【原神(genshin impact)】神の目をもらえた経緯と使える能力まとめ

ゲーム「原神」の世界 テイワットでは元素を使用できる神の目というものが存在します。

 

神の目とは

神から認められた者に与えられる外付けの魔力器官とされています。人間の身で元素力を扱えるのは神の目を持っているからこそできることであり、元素力を感知できるようにもなります。
神の目を与えられた者は神になる資格を持っていると同意義であり、その者たちを「原神」と呼びます。

 

神の目は神から与えられるものという大雑把な認識ですが、「神」とは実際には誰のことを指しているのか、そして神の目を人間へ与える目的は存在するのか。

このページでは「原神」達へ神の目が与えられた経緯、扱えるようになった能力を纏め、神の目とは本当はどのようなものなのかを解明していきます。

まずは調査した情報をまとめていきます。

※注意
キャラクターストーリーはあおソラいろのデータで明らかとなった、手に入れたキャラの情報しか扱いません。
他人によって公表されているストーリー、ストーリー内容が提供されてもこのページへ反映しませんのでご了承ください。
そのため、未入手のキャラは入手するまで解析しません。

 

実装キャラ総数:25 (2020/12/3時点)

神の目(風)所持者:2

神の目(岩)所持者:2

神の目(雷)所持者:5

神の目(草)所持者:0

神の目(水)所持者:4

神の目(炎)所持者:6

神の目(氷)所持者:4

 

 

モンド地方(風神バルバトスの管轄)

・ウェンティ
神の目:なし(風神の心所持者)
神の心を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・ディルック
神の目:炎
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・ジン
神の目:風
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・バーバラ

神の目:水
神の目を得た経緯:子どもを看病するために歌を歌い続け、歌を聞いた子どもは元気になった
使用できる能力:歌う力での攻撃、癒し

姉と比べて秀でた能力がない中、他人を助けたいという信念をもって活動した結果、神の目を与えられています。アイドルのような活動を始めたのはアリスから「アイドル」という言葉を教えてもらってからです。
現在は神の目があるおかげか、心だけでなく体まで癒す歌へと変わっています。
水神がバーバラへ神の目を与えたのは「他人を助けたい」という穢れなき正義を認めた結果だからだと考えられます。

_________________________

・アンバー

神の目:炎
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:矢へ炎元素を付与する(予想)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・リサ

神の目:雷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:雷属性の薔薇を呼び出す(予想)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・クレー

神の目:炎
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:爆弾生成

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・ノエル

神の目:岩
神の目を得た経緯:7回目の騎士選抜試験で落選したかと思われたが、ジンに認められて騎士団のメイドとなった
使用できる能力:助けを求められたらどこにでも現れる

ノエルは騎士団へ入るために努力を惜しみませんでした。何度落選しようと妥協せずに騎士団へ入団するために勉学や礼儀を学び続けました。
まだ正式な騎士団員とはなっていませんが、騎士団の近くで誰かのために役立つことが彼女の喜びとなっています。
岩神がノエルへ神の目を与えたのは誰かのために力を尽くすという勤労の精神を認めた結果だと考えられます。

_________________________

・スクロース
神の目:風
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・フィッシュル

神の目:雷
神の目を得た経緯:心の支えとなっていた『フィッシュル皇女物語』に影響されて妄想の日々が続く中、周りの人間だけではなく、両親にまで妄想から覚めるよう言われて心が折れそうになった
使用できる能力:元素生物”オズ”の召喚

冒険者である両親と一緒にいる時間が少なかったフィッシュルは『フィッシュル皇女物語』で寂しさを紛らわしているうちに物語に出てくる皇女として妄想を膨らますようになっていきました。
現在もその妄想の中で生きながら、周りの人間を戸惑わせながらも冒険者として活躍しています。
雷神がフィッシュルへ神の目を与えたのは、彼女の「夢から覚めたくない」という永遠を願う想いに答えたからかもしれません。

_________________________

・ベネット

神の目:炎
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:冒険への情熱を力に変える

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・ディオナ

神の目:氷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:頭を覚醒させるほど凍える氷の生成(予想)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・レザー

神の目:雷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:雷狼の召喚

※友好度6に到達していないため調査不能

 

======================

璃月地方(岩神モラクスの管轄)

・鍾離

神の目:なし(岩神の心所持者)
神の心を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:岩を操る

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・凝光

神の目:岩
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:宝石の生成(取引に使えるほどのものかは謎)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・刻晴
神の目:雷
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・魈
神の目:不明
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・甘雨
神の目:不明
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・行秋

神の目:水
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:水元素の剣を複数生成する

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・重雲

神の目:氷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・香菱

神の目:炎
神の目を得た経緯:どんな食材でも美味しい料理を作るという信念を貫き続けているため
使用できる能力:炎の行使

香菱は「どんなおいしい料理を作るか」ではなく「この食材をどう美味しく料理するか」から考え始めます。もちろん組み合わせの悪い食材や器具が耐えられない食材にも出会ってきていますが、探求をやめません。
炎神が香菱へ神の目を与えたのは食材を追及する情熱を認めたからだと考えられます。

_________________________

・白朮
神の目:草
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・七七

神の目:氷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:仙力の行使(予想)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・辛炎

神の目:炎
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:情熱を音楽に変える(予想)

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・北斗

神の目:雷
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:不明

※友好度6に到達していないため調査不能

 

======================

稲妻地方(雷神バアルの管轄)

======================

スメール地方(草神の管轄)

======================

フォンテーヌ地方(水神の管轄)

======================

ナタ地方(炎神の管轄)

======================

スネージヤナ地方(氷神の管轄)

・シニョーラ(淑女)
神の目:不明
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・スカラマシュ(散兵)
神の目:不明
神の目を得た経緯:未所持のため不明
使用できる能力:未所持のため不明

※友好度6に到達していないため調査不能

_________________________

・タルタリヤ(公子)

神の目:水
神の目を得た経緯:友好度6未達成のため不明
使用できる能力:断流の力

※友好度6に到達していないため調査不能

======================

無所属

・ガイア

神の目:氷
神の目を得た経緯:カーンルイアのスパイだとディルックに明かし、本気でディルックと戦った瞬間
使用できる能力:霜の行使

カーンルイアのスパイとして送り込まれたものの、ディルックの父の養子となってからはガイアの心は揺れていました。
ディルックと戦った後もモンドの住人としてモンドへ滞在し続けていて、本当にモンドとカーンルイアが戦うことになったらどちらにつくのかは謎です。
氷神がガイアへ神の目を与えたのは、ガイアが心に抱く「陰謀」の強さを認めたからだと考えられます。

_________________________

・モナ

神の目:水
神の目を得た経緯:師匠である「おばば」からもらった道具をアクセサリーとして身につけているとき突然その道具が神の目へ変わった
使用できる能力:「水占の術」に必要な水面の生成

世界の真理を追究することしかほとんど興味を持たないモナにとって神の目が与えられた理由は神の眷属の証だとしか思っていません。
水占の術自体も神の目がなければ行使できないものではなく、水面があればいくらでも扱えます。モナ自身、あまり神の目を信用しません。
水神がモナへ神の目を与えた理由は、占星術をもらのために行使せず、真理を解明するための手段にしか使わないという「純粋な心」に答えたからだと考えられます。

 

 

※このページは原神の要素を扱っています

【原神(genshin impact)】テイワット大陸の古代文字(decoding)(解密字符) 「原神文字」まとめ

ゲーム「原神」の世界 テイワットには地上で使用されているテイワット文字のほかに古代遺跡と深淵に関係の深い文字が存在します。

そんな古代から使用されている文字を「原神文字」と名付けて解読、その結果をこのページにまとめていきます。
原神文字はラテン語で解読することができます。

 

原神文字表(ver. 0.1)

既に存在が確認されている文字もありますが、26文字を超えていることからラテン語でも使用されている合字が採用されている可能性があります。

詳細が分かり次第、文字表を更新していきます。

==============================================

(外側の円)
ABCDEFGHIJKL
(内側の円)
北西南東(NESW)

発見場所:モナの待機モーション

占星術ということから東西南北の記号をしっかり使用しているのは素晴らしい

==============================================

AD VIRTUTEM(パワー)

発見場所:宝箱・装置の封印、飛行チャレンジのゴール地点

おそらくテイワット大陸で最も目にするであろう一文
パワーとだけありますが「力を示せ」の意味合いが強いと思います。

==============================================

混乱する(PARMAE)

発見場所:防衛任務時に起動する装置

まあ確かに混乱の元

==============================================

以前のように山の高さから要素の
(ex culmine licis in magno elementorum )

発見場所:魔法実験室の封印、無相元素が出す魔法陣、アビスの魔術師が出す魔法陣

元素の魔法陣であれば共通で使用されるもののようです
この魔法陣は使用者たちを見るに、神の目がなくとも元素を扱える手段の一つであると考えられます

==============================================

深い闇
(abyssus obscura)

発見場所:深境螺旋初チャレンジ時

このコンテンツの闇は深い、いろんな意味で

==============================================

ENK(I)

発見場所:合成台

知恵の神(enki)へ愛(i)が足りない

==============================================

sine mixture fortunae fortitudo ingenium
magnum fuere nullum

(混じりっけない 幸運な 不屈の精神 才能
素晴らしいものではなかった)

発見場所:蛟(みずち) 欠けた文字で出る装置

まだ何を表しているのかは不明

==============================================

週替わりダンジョン(weekly dungeon)

発見場所:秘境 仲夏の庭園

冒険ランク突破クエストで一度は訪れる場所でもある

==============================================

VENERARE(祭る)

発見場所:秘境 仲夏の庭園

この秘境は大昔はただの庭園だったようですが、祭っていたとしたら大昔に存在した何かでしょう

==============================================

SOMNIA(夢)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 トップページ

隕石降る時、神の目をもたない人々は不思議な力で夢を見続ける

==============================================

IERUNT(行く)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 トップページ

IERUNTはEO(行く)の三人称複数・現在完了・直説法の能動態に該当する際に使用されます。
==============================================

CAELUM(空)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 トップページ

==============================================

外側から二番目の円内にある文字

ex culmine licis in magno elementorum
lux seeffundat in mentes dei

(以前のように山の高さから要素の神である彼が、心に光を注ぐことができるように)

↓円陣の文字置き換え結果

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 怪しい夢の星

直訳なので真の意味にはほど遠い内容ですが、元素の神へ祈りを捧げるような内容であることは確かです。
元素の魔法陣はこの内容が省略されたものを使用しているようです。

テイワット文字についてはこちらを参照
テイワット文字

 

 

 

今後も発見し、解読できましたら随時追加、更新を行っていきます。

 

※Twitter、動画等で引用する際はこのページへ誘導するようリンク設置をお願いします

このページは原神の要素を扱っています

 

【原神(genshin impact)】テイワット年表(ストーリーまとめ)

神の目を持つ者「原神」は神に近い存在と言われている。
しかし、その身は人の子と同じく、悠久の間、世界の移り変わりを見届けることはできない。
いま一度ここに、七神の作り出したテイワットと、人の子が積み上げてきた歴史、そして異世界からの来訪者がもたらした奇妙な出来事を残す。
確かに、テイワットという世界は存在したという証として。

 

この世界の歴史は、メインストーリーだけでは全体像を把握することが難しいです。
このページではゲーム「原神」のストーリー、クエスト、本、人々の立ち話等を整理し、テイワットの歴史を年表としてまとめていきます。

ストーリー等が追加され次第、随時更新していきます。

ガチャ産キャラの会話内容は入手後でなければ確認できないため、判明するのはかなり後になってしまうという点はご了承ください。

 

※ここからネタバレが含まれます。ネタバレを気にしない方のみ閲覧してください

*注意*

「〇年前」という表記は、異世界から来た双子がテイワット大陸に漂流し始めた時(メインストーリー開始)を始点として記載していきます。

メインストーリーの中心となる主人公は妹の「蛍」とし、兄「空」を探す物語として綴っていきます。

 

 

—–約3700年前—–

岩王帝君が仙人と共に人々を璃月へ集め、そこへ住まわせます。

岩王帝君は璃月の統治者として、仙人は璃月を見守る者として活動していくようになります。

 

—–約3000年前—–

氷原地域であったモンドにはグンヒルド一族という一番強い部落の首領がいました。
この頃は「高塔の孤王 デカラビアン」と「北風の王 アンドリアス」が混戦している時代でした。

—–約2600年前—–

デカラビアンの暴政に耐えかねたグンヒルド一族は城を出て荒野へと逃げますが、そこは人が住めるような環境ではありませんでした。

一族が絶体絶命の中、グンヒルドが祈りを捧げていると、それに精霊が応えてくれて小さな避難所が誕生します。そこでグンヒルドは父親から力を与えられて一族を守る女祭祀となります。

風神バルバトスがデカラビアンへ宣戦布告したことで、人々は狂風に苦しむこととなります。そんな中グンヒルドは一族を率いてデカラビアンへ立ち向かいます。
戦いの末、デカラビアンは討たれ、バルバトスは人々を狂風から解放し、世界から姿を消します。

バルバトスがいなくなった後、モンドは貴族が率いていくようになります。

 

—–約2500年前—–

テイワット大陸各地で魔神が暴れている災厄の時代でした。
璃月地方には帰終という塵を操る魔神と塩の魔神がいました。

塩の魔人は魔神同士の戦争に参加せず、地中の塩と呼ばれる地方に神殿と避難所を用意します。塩の魔神が用意した場所で彼女についてきた民は平和に暮らしました。
しかし、塩の魔神は愛した人間に裏切られ、殺されてしまいます。
塩の魔神が死んだと同時に塩の聖殿は崩れ落ち、やがて避難所だった町も崩れ去ってしまいました。

帰終が見守る都市「帰離原」で魔神が地位を巡る大きな戦争が起きます。帰終は都市を守ることができず、都市は滅んでしまいます。

 

—–約2000年前—–

各地で発生した魔神戦争が終結し、俗世に降りてきていた七神たちは璃月で盃を交わしました。

 

—–約1000年前—–

モンド地方では貴族による腐敗と暴虐が目立つ政治が続き、人々が苦しんでいました。

モンドへ立ち寄った流浪楽団は旧貴族の討伐を計画しましたが、失敗に終わりました。楽団は解散され、元楽団のメンバーは再び反逆できる機会を待ちました。

旧貴族時代と呼ばれるモンド城を貴族たちが牛耳っていたころ、炎の神の民であるヴァネッサは貴族に捕まって闘技場で戦うことを強いられます。
そんな中、ヴァネッサと一族は闘技場へ捕らえられて当時モンド地方で暴れていた魔龍ウルサと戦うことになります。
この戦いへ風神バルバトスが干渉し、ヴァネッサはウルサを撃退することができました。
これを機会にモンド城は貴族の支配から解き放たれ、モンドはヴァネッサが設立したセピュロス(西風)騎士団によって守られていくようになります。

璃月地方で暴れている魔獣「螭(みずち)」を岩神モラクスが鎮めます。
螭(みずち)の遺骸が転がった場所は後に軽策山と呼ばれるようになります。

 

—–約100年前—–

モンド地方に毒龍「ドゥリン」が現れ、これに対してトワリンが立ち向かいます。
トワリンは悪竜を倒すことに成功しましたが、体内へ悪竜の血が流れ込んでしまい、トワリンは深い眠りへと落ちてしまいます。

—–数年前—–

異世界からの来訪者 は別の世界へ旅立とうとしたころ、「天理」の調停者と名乗る神の襲撃に会います。
双子はその神に敗れ、は謎の神に封印されて離れ離れとなります。
双子は本来持っていた力を失い、テイワット大陸へ漂流してきたのです。

—–1年前—–

稲妻で雷電将軍が神の目を徴収して回る目狩り令を出します。
徴収された神の目は千手百目神像へ収められています。

 

—–約二か月前—–

が一人で彷徨っていたところ、偶然謎の生物を釣り上げます。
その生物の名前はパイモンといい、パイモンは共に行動するようになります。

—–すべての始まり(メインストーリースタート)—–

の行方を探すため、謎の神については実際に神に聞いた方が早いと考えてテイワットの七神を訪れる旅をしています。

の情報を得るために風の神とかかわりが深いモンド領へと訪れたパイモンは、森の中で風魔龍トワリンと会話しているウェンティを目撃します。
その様子を見守っているとトワリンは蛍達に気付き、その場で暴れてどこかへと飛んで行ってしまいました。ウェンティも二人に気付き、その場を去ります。

トワリンが去った場所には赤い結晶が残されていて、はそれを回収します。

森を抜けると偵察騎士アンバーと出会い、自由の都モンドへと案内されます。

アンバーの任務も片付けつつモンドへ到着すると、アンバーから風の翼を受け取ります。
蛍がアンバーから風の翼について教わっていると、モンドはトワリンの襲撃を受けます。
トワリンが生み出した竜巻には巻き込まれてしまいますが、は風の翼を操って謎の声を頼りにトワリンを撃退することに成功します。

現場を目撃した騎兵隊長ガイアに連れられて、蛍達はモンドにあるセピュロス騎士団本部へと向かいます。

蛍達が騎士団本部へと向かうと蒲公英騎士のジン、図書館司書のリサがいました。
ジンリサへ状況を報告すると、は暴風を治める作戦へ参加することとなります。

騎士団員と共に四風守護の神殿にある風魔龍の魔力の源を断つと、モンドの町へ訪れていた暴風は去りました。
そしていつの間にか騎士団の一員として認められてしまい、は栄誉騎士と呼ばれるようになります。

暴風が去った後のモンドでは問題が絶えず、氷の国スネージヤナが率いているファデュイという組織が風魔龍を討伐するよう騎士団へ圧力をかけていました。

モンドの町中を歩いていると、蛍達ウェンティを発見します。
ウェンティへ赤い結晶を見せようとしますが、赤い結晶はなぜか水色に浄化された状態でした。

ウェンティによると赤い結晶はトワリンが苦しんで流した涙らしく、はその涙を浄化できる力を持っていることが判明します。
その後ウェンティから英雄の象徴と呼ばれる大きな木の下でトワリンはアビス教団によって苦しめられていることを教えてもらいます。

はトワリンを正気に戻すために必要な道具である天空のライアーをウェンティと共に入手することとなるのですが、ファデュイという組織の妨害を受けてしまいます。
ファデュイからライアーを取り戻すために蛍達ディルックのもとを訪れます。

ディルックへ事情を話すと協力してもらえることとなり、一晩経つとディルックのもとにはジンの姿もありました。

ウェンティ、ディルックと共にファデュイから天空のライアーを取り返すことに成功し、それへ風元素を籠らせるために浄化したトワリンの涙を集めることとなります。

天空のライアーに十分風元素を籠らせると、ウェンティと共にトワリンのもとへと訪れます。
トワリンへライヤーで演奏しようとしましたがアビス教団の妨害を受けてしまい、トワリンの浄化に失敗してしまいます。

トワリンが飛び去った先を見つめるのは、蛍達だけではなくアビス教団とともにいる一人の「王子」の姿もあったのでした。

トワリンが飛び去った先にあったのは風龍廃墟と呼ばれる遺跡で、その遺跡の封印を解くとトワリンのもとへと訪れることに成功します。
トワリンを苦しみから解き放つために紫色の凝血を力ずくで壊すという荒治療ともいえる手段を取ります。

全ての紫色の凝血を破壊すると天空にある廃墟の足場が崩れ始め、蛍達は地上へと落下しそうになります。
そこを正気に戻ったトワリンが助け出してくれます。

トワリンへはウェンティから風神の力を与えられ、トワリンは風神の命令ではなく己の意志で自由に生きていくようになりました。

こうしてモンドを襲った龍災は無事に解決したのでした。

天空のライアーをモンドの大聖堂へと返した後、ウェンティはファデュイの襲撃を受けます。
ウェンティを守ろうと加勢しますが、そこへファデュイ十一の執行官 第八位のシニョーラが現れます。
シニョーラウェンティへ襲い掛かり、ウェンティから神の心というものを抜き取ってしまい、その場を去りました。

ウェンティへ事情を聞いても断片的にしか世界情勢のことは話してくれませんでした。それでも、次に神を訪れるならば神が降臨する儀式が近づいている璃月へ行くと良いという助言を受けます。

こうしては璃月へと向かうこととなります。

は璃月港へ到着し、神が降臨する儀式「七星迎仙儀式」が行われる場所を探します。

七星迎仙儀式が行われる場所へ到着すると儀式が開始されます。しかし、儀式で呼び出された岩王帝君は死んだ状態でした。

儀式進行役の凝光の指示によって儀式へ参加した人物が事情聴取を受けることになります。しかし、はその場から離れるために千岩軍の兵士に見つからないようその場を去ろうとします。
結局兵士に見つかってしまいますが、兵士に囲まれた場をファデュイのタルタリヤに助けられます。

は岩王帝君を殺した犯人である疑いを晴らすためにタルタリヤへ協力することとなります。タルタリヤから禁忌滅却の札をもらい、三眼五顕仙人のもとを訪れます。

は削月築陽真君を中心として理水畳山真君、留雲借風真君、護法夜叉の魈に出会い、仙人へ岩王帝君を殺した犯人ではないと認識してもらうことに成功します。

タルタリヤから璃月七星が岩王帝君の亡骸を隠したという報告を聞き、タルタリヤは葬式屋「往生堂」の鍾離に協力してもらうことで岩王帝君の亡骸へ近づくチャンスを作る計画をはじめます。

鍾離とともに岩王帝君の葬儀を行う準備を進めます。

葬儀を行う準備が整ったころ、七星の秘書である甘雨から凝光の招待状を受け取ります。

凝光がいる群玉閣へ行く方法を探していると璃月七星の1人である刻晴と出会い、群玉閣へ行く方法を教えてもらいます。

パイモンの思い付きで手土産を用意することとなり、手土産を用意した後は群玉閣へと向かいます。

群玉閣へ到着した凝光と会い、凝光へ仙人側へ着かないよう中立の立場でいてほしいという話をはじめます。そして岩王帝君の亡骸を隠した目的はファデュイを牽制するための行動であったと教えてもらいます。

は間接的に凝光からファデュイが禁忌滅却の札を量産している研究をしていると教えてもらい、研究が行われている場所へと向かいます。

研究が行われている場所には確かに禁忌滅却の札を量産していた痕跡があり、は改めてタルタリヤへの警戒を強めます。

その後、蛍達鍾離と会う約束を思い出し、鍾離へ合流します。葬儀に必要な天然の瑠璃百合を探していると甘雨と出会い、甘雨が半分仙人であることを知ります。

用事が済んで璃月港へ戻ると、七星と仙人が衝突しようとしているという話が広まり、緊張感が高まっていました。
は今回の騒動に深くかかわっているタルタリヤを探すことにします。

岩王帝君の亡骸が隠されている黄金屋へ向かうと想像通りタルタリヤが現れます。

タルタリヤの目的は他の執行官同様、神の心でした。
は神の心を奪われないよう、タルタリヤと戦います。戦いに紛れてタルタリヤは岩王帝君の亡骸へ接触しましたが、なぜか神の心を抽出することはできませんでした。

は先に神の心を確保したと誤解され、魔王武装を使用したタルタリヤと戦うこととなります。

タルタリヤを戦闘不能まで追い込むことに成功しますが、タルタリヤは量産された禁忌滅却の札を使用して封印された魔神の1人である「渦の魔神 オセル」を呼び起こします。

外へ出るとすでにオセルが復活していて嵐が璃月港を襲っていました。

群玉閣へ向かうとそこには凝光刻晴、そして仙人たちが集まっていました。
七星と仙人は璃月港を守るために協力してオセルへ立ち向かうこととしました。魔神との戦いの中、なぜかファデュイが七星と仙人を妨害するために戦いへ加わりました。

は仙人から力を借りながらファデュイの妨害を防ぎました。
オセルへダメージを与えている中、オセルの渾身の一撃でオセルへの有効な攻撃手段を失ってしまいます。

最後の手段として凝光は群玉閣をオセルへ墜落させて再び封印させることにしました。仙人たちはへ力を集め、の一撃で群玉閣は勢いをつけてオセルへ墜落しました。
結果、オセルは再び封印されて璃月港は守られました。

タルタリヤを探している中、北国銀行へ寄るとそこにはタルタリヤだけではなく鍾離淑女がいました。
そこで鍾離はモラクスであることを知り、契約に基づいた取引で氷の神へ神の心を譲渡する約束をしていたと知ります。

モラクスバルバトスのように国を人間へ任せる機会をうかがっていて、今回のタイミングで神の座を降りる決意をしたのです。今回の騒動は、岩の神と氷の神との間で交わされた契約によって起こっていたのでした。

鍾離から契約の詳細を教えてもらえない中、璃月港では岩王帝君を送る葬儀「送仙儀式」が執り行われ、璃月港は神がいない中で人間に管理された国として一歩を踏み出したのでした。

鍾離へ今後のことについて話を聞いていると、次は稲妻という国にいる「雷神 バアル」のもとを訪れるのが良いと聞きます。しかし稲妻は鎖国中であるため、鎖国を突破する方法を考えなければいけませんでした。

 

 

※このページは原神の要素を扱っています

【原神(genshin impact)】テイワット大陸の文字(decoding)(解密字符) 「テイワット文字」一覧

世界に存在するものには意味がある

たとえ些細な存在でも、それが世界を作り出す大切なものであることを忘れてはいけない

 

原神(genshin impact)の世界「テイワット」には独特の文字が複数存在します。

その中でも大陸全体で使用されている文字を「テイワット文字」と名付けて解読、その結果をこのページにまとめていきます。

テイワット文字表(ver. 1.0)

文字表としては自力で完成させることができました。文字の形状の最適化は適宜行っていきます。

 

___________________________________

WELCOME

DAWN
WINERY

(ようこそ!アカツキワイナリー)

発見場所:アカツキワイナリー、清泉町にある看板

使いまわしはよくあること

___________________________________

DAWN
(アカツキ)

発見場所:アカツキワイナリー、清泉町にある立て札

せめて立て札として仕事して

___________________________________

OPEN
FINE FOOD

HOT

CHICEN BEER

(開店中
良質な料理!
アッツアツ!
チキンビア)

 

発見場所:モンド城 料理店:鹿狩り

結構読みやすい看板の一つ
そしてなぜか鹿肉ではなくチキンを推す料理店

___________________________________

SCHULZ
SMITHSHOP
(シュッツ鍛冶屋)

発見場所:モンド城 鍛冶屋

弟子の名前が店の名前になっている不思議

___________________________________

PUB
(酒場)

発見場所:モンド城 酒場

下の文字はテイワット文字ではない別の文字か意味を持たない模様

___________________________________

FEELIMG FINE
WINE
(気分が良いぜ! ワイン)

発見場所:モンド城 酒場

「気分がいいぜ!」の部分は他の壁紙に出てくる場所があります

___________________________________

CATTAIL
(キャットテール)

発見場所:モンド城 キャットテールの看板

___________________________________

WARRIWR
(戦士)

発見場所:モンド城 墓地

下の小さい文字はそのうち

___________________________________


BROTHER(兄or弟)


SCENE(場面)

発見場所:モンド城 墓地

急に埋葬者と関係ない単語出てきた

___________________________________

BRAVE
(勇者)

発見場所:モンド城 墓地

おそらく葬られている人は「勇ましい者」

___________________________________

THE GATEWAY OF CELESTIA(L)
(天使の出入り口)

発見場所:モンド城 バルバトス像周辺

Lが足りないんだよ!誤字なの?あえてなの?

___________________________________

GUILD
HANDBOOKH
(ギルドハンドブック)

発見場所:冒険の証使用時

凝り具合が半端ない

___________________________________

CHALLENGE SUCCESS
(挑戦成功)

発見場所:深境螺旋 ステージクリア時

バックの小さな字は別の機会に

___________________________________

To Darknight Hero

発見場所:アビス教団からの手紙

読める部分のほとんどはテイワット文字でも記載されていますが、
“front gate at” “wish to” が記載されていません。
暗号文ではありますが、読めているはずの部分が記載されていないのは気になるところです。

___________________________________

UNROCK

発見場所:伝説任務 鍵解放前

鏡写しの状態で流れてきたりする

___________________________________

EXPLOSION INSIDE CITY WALL
GROUNDED BE THY WOE

EXPLOSION CAN HURT PEOPLE
JEAN CAN BE DREADFUL

MONDSTADT BE BOMBED
KLEE BE DOOMED

(城内で爆破したならば
正座して悲哀な気分となるでしょう)

(爆発で人を傷つけてしまえば
ジンは恐ろしくなる)

(モンドを爆撃してみろ
クレーの運命はそこまでだ)

発見場所:四つ葉の章 クレーの落としたメモ帳

意訳かわからないが、なかなか一致しない内容。山火事要素どこ行った

___________________________________

MY FOOLIE

発見場所:四つ葉の章 クレーの宝物があった場所

直訳すると「私の愚か者」ってクレーお前・・・

___________________________________

HALTAND
BEHOLD
(停まれ、見よ)

発見場所:安全な運搬任務

クエスト時にしか発生しない立て札なので遭遇率は低い

___________________________________

WANTED
(お尋ね者の)

発見場所:都市評判確認画面

「お尋ね者」とストレートに記載すればいいのに

___________________________________

REQUEST
(リクエスト)

発見場所:都市評判確認画面

3人から好きな人を選んでね

___________________________________

EXPLORE
(探検する)

発見場所:都市評判確認画面

コンパスマークの北はN、西はWというテイワット文字で記載されています。

___________________________________

JOURNEY
(遍歴)

発見場所:都市評判確認画面

絶対バージョンアップによってこの数は増えるだろう

___________________________________

MONDSTAT(モンド城)

発見場所:都市評判確認画面

___________________________________

LIYUEHARBOR(璃月港)

発見場所:都市評判確認画面

___________________________________

DISCOVER(発見)

発見場所:チュートリアル 秘境解放

チュートリアル、ルール説明の画像に映る文字がテイワット文字なのはここから始まった・・・

___________________________________

中央にある本

MOUNTAINS
AND
SEAS
(山と海)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 怪しい夢の星

原神文字についてはこちらを参照
原神文字

___________________________________

左側
CHARGING 3S(充填中 3秒)

右側
INTERRUPTED(中断)

 

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 運命の星チュートリアル

数字はなじみある形状と変わりないらしい

___________________________________

ASTEROMEN

RULES ARE RANDOMLY SELECTED UPON
THE START OF EACH RUN TO ALTER
CHALLENGE LEVEL

ENEMIES WILL SPAWN ENERGY UPON DEFEAT TRA
NSMIT ENERGY TO PROGRESS

ASTEROMEN

開始する際のチャレンジレベルによってルールはランダムで選択されます

敵はやられた後にエネルギーを生み出し、それは進展するエネルギーとなります

 

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 運命の星チュートリアル

あえて文字の区切りをおかしな形にしているのがいやらしい。
書かれている内容はちゃんとルール説明になっているが、一般人がこの画像だけでルール説明されると発狂すると思う。

・・・ところでASTEROMENって造語?

___________________________________

上下のキャンバスに使っているフレームは長くて丈夫な葦で、おかげで小型化できている。
軸は薄い鋼の刃である。
それは「自由」を与えられて、プロペラを回す。
これは強制的にねじれ運動をする。

↓解読後(未翻訳)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 古星の運命の地 ムービー

このメモはフランス語で記されています。
後半にかかれている内容は前半にかかれている内容の繰り返しだったりします。

___________________________________

地面との円周線は遥かに無駄が少なく、それらが持っているようにその容量を拡張するスペースはより長いものとなる。

各要素本体は多孔質である木材を使用する。多孔質である木材の終端は曲がる。
したがって、一部が湾曲した際の木材は多孔質が凝縮し、空気密度が低くなると凝縮した多孔質が元に戻ろうとする。

↓解読後(未翻訳)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 古星の運命の地 ムービー

「それら」が何を指しているのか等、主語が足りない内容である。
ちなみに本内容はイタリア語で記されていて途中で言語が変わったのが不思議で仕方がない。

なお、内容は真面目に素材を研究した結果が記されている。

___________________________________

①被膜は結合することで翼に装甲のような強さを与えてくれる。
飛行機械にはコウモリを模倣したもの以外を使用してはいけないことを忘れてはいけない。

②それは空中で女性を口述し、高く上がる
私はこのスクリューツールがうまくいくかどうか調べる。
翼についてはリネンクロスの穴部分をでんぷんで塞いでいる。

 

↓解読後(未翻訳)

発見場所:イベント 帰らぬ熄星 古星の運命の地 ムービー

デッサンを見ればわかる通り、これは風の翼の設計図となるメモです。
femminaという場違いだと思ってしまう単語があるのは誤字なのか言葉のあやなのかもはやわからないです。

なお、①部分は英語、②部分はイタリア語で記載されているというツッコミどころ満載な設計図です。

しかし、風の翼は「コウモリを参考にしていて、布を素材とする場合は空気が漏れないよう表面にでんぷんを塗布する加工が施されている」という意味は通じるでしょう。

___________________________________

HEARTS
DESIRE

発見場所:書籍 砕夢奇珍シリーズ

直訳すると心の欲望。

___________________________________

DRUNKARD STORY

(酔っ払いの話)

発見場所:書籍 酔っ払いの逸話シリーズ

酔っ払いとオオカミが話す謎のお話

___________________________________

MONDTOWER

発見場所:書籍 モンドタワーシリーズ

日本語表記寄りな記載方法

___________________________________

OF KINGS
AND
NOBLE
HOUSES

(王と貴族)

発見場所:書籍 王と貴族の歴史シリーズ

モンドの貴族時代だったころの話がずらずらと記載されています

___________________________________

GUNNHILDR

発見場所:書籍 グンヒルドの逸話

またまた貴族時代のお話

___________________________________

TRAVEL
GUIDE

発見場所:書籍 テイワット観光ガイドシリーズ

___________________________________

HILIPOETRY

発見場所:書籍 ヒルチャール詩歌集シリーズ

poetryで詩歌という意味なのでこの書物の名前自体はヒルチャール詩歌集ということでHILIPOETRYという造語

___________________________________

HILIFOLK
STUDY
(ヒルチャールの皆さんについての研究論文)

発見場所:書籍 ヒルチャール習慣考察シリーズ

圧倒的意訳

___________________________________

KNIGHTS
GUIDE

発見場所:書籍 騎士団ガイド

デイリークエストのために時々読み返す程度の存在

___________________________________

BREAKING
DAWN
(夜明け)

発見場所:書籍 侍従騎士の歌シリーズ

___________________________________

MELANCHOLIA
(憂鬱)

発見場所:書籍 少女ヴィーラの憂鬱シリーズ

なぜか表紙で憂鬱が強調されてしまった

___________________________________

 

 

 

 

 

今後も発見、解読が完了しましたら更新していきます。

 

 

※Twitter、動画等で引用する際はこのページへ誘導するようリンク設置をお願いします

このページは原神の要素を扱っています