるよう教会に所属する精霊、精霊使いへ命令を出している。
カレンとタルトへエリシオ教会は敵対したため、教会で生産されているエリシオクローン、エリシオゴーレムといった存在が禁域で襲い掛かってくる。

順調に心のカケラを取り戻していく中、「カレン」という大事な部分を含めた心のカケラをゲンガーに奪われてしまう。これが原因でカレンの体を心のカケラが受け付けなくなっていく。

カレンはゲンガーと再び現世で対峙した。その際、カレンは禁域以上の力を発揮してゲンガーを追い払った。それは一時的なことで、ゲンガーを追い払った後は使用できなくなってしまった。しかし、今以上の力をカレンは発揮できるということをタルトと現場に居合わせたフープとヤヨイは察した。

「カレン」という大事な部分を含めた心のカケラを失いながらもカレンは行方不明だと思い込んでいるハヤトとスズへ自分の無事を伝えようと考える。
ミカの協力を得てカレンはハヤトとスズに再会する。カレンの無事を知った二人だったが、超楽祭の予告編にカレンが姿を現さなければ茶道バンド部の讃歌が取り消されてしまうという事実をカレンへ教える。

事実を知ったフープはカレンたちへ一時的に現世へ実体を表すことができる降霊術の存在を教える。カレンたちは降霊術を教えてもらう代わりにカレンの心のカケラを奪ったゲンガーを確実に倒すよう伝えられる。

カレンは自分の心のカケラを奪ったゲンガーを追っているとゲンガーの罠にはまって自分の心を壊すと同時に今まで集めた心のカケラも奪われそうになってしまう。
心のカケラを奪ったゲンガーの目的は、カレンになり替わることだった。
そんなゲンガーにすべてを奪われる寸前まで追い込まれてしまうが、カレンの心の中核「謎の花がいる空間」は無事であった。
謎の花は自暴自棄になったカレンを励まし、カレンは再起する。
自分を見捨てなかった人たちのことを思い出し、自分は勝ちのない存在ではないと認識するようになる。
新たな決意と共に、カレンはゲンガーと戦うことになる。
ゲンガーはカレンの力を使って襲い掛かってくるが、カレン自身は禁域探索で手に入れた力とヤヨイたちの援護を得てゲンガーを追い詰める。

しかし再びゲンガーの策にはまってしまい、カレンの今まで集めた心のカケラはゲンガーに奪われてしまう。
力を得たゲンガーは現世へ手を出しはじめる。ゲンガーは現世を禁域と混ざった存在にしようとした。これが原因でカレンの心の中核が力を解放し、現世で見せた大きな力をカレンは振るえるようになった。

カレンはゲンガーを圧倒した。ゲンガーを倒し、心のカケラは全てカレンのもとへ戻り、現世と禁域の境界も元に戻った。
カレンの心を狙うのを諦めたゲンガーはタルトの質問に答えた。カレンが行方不明となる前にカレンの記憶と実体を奪ってはいない。事故で死んだなんて歴史に改変することもできないと。
カレンはゲンガーの願いもあって、心を奪ったゲンガーを倒した。

ゲンガーを倒したカレンは約束通りヤヨイたちから降霊術を教えてもらった。やり方は教えてもらったものの、自分の意思が弱いため実体化は困難を極めた。

超楽祭 選抜会当日
カレンの讃歌は絶望的かと思われた中、茶道バンド部の紹介が行われようとしたときに会場へカレンが実体を表した。

選抜会はうまく成功し、超楽祭へ茶道バンド部は参加できるようになった。
こうしてカレンの物語は一区切りだが、いまだに謎が多い。

 

ではここからはAbsentedAgeのストーリー解説と、残った謎についてみていきます。

〇本当は一般人かそれ以下並みに心が弱いカレン

主人公であるカレンの心はとても弱いです。霊体となる前から自分の居場所に悩み、本当の自分とは何者なのか悩んでいました。
そんな弱い心を付け狙われ、カレンは心のカケラが奪われたり、ゲンガーの罠へハマったりしました。
この心の弱さは誰でも経験することです。特に中学校から高校にかけては思春期真っ盛りで人の心の汚いところも見えやすくなるころです。人によってはハヤトのように、高校の頃には十分に免疫が付いた人もいるでしょう。

しかしカレンは中学校の頃は優秀なトランペット演奏者として周りから慕われていて、人の黒い部分を見る機会がなかったようです。高校に入ってから初めて自分とは何者かを向き合うようになったようで、霊体になった後も自分とは何者かを悩むことになります。

そんな悩みは幽玄の章内では明確な回答が出ていません。

自分を支えてくれた人がいたから、見捨てる人なんていなかったから、自分には価値があると、自分は存在していていいんだという認識しか得られていません。
今のカレンでは、カレンとは何者かという質問に対してまだ自信を持った返事を用意できないでしょう。

とはいえ、誰もが自分とは何者かという問いかけに対して明確な回答を用意するのは容易ではありません。

カレンは幽玄の章で、存在価値はあるという生きる自信を手に入れました。

今後追加されるストーリーで自分とは何者かを見つけることができるのかに注目していきたいところです。

 

〇みんなのつけているネックレスは、チームの証

ストーリーでは語られていない部分ですが、私服のカレン、ミカ、ハヤトはおそろいのアクセサリーを身につけています。

流行りものでひし形三つのアクセについての話は出ていないので、おそらくこのアクセはAbsentedAgeのトレードマークとなっているのでしょう。
今後追加されるストーリーで、このアクセを活用した展開があると存在感を主張できそうです。
スズも一応メンバーだけど、見えないところでつけているんだよね?

 

〇そもそもカレンやミカの記憶を奪った存在は誰なのか

今のところ真犯人はわかっておらず、記憶はおろか、霊体にしてしまうことはゲンガーができる芸当ではないことは明らかとなっています。
物語で強調されるのはカレンが記憶をなくしたことですが、実はミカも原因が不明の記憶喪失となっています。
ミカは実体はもっているものの過去の記憶を失い、自分を知る人物は誰もいなくなってしまうというカレンとは別の意味で重傷でした。

今は二人しか被害に遭っていませんが、今後は他にも被害を被る人が発覚していきそうです。

 

〇エリシオ教会は善なのか、悪なのか

未だに謎が多いエリシオ教会は禁域を破壊してしまうゲンガーよりもカレンの捕獲を命令します。ゲンガーよりもカレンを危険視する理由は最もで、カレンはゲンガーを倒せるだけではなく禁域でも、現世でも普通の人には扱えない大きな力を持っています。
そんな力が誰かに悪用されたら、ましてやゲンガーに悪用されたらそれこそ現世と禁域のバランスが保てなくなることから、誰にも狙われないようエリシオ教会は手元に置いておきたいのでしょう。

果たして本当に保護だけが目的なのか。

ゲンガー討伐のために、ゲンガーを倒せる力を持つカレンに協力を申し出て危険分子と判断したゲンガーを一緒に倒すのが穏便な方法ではないのか。
今までもゲンガーの監視だけでゲンガー討伐ができずに放置してきたエリシオ教会よりもカレンの働きの方が断然禁域の安全を確保できます。

ゲンガー討伐に乗り出さず、放置してカレン捕獲を優先するエリシオ教会は、何か大きな事実を隠しているのかもしれません。

今までは禁域と現世を見守ってきた存在かもしれませんが、今のエリシオ教会の行いはカレンたちにとって悪なのかもしれません。

 

〇カレンの心の中核に居座る花は何者か

カレンの心の中にいて精霊術を授けていった謎の花はカレン以上にカレンのことを知っています。
そんな心の中核は現世で使える強大な力 ヤヨイいわく「魔女の力」は謎の花が原因だと考えられます。
「魔女の力」は禁域ではなく現世にいるとき限定に発動できる強大な力です。この力はカレンの中に心のカケラがない状態でも使用できました。心のカケラがない中、カレンの中に残るのは心の中核だけです。そんな心の中核には謎の花がいる。

今まで現世にいたカレンは不思議な力なんて使用できませんでした。
不思議な力を使えるようになったのは、霊体になり、心の中核にカレンが接触できるようになってからです。

カレンの心の中核にいる花は、魔女の力の持ち主なのでしょう。しかしカレンの心の中核に居座る理由は何なのかは現状で知る手立てがありません。

 

まとめ

現状、AbsentedAgeには多くの謎が残っています。
とはいえ、幽玄の章だけでカレンがどんな存在なのかは記憶を失ったカレン同様に大雑把にわかる内容となっていました。そのため、主人公の目線で物語を進めていくことが容易でした。
描かれていた現世は頼れる友人がいる中、汚い人間社会が描かれていたりと中々考えさせられる内容でした。
何事も美化せずに描かれていた幽玄の章は個人的に好みです。

続編が作られることも決まっているため、無事にこの世界の物語が完結できることを祈ります。

下記にAbsentedAgeの販売サイトへのリンクを張りますので、ぜひプレイしてみてください。

steam
https://store.steampowered.com/app/1387580/AbsentedAge_SRPG/

 

dlsite
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ290851.html

 

あなたは自分がどんな存在か、自信を持って言える?

※このページは、Absented Ageの要素を扱っています

【原神(genshinimpact)】実はヤバイ原神の世界 神なき繁栄は許されないディストピアだった【考察】

原神はversion1.5の時点で7国あるうちの2国しか解放されておらず、ストーリー的に半分も進んでいない状態です。
しかし、3国目となる稲妻はこのゲームが1周年を迎えるころにならないと実装されないのではという雰囲気が漂い始めたため、version1.5時点で原神の世界はどんな世界なのかを振り返り、今後のストーリー展開がどうなっていくのかを考察していきます。

情報整理、考察を行うにあたって使用する情報はゲーム内に出てきた内容のみとします。公式サイトにある漫画や公式PV、MIHOYOの他作品にのみ公開されている情報は使用しませんのでご了承ください。

 

-原神の世界「テイワット」を支配する要素-

テイワットは主に元素力に支配されていて、他には陰ながら世界に影響を及ぼしている地底の力、星空の力という要素があります。

元素力は7種類存在します。
炎、水、氷、草、雷、岩、風と分類されて常人には行使できない力です。とはいえ、この元素力にテイワットは支配されていて無意識にではありますが常人も元素力を使用しています。

炎:料理に使う火、光源、熱源、鉱石加工のための火

水:料理、飲料水、洗濯、掃除、農業、漁業

氷:食料保存、料理や飲み物を冷やす氷

草:火の燃料、料理の食材、薬

雷:なし

岩:鉱石加工

風:なし

上記のように、常人でも無意識に元素力を扱っています。
ではだれでも将来は元素力を行使できるようになるのかというとそうではありません。元素力を操れるのは神の目、邪眼を持つ者、元素生物、アビス関係者、魔神であり、それぞれ使用できる元素力の種類は限られています。

神の目は神から認められなければ手にすることができないものです。神の目を持っていれば神の目で指定された元素に限って自由に行使でき、元素視覚で元素の痕跡を探知することができるようになります。
この元素視覚を使えるかどうかで研究者の実績には雲泥の差が出てしまうようです。また、軍隊に所属している場合は元素力を行使できるかできないかで戦力差が出てしまったりと神の目を持っているかどうかで人間社会での立場にも差が出ています。

邪眼は主にスネージヤナにて開発された人工の神の目です。神の目同様に元素を自由に行使できるようにはなりますが、元素視覚を使用できるかは明らかとなっていません。ファデュイが主に所持しています。
ファデュイは邪眼以外にも元素生物等を利用して元素兵器を開発しています。

元素生物にはスライムや精霊、ドラゴンといった生物が該当します。生まれながらに一種類の元素を使うことができて、社会を形成することなく自由に生活を送っています。
そんな元素生物ですが、数が増えすぎたり、成長しすぎたり、元素反応を起こしてしまった場合は災害の発生源となってしまう場合があります。とはいえ、災害扱いするのは人間だけでしょう。
精霊については人間社会でも存在していておかしくないという認識で、パイモンやオズ、グゥオパァーを見ても「謎の生物」と認識して誰も驚き戸惑うことはありません。
テイワットで元素生物は存在して当たり前という認識となっているのです。

魔神も元素生物同様に生まれながらに一種類の元素を行使する力を持って生まれています。とはいえ扱える力の規模はその辺の元素生物とは比べ物にならないほど大きく、国を一つ簡単に滅ぼせるほどの力を持っています。
2000年前に神に認められた俗世の七執政と呼ばれる七神はほとんどが魔神です。ウェンティに限っては精霊から神に昇格した異例の存在です。

アビス関係者とは、カーンルイアで謎の力によって容姿が変貌してしまった者たちのことです。もとはどういった存在であったかは不明ですが、地底の力を借りて元素を行使できるのは確かです。いまだに元素を行使する存在として謎が多い状態です。

 

元素の話はこれくらいにしておいて次は地底の力についてです。
地底の力とは、主に地脈、石化古樹を通して使用できる力のことです。地脈では元素力が世界を循環していてこのおかげで世界は元素力で支配されています。
この地脈に流れる元素力は時々元素生物へ影響を及ぼし、凶暴化させてしまう事例が存在します。

地脈へ意図的に接触できる方法はほとんど存在しません。数少ない接触方法として地脈の花に触れること、石化古樹に接触することです。
地脈の花は地脈での元素の循環が生き詰まって穢れが積もって地表に現れたものです。接触のためには天然樹脂と呼ばれるものが必要で、接触すると成長に必要なものを得ることができます。

石化古樹は大昔からテイワットに存在していた地底まで伸びる巨大な木が石化したものです。石化してもその木には生命力が満ち溢れていて枝を伸ばしています。
テイワットにはそんな石化古樹を通して地底の力へと接触できる人たちが存在しました。地底の力へ接触できると知恵を授かることができ、地底の力へ接触できる者がいる国は大きく発展したとされています。

また、アビスが元素力を行使できるのは石化古樹などの地脈へ接触できる方法を知っているがためでしょう。接触する仕組みはいまだに謎のままです。

 

最後に星空の力についてです。
星空の力とは、主に命の星座のことを指します。命の星座は神の目を持つ人それぞれに定められた運命そのものとされています。
神の目を持つ者には命の星座が必ずと言っていいほど存在し、その命の星座には過去から未来にわたるすべての運命が内包されています。

とはいえ、占星術というものが存在し、天体観測によって人々の運命を占うことは元々可能ではあります。そんな占星術を行う上でも強力な力を持っている星の並びが、命の星座なのです。
どうやら神の目を授けられた者であれば死後も星空に残り続けるようで、かつてファデュイが星空の力を利用した実験の際には2000年前の人物の命の星座が現代の人々へ悪影響を及ぼしたという事例が存在します。

そのため、星空には神の目を与えられた人物たちの運命が残り続け、それはやがて歴史へと変わります。その歴史の中身は、神が認めた者の旅路であり、そのすべては神が存在を保証した歴史だけが残されるという意味でもあります。
そんな命の星座には、俗世の七執政も含まれているようです。

 

以上の3点がテイワットを支配している要素です。

では、3点の要素を把握したうえでテイワットの歴史と今後の展開について考察していきます。

 

-テイワットでは地底の力 vs 星空の力が続いている-

テイワットには大昔から人間は空からの啓示を聞くことはでき、さらなる知恵を求めて地底の力へ手を出すと、地底の力を借りた文明ごと抹殺されるというサイクルが続いていました。
そのサイクルは祭りの冠シリーズからも読み取ることができます。


凍り付いた大地に住む人々は、神の使者が未開の地へ炎をもたらしてくれたことですべての繁栄を天空にいる神の啓示に任せるようになります。
人々は安定した生活を送っていましたが、この生活にもいずれ終わりが来るんだろうという未来に不安を持ち、未来への不安を天空へ問いましたが答えてはくれません。
未来への不安を持った人々は、知恵が眠るという地底へと答えを求めるようになります。

神の使者は炎の次に水をもたらします。水は大地を育て、神の啓示通りに豊作が訪れて人々は引き続き神の啓示に運命を任せていました。世界の人々は神の啓示に任せていたため、世界中の元素力は秩序をもって安定していました。
しかし未来への不安を抱く人々は絶えず、知恵だけではなく運命までも地底へ答えを求める人々が出始めました。

地上の人々は地底から持ち帰られた運命、知恵を知って神には頼らない発展をはじめます。神から与えられた以上の知恵を身につけた地上の人々は神の啓示を軽視するようになり、ついには天上の神へ抗う度胸を手に入れます。
地上の様子を知った天上の神は地上へ雷を落とし、地上へ神の怒りをあらわにします。

地上の人々は神の怒りを鎮めるために地底へ問いかけます。
その答えは、築いた文明ごと地底深くへ沈んでしまうこと。
こうして地底の力で発展した人々の文明は知恵をすべて地底へ戻し、地上は神の雷によって万物の気配が弱まる結果となりました。

そして、地上の世界は凍り付いた大地に包まれたのです。

これは存在したのかも定かではない人類が築いた文明の末路です。
この内容からだけでも、テイワットの神は地底の力へ頼って自分の言うことを聞かなくなった人々は抹殺するという傾向が見受けられます。

ただのおとぎ話ではないかと言いたくなりますが、上記のような流れで滅んだ文明が二つ存在します。

=シャール・フィンドニール=

シャール・フィンドニールはモンドが氷に包まれていた時代に、ある一族が安置を見つけて発展した都です。その都には天上の使者がかつて訪れたことがあり、シャール・フィンドニールの人々を助けた過去があるようです。

記載内容
“FIDELES ANGELI IUVANT(忠実な天使たちが助けた)”

そんなシャール・フィンドニールは神の啓示以外に、地底の声を聞ける者が存在し、シャール・フィンドニールは神だけではなく地底の力も借りて発展をつづけました。

記載内容意訳
“つべこべ言わず探求を続けろ”

そんなシャール・フィンドニールに天井から寒天の釘と呼ばれるものが飛来し、シャール・フィンドニールは吹雪に包まれてしまいます。
シャール・フィンドニールはなすすべもなく文明ごと滅んでしまいます。

 

=カーンルイア=

未だに謎の多いカーンルイアも神に頼らず発展した文明の一つです。
歴史上、シャール・フィンドニールに次ぐ神に頼らない国ということで神を信じない多くの人々がカーンルイアへ集まります。
カーンルイアは元素力以外に科学という力を使って今は遺跡守衛と呼ばれている”耕運機”などの機械人形を生み出します。
そんなカーンルイアは天上の神打倒を掲げていたようで、シャール・フィンドニールへ偵察に行った機械守衛たちは揃えて

“国家のために、我々はこの天空の力を諦められない”
※外国の方が解読した遺跡守衛が放つ謎のコード解読結果より

と語っています。
そんなカーンルイアは錬金術という力も活用するようになります。
元素力に頼らずとも生きていけるような知恵を得た人々を神が許すはずもなく、500年前についに神はカーンルイアを滅ぼしてしまいます。

神は文明を滅ぼすだけにとどまらず、文明を発展させたカーンルイア人を怪物へと姿を変えて知恵を失わせようと試みます。
一部の人々からは知恵を失わせることに成功しましたが、中には”アビスの怪物”へと姿が変わっただけで知恵が残る者もいました。
ちなみに知恵を失わせる施策は、シャール・フィンドニールへ神が裁きを与えた際にも行われた可能性があります。それは、生物誌のヒルチャールについての説明文に1000年前から存在が確認されているという内容から見て取れます。
知恵が残る者がいたのは500年前が初めてです。
ここから、少なからず地底の力も天空の神へ抗う姿勢があると見受けられます。

 

このように、おとぎ話だけではなく有史の中でも地底の力に頼った文明を、神は容赦なく抹殺するという傾向があるとわかります。

こういった神の行いによって地上から神に頼った文明の記録はすべて奪われ、地上に残る歴史は神が存在を許した国のもの、そして星空に残る神が認めた人物の命の星座だけとなります。
つまり、今のテイワットは”神が存在を認めた存在”しか残らないディストピアだったのです。
神に許された範囲の知恵しか扱うことができず、滅びを迎えるようなことがあればそれは運命だと受け入れて滅ぶしかない。

地上の人が滅ぶ機会を、そして地底の力へ耳を傾けないようにする対策として大きな元素力を持った存在を俗世の七執政として任命し、多くの国を神の統率下へと置く対策も行っています。

なぜそこまでして神が地底の力による文明の発展を嫌うのかというと、地脈の元素力が乱れることを恐れているからです。

神が地上の人々へ啓示をもたらしていた際に重視されていた点は、知恵の発展ではなく、元素力の秩序を保つことでした。地上の人々は元素力の秩序を保つための道具にすぎず、元素力によってもたらされる災害は運命として受け入れるよう、人々へ対策法を享受することもありませんでした。
元素力によって起こる災害はテイワットの元素力の秩序を保つため。

大きすぎる火の元素は必要以上の草木を死滅させ、多くの生命が死滅してしまう。炎の元素を弱めるために大きな水元素をぶつける洪水や嵐といった災害がもたらされる。

大きすぎる水元素は生命をすべて溺れさせて死滅させてしまう。
水の元素を弱めるために大寒波を引き起こし、必要以上の水が大地を侵食しないよう封じ込める。

大きすぎる氷の元素は、多くの生命から体温と命を奪って死滅させてしまう。
氷の元素を弱めるために四季がある。

残念ながらテイワットに流れる元素力は秩序を保とうという法則が存在せず、秩序を保つために対策を実行できるのは神だけなのです。
もし元素力の秩序が乱れ、特定の元素力だけが強くなりすぎた場合は最終的にテイワットの生命が死滅する結果となります。

テイワットから生命が失われないために、神は元素力の秩序を乱す存在を抹殺してきたのです。

 

では地脈の秩序を乱してしまうほどの地底の力とは何なのか。
実は地脈には元素以外にも記憶が循環しているとされています。この記憶が、地底の力に影響しているのでしょう。
地脈に流れる記憶は”知恵”として地上の人々へ影響を与えます。
この記憶について天上の神のように制御する者が存在するのかというと、実は明らかにされていません。
500年前に神が知恵を失わせる施策から逃れた存在は、アビスと呼ばれています。
アビス自体も謎に包まれていますが、活動目的は「神の打倒」です。
この神を打倒しようとする意志は知恵を制御する者が存在する故に起きた結果なのか。

残念ながら、今はアビスという存在を生み出した神に匹敵する黒幕が存在するのかは定かではありません。
しかし、少なくとも地底の力とはテイワットという大地で積み上げられてきた記憶そのものであることは確かです。

 

-今後の展開 七神とアビスが神へ反逆する-

今後に展開されるストーリー予想をします。

最初に結果だけを伝えると、

アビスが七国に脅威をもたらしながらも氷神は神の心の徴収を完了させ、天上の神へ反逆しようとしてもアビスに行く手を阻まれる。
アビス教団と反逆しようとしている氷神が統治するスネージヤナをまとめて抹殺しようと天上の神が現れた時、双子が天上の神と戦ってテイワットの神が統治する歴史は終わる

今のストーリーでは氷神が他の俗世の七執政から神の心を徴収して回っています。また、同時進行でアビスが神に抗う力を手に入れようとしている最中です。

氷神が神の心を徴収して回ることをたくらみだしたのはおそらくカーンルイア滅亡がきっかけです。
ウェンティによると500年前の氷神から、今の氷神は思考が変わっているらしくウェンティ自身も神の心を徴収して回っていることを知りませんでした。
しかし鍾離は氷神と直接交渉を行い、七神の座を降りる終わりの契約を結んでいます。鍾離は神の心を渡すほどの代償が何なのかを知ってはいますが、誰にも明かしてくれません。
そんな氷神が統治するスネージヤナには神の目を持たなくても元素を扱うための技術、遺跡守衛を調査できるほどの技術力があります。

おそらく氷神は、神へ反逆しようと計画しています。
神へ反逆しようと思ったきっかけは、カーンルイア滅亡です。氷神は人類が自ら発展を遂げたという偉業を神が己の勝手によって滅ぼしたという結果を目の当たりにして神の存在に疑問を抱いたのでしょう。
氷神が神へ反逆する理由は、人類の自由な文明の発展だと考えることができます。
実はこの理由が、鍾離が氷神へ神の心を渡した理由にもなります。
鍾離は3700年近く人々に寄り添って璃月を統治してきました。そんな中、璃月の民が神に頼らず人の力で発展しようとしている光景を目の当たりにします。
鍾離はこれをよい傾向だと判断し、璃月の発展を神の統治という力が妨げてしまうだろうと考え、鍾離は神の座を降りる契約を交わしたのです。
もちろんその代わりに氷神が受ける代償は、スネージヤナの滅亡です。
しかしスネージヤナは滅亡させないと、氷神は抗っている最中です。

今後は各国の俗世の七執政から氷神の考える思想に対する感想を聞くことができるでしょう。しかしどの神も氷神へ抵抗して天上の神の方へ着くことはないでしょう。

なぜなら俗世の七執政は、人々を愛しているから

 

アビスの方はというと、双子の片割れが実行部隊であるアビス教団の長として動いている最中です。その計画は、俗世の七執政を滅ぼして天理に挑むという流れです。
スネージヤナの計画を知っていれば共闘できそうではありますが、「神」という存在自体を許さないアビスにとって七神との共闘という道はないのでしょう。
アビスの目的は神ではなく人が統治する世界にすることです。

人によっては神に監視されたディストピアが理想郷でもよいと思う人もいるでしょう。
しかし文明の発展を拒まれるというのは発展した世の中を知る者にとってとても不幸なことだということがわかるはずです。

不要な物質を変換させて有用な物質を形成する。
瞬時に移動できるワープゲートを人工的に作れるようにする。
記録を残すために写真撮影をする。

これらが度を越えると、存在ごと抹殺されてしまうのです。
そんな神に見守られるのは幸せでしょうか?

今後の原神のストーリーは神を信じるものと、そうではないもので見方が変わってくるでしょう。

 

-まとめ-
“原神の世界「テイワット」は天上の神が元素力の秩序を守りたいがために、
人類の力で発展した文明は抹殺されるディストピアだった”

 

あなたは七神とアビス、どちらにつきますか?

※このページは原神の要素を扱っています

【原神(genshin impact)】名言・迷言まとめ

このページでは原神の世界で語られた印象深い言葉をまとめていきます。
※PVや漫画は除きます

ここの内容は随時更新していきますので追加された際は再度告知します。

 

 

 

 

~名言~

神に命じられた「自由」は、ある意味「不自由」だろう

発見場所:序章 トワリン鎮圧後

「自由に生きろ」という命令は自由でなければならないという拘束感を与えるとよく理解している自由を象徴する神。

________________________________

「仙人」の時代は終わった。「璃月七星」さえもそれを受け入れなければ、璃月の未来はどうなるの?

発見場所:1章 刻晴との初対面時

鍾離も認めた、仙人に代わって人が璃月を管理するを表現した力強い宣言。

________________________________

旅人としてお前が「記録」すれば、テイワットの時代も歴史も、「バックアップ」を得たのと同じだ

発見場所:古聞の章 第一幕

果たして何割の旅人がテイワットの記録を正確に残すことができるだろうか

________________________________

どうして人々は、自分の存在は他人より価値があると証明したがるのでしょう?存在していること自体、素晴らしいことなのに・・・そうですよね?

発見場所:甘雨の悩み

仙人目線だからこそ疑問に思えること

________________________________

________________________________

~迷言~

アンバー「それからその・・・マスコットは何なの?」

主人公「非常食だ」

パイモン「全然違う!マスコット以下じゃないか!」

発見場所:序章 アンバーとの初対面時

運営公認のパイモン=非常食という関係はここから始まり、しばらく続く

________________________________

ウェンティ「えへっ」

パイモン「「えへっ」てなんだよ・・・!!」

発見場所:序章 天空のライヤーを取り返した後

返事に困ったら「えへっ」と返すのはウェンティの癖。

________________________________

あれ?ドドコ、どこ?

発見場所:クレー放置時

なぜか耳に残るよね

________________________________

大人しくしやがれ

発見場所:ガイア元素スキル使用時

アチーブメント名にもなっている

________________________________

ヒルチャールのお兄さんが病気になった。
ヒルチャールのお姉さんが看病して。
ヒルチャールのお兄さんが薬を飲んでも治らない。

発見場所:1章 冥ちゃんとの初対面時、胡桃を知る1

胡桃が放置時に頻繁に口ずさむようになってしまったがために印象に残るようになってしまった歌。
元ネタは「十只兔子」という中国のネット上で秘かに存在しているホラー民謡のようです。

________________________________

テッテテー!騙されました!

発見場所:彼岸蝶の章 第1幕

素晴らしい煽り文句

 

 

 

異邦人、あなたの印象に残る言葉はあったかな?

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-  エピローグ

死んでしまったら真っ暗な中を彷徨うだけだと思っていた。

何も見えない、触れない、聞こえない、見えない、感じない無のような空間を意識だけ持ちながら永遠に彷徨うだけだと思っていた。

しかし私の目の前には田舎で見るような綺麗な夜空が映っている。

それに身体中が痛い。

そして風は冷たい。

もしかして、まだ生きている?!

私は急に上半身を起き上がらせて生きていることを再確認した。

両手のグローブにはまった宝石は輝いていて、胸元のソウルジェムも健在。

おかしい

あれほどの穢れの塊を受けて生きていられるはずがない。

「お目覚めですか」

聞き慣れない声の方向を向くと、白い服を身にまとった紫髪の女が立っていた。

しかし因果の線を見てすぐに理解した。

「あんた、私と同じく、別世界の人間なのか」

「どうやら因果を目視できるというのは本当のようですね。
潜在的に持っていたとは聞いていないので、契約で手に入れましたか」

何かを知っているようだが、まず聞かないといけないことがあった。

「なぜ私は生きている?あんたは知っているのか?」

「大変だったんですよ、肉体がボロボロになる前に救出するのは。

でも穢れを受けたのは事実で、腐りかけだった体が綺麗に自己修復されたようでよかったです」

「・・・何故助けた」

「あなたは次元改変に巻き込まれたんです」

「答えになっていないぞ」

「巻き込まれたままであればあなたは被害者だった。でも、あなたはこの世界の次元を改変させるようなことを行う加害者になってしまった」

「・・・」

「あなたを放っておけば、この世界はいずれ、次元改変に飲み込まれて世界ごと消滅してしまうでしょう」

「それと私に何が関係ある」

「次元改変を止める方法として、加害者に元に戻してもらう方法があります。

狂わせた分を帳消ししてもらうということです。

もう一つの方法は」

女は槍をどこからともなく呼び出し、抵抗する隙もないまま私の喉元へ刃を突き立てた。

「加害者を殺すことです」

「今の私を殺したところでこの後の軌跡に変わりは出ない。殺すことは無意味だ」

「誰が“この時間のあなた”を殺すと言いましたか?

はじまる前に終わらせるだけです」

どうやらこの女はとんでもない存在なのかもしれない。

過去へ行ける、下手したら未来へも干渉するようなやばい存在なのかもしれない。

「ならばその次元改変とやらに巻き込まれる前に私と、妹を助けることもできるのか」

女は目を閉じて、静かに首を横に振った。

「そうかい。私がここまでやってきたのは、妹と元いた世界と再び出会えないと知って自暴自棄になった結果だ

「では、この後はどうしますか?」

「自暴自棄で爆発した熱意も、勢いももはや残ってなどいない。
根本から刈り取ってもらっても構わないさ」

「あら、見知らぬ世界に飛ばされた後、魔女化という制約がありながら何十年も生き続けた魔法少女とは思えない言葉ですね。

師匠という方に触発されて生きてきたのでは?」

「どうして師匠とのことを知っているのかは気になるが、もうこの後の計画を進める原動力がない。

シオリも、ピリカも死んでしまった。

私が殺したんだ。

人間社会を滅ぼすなんて考えも師匠の受け売りで私自身には何もなかったんだ。
だから、もういいんだよ」

「穢れにでも負けましたか。

あなたが弱気に出るのは想定外ですが、死ぬべきかどうかはこれを見てから考えてください」

紫髪の女は古そうな絵巻を私に渡してきた。

「何だこの古い紙は」

「あら、あの世界では上質な紙なんですよ。慎重に取り扱ってくださいね」

絵巻を結んでいた紐をほどき、中身を見た瞬間、私は目を疑った。

そこに書かれていたのは、見覚えのある文字だった。

”お姉ちゃんへ

私はお姉ちゃんとはぐれた後、見覚えのない世界で目覚めたの。

その世界には怖い化け物がいて、最初は逃げて回っていたんだけど、助けてもらったお姉さんがきっかけで、私、化け物と戦うことになっただよ。

最初は怖かったけど、戦いの中でお姉ちゃんと練習していたカグラが使えるってわかって、どんどん色んな人を助けられるようになったんだよ!

最終的には悪い邪神を私の踊りでやっつけちゃった。

カグラってすごかったんだね!

今はこの世界を安定させるために、一緒に戦ったお姫様のお城に滞在しているの。

そしたら突然つづりさんと出会ってね、お姉ちゃんが生きているって教えてもらったの!

私はお姉ちゃんに会いたいって伝えたんだけど、今はできないって断られちゃった。

でも、この世界が安定したらいつかお姉ちゃんと会わせてくれるって言ってたよ!

私頑張って、お姉ちゃんに会いに行くから!

この手紙はつづりさんに無理を言って渡してもらう予定なんだ。

お姉ちゃんも別世界で頑張って生きてるって聞いてるよ。世界を変えちゃうくらいすごいことだって聞いてるよ!

私も頑張って追いつくから、お姉ちゃんも頑張ってね!

自慢のお姉ちゃんへ

カガリより“

目頭が熱い。

50年近く前に諦めていた、妹のカガリとの繋がりが今手元にある。

間違いない。この字は間違いなくカガリの癖字だ。

私は久しぶりに涙を流しながらしばらくすすり泣いた。大声で泣くことなんてしない。

私はそうやって育てられたんだから。

私は心が落ち着いた頃、目に溜まった涙を拭いて前を向いた。

「あんたは一体何者なんだ?」

「私のことはつづりと呼んでください。多次元を渡り、次元改変を未然に防ぐ者です」

「カガリは、生きているんだな?」

「はい。彼女もあなたほどではないですが世界を変えるほどのことをやらかしていますからね。いまは帳消しの為に世界の監視役をお願いしています」

「監視?」

「自分で作り替えてしまった世界を、責任を持って見守る。

何者かに導かれるはずだった世界を変えてしまった分、代わりに導いてもらっているんです」

「なるほど、カガリと同じことを私にもやれと言いたいんだな」

「察しが早いですね。やってくれますか」

「こんな希望を手渡してくれたんだ。死ぬにも死にきれなくなった」

変に頭に取り憑いていた弱気にさせる何かはとうに消え失せていた

今の私には、生きる以外の選択肢がない。

「それは良かった。それでは、まずはこちらをお渡しします」

そう言ってつづりが手渡してきたものを見て驚いた。

「これは、ピリカのソウルジェム?!」

「体は手遅れでしたが、ソウルジェムは無事だったのでお返しします」

ソウルジェムを受け取ると、聞き慣れた声が頭に聞こえてきた。

[ふふっ、カレンが泣く姿なんて、あの人と別れる時以来かしら]

[見ていたのか。

・・・守ってやれなくて、すまなかった]

[ううん、あれは私のミスだもの。
もう自分で動くことはできないけど、魔力で守ってあげられるよ]

「まったく」

思わず口に出してしまった。

「実はシオリさんもソウルジェムだけは助けているのですが、こちらの都合であなたの活動に進展があったらそのご褒美としてお渡しに行きます」

「シオリも助かっているのか。ほんと、私らの覚悟が馬鹿みたいじゃないか」

「自殺めいた覚悟で誇ろうとしないでください」

「やれやれ、あの状況下で生きているとはね。日継カレン」

声の方向を向くとそこにはキュゥべぇの姿があった。

「何だ?ワルプルガと契約してとっくに姿を消していたと思ったが」

「残念ながら今はワルプルガと契約できるような状況ではない」

「環ういの“異変”のせいでだろ?」

「そこまで理解しているなら、何でこんな回りくどい方法をとったんだい?

君たちにとってはすぐにでも魔女化しない世界を手に入れたいはずじゃないか」

「さぁてね。あんたには理解できないことさ」

キュゥべぇの方を見ながら話した後に顔を上げると、知らぬ間に彼女の姿はなかった。

眼下に広がる街を見ているが、人気は全くなかった。

私達という神浜に集まった多くの魔法少女にとっての共通の敵がいなくなった後、魔法少女だけで生きていく目標は見出せるのか。

今回の騒動は、私たちが残した魔法少女にとっての最後の課題を提起した。

本当はこの世界の存在だけで好きにやってくれという感覚だったが、彼女の話を聞く限り放置するのはまずいらしい。

カガリと再開する為だ。

魔法少女の本当の敵を消して、この世界を安定させる手助けをしようじゃないか。

この世界に起きている異変はすでに顔を出している。

しばらくはその異変を消していく活動になりそうだ。

 

レコードを巻き戻す:top page

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-10 魔法少女狩り前夜

「さて、これは誰の物語なのだろうね」

「急にどうしたんですかキュゥべぇさん」

北陽区にある高い丘の上から神浜の外を見つめていると、となりへいきなりキュゥべえさんが現れました。

これまでに起きた出来事は明らかに日継カレン達を中心に動いていた。これから起こる出来事は彼女達がいない中、誰が主役となるのだろうね」

「仮に誰かの物語だとして、キュゥべえさんは最後まで見守っていてくれるんですか」

「それは無理だ。ぼくはワルプルガが契約さえしてくれればこの星から離れてしまうからね」

「まあ、予想していた答え通りでした」

「しかし思わぬ延長戦だよ。まさか環ういがワルプルガを誰にも渡さないなんて言い出すなんて。
ぼくがワルプルガへ話しかけたとき、攻撃してきたことはこれまでの環ういの行動パターンからは想像できないことだったよ」

希望の光線と穢れの塊がぶつかったあの後、日継カレンさん、紗良シオリさんが行方不明となりました。

保和ピリカさん含めて死体が残っておらず、死んでしまったという確証がない状態です。

穢れの塊が里見メディカルセンターを葬った瞬間に、神浜の魔法少女達は里見メディカルセンターにいた人たちの叫び声が頭に響いて正気を取り戻しました。
日継カレン達を倒したという喜びとヒトを無意識に殺してしまったという後悔が心の中に広がりました。

中には何とも思わない方もいたようですが、日継カレンさん達を殺したいという私念は自動浄化システムを広げるタイミングを延期させるきっかけとなったのです。

自動浄化システムを広げられない原因は、ういちゃんが凶変し、鋭い目つきでワルプルガさんを渡さないと言いはじめたからです。

ワルプルガさん自身もなぜかういちゃんを母親だと思い込んでいるようで、第三者の意見を受け入れてくれません。

力づくでういちゃんからワルプルガさんを奪おうとする魔法少女も現れはじめたため、現在神浜ではういちゃんを守る派とワルプルガを奪う派で勢力が分かれている状況です。

一難去ってまた一難

魔法少女同士の争いが落ち着かない状態が続きますが、現状は魔法少女同士で争っている場合ではないのです。

「ーーーーーーー」

「そう、ありがとう」

いろはさんの行動を偵察していた使い魔から探していた魔法少女を見つけたという知らせが入りました。

もうじき神浜での不毛な争いは終わるでしょう。

しかし、まだ戦わなければいけない相手がいるのです。

「かこちゃん、果てなしのミラーズからまた数人の侵入者が確認されたよ。また土地の主導権を奪おうとする連中で、みんな苦戦しているよ」

「わかりました。私も向かいます」

私に状況を教えてくれたのは欄さんでした。海外から逃げこんできた魔法少女グループが、再び神浜の主導権を主張しているようです。

「キュゥべぇさん、この世界の物語はヒトの数だけ存在すると考えています。

そんなこの世界に、今は魔法少女の数だけ物語が紡がれていっています。

この世界が誰の物語かと問われれば、魔法少女みんなの物語と答えましょう」

私はキュゥべぇさんの答えを聞かず、欄さんと共に丘を降りていきました。

「…日継カレン、これは君が望んだ結果なのかい?」

 

 

神浜から海を越えて大きな大陸にある暗い部屋。

ガラス張りにされている壁へ手をつけている少女へ女兵士が話しかけます。

「レディ、日の本で起きた出来事の証拠映像を押さえました。

あと、ご依頼にありました魔法少女を調査している男の確保ですが、失敗に終わりました。

しかし」

「しかし何?殺されたというの?あなた達には魔女を倒せるほどの兵装をさせたはずよ?
そんな失態をして魔法少女と戦っていけると思っているの?」

「も、申し訳ありません!」

「イザベラ、話は最後まで聞かないと」

「…悪かったわ。続けなさい」

「はい…。男と共に魔法少女について調べていた少女を確保しました」

「魔法少女ではないのよね」

「はい、確認済です」

「十分な戦果よ。焦ってしまって申し訳なかったわ。今後の活躍を期待するわ」

「ありがとうございます!」

女兵士が部屋を出た後、刀を持った少女がイザベラと呼ばれる少女へ話しかけました。

「他人に当たるのは良くないよイザベラ。
ヨーロッパの兵器格納庫を襲撃されてすべて使い物にならなくなったことでイラついているのはよくわかるけどね」

「わかってるわよ、悪かったわね」

イザベラは机の上に置かれたタッチパネルを操作し、女兵士が集めてきた情報を閲覧します。

その情報を一緒に見ていた刀を持った女性が話し出しました。

「なるほどね。魔法少女が魔女とならない現象、魔女とならずに寿命を持たない彼女達が牙を剥く時期は間違いなく来る確証となるでしょうね」

「これくらい予想していたじゃないのキアラ。何のために調査と実験を繰り返してきたと思っているの」

「大国を背負う人間がやるようなことではないけどね」

「これも人間存続のための大切な贄よ」

イザベラは再びガラス張りの部屋を見つめました。

「人の道を外れた化け物どもめ、あなた達の思い通りにはさせないわ。
この星の支配者は、人間様なのだから」

ガラス張りの壁のその先には、銃弾やら刃物によって肉塊にされた、宝石が割れた後の魔法少女だったものが広い部屋にたくさん広がっていたのでした。

 

4章 シネントァ リシェ イデハ アラガエヌァイ ヨクボウ テキホンンォウ

 

4-9:BACK
レコードを巻き戻す:top page

 

To be continue

【原神(genshin impact)】ヒルチャール語調査録

ヒルチャール(丘々人)は大昔からテイワットに存在した、カーンルイア人のなれの果てだ等と噂されていていつから存在しているのか、どんな存在なのかがあいまいな生物です。

知能は低いとされているものの、アビスからの助力があってか衣食住や言語、戦闘知識は所有しているようです。

そんなヒルチャールを研究しているエラ・マスクの研究成果を参考にし、ヒルチャール語の解析をこのページで行っていきます。

特定できた単語や文章はあるものの、あいまいな内容も多いため、テイワットのストーリーが進むごとに随時更新をかけていきます。

共に今までにヒルチャール語が出てきた場面の内容もまとめていきます。

ヒルチャール語解析が進んだ暁には、ヒルチャール語の考察を行う予定です。

 

=特定できた単語、文章の意味=

一部曖昧な内容を含んでいますのでご了承ください

・Unu
数字の1
また、神と原初の物の概念となる神聖な単語らしい

・Du
数字の2

・Unu du
数字の3

・dudu
数字の4

・Mani
数字の5
手、労働、手助け

・mi

・ye
あなた

・yeye
あなたたち

・Da、
Dada

いい、とてもいい
会話での相槌
とても、最も
他、あいさつによく使われる

・Ika ya、
Ika yaya、
Ya ika、
Yaya ika

悪いやつ
ヒルチャールにとっての敵を指す代名詞として使われる

・Muhe
好ましい、欲しい

・Gusha
植物系を指す代名詞
嫌いなもの

・Mita

好きなもの

・In movo lata mita、
Mita in movo lata、
Mita movo lata

・Lawa
王、統領

・Upano
飛ぶ系のものを表す

・Sada
固まる、固体

・Celi
明かり、熱い物

・lata
水、冷めたもの

・boya

Celi boya:赤
Lata boya:青
Gusha boya:緑
Unu boya:黄
Numu boya、Sama boya:黒

・zido
場所、位置

・nunu:
寝る

・valo
感謝を表す言葉

・tomo
仲間、友好関係を持つ存在

・beru
友達

・Kucha
チビ
主に軽蔑の意味を込めた小さいという意味

・kundala
強い敵

・Ceil upa
太陽

・Upa sada
準備ができた

・Dada upa
高い山、大きな山

・Kucha gusha、
Unu gusha

・Ceil lata gusha
イグサ

・Ceil lata
ホタル、星、月
※明るいが熱を帯びていないもの

odomu tomo:
変わったヒルチャール

・Hola!
こんにちは

・Ye ika gusha mosi
こんにちは!飯は食ったか?

・mosi gusha
植物を食べる
不機嫌だ

・Aba mosi dada
起きてから昼ご飯前くらいの時間帯を指す

・Unta mosi dada
昼ご飯から日暮れまでの時間帯を指す

・Mosi aba nunu
日暮れから深夜ぐらいの時間帯を示す

・Unta nunu
深夜ぐらいの時間帯を指す

・Du ya zido dala?
これはどこだ?

・Mi mito nye
俺は知らない

・yo dala?
だれだ?

 

=ストーリー等で出てきたヒルチャール語一覧=

一部曖昧な内容、未解析な内容が含まれていますのでご注意ください

________________

olah! muhe mimi, nye, eh… mosi aba?

yo mimi beru si?(あなたとお友達になりたい)

buka…mita nye, guru-guru…yo mosi ka?

ya odomu, todo yo, buka guru-guru nye

mi? dada! valo

valo, ya odomu

発見場所:ヒルチャールとの言語の交流

ちなみに言語の交流は回数を重ねるごとにエラ・マスクの理解度が上がっていることを実感できるようになっています。

・初回

・2回目以降

________________

celi dada,mimi nunu!
とにかく悪意はない言葉

muhe ye!:
気分がいい
高ぶった感情を表す言葉

ye dada!
キミとてもいいよ!
(誉め言葉)

ya yika!
マイナスな意味の言葉

nini zido!
強烈な脅し言葉

発見場所:ヒルチャールとの詩の交流

________________

mosi mita!:
いい気分だ!

kucha pupu gusha ye!(機嫌を損ねる言葉)

biadam!

mani nini biaobomu(機嫌を損ねる言葉)

biadam!

yaya ika! kudala ye plata!(戦う前)

biadam!

yaya ika! mani ye!

発見場所:ウェンティの世界任務時

________________

Mi muhe ye
Mi biat ye
Biat ye dada
Muhe dada

決闘前に歌う歌。歌った後すぐに決闘が始まる

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

Eleka mimi-a-Domu
Mita domu-a-dada
La-la-la
La-la-la
Mimi mosi ye mita

ヒルチャールの讃歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

Mi muhe mita nye
Mi muhe mita nye
Muhe nye
Muhe nye
Gusha
Biat,gusha

悲しげな詩歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

Celi upa celi(太陽が明るい)
Sada shato lata
Kuzi unu ya zido
Unu dada

ヒルチャールシャーマンの詩歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

Nini movo muhe yoyo
Nini movo mimi tomo
Lata movo mosi yoyo
Celi movo celi yoyo

風を崇拝する詩歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集
________________

unu, unu
yaya ika kundala!
unu, unu
mita dada ya dala?
unu, unu
kuzi mita dada ye
mita dada-a-mimi

祭りの時に歌われる頌歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

mimi movo
mimi sada
mimi domu
domu upa
Gusha dada

篝火を囲んで歌う詩歌

発見場所:ヒルチャール詩歌集

________________

olah! olah!
yoyo mosi mita!
nye,nye mosi mita,
yeye mosi gusha!
mosi gusha, mosi tiga,
yeye kucha kucha!

発見場所:ヒルチャール詩試作 第一巻

________________

mi muhe ye:
愛してる

ガイアの詩

発見場所:ウィンドブルーム祭

________________

Mi muhe mosi! Mi muhe mita, mita movo lata!:
俺は食い物が欲しい!俺が欲しい物、そう魚さ!

Mani mi mita movo lata!:
俺に魚をくれないか!

yeye tomo! mosi mita!:
仲間よありがとう!

Du odomu to dala?:
変わったヒルチャールは何処にいる?

Mi mito nye. ya zido mito , mi mito! mi zido! :
俺は知らない。でも知ってるやつの場所はわかる。場所はね!

Odomu! ya dala?:
変な奴、何者だ?

Mimi tomo, Odomu nye! Muhe mani?:
私はあなたの仲間、変な奴じゃないよ!あなたは助けが欲しいかい?

Mani? Mani! yoyo mani mi?:
助けか?助け!俺を助けてくれるのか?

Dada!:
おうよ
やったぜ

Dada odomu! Kundala dada! Kundala zido, mi dada! Muhe yeye!:
強いやつらをお前たちに倒してほしい

ya zido? ye? mi?:
居場所をしえてくれる?

Dada, valo!、Tomo, valo!:
感謝の言葉
ありがとう

yeye dada! Mosi mita!:
お前たちいいじゃないか!気分がいいぜ

Odomu tomo zido mi! Mi mani yeye! Unta nunu!
変わったヒルチャールの場所はここだ。深夜になればいるぞ

Yaya dala?:
なんか用かい?

Mimi tomo, mimi mosi mita, Muhe mita?
私はあなたの仲間だよ。あなたは助けが欲しいかい?

Mita? Gusha… Dada odomu plata mimi, mimi mosi gusha

Mimi tomo, mimi plata odomu! Mimi mani ye!

mani? Dada! Kundala zido mi, mi dada, mimi tomo!

Yeye dada! Mosi mita!

Du wei zido dala? Mi mito nye:
俺は居場所を知らない的な内容

Mi mito du, du ya mito wei

Mimi tomo! Mosi mita?

Tomo mosi mita! Tomo mani mimi?

Mimi mani ye! Plata odomu?

Plata odomu! Zido mi! mi muhe yeye! Mi mita yeye!
敵を倒してくれ的なことを言っている

Odomu tomo zido mi! Unta mosi dada!
変わったヒルチャールの場所はここだ。昼から夕方くらいにいるよ

Du Wei dala? Mito nye! yeye beru mi tomo!

Mimi muhe du, du ya wei zido dala si

Mi mito nye. Mi mito du du ya mito wei

Mimi ika yaya nye! Mimi tomo, mimi mani ye

mani. Mi muhe mani. unu du mani! Hahahaha:
助けて、私を助けてほしい、神の手も借りたいくらいさ、ハハハハハ
的な内容の冗談を言っていたと考えられる

Du wei dala? Mito nye! Mi mito ya zido mito, beru ya!

Plata ika odomu! Zido mi! mi muhe yeye! Mi mita yeye!

Mito nye! Beru ya!
友達なら知っている的な内容

発見場所:三矢の結盟