【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 1-4 血の理に添える不尽

とても長い長い悪夢が続いたかのようだった。

先輩がいなくなり、二木市をまとめようと動いたものの魔女は減り、多くの魔法少女が命を落とした血の惨劇が起きてしまった。

そんな中わかった神浜という存在。

私たちが命がけで生き残ろうという中、魔女をあっちこっちから集めては魔女化しないシステムを持っているということも知っている。

しかし、神浜の魔法少女は知らないだろう。二木市という場所を、そして、PROMISED BLOODという存在を。

私たちは数人の他の魔法少女を連れて計10人でキュゥべぇから神浜への最短ルートを聞き、二木市で待つ仲間達のために神浜への到着を急いだ。

本来ならば20人を超える大所帯となるはずだったのだけれども、今回の件は長期にわたって神浜に滞在することとなる。中には家族に心配させたくない、学業不振で今後のことを考えてと個々人の意思を尊重して無理な同行は避けるよう伝えた。

その結果、半数近くの子たちが二木市へ残ることとなった。グリーフシードの蓄えはあるし、少ないけれども魔女を定期的に狩っていれば3か月以上は大丈夫でしょう。

だからこそ、私たちは二木市で待っている彼女たちのためにも結果を持ち帰らないといけない。

早く神浜へ着くことを考え、夜間でも移動することが多かった。もちろん、皆の体調を考えながらだけれども、皆は了承してくれた。

そして今夜も夜間の移動を行っていた。

いつもと変わりなく、テレパシーで会話を展開しながら。

だからあのゲームは不意打ちが多くて樹里さまに合わないんだよ]

[そりゃそうだよ。あのゲームは死にながら不意打ちポイントを覚えていくスタイルなんだから]

[なんだよ白黒わかりやすいゲームじゃなくて真っ黒じゃないか!]

[でもやってる時はスカッとしたでしょ]

[後がもやるから嫌だね]

[次女さんはこだわりが強いね]

[全く、今夜も賑やかねぇ]

[そうっすね]

工場のような廃墟に差し掛かった頃、いつもの夜を壊すかのように、1人の少女が話しかけてきた。

「やあ、団体さんでどこへいくっていうんだい?」

少女の呼びかけに一度動きを止めはしたけれど聞かなかったことにして先を進もうとした。

しかし、いきなり魔力反応が強くなって進もうとした先に糸の壁が出現して行く手を阻んでしまった。

「無視とはひどいじゃないの。少しは話に付き合ってくれてもいいんじゃないの」

「どういうつもりなのぉ」

「そうだぞ、樹里さまの前に無断で立ちはだかるとはどういう肝を据えてんだ」

「そうだな、神浜の魔法少女、と言ったら少しはまともに聞いてくれるか」

この魔法少女は神浜のことを知っている。そして、神浜の魔法少女と言った。

私は彼女の話を聞かざるを得なくなった。

「あなた、神浜の魔法少女?」

「いや、あんたらと同じ神浜に向かう魔法少女だ」

「なら私たちは用はないわぁ」

「私にはあるんだ。神浜の魔法少女をぶっ飛ばそうとしているお前達、二木市の魔法少女を止めるためにね」

私は思わず驚いてしまった。二木市のことを知っていて、しかも私たちの行動目的の一部を知っている。どこから情報が漏れたというの。

「おい、その話誰から聞きやがった」

二木市の子たちがソワソワし始めていた。そう、私たちはかつてこのような状況を何度も味わった。誰が情報を漏らしたという探り合いを。

「そう内部でざわつくんじゃないよ。キュゥべぇから聞いたんだよ。血の気の多い魔法少女達だから気を付けろってね」

「あの白いの」

「でも、キュゥべぇが私たちのことをそんな風に思っているなんて」

「でもあなたはそれしか知らない。私たちの本当のことを知らずに、上辺だけの情報だけで判断して欲しくないわぁ」

私が話し終わるかの間際に私たちを中心として稲妻が走る広い結界が当たりを覆い尽くした。

「な、なに!」

「二木市。昔からテリトリー争いが絶えないごく普通の街だが、ある日を境にキュゥべぇが街中から追い出され、魔女を求める血の惨劇が発生した。次々と魔法少女と魔女の数が減っていく中、ある情報をきっかけに竜ヶ崎、虎屋町、蛇の宮のリーダー達と1人の従者が契を交わした。
その行動目的は神浜の魔法少女へ同じ苦しみを味合わせると同時に魔女化しないシステムを奪って二木市に持ち帰ること」

そう語りながら私の行方を阻んだ魔法少女の後ろから2人の魔法少女が現れた。

二木市のことを詳しく話した小さな魔法少女からは大きな魔力を感じられた。

「よく知ってるわねぇ。それならわかるはずよ。私たちがどれほど苦しんできたかも、神浜の魔法少女へ抱く感情も」

「確かに縄張りの魔女が減った原因は神浜の出来事かもしれない。だがそこまでの軌跡にはお前達が招いた結果という事実がある」

「なにを言っている」

二木市からキュゥべぇを追い出すなんて愚行を犯した時点でお前達の惨劇は決まったものだと言っているんだ。魔女の元となる魔法少女を生み出す存在を追い出せば自然と魔法少女の数が減る。そんな中で魔法少女を殺し合っていたら魔女が減るデフレスパイラルになるに決まってる」

「自業自得だと、そう言いたいのねぇ、あなたは」

「そうさ。それに律儀にグリーフシードは孵化させていなかったとみる。孵化させときゃ少しは飢えもしのげただろうにさ」

「二木市の人たちを餌にしろっていうの!」

「ふ、神浜の魔法少女をぶっ飛ばそうとしているのにその発想が出るとは思わなかったよ。これじゃ邪悪しかない侵略者だね」

ずっと黙って聞いていたけど我慢ならなかった。私たちの歩みを、痛みを自業自得と言う言葉で片付けたことを。

「私たちのことを愚弄したわねぇ。それだけのことを言われてしまったら、神浜の魔法少女ではなくても容赦しないわ」

「あら、怒っちゃったか。話だけで済めばいいと思ったんだけど」

「ただ煽ってるようにしか聞こえなかったんだけど」

「事実を伝えただけさ」

三人の魔法少女達に見覚えのある火力の高い炎が広がった。相手はかわしたけれど、彼女達がいた場所は火の海となっていた。

「やろうってんなら早く始めようぜ。樹里さま達を怒らせたからにはベリーウェルダンじゃ済まないぞ」

「そうか、なら始めようか」

1人の魔法少女が両手を振り上げると私たちの集団は3カ所に分断されてしまった。しかしその分断は偏っていて、私と三女が孤立して他のみんなは中心に残った状態となっていた。

「さあ、一本角の魔法少女さん、シオリが相手してあげる」

小柄の魔法少女が私の前に立っていた。周囲に展開された結界を形成したのは間違いなく目の前の魔法少女

行使する魔力の強さは間違いなく相手が上。それでも、仲間達のためなら。

「いいわぁ。私たちの歩みを妨げたこと、後悔しなさい」

他の場所でもそれぞれ戦いが始まろうとしていた。

「戦力を分断するかと思ったが、長女と三女、らんかが外にはじき出されたくらいか。分断は失敗したようだな」

「なに、想像通りの思惑さ。まとめてかかってこい」

「次女さん、私たちが先駆けます」

二木市の魔法少女達が1人、また1人と糸を使う魔法少女へ攻撃を加えるが、あっさりと防がれ、躱されている。

「ひかるは長女のもとへ迎え!その方がお前も戦いやすいだろ」

「恩にきるっす!」

ひかるは糸の壁を切り裂いて私の元へ向かおうとしたみたいだけど猛攻を受けているにもかかわらず糸を使う魔法少女はいとも簡単に遮ってしまった。

「そっちは場外だ。大人しく中心地で闘ってもらうよ」

中心地は激しい戦いが行われている中、三女の方は静かだった。やられたというわけではないけど、戦っているという様子もなかった。

「あなたはあまり戦いたくないという表情をしていますね」

「できれば戦うことなく先に進みたかったんだよねぇ。次女さんが仕掛けちゃったから仕方がないけど」

「実は私もあなた達とは話し合いで終わればなと思っていました。このままわたしの話に付き合っていただければ、刃を抜くことはしません」

「それでも、私はPROMISED BLOODの三女。ただ黙って見ているわけにはいかないんだよ」

三女は武器を手に取り、攻撃姿勢に入った。

「そうですか。したっけ、足止めさせてもらいます。アペ、刃となって!」

それぞれ三カ所で戦いが始まり、動きが激しいのはやはり中心地だった。

「お前達下がれ!」

次女の呼びかけを聞き、二木市の魔法少女達は下り、糸の魔法少女がいる場所は火の海となった。

そんな火の海の中、立ち続ける魔法少女の姿があった。

「おかしいな、加減はしなかったはずなんだがな」

「いい炎ではある。だけど世界は広い。お前以上に燃え盛る炎はいくらでもあるさ」

そう言って糸を束ねて辺りをなぎ払うと一瞬で炎は消えてしまった

「なんてやつだ」

「こうなったらひかるが切り開くっす」

ひかるはサーベルを持った手を高々と挙げるとどこからともなくサーベルを持った無数の集団が現れた。

「さあひかる軍団!目の前の敵を倒すっすよ!ゆけ!」

ひかるの号令を合図にひかる軍団と呼ばれる集団は糸の魔法少女へ襲いかかった。

しかし、糸の魔法少女を取り囲んだところでひかる軍団の歩みが止まってしまった。

他の二木市の魔法少女達は戸惑っていた。

「どうしたんすかみんな!早く攻撃するっすよ」

「面白い攻撃だ、魔力で生成する軍勢というのは。だが所詮は魔力で動く人形だ」

ひかる軍団は向きを変え、刃をひかる達へと向けた。

そして悪そうな顔でにやけている糸の魔法少女は手を前に出して攻撃の合図を出すとひかる軍団は二木市の魔法少女達を襲い始めた。

二木市の魔法少女の悲鳴が響く中、ひかるが必死に指示を出すものの、召喚者へ反応する軍勢はいなかった。

そしてついに軍勢は私にも襲いかかってきた。その瞬間のひかるの顔には煌めきなどなかった。

そんな暴走した軍勢にはチラチラと糸のようなものが見えた。

軍勢に襲われた二木市の魔法少女達はほとんどが切り傷をつけて倒れていたものの、ソウルジェムは無事だった。立っていたのは三姉妹とひかる、そして三女の方にいたらんかくらいだった。

そして軍勢は召喚主へ一斉に襲いかかり、召喚主が気絶すると同時に消えて行った。

「なんでこっちにだけ来なかったの」

「それはカレンのお節介ですよ。こちらはこちらで、お話ししているだけでしたからね」

「なにやってんだよ三女さんは!」

「らんか」

三女の方にいたらんかは三女に加勢はしていたものの、全く歯が立っていなかった。

「あなたも静かにしていただければ、変に傷つくこともないのに」

「はっぱかけたのはそっちだろ!」

らんかは炎の剣を持つ魔法少女へ立ち向かって入るものの、攻撃の数々を弾かれてしまっていた。

「あなたは血の気が多い方へ行った方がいいですね。カンナ!貫くよ」

炎の剣を持つ魔法少女は雷で形成された槍を呼び出すとらんかへ何度も突き攻撃を行い、薙ぎ払った勢いでらんかは中心の戦闘区画へ飛ばされてしまった。

らんかが攻撃を加えてから目の前の魔法少女がらんかを吹き飛ばしてしまったのは一瞬の出来事だった。

三女と戦っていた彼女は決して本気ではなかった。

「さあ、お話を続けましょう」

三女の方では戦闘は行うもののお互いに何かを話し合っていた。その会話内容は私たちの戦闘音で聞こえなどしなかった。

小さな魔法少女は私の一撃一撃を受け止めては平気な顔をしていた

「随分と固いわねぇ」

「固くはないよ。衝撃を吸収してるだけだよ」

小さな魔法少女が私に向かって周囲の瓦礫を浮かばせてぶつけてきたけれど、そのぶつける対象は彼女の味方である糸の魔法少女へと変わった。

「おーい、こっちに巻き込みかけるんじゃないよ」

「奪った軍団ぶつけてきたくせによく言えるわね」

相手のやりとりは楽しそうに行われていた。私たちは必死だというのに、戦いの場だというのに平気に笑顔を見せられる余裕は戦い慣れていないと行えないこと。

「さて、対象変換とは使いづらい能力を持っているようだね。そういうのは対応しやすい」

そう言うと、小さな魔法少女を再び周囲の瓦礫やスクラップを浮かばせるとどこを狙うでもなく私の周囲へ投げ飛ばしてきた。私は武器で振り払ったものの、スクラップの破片などが体の各部へ切り傷をつけていった。

「点で変えられるなら面でやれば対象もなにもない。相手が悪かったね」

「やられる前に潰すまでよ」

悔しいけれど、私は相手の弱点を見抜けにいた。雷の力というのは確かだけれど、避雷針なんてものが役に立たないような使い方をしていて対処のしようがない。

他と協力できればいいんだけど、みんな目の前の敵で精一杯でそれどころではない。

衝撃吸収とは言っていたけれど、あれは周囲に貼られた結界と同種のもの。ならば最悪は、ソウルジェムが濁りきるよう、負担をかけ続けるしかない。

「二木市の魔法少女のリーダーさん、あなたなんでキュゥべぇを追い出すなんていう暴挙に出たの。魔法少女の真実を知ったらキュゥべぇへ八つ当たりしたって何も生まなかっただろうに」

「それならあなた達の方が不思議だわぁ。人ではない状態にされて、なおかつ戦う魔女がかつて魔法少女だった存在だと知った時、最初から教えてくれなかったあいつを恨まないなんて」

「悪いけど私は知ったところでどうとも思わなかったね。願いが叶ったこと、それで十分だと思っただけ」

「あなたは自分のことしか考えていないのね。大切な仲間が目の前で魔女になった瞬間なんて、目にしたらすぐ考えが変わるわよぉ」

「そう、どうやらあなたには八つ当たり癖があるようね。とりあえず根本だけを見て、そこから丸ごと刈り取ろうとする。根元を刈り取ればその木は朽ちていくしかないと、そう考えないのかしら」

「なにを言われようと変わらない。私たちの街を苦しみに追いやった神浜へ想いをぶつけなければ私たちは仲間達の悲鳴を鎮めることができない。だから、道を開けなさい!」

 

1-3:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 1-5

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 1-2 頼れる白い情報屋

神浜は新興都市というだけあり、高層ビルや奇妙な形状の建物が多い。

また、その代償なのかそれともワルプルギスの夜が到来した影響なのか建設途中であったり、人気がなかったりという場所も多いことがわかった。

私たちは3カ所ほど拠点として利用できそうな廃墟を確保し、そのうちの一カ所に眠り続ける緑髪の少女を保護した。

「さて、早速計画がダメになっちゃったけど今後はどうしようか」

「なに、ワルプルギスの夜なんてやろうと思えば再現することなんていくらでもできるさ。方法は別の話だけどね」

「わたしとしてはあまり気が進まない方法なんだけど」

「なら、少しこの街を知るための調査を行わない?ワルプルギスの夜を倒した魔法少女、興味があるんだよねぇ」

「シオリ、喧嘩を売るとか考えないでよ」

「相手の気分によるさ」

「自分の気分を抑えて欲しいんだけどね」

「私は神浜中を回ってみるけど、シオリとピリカはどうする?」

話し合いの結果、シオリと私は神浜の調査、ピリカは見滝原へ向かうことになった。

一先ずの活動内容は決まったけど、問題は見つけた緑髪の魔法少女についてだった。

「この子どうしようか、せっかくだし知ってる人がいないか聞き込みしてみる?」

「イタズラに探るのはやめておこう。この子のテリトリーで敵対する相手に話しちゃったらそれはそれで面倒だし」

ピリカはしばらく緑髪の魔法少女を見つめていた。

「ねえ、変わりばんこでこの子のそばについててあげようよ。誰もいない時に見つかって死体扱いされたり、魔女化したりしちゃったら保護した意味ないでしょ?」

「シオリが初日は見守っててあげる。2人は情報収集とグリーフシードをよろしくね」

「シオリ、イタズラしちゃダメだよ」

「同性愛の趣味はないんだけど」

「なんでそっち方向に捉えたの?!」

廃墟の中で響く笑い声。いつもなら周囲を警戒して躊躇するところだが、珍しく人気が全くない場所であるため思い切って感情を表に出せる。3人揃って笑い合うのも久々ではないだろうか。

「それより私は布団が欲しい。ふかふかな中で眠りたいよ」

「まだ睡眠なんてことしてたの?魔法少女なんだから必要ないでしょ?」

「わたしは眠りたいの!布団で横になっている時が一番ゆっくりできるんだから」

「こういう街だと、買わなきゃ手に入らないと思うよ」

「む、したっけ災害にあった建物から調達するもん」

ピリカはムッとして廃墟の2階へいってしまった。ピリカは極度に金銭を使いたがらない。というのも、彼女の過去に関係があることが原因なんだけどね。

「全く、ピリカのお人好しはいつまでも治らないね」

「いいじゃない、同じくらい絶望しても私たちが捨てたものを持ち続けている。私たちよりは強い子だよ」

「人間らしい振る舞いが、果たして強いと言えるのかな」

価値観が全く違う私たちがここまでこれたのも、共通の最終目的があるから。そして一緒に人の嫌なところを見てきたから。

成長途中の街というのは格差が生まれがち。この街の人々も大きな闇を生み出している気しかしなかった。

「さて、シオリはちょっと外の見回りでも行ってこようかな」

「休める時くらい休めばいいのに」

「カレンは知ってるでしょ?シオリが寝られないことくらいはさ」

シオリは魔法少女になってから一睡もできなくなったらしい。本人自身、何度か寝ようと試みたものの、結局は寝られずに朝を迎えてしまったという。

そしてシオリは、その頃から人間であるという考えを失い始めたという。

2人ともどこかへ行ってしまったので私は緑髪の魔法少女のそばで休むことにした。

 

シオリたちは神浜という街について知らなさすぎる。

シオリの考えるところではどうもこの街は魔力の濃度が濃すぎる気がする。

まあ、魔力といえばその専門家について聞けばいいよねということでキュゥべぇを探していたんだけど、一向に姿を見せない。

「あいつ何個体もいるくせに姿見せないはずがないんだけどなぁ」

そう呟いていると神浜から少し離れた場所でようやくキュゥべぇと会うことができた。

応答しなかった理由を聞くと、そもそも呼びかけ自体が今いる地点で呼びかけていなければ一度も通じていなかったらしい。

「君には伝えていなかったけど、この神浜にはマギウスが仕掛けた結界のせいでボクたちは神浜に干渉できない状態なんだ」

「マギウス?」

マギウス

神浜に存在した魔法少女組織のトップのことであり、神浜へワルプルギスの夜が現れたのはマギウスの仕業とのこと。

そのマギウスがこの神浜へやらかした重要なことがあった。

「魔法少女が魔女化しないシステム、そんなものをマギウスが作り上げたっていうの?」

「ボクは神浜の魔法少女に聞いただけだけれども、ドッペルという現象を見た際に存在は疑わなくなったよ」

ドッペルというのは、魔女化するはずの魔法少女から出現するものらしく、これを出した魔法少女のソウルジェムは浄化された状態になるという。こんなデタラメがこの街にあるとは。

「そんな魔法少女なら誰でも飛びつきそうな情報、もちろん、持ち前の営業力を使っていろんな魔法少女に言いふらしてるんでしょ」

「営業という例え方はよく分からないけど、確かにこの国の魔法少女たちへ伝えてはいるよ。その方が、魔女化しないシステムについて知るいい手段になるだろうからね」

「ところで、魔女化しないシステムについてどう伝えて回ったの?

ボクは魔女化しないシステムについては手に取れる存在だと思っている。干渉し、観測が可能であれば制御ができる。この考えについては聖遺物を扱ってきた君たちの方がよく理解しているんじゃないかな?」

「なかなか誤解を生む伝え方をしてくれるじゃないの。持ち出せるかも定かではないのに」

「ボクは考えと事実を伝えただけさ。それをどう解釈するかは君たち人間次第だよ」

「シオリたちは、魔法少女だよ」

キュゥべぇと会話して神浜について大方理解ができた。

そして、外部から大勢の魔法少女たちが移動してきているということもわかった。

神浜での不毛な混乱は避けるために、まずは外へ目を向ける必要がある。

中には血の気の多い集団もいるらしく、そいつらの来る方向はキュゥべぇから聞き出しているのでまずはその対応が必要だろう。

そしてもう一つ気になることをキュゥべぇに聞いていた。

「神浜にあふれる魔力?ボクが干渉できたのは数日だから正確な回答は返せないんだけど、その魔力とやらは魔女化しないシステムとか神浜に貼られている結界が影響しているんじゃないかな」

キュゥべぇによると、キュゥべぇを出禁状態にしている結界は魔力を閉じ込める性質もあると考えているらしく、その結界がある限り神浜には濃度の高い魔力が漂い続けるだろうとの見解。

この情報は好機だった。既に存在している魔女化しないシステム。そしてそれを世界中に広げればいいという単純な考え。

これを実現するためにはもっと神浜を、神浜の魔法少女を知らないといけないと分かった。

「ありがとう、キュゥべぇ。おかげで今後の方針が明確になったよ」

「本当かい?ならばボクからもお願いがあるんだ」

「お願い?」

「魔女化しないシステムについて何かわかったら、ボクたちにも教えて欲しい。きっと君たちのためにもなるはずだよ」

「いいよ、すべてがわかったら教えてあげる」

キュゥべぇとの情報交換を終え、特になにもなく拠点へ戻るころには朝日が登っていた。

緑髪の魔法少女を見守っていたカレンには大雑把に夜にあったことを伝え、ピリカが降りてきた後、具体的にキュゥべぇと会話した内容を伝えた。

「もう既に魔女化しない仕組みが出来上がっているなんて」

「しかしそうなると血の気が多い集団とやらが気になるね」

血の気の多い集団というのは2グループに分かれるという。

まずはかつてこの都市で大暴れしたマギウスにつき従えていたマギウスの翼の残党である集団。なにやら最近は何処かに集まって何かを企てているらしく、行動動機によっては無力化する必要がある。

もう一つのグループは二木市という街から来る神浜絶対許さないを掲げる魔法少女たち。なにやら神浜に魔女をとられたせいで魔女不足になってひどい目にあったというが、その経緯を聞くとかなり無理がある考え方だった。

「ならばその血の気の多い奴らを鎮めに行こう。そのまま放っておくと今後の私たちの障害になるかもしれないし」

「二木市の魔法少女たち、テリトリー争いが激しかったらしいから、一番被害をもたらしそう」

「神浜の魔法少女を殺す勢いらしいからね。マギウスの翼とやらよりはよっぽど危険だろうね」

「んじゃ、決まりね」

神浜の魔法少女について調べる予定だったが、二木市から来る魔法少女の対策を行うことから始まった。

しばらく拠点を離れることになるため、緑髪の魔法少女がいる場所にだけは無意識化の結界を張っておいた。この結界はシオリが意識の遮断について調べた結果、人払いの魔法に拡散する魔力を上乗せすることで魔力反応を検知できないようにできたことから生み出した結界。

なんか神浜にいれば魔女化はしないらしいので放っておくことにした。ドッペルとやらで拠点が壊れていなければいいんだけど。

 

 

1-1:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 1-3

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 1-3 触れるは代償ありきこと

二木市という場所は神浜から遠い場所にある町で、到着には時間がかかるらしい。しかし、キュゥべぇの奴が最短ルートを教えたらしく、地図で予測するよりは早めに到着する可能性があるという。

それなりの大所帯で動いているらしく、足並みをそろえるとなると案外地図から割り出した通りの期間で到達するのかもしれない。

なんて考えるならば、最短ルートで通らざるを得ないルートを張るのが手っ取り早い。

そのルートとなる場所へ到達した頃、淫靡な姿をした魔法少女に会った。黒肌の魔法少女と話すと妙な力を使えるという。

「魔力を調整できる調整屋、か」

「せや、うちは戦うことができんくても魔法少女たちの魔力を調整するっちゅう力を使ってサポートしてるんや」

「その調整っていうのをやるとどうなるの?」

「普段は使えていない魔力を効率よく使えるようになるんや。動きも良くなるし、おまけに感も鋭くなるっちゅういいことだらけや」

「その対価ってものも、勿論あるんだろ?」

「勿論や。報酬として、グリーフシードを要求させてもらうわ。言ったやろ?うちは戦えんって」

「なら、試しにシオリのソウルジェムを調整してよ。ちょっと興味あるからさ」

「ええよ、んじゃ、建物の中に入りいや」

調整屋という魔法少女に建物の中とは言われても、辺りにあった空き家のうちの一か所であり、つい昨日まで誰かが住んでいた痕跡があった。

「あの、この建物って家主がいるんじゃ」

「心配せんでええよ、なんせここの家族は昨日魔女に喰われたんやから」

ここら一帯を暴れ回った魔女がいるらしく、運悪く見つける魔法少女がいなかったため、みんな犠牲になってしまったという。

「だとすると、警察が動かないのは結構な怠慢ね」

「さ、そこのソファーに寝転がって。勿論、上半身裸になってな」

「裸に!?」

周りが少し静かになった。

「ピリカ、ジョークだよ」

「んんん」

「あらあら、茹で蛸みたいになってかわええな。でも、ジョークを真に受けてはあかんで。ま、うちとしては脱いでもらってもええけど」

「いいからはじめて頂戴」

「そしたら、落ち着いて深呼吸や」

そう言いながら調整屋はゆっくりとシオリのソウルジェムを触った

触った瞬間、シオリのソウルジェムから紫色の閃光が走り、調整屋は頭を抱えて苦しんでいた。

「なんや、頭に流れ込むこの情報量は」

あんたに流れるはずの記憶とやらに大量の情報を載せてやったんだよ。調整するとか言いながらシオリの記憶へ土足で踏み込むとはいい度胸ね!」

「シオリ!落ち着いて」

「す、すまんかったな記憶を見てしまうってとこを説明し忘れて」

「そうだな、人の記憶を見てしまうってのは私たちにとってはよろしくない。
でも、それ以上に、魔法少女の潜在能力を出すために魔力を掻き回すっていうのは、もっとよろしくない!」

カレンは糸で調整屋を外へ叩き出し、足を思いっきり貫いた。悶え苦しむ調整屋を前にピリカが止めに入った。

「ちょっと2人ともなにやってるの!そこまでやる必要ないじゃない」

「いや、こいつの能力は神浜へ大きな禍をもたらす種だ。こいつの調整が二木市の魔法少女や、血の気の多い奴らへ渡ったら神浜は混乱して計画どころじゃなくなる」

「なに、するんや」

「選ばせてやる。ソウルジェムだけ残されるのと、ソウルジェムだけ砕かれるのどちらがいい」

「どちらもゴメンや。あんたらみたいな超過激な魔法少女を見るのは初めてや」

「そうか、ならば第三の選択肢にするしかないな」

苦しそうな調整屋のソウルジェムを探し、その魂の結晶に対してシオリは指を伸ばした。

「お前がやっている調整とやらを試させてもらうよ」

調整屋のソウルジェムに触れるとソウルジェムの内部は火花が散るように光の粒子が激しく走り始めた。それと同時に調整屋は獣のように叫び声を上げながらのけぞっていたが、シオリは調整の方法を探るのに夢中だった。

なかなか相手のソウルジェムに溶け込むっていうのは難しいねぇ。しかし手元の魔力を変えて相手の魔力パターンに合わせてみたらどうなるかな」

溶け込むというのは願いによって得られる性質によるものだと予想はしていた。溶け込むという表現をどのように再現するのか試行錯誤し、自分の魔力を少しだけ相手も魔力に馴染ませてみるとノイズだらけではあるが、記憶のようなものが映し出され始めた。

映し出されたものはなにがどうなっているか全く分からなかったがかろうじて声はなにを伝えようとしているのかわかるくらいだった

「これは何人か使って試すしかないね」

「シオリ!」

ピリカの大声で我に帰ったシオリは調整屋のソウルジェムから指を離した。その一瞬でカレンは調整屋のソウルジェムを糸で貫いていた。

「シオリ、そこまでだ」

調整屋は糸が切れた人形のように横たわっていたが、見た目は口から泡を吹き出していたりとひどい見た目だった。

ピリカの方を見ると、手元で魔法を発動しそうなところを抑えていた。

そして魔力を治めるとその場に座り込んで泣き出してしまった。

「ピリカ、よく我慢したな」

「なにがあったの」

「話は後だ。わたしはピリカを空家で休めてくる。シオリはその死体の処理をお願い」

なにがあったのか分からないままシオリは死体へ雷をいくつも当てて燃やした。人っ気がない住宅街だ。死体が一つ燃えようとこの異臭に気づく人間はいないだろう。

「それにしても人気がなさすぎるね」

ゴーストタウンとなった住宅街から少し離れて大通りへ出てみると2台ほどのパトカーとバイクが止まっていた。どちらもパトランプが消えていてエンジンも止まっていた。

妙だな。

ゴーストタウンへ戻るとカレンが空き家の前に立っていた。

「ピリカになにがあったのさ」

「シオリ、用量ってのは少しわきまえて行った方がいい。何かに夢中になるとやりすぎるのは既に知っているが、今回は酷かったぞ」

「あれぐらいのこと今までもやってきたでしょ。聖遺物を体内に潜めているやつから抜き出そうとしたときだってあれぐらいの叫びはあげていた。ピリカだって何度も立ち会ったはずだ」

「違うんだ、そうじゃない。今回やばかったのは調整を受けていた調整屋の見た目がピリカのトラウマに引っ掛かったんだよ」

少しピリカの過去を思い起こしてみるが、そもそも調整屋の状態がどんな感じだったのか全く記憶になかった

「調整を受けていた調整屋は絶頂を繰り返すかのように仰け反り、喘ぎ続けていた。ここまで伝えればもういいだろ」

ピリカは過去に凌辱され、何人も同じ目にあってきた子たちに囲まれていた時期があった。本人の中で最も人間嫌いを加速させた時期であり、ソウルジェムの奥底まで刻まれた光景であり、それゆえにトラウマになっているという。

「そう、そんな感じだったの」

「ソウルジェムが穢れるスピードも急激に早まった。普段は実験を邪魔にしないように手を出さないつもりだったが、ピリカの辛そうな顔を見ていると耐えられなかった」

「悪かったよ。ピリカが起きたら謝っとく」

「そうしてくれると助かるよ」

しばらくの沈黙が訪れて、なんの音も聞こえやしなかった。

「それにしても、調整とやらを一瞬で物にするのは流石だね」

「当たり前でしょ、シオリは一度干渉できれば利用できるまで一直線なんだから。ただ、何人か試さないと記憶を覗くってのは難しいかもね」

「記憶を探ることができれば、神浜のことを理解するスピードも早まる。ピリカには隠して、何人か被検体を集めることは協力するよ」

「でもやっぱいいや。こんな気色悪い技、使う気にもなれないよ」

「そうか、それは残念だ」

この夜の間にシオリとピリカは神浜にある魔女化しないシステムの広げ方を話し合った。

得体のしれない力を行使するためには観測、解析、干渉という三段階を経る必要がある。この考えはキュゥべぇたちの思考から学んだことであり、観測というのはとても大事なことになる。

もし観測対象が概念だった場合、ほぼ不可能に近い。

しかし、概念のあり方を変える方法を私たちは知っている。それを叶える環境が神浜にはある。

「カレンはピリカに対して甘々だよね。ちょっと過保護に近いんじゃない?」

「ピリカは強いんだよ。どれだけ人や魔法少女がモノや液体状になろうと、心を捨てずにあり続けている。私たちはとっくに捨ててるけどね」

「まあ、ピリカの考えは尊重するよ。ピリカの優しさには助けられたことが何度もあるからね」

カレンとの話し声しか聞こえなかったゴーストタウンへ手を叩くような音が聞こえ始めた。

「ピリカを起こしてきて。ゴーストタウンの主が現れそうだ」

ピリカが起きてきてシオリたちは魔女の襲来に備えていた。

「魔女が近くにいるって。でも、ソウルジェムに反応はなかったよ」

反応を隠す魔女なんてこれまでにいくらでも出会ってきたじゃないか。まあ、向こうが行動を起こしてくれないとこの手の魔女を倒すのは難しいけどね」

「魔女がいるっていつから」

「ちょっと外側を見てまわったらさ、放置されたパトカーが数台あったんだ。警察はこの事態に駆けつけてはいた。でもその消息が途絶えて援軍も来なくなってしまった」

魔女へ一般人が争うことができないのは世の常。よほど戦闘慣れした人間でなければあっという間に餌食になってしまう。弱いったらありゃしないね。

「魔女達に動きがあったのはあれが原因だろうね」

燃やした死体へ台座に乗っかった球体が針を通して死体の体液を吸い上げるために群がっていた。

「あれって」

「さあ、親玉の場所まで連れて行ってもらおうじゃないか」

しばらく使い魔の様子を見つめていると死体を持って何処かへ向かい始めた。

後を追っているとゴーストタウンの中心地で魔女の結界の入り口を発見することができた。

「巣に持ち帰ってじっくり味わうのはアリとそっくりね」

「大抵の使い魔に当てはまるからわかりやすいさ」

結界に入ると珍しく階層が存在せず、そのまま魔女がいる最深部にたどり着いていた。

最深部の光景を目にし、ピリカはひどく怯えていた。

宙からは布のようなモノで縛り上げられた数十体の人だったものへ使い魔が群がり、地面には体液を吸われ尽くされた干からびたミイラが何体も横たわっていた。

使い魔の中にはミイラの頭をもぎ取って石を蹴るように遊んでいるものもいた。

「まさかこれ、全員この住宅街にいた人たち」

「案の定警官っぽいのもいくつか見受けられるね」

「いい趣味してるよ、ここの魔女は」

いくつもの魔女空間の中でもドン引きするくらいの光景を見ている中、使い魔達はシオリ達を見つけると群がってきた。

「ピリカ、動けるか」

「大丈夫、わたしだっていつまでも足手まといは嫌だもの」

使い魔達はシオリ達を取り囲むと台座の部品を打ち出しては対面の使い魔が打ち返すというテニスをしているかのような攻撃を繰り出してきた。

もちろんこんな攻撃をまともに回避し続けると体力を浪費するだけ

「賢しい騒がしさだね」

シオリは背中から伸びる二本のリボンを地面に打ちつけ、三人を中心とした周囲は衝撃波で吹っ飛ばされてしまった。

同時に使い魔達は衝撃波で倒されたようだ。

「さ、親玉の場所まで一直線だ」

階層がなく、直で最深部にきたかと思えたが結界は広く展開されていて奥行きがどこまであるのかも分からない。その為、魔女本体の反応はあってもなかなか姿を確認できなかった。

道中、何度か使い魔が襲いかかってきたが、吸い付いてきた蚊をはたき落とすかのようにあっさりとあしらっていた。

暗闇が濃くなってきた頃、闇の中から二つの帯が伸びてきてシオリを絞め殺そうとしてきた。

雷の結界を周囲に張って肌に触れさせないようにはしているものの、結界ごと絞め殺されるのは時間の問題だった。

「シオリ!」

「シオリのことはいいから魔女をやっつけて」

帯を伸ばしたまま現れたのは白子をボール状にまとめたような姿に紫色の羽織りを纏ったような姿をした魔女だった。

体を形成する白子のようなものはボロボロと体からこぼれ落ちては消えるを繰り返している。

また、魔女が見えてから周囲からは赤子の声が聞こえてくるようになった

「姿が見えりゃ、倒したも同然」

カレンが左右から糸をクロスさせて魔女を切り刻もうと試みたものの、体の中心部分まで糸が入り込まなかった。

「硬すぎだろこいつ」

魔女は他の帯を使ってカレン達も絞め殺そうとしてきた。

そんな中ピリカは炎の剣を使用してシオリを縛ろうとしている帯を焼き切った。

「大丈夫、シオリ」

「問題ないに決まってるでしょ。特大のをお見舞いするから2人で魔女の気を引いて」

カレンとピリカが魔女の気を引いている間、シオリは周囲に器用に積まれていた石を集め、手の中で圧縮し始めた。

雷の小さな結界を掌サイズの大きさで生成し、そこへ石を投入していくことで、結界にある空気を圧縮する。石の数が増えるほど圧力が溜まっていき、結界内は高温となってただの石も熱を帯び始める。

カレンとピリカが気を引いてくれたおかげで雷の結界は破裂寸前のところまで到達していた。

「2人とも十分だ。特大のをおみまいしてあげる」

2人がシオリの後ろまで下がると、破裂寸前の結界を魔女の口の中へ放り込んだ。

そうしたらどうだろう、限界まで圧力を加えられた空気が結界を破り、高温になった石は魔女の体内で四方八方へ飛んだ。

元々分厚い体をしていた魔女だったが、数個の石が体を貫いて飛び出してきた。

魔女は大きな口をこれでもかというくらい大きく開けてそのまま崩れていった。

魔女の結界が消えてわかったことだが、このゴーストタウンそのものが魔女の結界に飲み込まれていたようで、階層がなくとても広い魔女空間であったことも納得がいった。

「いつものバカリョクで助かったよ。ありがとね」

「ほんと、なまら硬かったから普通だと何時間もかかちゃいそうだったよ。流石だね!」

少し前にトラウマをえぐられたというのに、いつもと変わらない笑顔を見せるピリカ。

思わずシオリは顔を曇らせてしまった。

「あ、ごめん。なんか気に触ること言っちゃった?」

「いや、シオリこそ悪かったよ。ピリカに嫌な思いさせちゃってさ。ゴメン」

ピリカはきょとんとした顔を見せた後すぐに笑顔を見せた。

「ありがと。克服できてないわたしも悪いんだけどね」

「あら、そういうことならピリカの前でどんどん非道なことしてやろうか。その方が耐性がつくでしょ?」

「ちょっと!本当に反省してるの?!」

カレンはシオリとピリカのやりとりをただただ笑顔で見つめていた

そんな中、カレンが顔色を変えて遠くを見た。

その反応の正体はシオリとピリカにも察知することができた。

「数十人の集団の魔法少女反応だ。間違いなく二木市の奴らだろう」

風ひとつ吹かなかったゴーストタウンでは少し冷た目の風が舞い込み始めた。

「ここは離れようゴーストタウンの時間が動き出す。折角だからピリカ、無人の家から布団を拝借したらどうだ?欲しがってただろ」

「もう、使う人がいなくなっちゃったんだよね。お借りします」

数分するとゴーストタウンとなっていた住宅地に警察が集まっていた。

布団やら使えそうな物は廃墟へと隠し、シオリ達は二木市の魔法少女の元へと向かった。

 

1-2:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 1-4

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 上の録

「軌跡を壊し、奇跡を創る そんな私たちが軌跡(人間社会、価値観、倫理観)を壊す」

 

願いを叶え、奇跡を得た少女は「魔法少女」と呼ばれる。

そんな魔法少女が生き続けた先に待ち受けるものは何なのか。

マギアレコードのパラレルディスク、ここから聞こえてくるのは築かれたものを破壊する宴であった。
人を否定する三人の魔法少女が神浜と出会う時、世界の在り方を変えていく物語が加速する。

 

この作品は「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の二次創作です。

マギアレコードのパラレルワールドで展開される話であるため、実際のストーリーとは大きな違いが生じます。
人間の否定、キャラの扱い等で過激な表現が出る箇所がたくさん出てきます。耐性のない方は閲覧にご注意ください。

 

 

このページは魔叙事詩カグラ・マギカ 上の録 のトップページです。

下の録 はこちらです。

1章 スゴィガ ワカ ラナイ

1-1 彫りなおされる溝
1-2 頼れる白い情報屋
1-3 触れるは代償ありきこと
1-4 血の理に添える不尽
1-5 血の理の不尽にピリオドを
1-6 憂い心から来る焦り
1-7 有為な夜道今日越えて
1-8 神様を連れている女の子
1-9 神様?を連れてる女の子
1-10  ユリとアザミが咲く中で
1-11   睡蓮はまた悩む
1-12  突然の別れはいきなり

_________________________________

 

2章 アツァ リマ エノキゲン ハ センノウ

2-1 開幕を示す悲劇の狼煙
2-2 度を越すということは
2-3 素直に、そして真っ直ぐに
2-4 たった一敵から始まる波紋
2-5 広がる波紋は朱に染めゆく
2-6 匿名希望のお菓子屋探し
2-7 黒いオーラの魔法少女
2-8 協調できると信じて
2-9 お近づきはお食事の席から
2-10  五十歩百歩で蓄積難題
2-11   煌道は縁切りから始まる
2-12  ウワサは怖さを運んでくるサ
2-13  足かせとなる断罪の証
2-14  売られる側の気持ち
2-15  小さな三人の証言者
2-16  スクエル者、スクワレナイモノ
2-17  感知されないその理由
2-18  選択肢の行き先はただ一つ
2-19  選択肢を開拓する者
2-20  堕ちはじめし魔法少女

_________________________________

3章 ソノキジュンハ ダレヌォ メセン?

3-1   結んで、ひらいて
3-2  魔法少女会議
3-3  絶望よりも深いその先へ
3-4  自責の権化を前にして
3-5  塗りつぶされないその心に従って
3-6  眼鏡をはずして見る世界は
3-7  たとえ間違った道だとしても
3-8  自己犠牲のキモチ
3-9  天才はその結果をまだ知らない
3-10 一族の信念はカムイに響かず
3-11 欲望に、忠実に、手を伸ばす
3-12 悪魔法少女
3-13 ワルプルガを讃える夜

_________________________________

4章 シネントァ リシェ イデハ アラガエヌァイ ヨクボウ テキホンンォウ

4-1  軌跡を壊す序曲
4-2 私たちが今いる理由(ワケ)
4-3 この神浜にしかいられない私たち
4-4 叛逆の先にある物語
4-5 イライケレン
4-6 電波塔の麓では
4-7 イレギュラーリジェネイト
4-8 良い人って、なんだろう
4-9 その一矢に私念を込めて
4-10 魔法少女狩り前夜

エピローグ

 

あとがき

魔叙事詩カグラ・マギカはこれでいったん完結となります。
マギアレコードのパラレルワールドとして人と魔法少女は一緒の世界に存在できるのかという内容をテーマにして物語を書き上げていきました。

予想通り重たい内容となってしまい、視聴者を選ぶ内容となってしまいました。
大人になっても魔法少女として生きていけるのかは、自動浄化システムが世界に広がった後の課題となるだろうと私は考えています。
そこから目を背けない内容が、この小説なのです。

さて、このシリーズですが前半部分が終わったというところです。

後半の物語は既に構想を考えていて、始点と終点の内容は既に明白となっています。
しばらく間が空いてから公開することとなりますので、お待ちになっている方はどうかお待ちください。

見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

登場人物

:日継カレン:

身元不明の本来は存在しないはずの魔法少女。
契約の際にキュゥべえと繋がったことをきっかけに魔法少女の待遇を模索し、人間文化崩壊を目論む。
ピリカ、シオリを見守る姉のような存在であり、不器用ではあるものの他者への面倒見は良い。
身のこなしが素早く、踊りを得意とするが滅多に表へ披露しようとしない。
魔力反応を完全に消すことができるが、それは師匠と呼ばれる人物から受け継いだフィロソファ・ストーンがかかわっている。

 

:紗良シオリ:

飛行機事故で絶命するはずだった魔法少女。
家族を死に追いやったとある宗教の信者による事件をきっかけに人の倫理観を模索し、人間の倫理観崩壊を目論む。
願いのおかげで見聞きしたことを二度と忘れない代わりに眠ることができない。
カレンとピリカに助けられてからは師匠から錬金術を学んで聖遺物の力を発揮することができる。
好奇心旺盛な分、いつもトラブルを持ち込んでくる。

 

:保別ピリカ:

人身売買で身投げするはずだった魔法少女。
金のために家族の土地を奪われ、金のためにヒトに穢されたことをきっかけに人の価値観を模索し、金銭文化の排除を目論む。
願いと共にカムイの加護が具現化し、いつも周囲には三種類の使徒と聖遺物イペタムの思念が近くにいる。
普段は優しく接してくれるが、カレンとシオリ、師匠にも言われているが怒らせると一番手の付けようがないくらい怖いという。

 

 

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 1-1 彫りなおされる溝

この此岸では奇跡に出会わなければ生きることができない。

人間のまま奇跡を手に入れられる成功者は小匙の程度。

ほとんどの人間は人間として扱われない人間社会。

 

こんな世界に、果たして此岸と彼岸の境目はあるのだろうか。

 

そんな世界で奇跡に出会えた私たちは、決して人間に受け入れられない。

小匙の奇跡を、願いと共に手に入れられるのだから。

奇跡を得るとともに人間の軌跡は失う。そんな私たちと人間が平等な関係になれるはずがなく、同じ舞台で共演など夢のまた夢。

そんな舞台を人間社会が邪魔をするならば、破壊して一からやり直そう。

私たち、魔法少女のために。

 

 

アイヒシュテット某所

 

街明かりは消え始め、あらゆるものが静まり返る針が重なる頃。

静寂を破る馬の足音があった。

山道を疾走する馬足を聞くのは野生の動物だけではなく、身を潜める者共もいた。

「対象、予想進路を進行中」

「潔く正面突破か。儚いな、我々がアブノーマルだと知らないのだろう」

彼らは修道院の要請で派遣された武装部隊。

それもただの武装部隊ではなく、最近注目を浴びているという対魔法部隊。

こんな世界で魔法などというフィクションな単語を鼻で笑う者も少なくない。

しかし、そんな者共はフィクションが身近にあるとも知らず、さらには救われていることも知らない愚か者。

フィクションと思われる魔法というのは希望の象徴とされている。

そんな希望の象徴を狩る存在、それが対魔法部隊。

今宵も、希望の象徴が消えようとしていた。

「対象、なおも接近」

対魔法部隊が察知しているのは馬足だけではなく装置が感知している魔力反応。

近頃は現代技術で魔法少女の反応を検知する装置が出回っている。

その装置は表では認識できない裏の世界で取引されているものであり、傭兵を寄せ集めた組織などが所有していることが多い。

こんな事は西側の世界の一部にしか知らされていない事実。おそらく東側の世界には装置自体が存在していないだろう。

「ポイントまで3、2、1」

閃光が森に広がる。その明るさは、まともに見ていると失明してしまいそうなくらいであった。

「な、なんの光だ」

想定していたポイントで走った閃光は対魔法部隊にとって想定外。

本来であれば魔力を妨害するガスで待ち受けるはずだった。

閃光が収まった頃、ポイントにいたのは馬と魔力がこもっていたと思われる石3つだった。

「ポイントに対象を確認できません」

「まさか、魔力は捉えていたはずが」

隊員たちが周囲を見渡しながらおどおどとしていると、魔力探知機に大きな反応があると同時に大きなブザーが鳴り響いた

「魔力反応検知!場所は、僧院中心地!」

「魔法少女め、一体いつから」

対魔法部隊が狩る相手、魔法少女の一人は僧院のてっぺんへ器用に立ち、片手を高々と挙げた。

「ワッカ!濁流と化せ!」

僧院を中心に水が発生し、僧院内を駆け巡っては僧院外へいろんなものを流していく。もちろんその中には隊員の姿もあった。

大方のものが濁流に呑まれ、水の流れが収まると雷の壁がドーム状に貼られた。

しかしそんな中に僧院を守るようにドーム状の結界が展開されていた。

「驚いたね、ピリカの濁流を凌ぐか」

水音を鳴らしながら一人の少女が結界を見ながら驚いた。

先ほど発生した濁流は、僧院へ襲いかかっている魔法少女の一人が放った魔法。

現代社会に魔法へ抗える存在は魔女と呼ばれる化物か、それと同等の存在のみである。

「僧院の傭兵魔法少女か」

「あの隊員とやらの集団、全く役に立たなかったね」

「そんなの初めから知ってたさ。ここから先は聖域よ。希望を奪う魔法少女は入れやしないよ」

「傭兵魔法少女が何を言う」

「問答など無用…」

「それはこちらの言葉だ!」

面と向かうのは武器を持たない僧院を襲おうとしている魔法少女1人に対し、拳銃を一丁持つ魔法少女、レイピアを構える長髪の軽装な魔法少女という2人がいる。

武器を持たない魔法少女は糸を出したかと思えば収束させて銃持ちの魔法少女へ襲いかかった。

銃持ちの魔法少女が構える拳銃は収束された糸を受け止め、振り払った後に銃弾を放った。

放たれた銃弾は収束された糸を撃ち抜き、鋭利さを失わせた。

「なかなかやばい魔力弾じゃないか」

追い討ちでレイピアの魔法少女が糸を使う魔法少女へ襲いかかるも、すぐさま糸の刃で応戦した。

「其の場凌ぎで集められた割には結構合わせられるんだね」

「私たちだって、場数は踏んでるんだから!」

「なら、これを凌げるかな?」

鍔迫り合いが起きる中、糸を使う魔法少女の遠く背後から幼稚な声が聞こえてくる。

小さな魔法少女は近くにあった車のボンネットを2台分剥がしたかと思えば2枚をぶつけ合ってレールを作り上げた。

レールを作り上げる際に発生した稲妻はレールの間でなおも走り続け、レールの間には宙に浮かぶ鉄塊が1つ存在した。

「まさか、エル、下がって!」

僧院を守る魔法少女たちが下がると同時に、レールガンは放たれた。空を切る放たれた鉄塊を結界は弾き、周囲の外壁にはヒビが走った。

結界内に逃げた2人の魔法少女は無傷で、結界に入っていた亀裂はすぐに元に戻ってしまった。

「あら、これは雲行きが怪しいね」

「悪いけど、時間稼ぎをさせてもらうよ」

そう、時間がかかればかかるほど奇襲の効果も人払いを行った効果も薄れ、対魔法部隊が集まってくる。

僧院の魔法少女たちが狙っているのは時間稼ぎ。

「数分すれば君たちはバッドエンドだ」

「だとしても!」

身を潜めていた水を放った魔法少女が結界付近にいたエルという魔法少女へ斬りかかる。

「何をするのさ!」

エルは熱が入ったからか結界から身を乗り出し、遠く離れたところまで追いかけに行ってしまった。

「ピリカ、そいつの銃弾には気をつけなよ」

「エル!外に出過ぎ!」

「だってモリンガ、2射目は厳しそうだよ」

前へ出たエルへ小さな魔法少女は雷の力で勢いをつけた鉄塊を放った。

その勢いは魔法少女であっても避けるのが難しい程であったが、小さな結界が張られ、エルの身を守った。

「ミランダ、身を晒すことはなかったのに」

僧院へ結界を張っている魔法少女ミランダは僧院入り口へ姿を表していた。

「本名はお前か」

ミランダへ向けて糸を使う魔法少女が数本の糸を放つが、結界に阻まれてしまった。

「わたしの結界をそんな糸で破れるわけないでしょ」

「そのようだね」

それでも糸を使う魔法少女はひたすら一点を集中して斬り付けていた。

そんな中、ピリカとエルは一対一で戦い続けていた。

「アペ、刃となって!」

炎を剣の形にしてエルへ斬りかかるものの、素早くかわして当たる気配がなかった。

「ならこれで!」

ピリカは炎の剣で斬撃を飛ばした。

エルはこれを撃ち落とすが、銃弾が当たると同時に炎を収束していた魔力が弱まり、拡散する炎でエルの視界を遮った。

怯んだエルへピリカは回し蹴りを喰らわせ、僧院の壁へ撃ち付けられたエルは気を失ってしまった。

「どれだけ引っ掻き回そうが壊れるはずがないよ」

「そうかい、だけど綻びって一点から生じるものさ、シオリ!」

シオリと呼ばれる小さな魔法少女は小さな瓦礫を周囲に浮かばせ、間髪ない瓦礫の雨を糸の魔法少女が引っ掻き回した一点へ集中させた。

そしてついに結界にヒビが入ったかと思えばすぐに穴が広がってしまった。

「そんな、結界が再生していない。
ミランダ、どうしたの!」

モリンガと呼ばれていた魔法少女は、ソウルジェムを苦しそうに握るミランダの姿を見た。

「ミランダ、あんた穢れはは一切なかったはず」

「モリンガ、エル、ここまでかm」

ピリンッ

ソウルジェムを砕く糸をモリンガは見てしまった。

ミランダは糸が切れた人形のように入り口の壁に寄りかかっていた

「ミランダ!」

「聖域に穢れはまずいじゃない?
希望を奪う側になる前に救ってあげたのさ」

「ジョークのつもりか!」

モリンガは怒りに任せて糸の魔法少女へ斬りかかった。

「カレン!」

「どうした、もっとお前の希望とやらを輝かせてみなさいよ」

モリンガの突きは素早かった。不意打ちであれば確実に仕留められるほどのスピードだ。

しかしその突きは糸を何重にも重ねて作られた盾で遮られ、カレンへ届いてなどいなかった。

「儚い希望だな」

カレンは突くために腕を伸ばしたモリンガの懐へ入り込み、勢いよく糸で宙に掬い上げた。

「リズム良く突くのはいいが、ずっと同じだと読まれやすいに決まってるだろ」

宙に浮いたモリンガが目にしたのは笑みを浮かべているシオリだった。

「スクワレた気分はどうだい?」

シオリが放った無数の瓦礫がモリンガを襲い、外壁にぶつかったあとの肉塊は瓦礫の下敷きになってしまった。

「こんなものか」

その場が鎮まりかえって曇っていた空から月明かりが漏れ出してきた。

月が作り出した影からエルが現れてカレンの首を切ろうとする。

「アエヤァム!」

ピリカが割り込み、炎の剣で斬り上げてエルのソウルジェムを砕く。

エルは魔法少女の姿が解かれ、薄着の少女だったものへと変わった。

「悪いね」

「本当よ、対処できたからよかったものの」

「止めてくれるってわかってたからさ」

「カレン、ちょっとは自分でも」

「お話はほどほどにね。人が集まってくるよ」

2人が口論を始めようとするとシオリが仲裁に入った。

「そうだね」

「それではいただくとしようか、魔法少女の間で伝わる伝説の魔女、ワルプルギスの夜を引き起こした人物、ワルプルガの聖遺物をね」

 

世界の西側では一般人へ徐々に魔法少女の存在が知れ渡り、政府の裏で動く魔法少女がいるくらいだ。

そのため、今回のように雇われている魔法少女、通称傭兵魔法少女は多く存在する。

傭兵魔法少女が多い理由としては、長生きした魔法少女であるほど人間社会へ溶け込むことが困難であり、稼ぎ口が傭兵業か人を襲うかのどちらしかないというのが現状だ。

戦争が起きると素質がある孤児へ良い条件を提示しては願いを叶えさせるという事例だってある。

世界の西側にとって、魔法少女の居場所というのはないに等しい。

「その聖遺物とやらを使って何をしようっていうんだい?」

少女から魔法少女へ変える存在、キュゥべぇは魔法少女のことを知ってることだけ知っている。
しかしその行動原理は機械的であり、感情を持っていないというのは魔法少女の間で共通認識となりつつある。

「わたしたちが聖遺物調査に協力していた経験があることくらい知ってるでしょ?」

「確かに覚えているさ。魔法少女が魔力で生成していない物質に対して魔力を注ぎ続けたもの、または魔力が篭ったままの遺骸を人は聖遺物と呼んでいるね」

世界に存在する聖遺物の多くは魔法少女によって生み出されたもの、または遺品が該当している。かつて世界を変えた偉人であっても、その偉人の体液がついた聖槍であったとしてもその背景には魔法少女がいたという。

そう、聖遺物を辿ればかつてその魔法少女が使用していた力を再現できると私たちは聞かされ、目の当たりにしてきた。

「しかしある時、再現は失敗した。それは愚か、その聖遺物を経由して魔女化する魔法少女が現れてしまったじゃないか」

そう、その聖遺物を活性化させたところで願いの対価である呪いが使用者の身にもたらされることを過去の私たちは失念していた。そのせいで聖遺物と魔法少女を知る貴重な存在を失ってしまった。

「君たちがやろうとしている事は、かつて失敗した再現じゃないか。君たちは再び聖遺物を利用して魔女化という連鎖を繰り返すつもりかい?」

「魔法少女の連鎖をどうとも思わないのによくいうわね」

ピリカの言う通り、魔法少女には逃れられない運命が存在する。

その連鎖はキュゥべぇにとっては都合の良い事らしくいまだに解決される事はない。

私達はあんたがよしとしている連鎖を止めるために聖遺物へ関わってきたんだ」

「そして、その成果が実るときがすぐ近くに迫っている」

ワルプルギスの夜

長い間魔法少女たちの間で伝えられ続けた伝説級の魔女のことで、今までに討伐したと言う記録も残っていない。

「まあ、魔法少女は常理を覆す存在だ。君たちを見ていればその可能性があると頷くには十分だ」

「それで、ワルプルギスの夜は予定通りの場所に現れるんだろうね」

「前に伝えた通りだよ。次にワルプルギスの夜が現れるのは」

見滝原市

私達はこのワルプルギスの夜が現れるというチャンスを利用するために行動してきた。

そして今、手元にある聖遺物を使用すれば魔法少女の連鎖は止められる。

シオリが嫌う飛行機を利用しないと西から東へ行くのに数十日かかってしまう。

聖遺物は魔力を使用すれば簡単に検問を抜けられるし、魔法を使えば年齢の偽造だってできてしまう。魔法は使い方次第でなんだってできる。

その代償は、もう十分味わってきたはずさ。

世界の東側へ到着した頃、私達は異変に気がついた。

それは、見滝原に近い都市で既に大きな災害が起き始めていること。

災害が起きている都市へたどり着いた頃には、不気味な笑い声が響いていた。

「おかしいよ、予見では見滝原ってとこにワルプルギスの夜が来るって言ってたよね」

「しかも来るのが早すぎる」

「まずは声がする方向に向かうよ」

災害が起きている都市の中間部分へ来た頃、海岸線付近から大きな衝撃波が来たかと思うと空は晴れ渡り、ワルプルギスの夜は光の中で消滅した。

「うそ、ワルプルギスの夜が倒されただなんて」

「あんな化け物を倒せるだなんて、この町の魔法少女はどうなっているんだ」

「なら、その子に聞いた方がいいんじゃない?」

シオリが指差す先には、緑髪で制服と思われる服装に絵具が乗ったパレットを拭ったような手ぬぐいを腰に下げた少女の姿だった。

わたしは少女の首元へ手を出そうとすると魔力を感じ取った。

「この子は魔法少女のようだ」

水たまりのうつ伏せたままの少女の体をピリカは起こした。

「ソウルジェムにヒビが入ってる。死にかけだよこの子」

「その子から大きめの魔力を感じる。見た目は死にかけでも大きな魔力を放ってるって事は相当な実力者だろうね」

魔力というのは放出する量が多ければそれだけ大きな魔力を使用できるという指標でもある。

これだけ消費しててもソウルジェムが濁っていないという事は、魔力の扱い方も長けている可能性が高い。きっと何かしらの情報を得る事はできるだろう。

「一度この街に拠点を構えよう。その子は拠点で保護しようと思う。ピリカ、担いで行ける?」

「助ける事なら、わたしは躊躇わないよ」

こうして私たちの当初の目的は白紙に戻り、あり得ないことが起きた都市について調べることにした。

この都市の名前は、「神浜」という。

 

 

レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 1-2

次元縁書ソラノメモリー 1-13 生きることはあきらめないでほしい

私にはしっかりと両親がいた。

お母さんは世界でも有名な錬金術師で、お父さんは裏世界で有名なガンマン。

2人の出会いは裏世界から狙われているお母さんの護衛にお父さんがついたことが始まりらしい。
2人は恥ずかしい過去だって言うけど、絵に描いたようなかっこいい出会い。

こんな優秀な両親がいながら、私にできることは背中を見続けることだけだった。

そんな見続けた背中のうちの1人、お母さんが突然いなくなった。

お母さんがいなくなる数日前に突然所在不明の男が街に現れて、まるでこの世界のことをまったく知らないくらいに話がかみ合わなかったため、いったん身柄は国防に預けられた。

次の日、個室で1人になった男は身に潜めていた爆発物で逃げ出したと報道された。

決して国防が仕事をしなかったと言うわけではなく、錬金術で作られた危険物探知機を使用して異常はなかった。そんな中で国防の壁を破壊する爆薬が使われてしまった。

そう、私がいた世界はあらゆるものに錬金術がかけられていて錬金術という存在は貴重な存在となる世界だった。

お母さんは国防にあった探知機に異常がないか確かめに行った際に、取り調べ中だった男のカバンで気になるものを見つけてしまった。

お母さんはとてもワクワクした気持ちで部屋で持ってきたものを調べていたんだけど、姿を消したのはこの2日後だった。

世界的に大騒ぎになったこの出来事をきっかけに、私は親戚の家に預けられた。

お父さんからはお母さんのこどもだから狙われる可能性があると聞かされ、偽名で名乗る自体にもなってしまった。

お父さんはというと、探してくると言い残して何処かへ消えてしまた。

追ってきた背中を短期間で無くしてしまった私は、両親の得意分野をひたすら探求するしかなかった。
ただ真似していただけで、根幹となることは何も知らなかったのだと実感して、親戚の家で過ごす間はとても苦しかった。

それから一月経ち、お母さんが残したものの半分は他の錬金術師に扱えても、ブラックBOX化したものも数多いという。

もちろん私は扱い方も、直し方も知らない。

だって私にはそもそも。

過去のことを思い出しながら散歩していると、私は不思議と実家の前にいた。

実家は荒らされ、重要そうなものは手に持てるものだけ私に預けられてあとはお父さんが壊したとのこと。
きっと私と別れた後に実行したんだろう。

もはや廃墟と呼ぶにふさわしい外見となった家の玄関だった場所で私はただひたすら過去を追憶していた。

ただひたすら2人の真似事をしては怒られ、それでも優しく接してくれては苦手なはずなのに外で一緒に遊んでくれたりもした。

世の中では完璧人間な2人の不器用な失敗の数々は私にとってとてもいい思い出だった。

心が溶けそうなくらい痛くなって、その場に崩れ落ち、ただひたすら目から雫を落として柄にもなく大泣きしてしまった。

 

目を拭っていると目の前にガラスが割れたような裂け目が突然現れて、私は光に包まれてしまった。

それは一瞬であり、気付いた時にはあの、終わった世界にいた。

私はこの世界で、お父さんが得意なことの本当の意味を知った。
握った引き金はとても重くて、思い知らされた。

今帰ったって、追い続けた背中はいない。

今私の近くには別世界へと行ってしまうデタラメな出来事に対応できるヒトたちがいる。

ならば、わたしは

 

わたしが元いた世界に帰りたいのか、アルはそう聞いてきた。

いま帰ったって何もない元の世界に帰るくらいなら。

「わたしは戻ろうだなんて思ってないよ。あなたたちと会えたことで、ようやくやるべきことが見つかりそうなんだから」

「そう、そうか」

アルはそう呟くとしばらくペシャンとやらが流れる様子を眺めていた。

「なら、1つだけお願いがあるんだ」

アルは改まってわたしの前に両膝をついてわたしの手を握りしめた

「な、なに」

そのあと目を合わせてくるんだからなんだと思った。

「生きることはあきらめないでほしい」

わたしはしばらくなにを言っているのか理解できなかった。

きっとブリンクたちが行った世界よりももっと厳しい世界があるかも知れない。そんな世界に巻き込まれても、どうか生きることだけはあきらめないでほしい」

そうか、この子たちと一緒にいるといろんな世界に飛び込んでは危険な目に遭う日々が始まるってことか。
だからこそ見つけられそうな目的を確実性のあるものにできる。

そんなチャンス、逃すほどわたしの目は濁っていない。

「もちの論だよ。せっかくの拾われた命を簡単に捨てたりはしないよ」

「そうか、よかった」

アルは安堵した表情で立ち上がった。

「なら目的を果たしに行こうか。干渉液を手に入れないとね」

わたしは今後の目的が見つかりそうになっていたけど、目の前の目的を忘れていた。

「そうだった。ちょっと脳みその電流が足りなかったかな」

わたしとアルは干渉液とやらを探しに再び歩き出した。

干渉液とやらは一部の知識と力がある人物にしか作成ができないものらしい。

つづりやカナデからも聞いていたが、なんでもできる万能な人はこの世界にいないという。
でも、何か1つは必ず得意なことが存在し、この世界の人たちは得意不得意を協調で補い合っているとのこと。

独占できればお金儲けとか考える人が出そうだけど。

「え、お金って概念自体が存在しない?」

「ほかの世界だと当たり前にあるかもしれないけどね。ファミニアでは物のやりとりは依頼品との物々交換、または好意から来る一方的な受け渡しがほとんどなんだ」

「それ、お互いの求めている価値と釣り合ってるの?」

「価値とかそういう考え自体がないんだよ。お互いにできることを出し合って、相手の求めている不足感を満たし合う。
それが達成されただけでぼくたちは十分なんだよ」

「でも、有名になったりとか、名が知れ渡るようになりたいとかなんというか承認意欲みたいなものが少しはあるんじゃない?」

何をアルと話しているのかというと、はじまりは干渉液にいくらお金が必要なのかという話になったのがきっかけ。

ここまで物々交換だけで取引が行われていたから不思議で仕方がなかった。

「承認意欲か。ファミニアの人たちにもそういう欲求は存在するよ」

「なら」

「それでも、お互いの承認意欲の中には相手を思うという前提が必ずある。
お試しの飲み物を飲み物が欲しいと思わない人へ無理やり勧めはしないし、新技を披露する相手に対しても時間や状況を考慮して行っている」

「それって、アルたちの周りだけの話じゃない」

「早い話、取引条件として持ってる人も多いね。お試しの被験体になってもらうことを条件に相手の悩みを解決するとかね」

承認意欲があればそこから憧れや嫉妬が生まれて、自分だけのものにしようとする。
そんな考えが少しでもあれば必ず対価は大きなものを求めようとするはず。

無闇に主張して嫌がられたりとか、そんなのが普通だと思ってた。

この世界にはそんな考え自体がないの?

「なんか納得いかない」

「ファミニアで過ごせば自然と慣れちゃうよ」

「ふーん」

無意識にアルの後ろをついて回っていたけど、なんで私たち歩いているんだ?

「ねえ、あのハルーってやつ使って移動しないの?」

「実は一度も行ったことがない場所なんだ。距離的にここから歩いたほうが早いっていうのもあるね」

「最初が面倒なのはどこも同じなのね。で、今はどこに向かってるの?」

「このまま歩いていたら奇妙な門が見えてくるんだけど、そこを潜った先にある芸術都市ゲミニカに用があるんだ」

「アルはゲミニカって都市には行ったことないの?」

「ゲミニカ自体には行ったことがあるんだけど、門をくぐってすぐのところに目的地があるんだよ。
中央から歩くよりはいま歩く経路のほうが短いんだ」

「地図がないからわからないけど、ゲミニカってとこも広い都市なんだ」

「と、話していたら門が見えてきたよ」

門構えはわたしには理解できないほど酷いものだった。

門の表面は小山程度のトゲがたくさん出ていて、六角形やら五角形のような感じで虹からスポイトしたかのような色がぐちゃぐちゃに配してある。

そして何よりも気になるのが、照明として5個吊るされているライトが眼球の形をしていて青白く光っていること。

わたしのゲミニカに対する第一印象は思考がヤバい場所となった。

「芸術家の考え方を見直すところだったけど、やっぱダメだわ」

「あはは…」

門をくぐって2、3軒ほど建物を移動した場所に目的の場所がある

干渉液を扱っている人物、キエノラという人物が営んでいる店の前に僕たちは立ち止まった。

 

1-12←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-14

 

次元縁書ソラノメモリー 1-12 今帰れたところで私は嬉しくないし、逆に辛い

あれからつづりさんとかなでさん、ブリンクが戻ってきた。

戻ってきて早々、ソラはつづりさんへさっきまで探していた次元へ繋げるようお願いをした。

それからなぜかつづりさんだけが目的の次元へ飛び、ファミニアから観察を行うことになった。

何でこんな流れになったのかというと、ソラたちがいた世界の解析準備を行うためらしい。寄り道をしないとは何だったのか。

そしてぼくとブリンクは脳みそを浸からせるための干渉液を手に入れるために外へ出ている。

出る前にソラへいろいろ怒ったせいで消耗した感情エネルギー補給のために、ぼくとブリンクは食べ物を求めて歩いていた。

「ソラに何を怒っていたの?」

事実を知らせていないブリンクはぼくが怒る理由がわからなかった様子。

「いきなり寄り道するようなことを始めたからさ。まあ、すでに寄り道してるぼくが言えることじゃないけど」

「たまには寄り道も大事だと思うよ。急ぐことじゃないんでしょ?

干渉液に関しては、急ぐことじゃないかな。

「うん、そうだね」

「それで、今はどこに向かっているの?」

そうか、目的地を伝えずに歩いてたんだった。

「今は材料をもらうためにシチィケム  って場所に向かってるんだよ」

「あ、カナデから聞いたよ。食べ物と交換するための素材が集まる場所なんだってね」

農業都市 シチィケム

食べ物をもらうために要求される大抵のものはこのシチィケム にある。

ここには材料となる植物や動物がいてそれらを育て、管理する人たちが集まっている。育て屋と呼ばれる植物や動物の専門家は必ず一種類に1人だけ。これも育て方や管理方法を能力のおかげで知っているから。

育て屋たちは育てること、飼育すること自体が楽しいため、よっぽどのことがない限りは無償で材料を分けてくれる。

今回ぼくたちが集めるのはパンの材料となる小麦、挟むためのレタスとお肉。つまりはサンドウィッチを作りたいわけだ。

お肉は何でもよかったんだけどブリンクの要望で鹿肉になった。どうやらブリンクがもともといた世界では主食としていた家畜の姿に似ているかららしい。

鹿肉の育て屋にブリンクがいろいろ聞いていたようだけど、鹿について熱弁する育て屋にただただ驚いている様子だった。

ブリンクが思っていたものと類似している点は多かったみたいだけど、違ったのは鹿の主食だった様子。

私の世界にいるウカっていう動物はこの世界とだいぶ似てるんだよね。でも違うのは食べるもの。ウカは小動物を食べる肉食系なのよね」

あのツノで小動物を攻撃って、苦労するだろうなぁ。

レタスについては初めて見るらしく、キャベツのように葉っぱ系の植物が玉状になっているものはブリンクの世界になかったらしい。

球体の植物といえばタネの状態を食べるモカニンって植物があってね。珍しく果肉の方を捨てて食べるやつなんだよ。果肉は苦くて苦くて食べられたものじゃないけど、タネ部分は煮たりすりつぶしてパンの生地に混ぜたりすると甘くて美味しいんだ」

ブリンクは自分の世界の話についてはとてもいい笑顔で話す。しかも確実に伝えたいのかいつもよりゆっくりと話すからとても真剣なことがわかる。

あまり故郷のことを話すから気にしちゃったけど、ブリンクは知らない世界に夢中になっている様子だった。

「楽しそうだね、ブリンク」

「あの灰の世界よりもキラキラしているからね、そりゃはしゃいじゃうよ」

パンの材料となるライ麦の育て屋に材料をお願いしたところ、珍しく要求品を提示してきた。

「収穫のために動いていたんだが、思った以上にペシャンを使っちまってね。ちょっとこのタンク一杯分のペシャンを組んできてもらえないかな

タンクの大きさはドラム缶くらいといえば通じるか、まあ背丈より少し低いくらいの高さだ。

ブリンクは驚いていたけど、ファミニアでは大容量のカバンが出回っているから実はそこまで苦ではない要求だ。

少々手間なのは、少し高いところにあるペシャンの源泉まで行かないといけないということ。

育て屋が必要とするペシャンは新鮮な状態じゃないといけない。一番新鮮なのはペシャンの源泉であり、街中を流れるペシャンは途中で多くの人が触れるため、鮮度が落ちてしまう。

育て屋はペシャンが欲しいとだけ言ったけど、少々気を使って源泉まで行くことにした。

「アル、ペシャンの源泉ってここから近いの?」

「いや、ここからカムイナキを超えた向こう側にある場所だよ」

「え、遠くない?」

ファミニアの大きさは日々変わっていて拡大する一方だ。

ファミニアの土地はぼくたちの家がある中心都市 カムイナキを中心として外側へと拡大していく。

そのため、一週間前は1㎞先にあると表示されていた建物が今は1.2㎞先になっていることもある。

こんな不思議なことが起こっていると今回のようにただでさえ遠い場所がさらに遠くなってしまい不便だ。

「大丈夫。遠くの場所へ行くために、このハルーがあるからね」

ぼくが取り出したハルーに対してブリンクは夢中になっていた。

「この宝石みたいなやつがハルーって言うんだ。で、この石を使うとどうなるの、飛べるの?」

「飛ぶとは少し違うんだけど、ハルーは一度訪れた場所を記憶して、その場所へ一瞬で飛ばしてくれるんだよ」

「やっぱ飛ぶんじゃん」

「雰囲気としてはつづりさんが使う座標移動に近いかな」

「それって転送だよね。飛ぶと言うってことは何か違うの?」

ハルーが記憶するのは座標ではなく、記録したい場所の近くにあるプラキアと呼ばれる点を記録する。プラキアは始点を意味していて所持者が印象に残った場所がハルーの始点として記録される。座標を記録しないのはファミニアが常時変化しているということが影響してしまうからだ。

要するに一度は訪れたことがある場所にしかハルーでは移動できない。ブリンクは行ったことがなくても、ぼくがすでに訪れた場所だから一緒に移動することができる。

「じゃあ、ハルーを私が持ったところでペシャンの源泉には行けないってことか」

「そういうことになるね。じゃ、行こうか」

ブリンクと手を繋ぎ、ハルーを胸元に当ててぼくはペシャンの源泉を思い描いた。

すると気づいた時にはぼくたちはペシャンの源泉であるワッカイタクにいた。

「え、私たち動いた?周りだけが切り替わったみたいに何も感じなかったけど」

確かによく考えれば不思議な現象ではある。

別の場所へ瞬時に移動する際は何かしらの違和感が体で嫌でも感じることになる。

実は第三者視点で移動してきた人をみようと定点観測を行なったことがあった。

あの時は周囲を注意深く見ていても空間が歪んだり、いきなりその場に現れるなんてことが一切なくなんの収穫もなかった。

だからぼくは素直にこれが瞬間移動とか、指定した場所に飛ぶとか単純な言葉では言い表すことができない。

ハルーだからこういう芸当ができるという共通認識だから何も感じなかったが、よく考えるとハルーというものは得体のしれない奇妙なものであると再認識できてしまう。

「ねえアル、なんかあった?」

「え、ちょっと考え事してただけ。それじゃあ源泉に行こうか」

ペシャンの源泉は地下深くからペシャンが絶え間なく湧き続けるこの世界の生命線。

ここを独占するものが現れてもいいというほど重要な場所であるにもかかわらず、誰もそうしようとしない。

ハルー同様、そういうものだという考えで通っているんだろうけど今までにそう行った出来事が起きていないということが不思議でならない。

「源泉っていうから質素な場所かと思ったけど、噴水公園って言えるほど賑やかだね」

「何かとこの世界では材料になったり、感情エネルギーの補給だったりで人が絶えないからね。芸術好きな人たちが装飾して行ったって話だよ」

「芸術家ってあまりいい印象ないけど、湧き出るのが絵の具に変わってないあたりまだまともかな」

ブリンクの世界の芸術家って…。

ぼく達は新鮮なペシャンを回収してライ麦の育て屋へ届けた。

それから当初の目的だったサンドウィッチを手に入れて、ぼくとブリンクはペシャンの川へ足を浸からせていた。

「あの2人ともこの世界を歩き回ってみたけど、よくわからないなー」

「新しい世界ってそんなものじゃない?」

「いや、なんていうかどこにでもありそうな法則に全然当てはまらないってところが新鮮でさ」

この世界についてにこやかに話すブリンクを見ていると、ソラとの会話をふと思い出してしまった。

「当てっていうのは、ブリンクの魂と体を切り離す方法だよ。体っていうのは元いた世界の法則に縛られるんだけど、魂自体はどこに行っても普遍であって、縛られることはない。
器となる体がないと何処かに飛んで行っちゃうようなものだから、大抵は体とワンセットなんだよ」

「何を、言ってるのさ」

「ブリンクの魂を詰める器を作り、体を維持するエネルギーを感情エネルギーとする仕組みを作る、それが当てだよ」

「理解はできる。でもダメだよ!」

ソラは横目でこちらをみるだけだった。物言わずに人の方向を向くソラは時々怖さを覚える。

「わかるでしょ、代謝の概念がる世界の人が、どれほどからだと魂のつながりを気にしているのか」

「人は体あってこその存在。死んで初めて体と魂が切り離されて、魂は神様に救われるってのが普通だね」

「魂を切り離すなんて、ブリンクが首を縦に降るって、本当に考えているわけ?」

「最短でできるのはこの方法くらい。幸い、観測した次元の中にサンプルとして使えそうな法則があるからそれを使えばできる」

「ソラ!あんたは!」

ソラは表情1つ変えずぼくの目を見続けている。ソラの考えには人の気持ちが含まれていないことが良くある。

最近は良く考えるようになったと思ったらまたこれだ。

「あたしは当てを確実なものにするためにしばらく動けない。だからさ、頼みごとを完了する過程で聞き出してくれないかな。ブリンクの気持ちを」

聞くとしたら今かもしれない。

答えによっては、考え方を改めさせないといけない。尊重されるのは、本人の意思だ。

「ブリンクはさ、もし帰れるとしたら元いた世界に戻りたい?」

食べているサンドウィッチを全部口に入れて、飲み込んでからブリンクは話し始めた。

「戻れるなら戻りたいな。やっぱり元いた世界がしっくりくるし、戸惑うこともないだろうからね」

「なら」

「でも、今帰れたところで私は嬉しくないし、逆に辛い」

「帰りたくない理由って」

「お父さんとお母さん、2人とも私の世界ではちょっとした有名人でね。私の中では自慢の親だった」

「だった?」

ブリンクは頷いたあと、手遊びをしながら両親のことを話し始めた。

 

1-11←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-13

次元縁書ソラノメモリー 1-4「まずはあなたを信じるのが大事でしょ」

この世界に来てどれほど経っただろう。
見渡しても建物だった瓦礫の山と高くそびえたつ石の塊となったビル。
そして、絶対に触れてはいけない白い灰が降り続いている。
ここに来てしまった方法もわからず、戻る方法もわからない。

いきなり目の前で目の前の光景がガラスが割れたように割れて、まぶしい紫の色にびっくりして目を閉じていたら、いつの間にかここにいた。

人は数人見かけたけれど、まともに会話できた人はいなかった。みんな必死で、私も必死だったから。

どうすることもできず、どのみち朽ちることしかできないというのに、生存本能が邪魔をして生きようとしてしまう。
その結果握ってしまったこの拳銃ですでに何体もの命を奪っている。
彼らも必死だったんだろうが、私には関係ない。生きるために必要だったんだから。
こうしてまたお腹がすくまで瓦礫の隅でうずくまるしかない。

「いたっ!」

「って、なによ、これ・・・」

人の声がいきなりして驚いた。
そもそもまともに言葉を発する人自体が久々だった。
いつからかは知らないけど瓦礫の向こう側にいる。

「もしかして飛ぶ場所間違えた?」

「不干渉次元がおかしかったから、変な場所につながっちゃったのかも」

「そんなことある?」

2人いると思われる会話から察するに、きっとこの世界の人ではない。私以外にも紛れ込んじゃう人がいるなんて。

「あるとの交信も途絶えちゃったし困ったなぁ」

「まあ調べるだけ調べてみようよ」

足音が近づいてくる。いざとなったらこの銃で。
でも2人の足音はそのまま外へと向かっている様子だ。どうしよう、このままじゃ2人とも死んじゃう!
忘れてしまったと思っていた良心が咄嗟に反応し、私は銃を握って瓦礫から身を晒した。

「動かないで!」

2人は驚いてこちらを向き、外へ出ることはなかった。

「死にたくなかったらさっきまでいた場所に戻って」

2人が現れたのはこの建物の中心付近。間違っても灰に触れることはない。
1人は怖がった顔で指示に従ってくれたけど、もう1人は表情を変えずにこっちを見ながら指示に従った。まるで銃に慣れているかのようだった。
2人のうちの1人、紫髪の子がまず話しはじめた。

「私たち、この世界のことがよくわからないんだよね。あなたはこの世界の住人なの?」

もしこの世界の住人ならば、何を言っているのかと疑問に思う問いかけだ。でも、私はその質問の意味を知っている。
私は立場を上に見せるため、銃を下ろさずに問いかけに答える。

「いいえ、私はこの世界の住人じゃない。きっとあなたたちもそうなんでしょ?」

「そうなんだ。よかったらこの世界に起きていることを教えてくれない?」

「いや、まずはお互いのことを知るべきだと思う。警戒されたままだとお互いに疲れちゃうよ」

背の小さい子は対等な立場で話したいらしい。

「ごめんなさい、この世界に来てから人間不信になってしまったの。そう簡単に私のことを話す気はないよ」

「そう・・・」

背の小さい子が私の方へ歩いてきた。何を考えているの?

「止まりなさい!私は躊躇しないわよ!」

彼女は歩みを止めず、ついにその額を私の握る銃につけた。

「ソラさん!」

「ちょっと、何を考えて・・・」

ソラというらしい少女は何の躊躇いもなく私に目を合わせて話しはじめた。

「初めまして。私はソラっていうの。
あっちの子が結月つづり。
私たちは訳あってこの世界に今まで来ていたの。
でも不思議なことに世界が一変。辺りが終わった世界のようになっていて驚いているの」

こっちが驚いているよ。
不思議と、私は引き金を引けなくなっていた。
この世界に来て何度も引いてきたはずなのに私の人差し指は動こうとしない。

「私、落ち着いて一緒に話がしたいな」

「・・・」

「だから、銃を下ろして」

私の頭は混乱していた。
イレギュラー、予測不能なことだらけのことを処理できずに私はとうとう膝を折り、うなだれてしまった。

「大丈夫?!」

結月つづりという女の子が慌てて駆け寄り、私を支えてくれた。
この世界に来て久々に味わったこの感覚。懐かしくて目尻が熱くなってしまった。

「ね、ねぇ・・・」

私は顔をあげて答えた。

「ごめん、何もかもが久々で、びっくりしただけだから」

「ならよかった」

結月つづりは振り返ってソラという少女と話しはじめた。

「ソラさんは無理しすぎだよ。何も銃口を額につけなくても」

「まあ心検査するには一番手っ取り早いし。でも撃たれたらどうしようってヒヤヒヤしていたよ」

「やっぱりしてたのね」

「でも信じていたから、この人は絶対撃たないって」

「なんで、初対面の人を信じれるのさ。ただでさえこんな感じの世界なのに」

私の言葉にソラという少女とつづりという人は顔を見合わせてそのあとそろってにっこりと笑い、ソラという人が答えた。

「だって、私たちを信じてほしいなら、まずはあなたを信じるのが大事でしょ」

知らない世界へ飛ばされた私は、元の世界に戻れないという理由でどこか荒んでいたのかもしれない。

でも、いま目の前には元の世界に戻れる可能性がある。
私はこの時、この人たちに賭けてみようと思った。目の前に現れた、微かな希望なんだから。

「なら・・・」

私が口を開くとつづりとソラがこちらを見てきた。

「なら、私も信じてみようかな、あなたたちを」

「もちろんだよ!よろしくね!」

手を差し伸べてきたつづりと手を結び、私は彼女たちと行動するようになった。

 

1-3←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-5

次元縁書ソラノメモリー 1-3「なにがどうなっているのさ!」 

情報屋から戻ってくると、つづりさんとソラは以前行った世界について話していました。
ボクたちindementionは4人の力を合わせて多次元へ飛んではその世界の情報を多次元目録へまとめています。

つづりさんの力は繋がる力。その力は人とのつながりを見ることができるだけでなく、別次元とのつながりも観測でき、そこへ移動できるというすごい能力です。でもこれには欠点があり、つながってもいつのどこに到達するのかが不安定であり、元の多次元へ戻る方法も確立されていませんでした。

ファミニアの人々にはなにかしらの能力が備わっていますが、そのどれもが不完全であり、完全であればあるほど不足する点が浮き彫りとなります。
つづりさんの場合は、別世界ともつながることができるという強大な力を持っているけど制御は完全ではないという状態です。


不完全な繋がる力を補うために使用されるのが、つづりさん用に作られた武器『縁結の矛』です。縁結の矛は始点と終点を指定することで元いた次元と移動先の次元を見失ってしまう欠点を補っています。これはソラの記憶する力を縁結の矛と連携できるようにしているからであり、始点と終点を結んでいるのはつづりさんの力。


また、つづりさんが行えない移動先の座標と時間指定はボクが作ったヘアピンとカナデさんが使用できる集音の力で調整を行っています。
ヘアピンでは周囲の画像情報を収集し、ヘアピンを通しての会話も別次元通しで可能となっています。このヘアピンで音を収集し、音を記録できないソラのため、カナデさんが音を記録できる形に変換してくれるのです。
ヘアピンは集めた音情報を記録するため以外にも、周囲の状況を大まかに知ることができる材料にもなっています。とんだ先が空中なのか、水中なのか、はたまた地中なのか。
これで判断を行い、座標の調整を行っているのです。
これが完了すればその世界へ再び行くことになっても安全と判断された座標へ再び飛べばいいだけなので、二回目以降は初めて行くよりも簡単です。
今二人が行こうとしている世界はこれで二度目の世界ですので、ヘアピンを通して座標と時間を共有するだけで十分。あとは映像と音声を拾って記録を行えばいいだけです。


記録先は映像と音を記録できる水晶で、これには記憶ができる量に上限があります。水晶に記録された映像と音の二つの要素を一つの本へ記録するのは今のところソラにしかできない芸当です。その本を開くと映像と音声が立体的に再生され、原本はソラに記録されます。
こうやってボクたちはお互いのできることを共有し、支えあっています。

「それじゃ、よろしく!」
「任されましたよっと」
つづりさんが専用の武器を具現化させると石突を床につけます。すると、淡い黄緑色の光がつづりさんとソラを包みこみます。

「座標、時間共に前回の離脱時期に指定」
縁結の矛に埋め込まれた宝石が光り、足元は円形にエメラルドグリーンに発光しています。
「んじゃ、留守は任せたよ」
ソラがそういうと縁結の矛が宙に浮き、宝石が眩く光りだします。するとソラとつづりさんの姿が一瞬で消え、部屋にはボクとカナデさんが残りました。
どうやら二人は無事に次元以降に移れたようです。

情報屋の不安が気になるけど。

ボクは情報屋の元を離れる前に、珍しく情報屋に引き留められたのです。
他人と話すのがとても苦手な彼女がボクに話しかけてきたとき、その聞き取りやすい言葉はミノに話しかけるのと同等なほど流暢な話し方でした。

「小さな変化に気を張って。今の多次元は、気まぐれで道を変えるだけで大きな変化が起きてしまう状態だから。あなたたちが、主犯にはなってほしくない」

「情報屋・・・」

多くの次元が存在するということは、何かの拍子に次元同士が干渉してしまうということがあるのです。

次元にも終わりが存在し、大抵は消えるときは静かに消滅するのですが、時々爆発のような現象を起こして周囲の次元に影響を残して消滅する世界が存在します。
この現象が発生する原因は定かではありませんが、その次元はとても不安定だったことということが今までの調査で明らかになっています。

不安定な次元というのは、次元の在り方や法則、概念が定まっていないカオス状態であればあるほど不安定だと調べがついています。

おそらく情報屋が警戒しているのは、今回起きた正夢の噂が原因でファミニア、もしくはほかの次元が不安定になるということに注意してほしいとのことかもしれません。

そうなると、ボクはソラやつづりさんの行動に気を配らないといけないのです。彼女たちには、寄り道癖があるからです。

 

次元移動の道中


次元移動中は周囲にピンク色の糸が縦横無尽に絡み合い、時々光る粒子が飛び交う不思議な空間に入ります。その中にある一本の糸をわたしとつづりんが飛ぶように目的地へと移動します。
この空間はとても不確かで、観測が不可能なので不干渉次元と呼んでいます。この次元からすべての次元に行けるようなので、この膨大な空間の中に多次元が広がっているのかもしれません。
もし始点と終点を見失ってしまうと、不干渉次元をさまようことになり、どこかわからない次元に放り出されてしまうでしょう。
これもあくまで憶測だけど。

次元移動をしていると突然つづりんが話し出します。
「ソラさん、この空間ってこんなに光の粒子少なかったっけ」

改めて周囲を見渡してみると、確かにいつもより粒子の数が少ない、というよりも全くない。
すると突然大量の粒子が降りかかってきて周囲の糸が大きく揺れ始めました。
「ソラ!つづりさんにつかまって!}
ヘアピンから聞こえた声に反射的に反応し、わたしはつづりんへしがみつきます。どうやら声の主はアルのようです。

何があったのかと問う間もなく、真横からショックウェーブが襲い掛かってきました。つづりんは苦しい表情になりながら次元間のつながりを維持していました。
今までに経験したことがないショックウェーブによって周囲の糸は次々とちぎれていきます。そして、ちぎれた糸がデタラメにつながっていったのです。
「なにがどうなっているのさ!」
つづりんの問いかけに対してヘアピンから声は聞こえてきません。

私とつづりんが通っていた糸もついに切れてしまい、私たちは終点へ吸い込まれていったのです。

 

1-2←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-4

【オリジナル小説】次元縁書ソラノメモリー

「肉体と概念のその先へ」

 

思考も、在り方も、概念も世界それぞれ。
それを否定するのが正しいのか、肯定するのが正しいのか。
果たして、正しいとは何なのか。

それはきっと世界に縛られる肉体と、概念の先にあるはず。

 

この物語から人の在り方、概念、思想から何殻を考え直すきっかけになってもらえればうれしい限りです。

このページはあおソラいろが書いている小説「次元縁書ソラノメモリー」のトップページです。


1章 終わりが始まる世界
 1-1 ここはファミニア
 1-2 正夢の噂、ですね
 1-3 何がどうなっているのさ!
 1-4 まずはあなたを信じるのが大事でしょ
 1-5 まあ、いろんな場所に行ってますからな
 1-6 まったく、お前はどこから来たんだ?
 1-7 確かに存在したという証としてね
 1-8 あなたは私たちが怖いですか?
    1-9    この世界にとって、今や死は救済。生きる者に、救済を!
    1-10  わたしだって考えなしってわけじゃない
    1-11  しないよ、今回に限っては
    1-12  今帰れたところで私は嬉しくないし、逆に辛い
    1-13  生きることはあきらめないでほしい
 1-14  みんながみんな独特の発想を持っているとは限らないからね

 

この小説はあおソラいろの著作物ということになります。
無断使用はしないでください。あなたの思いやりを信じさせてください。