【原神(genshin impact)】テイワット年表(ストーリーまとめ)

神の目を持つ者「原神」は神に近い存在と言われている。
しかし、その身は人の子と同じく、悠久の間、世界の移り変わりを見届けることはできない。
いま一度ここに、七神の作り出したテイワットと、人の子が積み上げてきた歴史、そして異世界からの来訪者がもたらした奇妙な出来事を残す。
確かに、テイワットという世界は存在したという証として。

 

この世界の歴史は、メインストーリーだけでは全体像を把握することが難しいです。
このページではゲーム「原神」のストーリー、クエスト、本、人々の立ち話等を整理し、テイワットの歴史を年表としてまとめていきます。

ストーリー等が追加され次第、随時更新していきます。

ガチャ産キャラの会話内容は入手後でなければ確認できないため、判明するのはかなり後になってしまうという点はご了承ください。

 

※ここからネタバレが含まれます。ネタバレを気にしない方のみ閲覧してください

*注意*

「〇年前」という表記は、異世界から来た双子がテイワット大陸に漂流し始めた時(メインストーリー開始)を始点として記載していきます。

メインストーリーの中心となる主人公は妹の「蛍」とし、兄「空」を探す物語として綴っていきます。

蛍と別れた後の空の行動記録は[]で囲って記載することとします。

 

—–約6000年前—–

岩王帝君がテイワットの地に誕生します。

 

—–約3700年前—–

岩王帝君が仙人と共に人々を璃月へ集め、そこへ住まわせます。

岩王帝君は璃月の統治者として、仙人は璃月を見守る者として活動していくようになります。

 

—–約3000年前—–

氷原地域であったモンドにはグンヒルド一族という一番強い部落の首領がいました。
この頃は「高塔の孤王 デカラビアン」と「北風の王 アンドリアス」が混戦している時代でした。

 

モンドの氷雪と争いから離れようともがいていたとある一族のファルシは緑あふれる大地にたどり着きます。そこは高い山ではありましたが、地上とは違って寒い環境ではなかったのです。
住むのに最適だと考えたとある一族は、そこへシャール・フィンドニールという都を築きます。
シャール・フィンドニールを築いたとある一族は、地脈から「彼ら」の声を聞くことができ、その声にも頼りながら都で平和に暮らすこととなります。

 

モラクスは活動が活発になり始めた魔神との戦争に備えて、仙人の招集をはじめます。その中には甘雨の姿もありました。

 

—–約2600年前—–

デカラビアンの暴政に耐えかねたグンヒルド一族は城を出て荒野へと逃げますが、そこは人が住めるような環境ではありませんでした。

一族が絶体絶命の中、グンヒルドが祈りを捧げていると、それに精霊が応えてくれて小さな避難所が誕生します。そこでグンヒルドは父親から力を与えられて一族を守る女祭祀となります。

風神バルバトスがデカラビアンへ宣戦布告したことで、人々は狂風に苦しむこととなります。そんな中グンヒルドは一族を率いてデカラビアンへ立ち向かいます。
戦いの末、デカラビアンは討たれ、バルバトスは人々を狂風から解放し、世界から姿を消します。

バルバトスがいなくなった後、モンドは貴族が率いていくようになります。

 

—–約2500年前—–

テイワット大陸各地で魔神が暴れている災厄の時代でした。
璃月地方には少なくとも帰終という塵を操る魔神と塩の魔神ヘウリア、渦の魔神オセルがいました。

ヘウリアは魔神同士の戦争に参加せず、地中の塩と呼ばれる地方に神殿と避難所を用意します。ヘウリアが用意した場所で彼女についてきた民は平和に暮らしました。
しかし、ヘウリアは愛した人間に裏切られ、殺されてしまいます。
ヘウリアが死んだと同時に塩の聖殿は崩れ落ち、やがて避難所だった町も崩れ去ってしまいました。


一部の民はヘウリアの力に飲み込まれて塩の像と化し、生き延びた民はモラクスが統治する都市へ逃げこみました。

 

帰終が見守る都市「帰離原」で魔神が地位を巡る大きな戦争が起きます。帰終は都市を守ることができず、都市は滅んでしまいます。

 

—–約2000年前—–

各地で発生した魔神戦争が終結し、俗世に降りてきていた七神たちは璃月で盃を交わしました。

璃月の民の中でも優れた者たちが手を組み、「璃月七星」という組織が発足し、同時に千岩軍という人間で構成された軍隊も誕生しました。
これに伴い、甘雨はモラクスと契約を交わし、璃月七星を補佐する秘書としての役割を担います。

 

シャール・フィンドニールへ異邦人 エーモンロカが姿を現します。
エーモンロカはシャール・フィンドニールの姫であるウッコに気に入られ、シャール・フィンドニールへ滞在するようになります。

ウッコはある日、太陽を覆い尽くす漆黒の龍の夢を見ました。その夢は、悪いことが起こる予兆とされていました。
悪い予感が的中し、シャール・フィンドニール上空に寒天の釘が出現し、シャール・フィンドニールがある高い山は氷雪に包まれてしまいました。

天から降ってきた寒天の釘は、間もなく三つに砕けてしまうのでした。

吹雪が止まなくなったシャール・フィンドニールの住民は生きる術を見つけられるはずもなく、次々と命を落としていきます。
シャール・フィンドニールの統治者である司祭は、シャール・フィンドニールが元に戻ることを願うために、壁画の作成を思いつきます。
壁画はウッコが担当することとなり、エーモンロカにはウッコから星銀の大剣を授けられます。
エーモンロカは大剣を携えて、シャール・フィンドニールが元に戻る方法を探すための旅に出ます。

ウッコは寒さに耐えきれず、命を落としてしまいます。
ウッコの死を受け入れられない都の民は地脈と繋がる青白い樹から「彼ら」へ問いかけようとしましたが、「彼ら」の声を聞くことは叶いませんでした。

姫が埋葬されたころ、シャール・フィンドニールの住民はエーモンロカだけになっていました。

エーモンロカは天上の存在に憎しみを抱きながら、星銀の大剣を壁画の間に残し、神が存在しない国を目指したのでした。

 

—–約1000年前—–

モンド地方では貴族による腐敗と暴虐が目立つ政治が続き、人々が苦しんでいました。

モンドへ立ち寄った流浪楽団は旧貴族の討伐を計画しましたが、失敗に終わりました。楽団は解散され、元楽団のメンバーは再び反逆できる機会を待ちました。

 

モンドの貴族は、氷雪に包まれた山へ考察隊を派遣します。
考察隊には貴族も混じっていて、貴族の指示の下で山にある遺跡の調査が行われました。
考察隊のメンバーが次々と命を落としていく中、山の遺跡調査という目的自体がエバハートという貴族の罠であったとこが判明します。
エバハートは後継者の座が欲しいがために今回の計画を実行し、考察隊に同行していたモンドの貴族たちを皆殺しにしたのでした。

この後、エバハートはモンドへと帰還し、新たなモンドの権力者となったのです。

 

旧貴族時代と呼ばれるモンド城を貴族たちが牛耳っていたころ、炎の神の民であるヴァネッサは貴族に捕まって闘技場で戦うことを強いられます。
そんな中、ヴァネッサと一族は闘技場へ捕らえられて当時モンド地方で暴れていた魔龍ウルサと戦うことになります。
この戦いへ風神バルバトスが干渉し、ヴァネッサはウルサを撃退することができました。
これを機会にモンド城は貴族の支配から解き放たれ、モンドはヴァネッサが設立したセピュロス(西風)騎士団によって守られていくようになります。

 

璃月地方で暴れている魔獣「みずち」を岩神モラクスが鎮めます。
みずちの遺骸が転がった場所は後に軽策山と呼ばれるようになります。

 

—–約500年前—–

世界規模で暗黒の災害と呼ばれる厄災が深淵から訪れます。
この厄災をきっかけにヒルチャールは数が増加し、活動も活発化し始めます。

璃月港と交流が深かった遁玉の丘の住民が遁玉の丘に築かれた都市を閉鎖し、どこか遠くの地まで逃げ去ってしまいます。

天穹の谷にある都市が若陀龍王による龍災に見舞われます。
若陀龍王を鎮めるために少なくとも削月築陽真君、理水畳山真君ともう一人の仙人が戦に参加し、若陀龍王は討伐されます。
しかし、天穹の谷の都市は滅ぶ結果となりました。

 

スメールを統治する草神が代替わりします。

 

—–約100年前—–

モンド地方に毒龍「ドゥリン」が現れ、これに対してトワリンが立ち向かいます。
トワリンは悪竜を倒すことに成功しましたが、体内へ悪竜の血が流れ込んでしまい、トワリンは深い眠りへと落ちてしまいます。

ドゥリンの死体は図られたかのようにドラゴンスパインへ落下します。

 

—–50年前—–

モナの師匠とアリスが箱の中へ大事なものを入れ、50年後にその箱を開ける約束を交わします。

 

—–数年前—–

異世界からの来訪者 は別の世界へ旅立とうとしたころ、「天理」の調停者と名乗る神の襲撃に会います。
双子はその神に敗れ、は謎の神に封印されて離れ離れとなります。
双子は本来持っていた力を失い、テイワット大陸へ漂流してきたのです。

—–3年前—–

アリスがクレーをセピュロス騎士団へ預ける

 

—–1年前—–

稲妻で雷電将軍が神の目を徴収して回る目狩り令を出します。
徴収された神の目は千手百目神像へ収められています。

 

—–約二か月前—–

が一人で彷徨っていたところ、偶然謎の生物を釣り上げます。
その生物の名前はパイモンといい、パイモンは共に行動するようになります。

 

—–すべての始まり(メインストーリースタート)—–

“【原神(genshin impact)】テイワット年表(ストーリーまとめ)” の続きを読む