【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-4 叛逆の先にある物語

神浜の様子がおかしいから来てみたら、街が黒いオーラの魔法少女で埋め尽くされていたのです。

マミ達はまどかを助けるために神浜へ向かったようですが、お前の言う通りならみんなあの百禍に紛れているのですね。

なぎさの近くにいるピンク色のキュゥべえ。

なぎさにしか聞こえない声で色々話しかけて来て鬱陶しかったのですが、今回はちゃんと役立ったのです。

「なぎさは知ってるのです。

まどかが魔女のような振る舞いをすると、この世界がどれほど大変なことになるのかを。

だからやってやるのです。

かつてはさやかがいたけど、1人でもできるのです!」

作戦はこうなのです。

黒いオーラの魔法少女となったマミ達をなぎさへ注目させて、あの眩しい塔の場所まで連れて行くのです。

連れて行けばそこからはコイツが何とかしてくれるのです。

「全部終わったらちゃんとチーズをご馳走してもらわないとです。

カマンベールくらいでは満足しないのです!」

なぎさはビルの上から飛び降り、作り出したシャボン玉を足場にして4人の捜索に入ったのです。

幸いにも4人の魔力パターンは把握しているので、問題はちゃんとついてくるかなのです。

飛び跳ねているとまず見つけたのは狂喜乱舞な杏子。

魔女じゃなくて魔法少女としての意思があるなら、食べ物を無駄にしてやれば絶対ついてくるのです。

勿体無いですが、コレもこの世界を壊さないためなのです。

なぎさは八百屋に並んでいたリンゴを杏子の前で全て地面に叩きつけたのです。

するとどうでしょう。

怒り狂った獣のような雄叫びを上げてなぎさについて来たじゃないですか。

よしよし、このままさやかのところへ行くのです。

なぎさはさやかの前を横切り、杏子にさやかの邪魔をさせたのです。

するとどうだ、さやかは邪魔をした杏子を追いかけてくるじゃないですか。

ちょろいのです!

そしてこの世界の身振りを気にしなくても良くなったなぎさは黒いオーラの魔法少女なんて障害でもなんともないのです。

余計な魔法少女達が襲いかかってくるのですが、呼び出した使い魔をデコイにして目的地へ一直線なのです。

次に見つけたマミとほむらは同じ場所で仲良く人を殺していたのです。

なかなか仲良くできなかった2人だけあって珍しい光景なのです。

ここが少し難しいところでどうやって2人のヘイトをこちらへ向けようか。

そう考えながら2人の近くへ向かっているとピンク色のキュゥべえがいきなり背中を光らせて一枚の禍々しい羽根を呼び出したのです

それを今出すのですか!

ひらひらと落ちて行く羽根を拾うまでになぎさにはほむらの構えるガトリングから弾が飛び出してきてエメンタールになるかと思ったのです。

しかしこの羽根があれば2人は有無を言わずついてくるのです。

何故ならこの羽根が発する声に2人は反応せざるを得ないからなのです。

さあ、難なく4人をかき集めて眩しい塔の近くまで来たのです。

でも塔の麓には魔女とは違った首長竜が魔法少女達を蹴散らしていたのです。

あれがヤツラの使役する生物なのですか。

まともに戦うと勝てそうもないのでなぎさはシャボンの階段で駆け登るのです。

塔の上には見知らぬ魔法少女と謎の結界がありましたが、目指すは倒れているまどかなのです!

なぎさは4人を引き連れてまどかのもとへ飛び込みます。

するとピンク色のキュゥべえはなぎさの持っていた黒い羽根を奪って重力に任せてまどかへ触れたのです。

すると紫色のガラス破片のような結晶がまどかから広がり、なぎさ達を包み込むと虹色の結界で囲んだのです。

あの事件を思い出してしまいますが、この緊急事態、力を借りるしかないのです!

 

________________________

目を開けると見滝原によく似た景色の結界の中にいました。

さっきまでは鹿目さんを苦しめるヒトの光景に苦しんでいたはずなのに。

周囲を見ると黒いオーラを纏っていないマミさん、さやかさん、杏子さん、そしてなぎさちゃんがいました。

「あれ、私たちって」

「なんか知らんけど、なんともないみたいだな」

知らぬ間に知らない空間にいて混乱していると、頭に声が聞こえて来ました。

[みんな、まどかのためにあの山の頂上まで来て。みんなが来たら、まどかを救えるから]

「暁美さん、今わたしに話しかけた?」

「いえ、わたしではないです」

「でもさっきの声はほむらだったじゃんかよ」

「でも、わたしではないです」

なんで私ではないワタシの声が聞こえたんだろう。

「ほら何しているのですか。さっき聞こえた声の通り、あの山を登るのですよ!」

「山ったって、あの街中にある黒いところか?」

この空間の中央には天へ届きそうな山のような何かがそびえ立っていました。

しかし不思議と、あの上へ行けばまどかに出会える気がしました。

「すっごい高いけど、あそこ頂上とかあるの?」

「みなさん、行きましょう。あの山の上へ。あそこの頂上へ登れば、鹿目さんを助けられる気がするんです。」

一瞬沈黙が訪れました。

「ま、ただ彷徨っても出口は見つからなさそうだし、当てのある方へ向かおうや」

「それはそう、だよね」

「ではみんなで行きましょう。鹿目さんを助けるために」

「そうこなくっちゃなのです!」

私達がそう意思を固めると、宙から黒い羽根が降って来て私たちの前へ山の頂上へ向かう長い道が現れました。

「なんだよ、道ができるなら早く教えろよ」

「さ、駆け上がるわよ!」

出現した石畳のような魔力でできた道を登っていると山の方角から羽根の生えた弓矢のような生き物が矢を飛ばしながら襲いかかって来ました。

「コイツら、もしかして使い魔?!」

「じゃあここは魔女の結界か何かってか?」

私は軍事基地から拝借していたマシンガンを取り出し、飛ぶ使い魔達を薙ぎ払うように撃ち落としていきました。

「あんたどこからそんなもん!」

「でも弾幕を貼るのは良い手よ。私と暁美さんで使い魔の相手をするから2人は駆け上がって!」

「それならお構いなく」

「ちょっと待ちなって!」

佐倉さんと美樹さんが山の頂上へ駆け出し始め、頂上近くになると使い魔達は私達には目もくれず、頂上への道を密集して防ぎました。

「チクショウ、どうやっても近づかれたくないようだな。

それに結構やばいぞこれ」

密集した使い魔達は一斉に矢を打ち出す準備をしていました。

「みんな、私の後ろに下がって!」

「美樹さん?!」

美樹さんが前に出たと同時に使い魔達は一斉に攻撃を仕掛けて来て、美樹さんの前には人魚姫のドッペルが出現しました。

矢の攻撃は貫通することなく、後ろにいた私達は無傷だったものの、ボロボロになった美樹さんのドッペルは泡となって消えてしまいました。

「美樹さんありがとう。

突破口を開くわ。みんな私の近くへ」

言われるがままにみんなが巴さんの近くに集まるとリボンで包まれて周りが真っ暗となりました。

「いくわよ!」

巴さんの掛け声とともに急激なGが体にかかり、何かが前方で砕ける音がすると私たちを囲っていた何かが砕けると私達は山の頂上へ向かって飛んでいたのです。

「マミ!流石にこれはめちゃくちゃだぞ!」

「このままじゃぺしゃんこなのです!」

こんなところで死ぬのは嫌だったので私は時間停止を使用しました

するといつのまにか巴さんのリボンが繋がっていて、みんなも時間が止まらない状態でした。

加速が止まらない中、なぎさちゃんがシャボン玉を出し、その弾ける衝撃で私たちの加速が止まったのです。

「いたた、首が変な方向向くかと思った」

「でも、頂上にはたどり着けたみたいよ」

山の壁部分にはトカゲのような模様がついた結界の入り口がありました。

「ここに入れば、鹿目さんがいる」

「そのようね。

さ、行きましょう」

時間が止まっていても結界の中へ入ることができ、みんなが結界に入ると結界の入り口は閉じてしまいました。

そして山の頂上には5色の球体が現れたのです。

結界の中は緑豊かな丘が広がっていて、丘の上には桜の木が1本と1人の少女がいました。

「っ!鹿目さん!」

私は急いで駆け寄るとあと一歩で手が届くというところで見えない壁に阻まれてしまいました。

そして、鹿目さんのいる向こう側は炎に包まれ始めたのです。

「鹿目さん!」

「ほむらちゃんにみんなどうしたの?」

「どうしたのって、あなたを助けに来たのよ。さあ、元の世界へ戻りましょう」

「どうして?

みんなの帰る場所はここですよ。

生きてても苦しみや後悔しかないヒトの世界よりも、こっちがミンナ幸せにナレルンデスヨ」

「まどか、アンタどうしたの?」

「大丈夫、みんなもすぐに幸せな場所へ来れるから」

鹿目さんは魔法少女姿になるとソウルジェム部分がポッカリと穴が開き、宙に浮いたソウルジェムからは穢れの泥が溢れ出して来ました。

その泥は見えない壁お構いなくこちら側にも溢れて来ました。

「何だよ、これ」

「触れちゃダメなのです!

流れてくるのが遅いあの泥は穢れの塊。触れただけですぐにドッペルが出てしまうやばいヤツなのです!」

「なぎさちゃん、どうすれば鹿目さんを助けられるの?」

[5色の球体を同時に破壊しなさい。その後は私が何とかするわ]

再び知らない私の声が頭に響きました。

「気になることは山ほどだが、あの宙に浮かぶ球体のことを言っているようだな」

「同時に壊せばいいんだよね」

「時間がないわ。みんな私の合図で球体を破壊して。

いくわよ、せーの!」

私達は一斉に球体を攻撃しますが、球体は壊れる様子がありませんでした。

「そんな」

「くそっ、特大ぶち込むったって魔力がもたないぞ!」

「…ドッペル」

「え、ほむら今なんて」

「みんなでドッペルを撃てば良いだけだと思います」

「ドッペルか。

外で体感したみたいにずっと悪夢を見続けるようにならないだろうな」

「何言ってんのさ、私がついさっき出したじゃん。大丈夫だって」

「んじゃ、ドッペルを出すのに手っ取り早いのは、まどかが出してる泥に触れるくらいか。

気が進まないな」

「仕方がないのです。いいですか、触れるのはちょっとだけですからね」

「分かってるって」

私達は恐る恐る穢れの泥に触れ、すぐに浮かぶ球体の方を向きました。

5人は一斉にドッペルを出し、ドッペルの攻撃で5つの球体を同時に破壊することに成功しました。

球体が破壊されると宙には見覚えのない羽の生えた紋章が現れてそこから紫色の閃光が見えない壁に放たれました。

見えない壁には瞬く間にヒビが入っていき、粉々に砕けたのです。

「今!」

私はダルい身体に鞭打って動き出し、穢れの泥を顧みずに鹿目さんへ手を伸ばそうとします。

しかし燃える境界線に手を触れると肉が爛れてしまい、思わず手を引き戻してしまいました。

目の前に鹿目さんがいるのに、手が届かないなんて。

他のみんなはドッペルを出した影響ですぐに身体を動かせない状態でした。

そして崩れ去ったはずの壁が再生し出したのです。

一体どうすれば、鹿目さんを救い出せるの?

動きを止めた私の目の前がライトが落とされたように真っ暗となります。

[あなたの覚悟はその程度かしら]

声が聞こえる方を向くと、紫色のピアスをしたワタシがいました。

「あなたは、一体」

[貴方が至るはずだった末路、とでも言っておきましょうか。

貴方達が障壁を破壊してくれたおかげで、こうして貴方と対面することができたわ。礼を言うわ]

「私の、末路?」

[ええ。まどかのためならばどんな犠牲も厭わない。例え女神を汚した悪魔になろうとも。

それがワタシよ。

本当は隙をついてこの世界を乗っ取ろうかと思ったけど、幸せそうな貴方達を見ていて気が失せちゃったわ]

「…鹿目さんを助けたいんです。手を貸してくれませんか」

[その気持ちは山々よ。でも力を貸すにしても貴方には覚悟が足りないわ]

「覚悟?」

[まどかを助けたいという考えだけではダメよ。貴方の目の前にいるまどかは、人間社会に愛想を尽かしてしまって、自ら楽園を作り出そうとしている。

助けるという概念が及ぶ存在ではなくなっているのよ]

「そんな、ではどうすれば」

[あら、まどかを求めるのであればすぐに出る答えだと思うけれど]

私にはすでに答えが出ていた。でもそれはあまりにも無責任で、ワガママな回答。

でも。

「まどかを、奪う」

[ふふ、分かっているじゃない。

でも貴方に残っている良心がその回答を邪魔してしまっているわ。

これを使いなさい]

そう言ってワタシは拳銃を差し出して来ました。

「これでどうすれと」

[自決しなさい。そうすれば貴方の代わりにまどかを奪ってあげる]

私は耳を疑いました。

目の前のワタシは私に成り代わろうとしているのです。

「そんなことできるわけないでしょ!まどかを救えずに死ぬことなんてできないわ!」

[ではどう助ける?手を伸ばすことすら叶わない貴方はどうやってまどかを救い出すと言うの?]

答えることができない。

今の私には、まどかを助けるほどの力を備えていない。

[貴方の生きたいと言う執念があるのは確認できたわ。

でも数多の感情を捨ててこなかった貴方はこの境地へとたどり着くことは叶わないわ。

そうね、貴方。私と契約しなさい」

「契約?!私はもう魔法少女よ。二度目の契約なんてできないわ」

[誰がインキュベーターと契約しなさいって言ったの?目の前にいるワタシと契約しなさいって言ってるのよ]

「…できるとして、その代償は」

[まあ教えてあげると、貴方は今持っている願いを手放すことになるわ。

まどかを救いたいという願いをね。

それ即ち、何が起こってもまどかを救うためにやり直すことができなくなるってことよ。

貴方に願いを捨てる覚悟があるかしら?]

私の中に迷いなんて無かった。

「悪いわね。その答えならすぐに出るわ。

私は貴方と契約するわ。

この時間軸ほど、まどかを魔女化させない条件が揃っている時間へ巡り合うことなんてほぼ不可能。

時間を操る力なんてもう不要。

だから、貴方の力を頂戴。そして、まどかを奪い取る!」

[いい覚悟になったじゃない。では契約しましょう。

精々愛の力を振るうといいわ]

周囲がライトアップされると私のソウルジェムは見たことがない禍々しい虹色に輝いていました。

私は穢れの泥に足をつけつつも、ドッペルを出すことなくまどかへ手を伸ばします。

ソウルジェムがある左手は爛れることなく炎の中へ伸びていきます

「ほむらちゃん、どうして?

そんなに苦しまなくてもすぐ会えるのに」

「私が求めるのはそんなまどかじゃない。

何もかもを諦めたまどかではなく、誰かを守りたいと考えるまどかじゃないとダメなのよ!」

左半身が炎の中へ入ると、指先が燃え始め、骨が見え始めました。

「ほむらちゃんダメ、燃えて死んじゃうよ」

「構わないわ。貴方に手が届き、奪い取ることができれば私はどうなろうと構わない!」

私はソウルジェムへ求めているまどかを映し出すよう念じると、まどかの足元から空間のひび割れが発生し出しました。

ひび割れの中には何人ものまどかが映し出されますが、私の琴線には触れません。

「違う、もっと見せて!私の愛するまどかを見せて!」

体が爛れ始めていることも知らず、私はただひたすらまどかを求めていました。

ひび割れがいくつも増えていき、もはや目の前にいたまどかの原型がどこに行ったのかわからないくらいヒビが広がっていました。

そして私はついに、求めていたまどかを見つけて思いっきり手を伸ばし、腕がちぎれるのではないかと言う勢いで掴んだ手を引き上げました

私が地面へ倒れると、そこには穢れの泥は存在せず、私の体は元どおりとなっていました。

そして目の前には魔法少女姿のまどかがいました。

[求めるまどかを奪うことができたようね。

それじゃあ残ったまどかは私がもらっていくわね]

焼け野原に居たのは、ソウルジェム部分がポッカリと開いたまどかを抱える、黒い翼を広げ、黒い衣を纏ったワタシでした。

「ありがとう、悪魔なワタシ」

[礼は無用よ。残念ながら彼女達の試行が巧みだったからなのか、まどかの常識感は塗り替えられてしまっているわ。

でもそれ以外は貴方の求めたまどかのはずよ。

さあ、元の世界へ戻る時間よ。

まどかと、幸せにね。暁美ほむら]

結界が消える寸前、悪魔なワタシは涙を流している気がしました。

私達は結界が消えると同時に高いところにいて、目の前には日継カレン達と、いろはさん達がいたのでした。

 

 

4-3:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:comming soon・・・

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-3 この神浜にしかいられない私たち

お姉ちゃんがおかしくなってしまいました。

黒いオーラを纏ってはいなかったけどいつものお姉ちゃんとは違い、とても楽しそうに戦っていました。

私は無意識にその場を離れてしまいたいと思ったのかいつもの病室に戻ってきてしまったようです。

灯花ちゃん、ねむちゃん、桜子さんがそこにはいて、傷だらけで泣いている私を宥めるように近くにいます。

ただただ悲しい気持ちしかなくて何も考えていない状態で泣き続けていましたが、ある声が聞こえたことをきっかけに我へと帰りました。

「お姉さんを救いたいですか?」

顔を上げて声が聞こえる右側を見るとつづりさんがいました。

ここでドッペルを出されても困るのでまずはグリーフシードを使ってください」

そう言ってつづりさんは私の前にグリーフシードを手渡してきました。

「つづりは魔女を倒せちゃうんだ」

「結構前のものですけどね」

わたしは穢れを取り除いたことで少しだけ気分が楽になった気がしました。

「さて、気持ちが落ち着いたところで今の神浜を見てもらいましょう」

そう言ってつづりさんは槍を呼び出して石突きを地面へつけます。

そこから今いる空間に波紋が広がり、結界が砕けて消えていきました。

そして私たちは穢れが風に乗って流れてくる高い場所にいました。

「ここは、お父さまの病院?」

灯花ちゃんが周りを見渡してそう呟きました。

そして神浜の方角を見ると黒いものが蠢きながら街を破壊していました。

「あれは一体。そして神浜の穢れが尋常じゃない量で満たされている」

今神浜では本来この時間軸に存在しない魔法少女が行った儀式でほとんどの魔法少女が黒いオーラを纏い、人々を殺戮しています」

「え?」

あの黒い物体が全部魔法少女?

このまま放置してもいずれ自動浄化システムが世界に広がる夢は成就されるでしょう。しかし同時に魔法少女は人を滅ぼし、この世界は終末へと向かいます」

「何を言っているのか分からない。こんな状態にしたのは誰?」

「日継カレン、紗良シオリ、保別ピリカの3人が自動浄化システムを世界に広げる準備を完了させたのです。
その結果がこの有様です」

「その3人の名前は聞いたことがある。

だがぼくたちよりも自動浄化システムを広げる方法を確立させていたなんて」

「ごめん、わたしは知ってたの。カレンさん達が自動浄化システムを広げる方法が知ってるって。
でも人に被害が出るって聞いていたから2人に言うのはダメって言われていたの」

「そう、わたくしたちは信用されていなかったんだね」

灯花ちゃんが落ち込んでいる中、つづりさんが話を続けます。

この状況を良い方向へ持っていくためには、この神浜にしか存在できない貴方達が環いろはを助ける必要があります。

もちろん、それは自動浄化システムが広がるまでの時間を延長させる結果となるでしょう」

「最初の言葉が引っかかるね。どういうことだい?」

「ご想像にお任せします」

お姉ちゃんを助ければみんなも助けられるの?

「お姉ちゃんを助けられるの?!元に戻ってくれるの?」

「そうですね。貴方達がその気になれば」

自動浄化システムが広がるチャンスを先延ばしにするのは惜しいが、お姉さんを見捨ててまで手に入れたい未来ではないね」

「わたくしも、お姉さんを助けたい!」

|3人が行くなら、私もついていく|

4人揃ってお姉ちゃんを助ける意思が固まりました。

「では助ける方法を教えます。

環いろははまだ黒いオーラに飲み込まれていませんが正気ではありません。

正気に戻すために穢れがない隔離された空間へ閉じ込めてそこで4人揃って説得を試みてください。

もちろん、説得の際はグリーフシードを忘れずに。

これだけです」

隔離された空間って魔女の結界しか思い浮かばない。でも魔女の結界を呼び出すことはできないし、穢れもすごいよね。

|わたしの、ウワサの結界を使えばできるよ|

「でも、結界を出すってことはねむちゃんに負担がかかるんだよね」

「一次的ならそこまで負担にならないよ。それにボクは戦えないからね。魔力供給のサポートくらいは役に立たないと」

じゃあお姉ちゃんを止めるのは、私と桜子さんしかできないんだ。

「環いろはがいるのはあの輝きが強い中央区 電波塔の上です。

地上は黒いオーラの魔法少女が蔓延っているので飛んでいくことをお勧めしますよ」

「それならみんな私の出すツバメさんに乗って。ちゃんと連れていくから!」

「ありがとう、うい」

わたしは大きめのツバメさんを5体呼び出し、3人を乗せました。

しかし、つづりさんは乗ってきませんでした。

「つづりは来てくれないの?」

「4人でって伝えたじゃないですか。
部外者は関わりませんよ」

「ふーん、行こうようい」

「う、うん」

わたしはつづりさんへ一礼して中央区へ向かいました。

 

 

 

ツバメさんに乗って空を飛んでいると黒いオーラの魔法少女が飛んでこちらに襲いかかってきました。

|みんなはわたしが守る|

そう言って桜子さんはバトルフォームへと変わって黒いオーラの魔法少女達を追い払って行きました。

わたしはツバメさんを操ることに集中し、4人で無事に電波塔へ着くことに専念しました。

後ろに黒いオーラの魔法少女が付きまとって攻撃されても、桜子さんが剣で防いでくれて、飛ぶ斬撃で黒いオーラの魔法少女へ攻撃していました。

殺しては、いないよね?

地上からも攻撃が飛んできたりしましたが、無事に中央区へ入ることができました。

地上は人を襲う魔法少女達しか姿が見えず、生きた人は1人も見当たりませんでした。

「これはひどい光景だね。近くで見ると尚更だ」

「いたよ!お姉さまが倒れてる!」

灯花ちゃんが指差す方向には確かにお姉ちゃんがいました。

「まっすぐ向かうよ!」

わたしはツバメさんに角度をつけて真っ直ぐお姉ちゃんの元へと向かうようにしました。

「お姉ちゃーーーん!」

わたしがそう叫ぶと電波塔にくっついている瓦礫の上で戦っていた7人の魔法少女がこちらを向きました。

「なんだ?!」

|いくよ|

「「ええ!!」」

桜子さんに引っ張られ、私達はツバメさんから下されました。

地面へぶつかろうというところで桜子さんが結界を作り出し、私達と、そしてお姉ちゃんが桜子さんの結界の中にいました。

「さっきのは環ういたちか。どこに隠れていたんだ」

「でもまぁ、あの結界を壊しちゃえばみんな飛び出してくるよね?

「やらせませんよ」

「わかってるよ夏目かこさん。彼女達の邪魔をしなくても私たちの目的は達成できるからね」

 

 

「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

わたしは結界の中でお姉ちゃんの体を揺さぶり、目を覚まさせようとします。

みんな心配そうな顔をして見守っています。

ピクッとお姉ちゃんの指が動いたと同時にお姉ちゃんからは黒いオーラの魔法少女と同じ魔力を感じました。

「いや、いやだよ。お姉ちゃn」

「ヴァアアアアアアアアアアア!!!!!」

お姉ちゃんは再びドッペルに似た姿となってわたしへ包帯を伸ばしてきました。

お姉ちゃんとわたしには間へ桜子さんが素早く入り、剣でお姉ちゃんが飛ばしてきた包帯を切り落としました。

「桜子さん?!」

|ういは灯花とねむを守るのに専念して。わたしはういを守っていろはを元に戻す|

そう話している間もお姉ちゃんは攻撃を仕掛けてきて、クロスボウで私達へ扇状に矢を撃ち込んできました。

わたしはツバメさんを呼び出して灯花ちゃんとねむちゃん、桜子さんを守ります。

見境もなく襲うお姉ちゃんは目が真っ赤で、何かに苦しむように叫び声しか上げていません。

どう止めればいいの?

桜子さんはお姉ちゃんとの距離を詰めようとしますが、包帯とクロスボウの波状攻撃によってなかなか近づくことができません。

わたしは攻撃して動きを止めようとしますが、ねむちゃんに止められてしまいました。

「うい、だめだ。桜子はぼくたちもそうだけどお姉さんにも危害を加えないよう振る舞うウワサだ。ういが攻撃してしまうと、桜子はそれを止めてしまう」

「それじゃあわたし守ることしかできない!」

「助けることは傷つけることだけじゃない。でも今は、ぼく達の声さえ届かないだろうね」

「そんな」

桜子さんはお姉ちゃんの攻撃を受けているもののダメージは確かに受けていて擦り傷や切り傷、アザが増えていました。

わたしは話し合いさえできれば争わずに仲良くなれると思っていました。

でも目の前で起きていることを目にしてしまうと、話し合いだけでは解決できない非情な現実を突きつけられた気がしました。

|きゃあっ!|

桜子さんは珍しい声を出して地面へ倒れ、お姉ちゃんの攻撃を回避できない状況でした。

わたしは2人の間に入って桜子さんをツバメさんで守りますが、包帯で振り払われて逆にわたしが動けない状態になってしまいました。

そんなわたしにお姉ちゃんはナイフを手にしてわたしの方へ飛び込んできました。

わたしは恐怖のあまり目を閉じてしまいましたがお姉ちゃんの攻撃を受けることはありませんでした。

「「桜子!」」

灯花ちゃん達の桜子さんを呼ぶ声が聞こえて目を開けるとわたしの目の前に桜子さんが手を左右に広げて仁王立ちしていました。

「桜子、さん?」

桜子さんは何も言わず両手を下ろし、グリーフシードを取り出します。

わたしは桜子さんの様子を見るために桜子さんの横に立って衝撃を受けました。

お姉ちゃんの持つナイフが、桜子さんの電源ボタンマークに深く突き刺さっていたのです。

桜子さんは取り出したグリーフシードをお姉ちゃんのソウルジェムに当てながらお姉ちゃんを抱擁しました。

|いろは。うい達を悲しませないで。3人を悲しませるのはいろはの望むことではないでしょ|

「mannnえン桜のウwaさ?」

「お姉ちゃん!」

「うい、ソkoにいるノ?」

「わたくしたちもいるよ!」

「みんな、ワタシハ」

「お姉ちゃん、大丈夫だから。私は何処にも、もう何処にも行かないから安心して!」

「ほん、とう?」

|ういは嘘をつけない。だから事実だよ|

「そう。でも、私はみんなにひどいことをしただけではなく、万年桜のウワサも」

|大丈夫。わたしはウワサ。姿形は無くなっても、ねむの本の中から見守っていルcあLa|

桜子さんの体にノイズが走り始めます。

「嫌だ、桜子さんとお話しできないなんて」

|泣かないでうい。

ねえみんな、わたしが消えちゃったらみんなわたしのkおト忘れちゃう?|

「忘れない。忘れるはずがないよ!」

「わたくしも!」

「ぼくが忘れるわけがないじゃないか!」

「わたしも、忘れない」

お姉ちゃんはそう言いながらナイフから手を離して元の魔法少女姿に戻りながら後退りしました。

「そう、それなら良かった。ミnNあ覚えていたら生きている。みんなが教えてくれた事」

桜子さんが今までに見せたことのない笑顔でお姉ちゃんへ向き直ります。

「いろは、wあTaシを生み出してくれて、アリガトウ」

そう言って桜子さんは虹色の粒子となって姿を消してしまいました

お姉ちゃんのナイフはそのまま地面へ落ちてしまいます。

それと同時に灯花ちゃんとねむちゃんについていた魔法少女になると痛みを与える腕輪も消失しました。

「わたし、桜子さんを、殺しちゃった…」

お姉ちゃんはその場に膝をついて泣き出してしまいました。

わたしは涙を堪えて、お姉ちゃんの前へ膝をつきました。

「お姉ちゃん、今神浜が大変なことになっているの。神浜のみんなを助けるために、カレンさん達に立ち向かおう?

わたしも頑張るから!」

「うい」

「わたくしたちも戦えるようになったから、ちゃんとフォローするよ」

ぼくは魔法少女に慣れたからにはやらないといけないことができた。お姉さんが一緒にいると心強いな」

「灯花ちゃん、ねむちゃん」

「お姉ちゃん、また私たちと一緒に頑張ろう!」

「…うん」

お姉ちゃんがわたしの手を掴むと同時に結界内の桜は全て散ってしまい、結界内は光に包まれました。

私たちは気づくと瓦礫の上に立っていて目の前にはカレンさんとピリカさん、かこさんとシオリさんと思われる人が目の前にいました。

「何が起こったんだ」

「あなた達が日継カレン達?

自動浄化システムを広げるために頑張ってくれたみたいだけど、みんなを黒いオーラの魔法少女にしちゃうのはよろしくないにゃあ

「だからぼく達が一手間加えさせてもらうよ」

「何をしようというんだ」

「うい、前に病院の前でやろうとしたことをやるよ。大丈夫、もう魔女化はしないから」

「うん、わかったよ!」

わたしは穢れをありったけ集め始めます。

わたしの集めた穢れを灯花ちゃんがエネルギー変換してねむちゃんへ魔力を供給します。

そしてねむちゃんは。

「さあ、みんな待たせたね。

かつて呪いを、負の感情を集めようと生み出された創造の子どもたちよ。

今こそ罪滅ぼしのために羽を伸ばす時がきた。

君たちに新たな役割を与えよう。

異世界よりもたらされた縁切りの力を携え、魔法少女を解放せよ。

今こそ新たな翼で飛び立ち、皆へ希望を与えて」

ねむちゃんの本からたくさんのウワサが飛び立ち、神浜中へ散って行きました。

「縁切りの技、他に教えられていたのはねむさんでしたか。

魔法少女になれて力を行使できるようになったということは。

犠牲が出ないと解決できないというのは皮肉ですね」

神浜へ散って行ったウワサ達は黒いオーラの魔法少女へ近づいてはチョキン、チョキンと何かを切って去っていきます。

その途端に何かを切られた黒いオーラの魔法少女は黒いオーラが取れて元の姿へと戻って行きました。

「うい、ねむ、大丈夫?」

「わたしは大丈夫だよ」

「ぼくの魔力も安定している。何の問題もないよ」

ウワサによってたくさんの魔法少女が黒いオーラから解放されて動きを止めていきます。

不思議と、神浜に漂っていた穢れも少なくなった気がします。

私たち、みんなを守ることができたんだよね?

「これが、自動浄化システムを作り出すきっかけとなった魔法少女達の力か」

「凄まじいねぇ、こんな光景二度とみれないよ」

神浜中に散ったウワサ達がみんな消えて、神浜から黒いオーラの魔法少女は誰1人もいなくなったのでした。

========================

 

目の前で叔父さんが殺されて、私はひたすら逃げ続けた。
何かあったら逃げ込むはずのシュエルターは、扉の隙間から血が流れだしていて内部がどうなっていたのかすぐに想像できてしまった。

そんな逃げ場所がない中ワタシはひたすら逃げ続けた。

頭が痛い。たくさんの負の感情が聞こえてきて、心が壊れそう。

「やめて、フーちゃん。わたしが耐えられない」

フーちゃんが黒いオーラを纏っている魔法少女の声を運んできてしまってわたしは送られてきた言葉に押しつぶされそう。

わかってるよ。

フーちゃんは魔法少女の言葉を届けるのが役割なんだよね。

でも、これ以上は。

地に伏せている目の前に、ドッペルを出しながらこちらを見る黒いオーラの魔法少女がいました。

あっ、わたし殺されちゃうのかな。

魔法少女のことをみんなに知ってもらいたいって、頑張ってきたのにこんな結果なんて。叔父さんの分も、頑張らなきゃいけないのに。

地面を見ながら涙を流していると後ろから銃声がたくさん聞こえて、わたしを見ていた魔法少女は何処かへ逃げて行きました。

「------!」

銃声の中でわたしに声をかけてくれた軍服を着た人は聴き慣れない言語で、わたしは聞き取ることができませんでした。

わたしは訳もわからずその場から動けないでいると数体の黒いオーラの魔法少女が襲いかかってきて、わたしに声をかけてくれた軍人さんは銃で応戦するものの、魔法少女の攻撃で首が吹き飛んでしまいました。

わたしには吹き出る血が降りかかり、恐怖のあまり悲鳴を上げ、過呼吸になってしまって目の前が真っ白になりました。

意識が遠のく中、少しだけ日本語が聞こえた気がしましたが誰かに抱えられて何処かへ連れていかれました。

これが、変わってしまった神浜になる前の最後の記憶でした。

 

4-2:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:comming soon・・・

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-2 私たちが今いる理由(ワケ)

保別ピリカの記憶

私がまだ一桁の年だった頃、アイヌの村で生活していました。

この村には、村を脅かす存在を夜な夜な切って回ったという言い伝えがある刀が奉納されていて、村の長からは決して奉納櫓に近づくなと強く言われていました。

なんでも村の長が使える術によって封じ込まれた刀らしく、変に刺激を与えると術が溶けて人を襲い始めるらしい。

その刀は、人によっては「人喰い刀」と呼ばれていたそうです。

でも私たち子どもが好奇心で奉納櫓に侵入して、奉納されている刀を目にすることとなったのです。

その刀を目にした時、私は声を聞きました。

[足りない、足りない!私たちにひどいことをしたあいつらの血が!]

その言葉を聞いてから私は意識を失い、気がつくと村は荒れ、家が燃え、地面には多くの死体が倒れていたのです。

そして左手には血だらけの刀を手にしていて、皆が恐れた顔をしていました。

私は目の前に広がる光景に絶望し、膝をついて涙していると、目の前にキュゥべぇが現れたのです。

願い事を教えてくれれば君たちの民族を救うことができるかもしれないよ」

私は藁にもすがる思いで願いました。

「わたしは、みんなに希望を与える存在になりたい!」

私がそう願うと私の周囲には三つの光が現れました。そしてその光はこう語ったのです。

[この娘が殺したのはアイヌを脅かす存在達だ。どれだけ親しい間柄であっただろうが、いずれお前達には不幸が及んでいただろう。

強く生き、外界からの襲撃に備えなさい]

私には何を言っているのかわからなかったけど、年配の村の人たちがその光を目にして涙を流していました。

「カムイが、カムイが我らに直接語りかけてくださっている!

ワシらは今後も生きて行けるぞ!」

よくわからないまま村の人たちはやる気を出して村を再興して行ったのですが、その間に世界では大きな大戦が起き、村にはある話が入ってきました。

隣の島から追い出されたアイヌ達が人攫いの餌食にあったと言う。どうやらアイヌをターゲットにしている賊がいるらしいから注意するように」

人攫いの魔の手は私たちの村にも襲いかかってきました。
きっかけは私が人食い刀を手にした際に殺した人間の中に人攫いの仲間がいたことです。
その人が生きていようと、この村が標的になるのは変わらなかったでしょう。

私は魔法少女として手に入れた力で抵抗しようとしましたが、村の人が人質となってしまったので皆そろって人攫いにとらわれてしまいました。

人攫いはいわゆる奴隷商人を生業としていて、奴隷という考えがなかったこの国でも大戦で歪んでしまったのか表では話題にならない程度に奴隷が出回っていたのです。労働力としての奴隷ではなく、主に欲求の吐き捨て先として使用されていたようです。
そんな奴隷として使える人材をさらっては求める人物へ金と交換していたのです。

私たちが牢獄に囚われている中、私は隙をついて牢を食い破り、皆を外へ脱出させることに成功します。

願いと共に降臨したカムイ達に村人、囚われていた他の人たちの護衛を頼んで私も脱出しようとしたところ、人攫いが雇っていた魔法少女が現れて私だけがそのまま囚われることとなりました。

そこからはひどい記憶しかありません。

私は商品として処女を奪われ、調教という名の拷問を何度も行われました。

時には偽名で売春婦として働かせられ、私の体は汚れていきました。

人攫い達はいくら客と交えても妊娠しない、鮮度が落ちないことで私を重宝し出し、折れない私の心を折ろうと何度も拷問にかけましたが私の心は折れることがありませんでした。

そんな間も多くの人がとらわれ、調教される場面を目にしてきました。

快楽に溺れ、戻ってこない子もたくさんいました。

この頃、戦争に負けてこの国は快楽を求めていたと言う話を雇われた魔法少女から聞いたことがありました。

だからお金がたくさん貯まるこの仕事がやめられないと言っていました。

この頃から、私の人嫌いが加速していったのです。

私はある日、新たに囚われたアイヌの子を目にしました。見覚えがない子だったので別の集落の逃げ遅れなのだろうと思いました。

しかしアイヌの子を拷問しようとする姿に耐えることができず、私は鎖を外そうと暴れました。

「そう暴れんなよ。あんたのソウルジェムは私が持ってんだ。下手に暴れるとソウルジェム割っちゃうよ?」

そう、私が抵抗できなかったのはソウルジェムを奪われてしまっていたから。

ソウルジェムは私の魂だとカムイから聞かされていたので抵抗することができなかったのです。

しかし、私は目の前で行われているアイヌの子への拷問とその叫び声に耐えることができず、私は眠っていた人喰い刀を呼び出したのです。

[もう私はあんたのものだ。思うがままに存分に暴れるといいよ]

ソウルジェムから人食い刀 イペタムが飛び出し、そのまま人攫いの魔法少女の腕を切り落としました。

イペタムはソウルジェムと共に私の元へ戻ってきて魔法少女姿となった私はそのアイヌの子以外の人を無差別に殺していったのです。

建物が炎に包まれた中、生きている子がアイヌの子だけとなったのですがその子は既に弄ばれた後だったのです。そして少女は涙を流しながらこう言ってきたのです。

「殺して…もう…生きていたくない」

私は強い悲しみに包まれ、叫びながら少女の心臓を貫いたのです。

朦朧とした意識の中後ろを振り向くと、そこには見知らぬ魔法少女がいましたが私はその場で気を失ってしまったのです。

私が目を覚ますと目の前にはお父さんとお母さんがいて、起き上がった私を抱きしめました。

「生きててよかった!もうそれだけでお父さん達は幸せだよ!」

建物の入り口には腕を組んでこっちを見る人攫いのアジトで最後に見た魔法少女がいました。

これがカレンとの出会いでした。

カレンは放浪の旅の中、路頭に迷うアイヌ達を先導して村の再建、護衛に手を貸してくれていたのです。

そして信用に値すると判断したカムイが、カレンに私の居場所を教えてくれたのです。

私はカレンの元へ向かってカレンの両手を強く握り締めました。

「私がいない中、みんなを守ってくれてありがとうございます!」

「お、おう」

その後人攫い騒動は何もなかったかのように終息し、皆は現代社会でアイヌが生き抜くための準備を進めていました。

私はそんな中、カレンから提案されたのです。

「外の世界を見てみないか?きっとヒトの汚い部分しか見てきていないと思うけど、表の一面も見て欲しいんだ。その上でヒトに対して判断を下して欲しい」

アイヌ以外の人嫌いになっていた私でしたが、カレンと一緒ならという思いで私は外の世界を見たくなりました。

わたしはお父さんとお母さんに相談し、わたしは外の世界へ旅立つ許可をもらえました。

「私たちはもう大丈夫だ。都会の人たちと共に生きながらもアイヌの文化を守っていくよ。

だからピリカは好きな生き方を選びなさい。カレンさんは信用できる人だから、お父さん達はあの人についていくことを否定しないよ」

こうしてわたしは決心し、人を見定める旅にカレンと共に出たのです。

結局人を否定する結果とはなったけれど。

ヒトはお金のためなら手段を選ばない。どんなにひどいことをしてもお金のある人が幸せなことになるというこの世界の価値観が大っ嫌いなのです。

========================

紗良シオリの記憶

シオリは小学生の頃、周りの子よりも物覚えが悪かった。

周りの子よりもたくさん勉強しても、テストをするといつも50点以下ばかり。

両親は教師でありながら海外で授業をまともに受けられない子ども達のために学ぶ場を設けてあげたいという夢を持っていたのですが、シオリは両親のそんな夢を邪魔していたのでした。

シオリちゃんは周りの子と比べてものを覚えるスピードが遅いんです。
もしかしたら、ADHDなのかもしれません」

「わたしの子を勝手に病気呼ばわりしないでください!」

そうお母さんが怒る場面を転校した学校でよく目にしました。

「シオリのためだ。海外へ研修に行くことは諦めてシオリのために生きていくことにしよう」

「そうよね、それが第一よね」

シオリは両親の優しさが辛かった。物覚えが悪いというだけでシオリは両親の夢を奪ってしまうのだから。

シオリは悔しくて勉強しながらノートに涙を流していました。

そんなある日、深夜の部屋にキュゥべぇが現れたのです。

「紗良シオリ。僕なら君の願いを叶えてあげられるよ。
君は何を願うんだい?」

アニメに出てきそうな動物を目にしても、なんでも願いを叶えられるという言葉に踊らされてシオリは願ったのです。

「見たもの、聞いたものを絶対に忘れないようになりたい!

お父さん、お母さんのためにも!」

そう願ってから授業を受けると教わったことが頭から離れなくなったのです。それどころか目に入ったもの、聞いたことすべてを覚えていられるようになったのです。

おかげで6年生の頃には中学校の授業を専攻して受けられるほど私の学力が跳ね上がったのです。

英語も理解できるようになり、そんなシオリを見た両親は海外で授業を教えるための資格を取るために海外研修を受ける決心をしました。

シオリは中学校から海外の学校で学ぶこととなり、一緒に戦っていた魔法少女達からはすごい、頑張ってねという言葉をもらって、海外へ旅立ちました。

世界の時間の基準となる場所近くの海外の学校へ通うようになったシオリですが、日本で習った時のイントネーションとは違った現地独特のなまりに苦戦しました。

でもみんなは優しく教えてくれたし、覚えるのも早かったのですぐに溶け込むことに成功しました。

中学2年生となった頃は飛び級という制度があったので高校に通ってみないかと勧められました。

シオリは両親へ相談して学びたいことはどんどん吸収しなさいと促されて高校へ飛び級することとなったのです。

もちろんそんなシオリを羨ましがっていじめようとする学生もいましたがブラックジョークなんかをぶつけて周りを味方にしながら難なく学業に励むことができたのです。

そんな激変した生活でしたが、日常生活に支障が出ていました。

それは、魔法少女になってから一睡もできなくなったのです。どれだけ寝ようと布団に入っても寝ることができず、次第に寝るという行為すら行わなくなったのです。

夜は魔法少女として魔女狩りに勤しんでいましたが、雷を放つか帯で打撃攻撃しかできないしおりに対して先輩魔法少女から闘いを工夫しなさいと怒られてしまいました。

人間社会では飛び級できても、魔法少女としては初心者。

シオリは魔法少女には得意不得意があると察し、不得意を補うために現代技術を応用した戦い方を考えたのです。

チームのみんなが苦戦している中で鉄塊を高速で飛ばして魔女を蜂の巣にしたり、砂鉄を集めて刃を作ってプラズマカッターのように扱ったりと戦い方を変えただけで自由度が増していったのです。

そんな先輩魔法少女達と戦っている中、ソウルジェムがシオリ達の魂であること、ソウルジェムが濁れば魔女になってしまうことを知りました。

でもシオリは後悔はしていません。

お父さんとお母さんが安心して夢へと向かうことができたんだから

中学3年の年齢となる頃には大学編入の相談をされましたが先行して学びたい分野が定まっていないので悩んでいました。

そんなシオリをメディアはADHDと思われた中学3年生は天才となっていたと紹介し、世の中は物覚えが悪いとすぐに病気だと決めつけることをやめて行きました。

少し恥ずかしかったけど、それで物覚えに苦労している子達の立場が救われるのならいいかなって思いました。

シオリの両親は海外研修を終えて、見事に海外で勉強を教える資格を取得することに成功しました。

シオリは両親が海外で働くために一度母国へ戻ることとなりました

海外の生活も悪くはなかったけど、今後はたくさんの国を回ることになるし、シオリも頑張らないと。

魔法少女チームのみんなに別れを告げて、シオリと両親は飛行機に乗って母国へと戻ろうとしました。

しかし、その飛行機がシオリの生き方を変える転換期となったのです。

飛行機はある宗教に心酔したテロリスト達に占拠され、そのテロリストたちは西の大国へ飛行機を落とそうとしたのです。

シオリは客にもテロリストが潜伏していると思うとなかなか手を出せずにいました。

そんな中、なかなか言うことを聞かない操縦士を脅すためにテロリスト達は人質を選定し出しました。

「5分経過する度に乗員を一人ずつ殺す。乗員を殺されたくなければ言う通りにするんだ」

そんな人質にシオリのお母さんが選ばれてしまったのです。

シオリは思わずテロリストに手を出してしまい、潜伏していたテロリストに脇腹を撃たれましたが魔法少女姿となって母親の手を離しませんでした。

お前達の倫理観にシオリ達を巻き込むんじゃない!

必死に抵抗していると、操縦席で銃声が聞こえた後に飛行機は急降下を始めたのです。

飛行機内には悲鳴が響き、瞬く間に飛行機は地面に打ち付けられてシオリは身にかかったGと衝撃で気を失ったのです。

気がつくと目の前にはぐちゃぐちゃとなった飛行機の残骸と吹き飛ばされた肉塊が広がっていました。

シオリの体には飛行機の部品が刺さっていて心臓を貫いていましたが魔法少女だったので生きていました。

そんなシオリが目線を下に下ろすと血が大量に吹き出し、四股や頭が散り散りとなった両親を目にしてしまったのです。

「お父さん、お母さん?」

シオリは心臓から部品を抜き取り、血を垂らしながら両親の元へ歩み寄りましたが、生きているはずがありませんでした。

シオリの目からは涙が溢れ出し、全てを奪ったテロリストに対する強い怒りが込み上げました。

「ヴァアアアアアアアアアアア!!!!!」

シオリは空を見上げて強く叫び、何かに塗りつぶされるかのように目の前が真っ暗となったのです。

目覚めることがないかと思ったけど、ある二人の声を聞いて久々に目を覚ますという感覚を体験しました

シオリを助けたお人好しはカレンとピリカという二人の魔法少女。

シオリはなぜ助けたと二人に向かって怒鳴りましたが、二人はシオリが必要だと言い張るばかりでした。

シオリは一人になりたいとその場を離れますが、カレンが後をついてきたのです。

「ついてくんなよ!」

「たまたま行きたい方向が同じだっただけさ。そうかっかするんじゃないよ」

そう言ってシオリが座り込んだ木の隣の木へカレンが座った。

「シオリ、この世が憎いか」

「何を言い出すの、シオリが憎いのは倫理観が狂った奴らよ」

「もし、世界の在り方を変える力を持つ者がいると知ったら、シオリは興味を持つか」

「そんな奴が本当にいるなら、出会ってみたいに決まっているでしょ」

「じゃあ一緒にそいつへ会いに行かないか?どうせこのまま生きながらえても暇だろ?」

世界の在り方を変える奴なんて聞いたことがない。嘘に決まっている。

「嘘じゃないよ、紗良シオリ」

声を聞いて振り向くとピリカとキュゥべぇがいました。

「嘘だとぶっ飛ばすよ」

「嘘ではない。西側の国に昔に栄えた錬金術を扱える魔法少女の素質を持つ少女がいるんだ。

彼女は世界を変えるほどの素質を持つ。もし彼女に関われば、君たちのやりたいことも達成できるんじゃないかな」

錬金術

姿形は化学へと変えて現代にも残り続けているけど、本場の錬金術は異端だと罵られて姿を消したと聞いている。

でも極めたものは神に近い力を奮ったとも聞いている。

「それが本当なら、シオリはこんなところで腐ってるわけには行かないね」

「それじゃあシオリ、共に来ないか。

一緒にこの世界の在り方を変えるために」

「いいよ。でも、シオリをしっかり満足させてよね」

「刺激たっぷりの余生となることを約束するよ」

こうしてシオリはカレン、ピリカと共に行動することとなり、噂の錬金術師と出会って聖遺物を集める活動を開始しました。

そんな中でシオリは師匠から錬金術を学び、今でも活用しています。

師匠が死んでからは貰った力を使い、師匠と目指した世界を作るために活動してきたのです。

人類史を壊し、魔法少女の時代を始めるという夢を。

 

========================

私は現実に戻り、2人の激動の歴史を一気に見て体がふらつきました。

だから、ここまでしてヒトを殺そうと。

私は攻撃の気配がしてすぐに避けましたが、糸が脇腹を切りつけて行きました。

顔を上げると怒った顔のカレンさんが手を伸ばしていました。

「見たのか、シオリとピリカの記憶を!」

「見られたら仕方がないね」

「私たちと行動を共にするか、ここで死ぬか選びなさい!」

ピリカさんが刃を向けてきたのでももこさん達の方を見るとソウルジェムを残されたままボロボロになって気絶していました。

「協力はしますが傘下に加わる気はありません」

「そうか、じゃあ一緒にずっとついてきてもらうよう協力してもらわないといけないね」

「なぜ、記憶を覗かれることを嫌うのですか」

「嫌に決まっているだろう!知られたくないこと、掘り返されたくないこと。

それを見られて怒らない奴がどこにいる!」

場の殺気が強まったので私と出現しているななかさん達は攻撃態勢に入りました。

「届けー!」

そう声が聞こえた方向を向くとういちゃんと桜子さん、灯花ちゃん、ねむちゃんが凧に乗ってこちらへ突っ込んできました。

 

 

4-1:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-3

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-12 悪魔法少女

私たちはみかづき荘の玄関前に降りて、アリナ先輩がいきなり魔法少女の姿になって呼び鈴を鳴らした。

するとすぐに家の扉が開かれ、5人の姿が見えたの。

「はぁーい、みかづき荘のみんな。環いろはの場所、知りたくない?」

アリナ先輩が陽気に話し出した!

新鮮だけど、どうしてそうなったかわからない!

覚えの魔力を感じたから玄関へ急いだら、思いもよらない言葉が飛んできて正直驚いた。

「アリナ・グレイに、御園かりん」

「お姉ちゃんの居場所、わかるの?お姉ちゃんの居場所を教えて!」

「どういう風の吹き回しか聞かせてもらえるかしら」

「ここで立ち話してていいワケ?

アリナ達が逃げ出したってあいつらは知っているはずだから、早くしないと環いろはを別の場所にムーブされると思うんですケド」

「おい、こいつらのこと信じていいのか」

紗良シオリ達の潜伏先は割れている。

アリナ達の話を聞く必要はないかもしれないわね。

でも、一応聞いてみようかしら。

「紗良シオリ達の居場所はすでに突き止めているわ。あなた達の誘いに乗る気はないわ」

「待って欲しいの!SNSに記載されている場所とは違った場所にいろはさんは捕らえられているの!

私たちが案内しないと絶対わかるはずがないの!」

「そう、だったら私だけ行くわ」

「やちよさん、私はアリナさん達についていきたいです!」

「ういちゃん?!」

「オーケー。じゃあ、さっさとついてきてヨネ」

「おいちょっと待てよ!」

アリナは待たずに御園かりんと西の方角に飛んでいってしまった。

「やちよ、どうする」

「私は追うわ。鶴乃は予定していた場所へ向かってここで起きたことを伝えて頂戴」

ピッ

「仲間外れなんていや。みんなにはここで起きたこと伝えておいたから。

さ、2人を見失わないうちに追いかけようよ!」

こんなときに余計に頭が回るんだから。

「私も追った方がいいと思います。みんなで行けば、いろはさんを助けることだけはできるかも」

「なんだよさなまで、ぜってー罠だろ」

私たちが話していると、ういちゃんは魔法少女姿に返信して、凧に乗ってアリナ達が向かった方向に飛んでいってしまった。

「ういちゃん?!」

「いけない!追うわよ!」

「わかったよ、行きゃあいいんだろ!」

ほぼ強制的に私たちはアリナ達を追うことになった。

まさかういちゃんが自分から動くとは思わなかったけど、いろはも頑固なところがあるし、さすが姉妹って思ってしまった。

罠であることを警戒して私たちで動くことにした。

アリナ達の後を追っていると彼女の言った通り私たちの把握している場所とは違った方角に進んでいた。

神浜マギアユニオンの他のメンバーには鶴乃のメッセージが届いているみたいで、それぞれが目的の場所に向かい始めていた。

アリナ達は廃墟の前で立ち止まり、私たちがついてきていることを確認すると中へと入っていった。

私たちも急いで廃墟の中へ進んでいくと、そこには禍々しい色に染まったキューブの中に、確かにいろはの姿があった。

「アハッ、一回外に出たから認識できたけど、かなりいいカラーに仕上がってるんじゃない?」

「ふざけたこと言わないで。これはあなた達がやったことなの?」

「行動を起こしたのはアリナ、でも指図したのは別の奴なワケ。

ま、アリナがこうして目を覚ましたのはフールガールが拐ってきた環いろはのおかげなんだけどね」

「いろはさんが、アリナを?」

「いろはさんと2人きりになってお願いしないと、他の人がアリナ先輩にひどいことしちゃうと思ったから。それを日継カレンって魔法少女に助けてもらったの」

「そう、経緯については把握したわ」

いろは、見捨てることはできなかったのね。

その結果捕われてしまったなんて。

私は武器を構えてキューブを破壊しようとしたとき、いろはを捕らえているキューブに亀裂が入り始めた。

「アメイジング、結界を内側から破るなんて想定外!

結界で収まりきらないなんて、イブ以来なんですケド!」

亀裂からはドリドロとした液体が溢れ出てきて、結界が破壊されると禍々しい色の液体を被ったいろはが出てきてその場に現れた。

「お姉ちゃん!」

わたしは近寄ろうとしたういちゃんの前に手を出して行く手を阻み、その場に身構えた。

「うい、そこにいるの?うい、うい!」

いろはが顔を上げると穢れが満ちたソウルジェムからピンク色の布ができていろはをぐるぐる巻に包んでしまった。

その後、魔法少女でありながら倒すべき敵の反応を示し始め、布を破るように変わり果てたいろはが姿を現した。

「お姉ちゃん?でもその姿、それにこの反応ってまるで」

「魔女の、反応」

いろはの色が変わったマントの裏からは包帯が伸びてういちゃんの手足に巻きついて力強く引き始めた。

いけない!

わたしは手にした武器で包帯を絡めとり、地面へ突き刺した。それでもういちゃんに巻きついた包帯は解ける様子がなかった。

「うい、この世界は、人間は危ないからね、waタしがしkkari守ってあゲr!」

いろはがそう声を荒げると周りが廃墟だった景色はみるみるうちにお城の中にいるような風景に変わっていき、窓から見える夜空には機関車がチラチラと見え隠れしていた。

そして周りには穢れが充満し始めた。

「魔女の結界?!ウソだろ、神浜じゃ魔女にならないはずだぞ!」

「やちよさん、そこどいてくださいよ。

ういを抱きしめられないじゃないですか」

「今のいろはにういちゃんを渡すわけにはいかないわ。何をしだすかわからない」

「何って、ういを抱きしめてわたしなしでは生きていけないようにしてあげるんですよ。そうすれば、ういはヒトの穢れに触れず、苦しい思いをしないで済みますからね」

「いろはちゃん、紗良シオリ達に何されたの!」

「シオリさん達は真実を教えてくれただけだよ、つるのちゃん。

もしかして、みんな邪魔をするの?」

「目を覚ましなさいいろは!紗良シオリさん達のやってることは人に被害をもたらすのよ」

「だからいいじゃないですか、世の中不幸にするヒトを減らせるんですよ?」

今のいろはの状態に思考が追いつかない。

いろはの魔力は黒いオーラの魔法少女みたいに混ざった反応だし、でも自我があって魔女の結界まで生成してる。

こんな状況、長い間神浜にいても経験した覚えがない。

でもまずは大人しくさせるしかない。

「ねえ、そろそろウイをhanあしてあげて」

「離すのはあなたよ、いろは」

「ジャmAをすruNお化!」

いろははついに私たちに包帯で攻撃をしてきた。

「やちよ、いろはちゃんの姿をよく見たらドッペルの姿に似ているよ」

「気がするで済むものじゃないわ、ドッペルと融合してるのと同じよ」

誰もいろはに攻撃を加えず、さなさんは動けないわたしとういちゃんを庇ってくれた。

「訳わかんねぇけど、今すぐぶん殴って正気に戻してやる!」

そう言ってフェリシアは襲いかかってくる包帯を避けながらいろはの懐まで近づいた。

「近くは苦手だもんなぁ!」

そう言ってフェリシアがハンマーを振り上げるとそのままいつものように振り下ろさずに動きが止まってしまった。

「フェリシア?」

「いつものわたしとは違うんだよ、フェリシアちゃん」

いろははどこから取り出したのかわからないナイフをフェリシアの心臓部分に突き立てていて、そのまま予想外の痛みで動けなくなったフェリシアを蹴り飛ばした。

そして形状が変化した鳥のような足でしっかりと地面へ押さえ込み、そのまま獲物を啄むように血を辺りに散らしながらフェリシアへ何度もナイフを突き立てた。

ンヴァアアアアアアア!
アハハハハハハアッハハハハハハッ!!!!

私たちのやめなさいという声を打ち消してしまうほどのフェリシアの叫びと聞いたことがないいろはの狂気な笑い声が結界内に響き渡った。

それと同時に周りの結界は血が通ったように血管を血が通るような蔦が現れ始めた。

鶴乃がフェリシアを助けようとして近づこうとすると、大きな魔力の塊がいろはに直撃した。

後ろに下がったいろはの隙をついて腹部分が穴だらけになったフェリシアを鶴乃が助け出した。

「今の魔力、ういちゃん?!」

ういちゃんの隣には四つの凧が円形に回っていて、その中心から魔力が放たれたようだ。

ういちゃん自身は涙を流しながら噛み締めた表情をしていた。

「もうやめて!そんなお姉ちゃんなんて嫌いになっちゃうんだから!」

そう言ってもう一度ういちゃんはいろはへ魔法弾を放った。

魔法弾はいろはに直撃しても全くダメージを与えている様子はなかった。

「ういがわたしを嫌っても、わたしは大好きだから好きにさせてあげる!」

そう言っていろはは包帯をういちゃんに向けて突き立てできたけど、さなさんがしっかりと盾で受け止めてくれた。

しかしいろはの攻撃はただただ暴れるだけのように四方八方へ飛び、一切干渉しようとしていないアリナやかりんさんへも矛先が向いた。

「アハハハハハッ!!!」

結界が攻撃に耐えられずに倒壊し始めた頃、いろはの後ろから聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「そこまでですいろはさん。戯れは後にしてください」

そう言っていろはの行動を止めたのはピリカさんだった。

「ピリカさん、あなた!」

「ピリカさん邪魔しないでくださいよ、ういがいなくなっちゃったじゃないですか」

その言葉を聞いてはっと後ろを振り向くとういちゃんの姿はなかった。

まさか、例の別の空間へ飛ぶ力を使ったの?

「時間が迫っています。わたしについてきてください」

「あら、そうでしたか。でも、そのあとは自由にさせてもらいますからね」

「もちろんですよ」

そう言っていろはは手を差し出しているピリカさんの手をなんの疑いもなく握りしめた。

「待ちなさい!」

「ワッカ、濁流と化せ!」

私たちは濁流に呑まれて結界から、廃墟から押し出されてしまった。

廃墟は濁流の衝撃で崩れてしまい、中央区へ向かういろは達の姿だけは確認できた。

「チクショウ、なんだよ。かこだけじゃなくいろはまでいなくなっちまうなんてオレは、オレは!」

「フェリシア落ち着いて、血が止まらないよ!」

「鶴乃、さなさん、フェリシアを調整屋へ連れて行ってあげて。私はいろはを追うわ」

「うん、わかった」

わたしは一人でいろはが向かったと思われる中央区へ急いだ。

いろはをあんな状態にした日継カレン、許すことなんてできない。

 

 

「さて、アリナ達はどうするか」

「遠くから見ることしかできないの、あんな戦い、命がいくつあっても足りないの」

「ま、このあと面白そうなことが起こりそうだし、遠くから眺めて、サイッコーの瞬間を脳裏に焼き付けようか」

「遠くから眺めるくらいならいいと思うの」

今の神浜はひどい状況かもしれない。

でも、アリナ先輩と一緒にいるこの場所は、この瞬間は最高な状況だと思って、わたしは思わず微笑んでしまったのでした。

 

 

3-11:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-13

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-10 一族の信念はカムイに響かず

今日の夕方に魔女にならないシステムを世界中に広げられる魔法少女たちのアジトへ攻め入る戦いが行われる。

もちろん世界へ広げるという行為を妨害するわけではなく、その実施方法に問題があるからその方法を見直させるために捕らえる。

人を犠牲にしてまで私は、私達は生き延びたいとは思わない。

でも集まってくれている一族のメンバーの中には神浜マギアユニオンへ協力して彼女たちを止めるという行為自体に疑問を持つ子たちもいる。

だからわたしは魔法少女会議から戻ってきた後、みんなに今日のことを話し、一緒に来てくれる少人数だけで神浜マギアユニオンへ協力することにした。

魔法少女会議に参加してから気になっているのは、ピリカさんが彼女たちのメンバーだったということ。

あの時見た傷痕と、売られた経験があるという話。そして人へ呪いを押し付けるという彼女たちの考え方。

最近までの巫も売られていたというのは事実。

でも人を憎むほどの感情を抱いたことはない。

いったいどこで意識の違いが出てしまったのだろう。まずはそこを分からなければ彼女たちも考えを改めてくれない。

私は売られるという気持ちを経験してしまったちゃるに心情を聞いてみた。

「それってピリカさんが言っていたっていう話に関係するやつ?

うーん、私の願いが無理やりかなえさせられたってところは神子柴を許せないってなるけど、だからと言って人が嫌いになるってことはないかな。

人の悪意を感じたときは気分が悪くなっちゃうけど、みんながみんなってわけじゃないからさ。

悪を討って普通に暮らせてる人を助ける。そんなヒーローになれてる現状に私は満足しているよ」

ちゃるは隠し事をできないことを知っているから、あそこまではっきり喋ってくれたってことは全然後悔をしていないみたい。

じゃあ、売られたという境遇の中でピリカさんと何が違うのだろう。

そう考えていると外が慌ただしくなっていることに気づき、私のところへ涼子さんが走ってきた。

「おい!ピリカってやつが寺の門にいるからきてくれ!静香さんを呼んでるんだ」

私はちゃる、すなおと一緒に外へ出るとみんなが魔法少女姿になったピリカさんを囲んでいた。

「ピリカさん、ここへ何しにきたんですか」

「最後の意思表示を確認しにきたんですよ」

「確認?」

「わたし達は明日、自動浄化システムを世界に広げます。明日が過ぎればあなた達が求めている魔女かしない世界になるのです。

その上で、周りから聞いた情報をもとに私たちを妨害するのかどうか。

その答えを聞きたいのです」

「でもそれは、人に呪いを押し付ける方法でなんだよね」

「はい」

妨害したいわけじゃない。

でも考えを改めさせるというこちらの考え自体が彼女達にとっては妨害行為に該当してしまうのだろう。

ならば、最後に確認するべきことはこれだけ。

「人へ呪いを押し付けるというのは仕方がないことですか、それともあなた達の故意ですか。

故意だというのであれば、私達は妨害せざるを得ません」

「問いへ問いで返してくるのですね。

呪いが生じるのは仕方がないことであり、押し付けるのは故意でもあります」

「そうですか。

みんな、ピリカさんを捕らえなさい!」

「「はい!」」

みんなが動き出すよりも早くピリカさんは地を蹴って瞬間移動したかのような早さでわたしの目の前にいました。

「ワッカ、障壁と化せ!」

ピリカさんがそう呟くとわたしを中心にして水の障壁が円形に形成されました。

そして近くにいたちゃるは回し蹴りで、すなおは巴投げで水壁の外へ追い出されてしまいました。

その後ピリカさんは何かを呟き、水壁には電気が走り、外には首長竜のような生き物が現れました。

外のみんなはその首長竜と障壁に邪魔されて中に入ってこれない状況となりました。

わたしも魔法少女姿となって剣を構えました。

「なるほど、変に強い魔力を感じると思ったらその剣が原因でしたか。

あなたが心を折らずに立っていられるのはその聖遺物のおかげかもしれませんね」

「聖遺物?なんのこと。これは時女の家で代々巫の力で鍛えられた剣よ」

「そうですか。

聖遺物とは魔法で生成されたもの、または物質へ魔法少女の魔力が込められて特殊な力が付与されたもののことです。

あなたの持っている時女の剣も十分聖遺物に該当します。

そうなればなおさらここであなたを無力化しておく必要がありますね」

「ねえ、どうしてあなた達はこうしてまで人を不幸にする方向を押し進めようとするの?

貴方達も人にひどいことをされたかもしれないけど、みんながそんなわけないでしょ。
罪なき人も見境なく不幸にしてしまうことは良くないことよ」

「その罪の基準は誰基準ですか、自身ですか、それともヒト基準ですか。ヒト基準の罪など人間社会を維持するための歪んだ思想でしかないです。

ヒトを信じているあなたも、それに染まっているのでしょう」

「ヒトの考え方そのものが良くないというの」

「人間社会は意識の違いによるすれ違い、権力者の支配力を高めるために洗脳に近い教育を幼い頃から行います。

神を信じなさい、国のために働きなさい、いやでも働け、女は男に尽くせ、お金がないと生きていけない。

これらの考えはなぜ常識と呼ばれるようになったのでしょう、これらの考えから離れるとなぜ悪者となるのでしょう」

「それがこの世を乱さない最適な考えだからよ」

「そうですか?お金を巡っていったいどれほどの不幸が発生してきたと思っているのですか。

通貨があれば物々交換よりもものの価値は分かりやすくなるでしょう。

しかしものの価値など人によって違う、それに通貨がなくてもお互いの利害が一致すればものの交換で済む

お金という世を乱す物が最適な考えだと本当に思ってるのですか?

「どうやら話しても無駄なようね。どう話されようとも、わたしの考えは変わらないわ」

「あなたも思考を停止してしまうのですか。

ならば、ここで無力化させてもらいます。

アペ、刃と化せ!」

ピリカさんは炎の剣を手に持って私に切り掛かってきました。

村での修行でしか人と戦ったことがない中で相手を無力化する方法に少し悩んでいた。

相手の攻撃を受け止めながら行き着いた答えは四股を動かない状態にすること。

斬り落すまで行かず、骨を折るくらいならば命を奪うこともなく無力化できるでしょう。

私は相手の斬撃を受け止めるようにし、隙をついて足を無力化することに専念した。

斬撃を飛ばしてきて所々火傷をしているうちに私はあることに気がついた。

剣を持つ手の損傷が激しい。魔力で痛みを和らげているけど、普通なら剣を握ることも出来ないくらいダメージを負っていると思う。

もしかして、相手の狙いは私が剣を離すこと?

だとしたら長期戦は不利にしかならない。

でも相手の攻撃を受け止めるのがやっとの状況でわたしのペースへ持っていくことができない。

水壁の外ではみんなが中に入ろうとしているみたいだけど首長竜に妨害されて進展がない様子。

私を抑えながら首長竜のような生き物も操るなんて、ピリカさんは何者なの?

もう水壁の外に出るしかないと考えて思い切って飛び込むと水壁に走る電撃によって体が痺れてそのまま水流で内側にはじき返されてしまった。

「無駄です。ここから出るのは私が果てるかあなたが折れた時だけです」

そう言いながらピリカさんは私の方へゆっくりと歩いてきました。

こんなところで私は折れるわけには行かない。

日の本の国を守れずに、仲間を守れずに倒れるわけには行かない!

私は痺れた体でありながらも無意識にお母様から教わった技を出すために体を動かしていた。

体を回して円を描くように斬りあげる。

そして目標目掛けて力を込めて振り下ろす。

この技を使用すると間違いなく相手の体の一部は吹き飛び、剣に纏った風圧によって斬り下ろした先も斬撃によって地がえぐられ、木々もなぎ倒す。

強敵の魔女以外には使ったことがない技を使用し、やってしまったと思いながらピリカさんの吹き飛んでしまった右腕を見ていた。

しかし、斬り落とされた右腕の根本から禍々しい色をした炎のようなものが溢れ、腕の形になったら手には剣が握られていた。

これは一瞬のうちに起こったことであり、私は思考が追いつかない間に仰向けになって倒れていた。

視界がぼやけていき、どんどん体が冷たくなっていく感じがした。水壁が消えるところまではわかったものの、そのあとは意識を保てず、気を失ってしまった。

ピリカさんが出した首長竜に妨害されて水壁の中に入れない状態の中、水壁が消えます。

そこには右腕が炎のような状態になっているピリカさんと上半身に大きな切り傷がつい手倒れている静香ちゃんがいました。

「静香ちゃん!」

私達は静香ちゃんのところへ駆け寄り、血溜まりになっていることも関係なくその場に膝をつきました。

「静香、しっかりしてください!癒して傷口を塞がないと」

みんなが静香ちゃんに夢中になっている中、ピリカさんは時女の集落で大事にされてきた剣を手に取り、それを光の球に変えて拳で握ると消えてしまいました。

「時女の剣は預かりました。すべてことが済んだらお返ししにきます」

そう言ってピリカさんが寺の門へ歩き出すと時女のみんながピリカさんを取り囲みました。

「待ちな、本家をここまで傷みつけられてただで返す気はない。元々あんた達を捕らえる話になっていたからね、おとなしく捕まってもらうよ」

涼子さんが門の前へ仁王立ちになり、そう話しました。

私とすなおちゃんは静香ちゃんのそばにいました。

「無駄に血を流すことになりますよ。ここで抑えようなんてことは堅実な考えとは思えませんね」

「だとしてもよ。覚悟しなさい!」

そう言ってみんながピリカさんに飛びかかるとピリカさんの足元からは知らぬ間にいなくなっていた首長竜が現れ、みんなは水圧で飛ばされていきました。

ピリカさんの右腕は炎のような形にはなっておらず元どおりとなっていて、手元には強い悪意を感じる禍々しいオーラを放つ刀を持っていました。

カムイを超えられなかったあなた達が手を出せるとでも思いましたか。

事が終わるまで静香さんを見守っていればいいんですよ。

気づいた頃には、すべてが終わっているでしょうから」

吹き飛ばされた時女の子が諦めず襲い掛かろうとしていました。

私はとっさに声を出してしまいました。

「やめて!ピリカさんを行かせてあげて」

「何故ですか!彼女達を捕らえるのが元々の目的。1人しかいない中ならこの人数でかかれば」

「だからやめて、敵わないとわかっているのに命を無駄にするのは。静香ちゃんだって、みんなが命を落としてまで戦ったことを喜んでなんかくれないはずだよ!」

ほとんどの子は武器をおろしてくれましたが、涼子ちゃんと遠くで構えている旭ちゃんはまだ戦う気でいました。

旭ちゃんは私たちに背を向けているピリカさんに対して発砲してしまいました。

しかしピリカさんは銃弾を持っている刀で斬り落としてしまい、分断された弾丸は地面と寺の門をえぐりました。

「カンナ、貫いて!」

そう言ってピリカさんは左手に形成された雷を纏った槍を旭ちゃんが待機している場所へ投げました。

周囲には風圧が広がり、旭ちゃんがいたであろう場所は槍の着弾と同時にその地面をえぐりました。

[旭ちゃん!]

[生きては、いるであります。でも左半身は動かせない状態です。申し訳ないであります]

「あなたもあきらめないのですか」

涼子ちゃんは変わらず門の前に立ちはだかっていました。

「私は時女一族の一人としてではなく、私自身が許せないからどかねぇんだ。通りたきゃ力づくで通りな」

首長竜が姿を消した後、ピリカさんは涼子ちゃんへ斬りかかり、涼子ちゃんは負けじと警策で立ち向かいます。

最初は互角のように思えた戦いでしたが、涼子ちゃんはダルそうに膝をついてしまいました。

「何でだ、こんなに穢れるのが速いだなんて」

涼子ちゃんはピリカさんの回し蹴りに対応できず、半壊した門の壁に叩きつけられて動けなくなってしまいました。

「それでは失礼します」

そう言ってピリカさんは姿を消しました。

出会った時は魔法少女ということしか知らず、優しい人という印象でしたが、今日この一時で全く別の印象となってしまいました。

紗良シオリさんや日継カレンさんの話で2人は強いと聞いていましたが、私からしてみると、ピリカさんこそ最も戦ってはいけない相手だと確信しました。

あそこまでの激戦の中、ピリカさんのソウルジェムと思われる宝石は輝いていました。

立ち向かうことなんて、元々できっこなかったんだよ。

私はその場で1人で心が折れてしまった気がしました。

 

 

3-9:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-11

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-9 天才はその結果をまだ知らない

ういは顔を上げて目にたまった涙を袖で拭き取り、そのまま立ち上がった。

「わたし、みかづき荘に戻るね。そろそろやちよさん達が集まってそうだから」

|うん、気をつけてね|

わたしはそう言って送り出すことしかできなかった。

元々結界の中で4人が集まるのをずっと待っていた。それに苦はなかった。

でもどうして?

今の私は自由に外を動き回りたくて仕方がない。

・・・

これがワガママという感情なのだろうか。

そう考えていると灯花が病室の空間にやってきた。

「あら、万年桜のウワサいたんだ〜。この時間にいるってことはまた学校を抜け出してたんだね」

灯花は知らない。いろはがどうなっているのか、日継カレンという魔法少女達がやろうとしている事を。

教えると興味を持って危ない場所に行きかねないと伝えられているから。

「ういもねむもそろそろ学校が終わる頃だし、ニュースとかでは分からないこと話したいなぁ」

|えっと灯花、ういは|

「みかづき荘にいるんでしょ?」

|えっ!|

「だってー、今日の夕方に神浜を騒がせている日継カレン、紗良シオリ、保別ピリカを捕まえに行くんでしょ」

|・・・SNSに出てた話?|

「そうそう!私達を呼ばずに話を進めちゃうなんてひどい話だと思わない?!
中央区でかなーり危険なことになっているし、今頃敵のアジトだと思われる場所を攻撃しても意味ないと思うんだよね。

マギウスの時もやったけど、こういう時って穴になっているところで罠があるんだよ。

ぜったいわたくしを呼んでおけばもっといい提案をしていたとおもうにゃぁ」

|例えば何する?|

「魔法少女達も立ち入ることが困難になった中央区を見張るね。そしたら案外近くにいたりするんだよねー。

ちょっと考えればすぐだよー」

「そうやってみんなが行動している間、ボク達はなんの成果を出せていないじゃないか」

灯花が話すのに夢中になっている中、ねむはこの空間にやってきていた。

|灯花達に与えられていたのは、自動浄化システムを広げる方法。掴みようがないから広げ方もわからない、だったよね|

「概念への干渉なんて例のワルプルギスの夜を倒した時の羽同様、観測できるものがなければ敵わない。

クレメルもういも認識できない以上、やりようがないのは重々承知」

「ドッペルを発動したときに何処かへエネルギーが集中しているわけでもないし、現代科学の力では解決できっこないんだよ。

魔法少女の願い以外は別だけどね」

「だから因果量を測る装置を考えるんだって躍起になっていて今に至るわけだが、進展はあったのかい?」

「くふふっ、それについてはもう完成しててね、今日見てもらおうと思ったんだよ」

そう言って灯花が取り出したのは両掌に乗っかるくらいのアタッシュケースみたいな箱が一つ。

そして二つの留め金を外して出てきたのは魔法のステッキのように棒の先に丸い円盤がついたものだった。

「・・・見た目の時点では頼りないものが出てきたけどこれはなんだい?」

「これは魔法少女の素質を測る道具でね、決して魔法のステッキとかじゃないよ」

「可愛らしい装飾がされているから余計そう見えるよ」

「もう、普通に作ってって言ったんだけどにゃぁ」

「それで、その道具でどうやって魔法少女の素質を測るっていうんだい?」

「魔法少女の素質がある場合ってさ、キュゥべえが見えるものでしょ?それに魔女も認識できる。

魔法少女にしか見えないものが見えれば、その女の子は魔法少女の素質がわかるってこと。

この道具は魔法少女にしか見えない周波数を使用して数字をこの円盤の空間に映し出すことができるんだよ。

ただ見えればいいってわけではなくてね、映し出された数字が鮮明に見えるか、ぼやけて見えるかで素質の大きさを測ることができるんだよ」

「魔法少女にしか感知できない周波数、マギウスとして活動していたときの経験が生きたね。

それで、既に魔法少女であるボク達には当然見えるんだよね」

「もちろんだよ!見ててよ、今数字を表示するからね」

灯花は道具の根本にあるダイヤルを回しては押下、回しては押下を3回繰り返し、もう一つのボタンを押して私たちの方に向けてきた。

「さあ、ここにはなんの数字が見えるでしょうか?」

円形の中心に魔力のような反応があるというのはわかるけど、数字としては認識できなかった。

「きっと万年桜のウワサには見えないかもしれないけど、ねむならそれなりに見えるんじゃないかな?」

「見ただけで数字が3つあるのはわかる。でも全部重なっていて綺麗に見えるとは言えないね」

「じゃあ、どの数字が重なってるかはわかる?」

「2、8、7かな。全部違った形だからどの数字があるのかってとこまではわかる」

「そうかー、ねむでも綺麗に見えないってことは概ね成功って感じかな」

なんだか仲間はずれにされてるようでちょっとムッとしてしまった。

「もう、むすっとしないで。この装置が映し出す数字は、魔法少女の素質がある子が見ると数字は鮮明に、さらには並び順まではっきり判断できるってものなんだよ。

わたくしでもねむみたいに数字は見えても並び順までは把握できないから、ねむとわたくしの魔法少女の素質は同等程度ってことだね。

万年桜のウワサはもちろん魔法少女とは違った存在から見えないよ」

|魔力を感知するとは違うってこと?周波数の関係であれば私にも感知できそうだけど|

「万年桜のウワサは、わたくし達のテレパシーに参加できないよね」

|・・・そういうこと|

私はしなしなになった草のようにしょんぼりとしてしまった。

でも灯花は魔法少女の素質を測る道具で何をしようというのだろう。

|それを使って、どうやって自動浄化システムを広げようと考えているの?|

「もちろん、この地球上にいる強い魔法少女の素質を持つ子を探すためだよ。

そして、自動浄化システムを世界に広げてって願ってもらうの。概念に干渉できるのは、わたくしたちが魔法少女になる際の願いだけ。

だったら、その願いで広げるのが手っ取り早いでしょ!」

少し沈黙が続き、ねむがため息をついた。

「理論上は近道かもしれないが、人の道徳というものが決裂しているよ。

灯花はその考えをお姉さんに聞かせて、喜んでもらえると思っているのかい?」

「願いを強要しちゃうのはよくないけど、それなら心から願いたいって思ってくれるまで待てばいいと思うよ。それなら、相手に不利益はないよね」

「答えになってないよ」

「もう!じゃあこれ以外にいい考えがあったら教えてよね!」

|伝えるだけ伝えてみたらいいと思うよ。もしかしたらみんな許してくれるかも|

「でしょう?ねむより万年桜のウワサがわかってるね」

「むっ!」

|喧嘩はよくないよ|

ねむはそのまま自分が寝ていたベッドへ位置エネルギーに任せて座り、呼吸を整えた。

「それにしてもそんな装置、どこで作ってもらったんだい?」

「パパ様に周波数の実験装置が欲しいって言ってね、そしたら西の大国がその手の技術に詳しいらしくてね、設計図を渡したら1週間で完成品が届いたんだ。
優秀だよねー」

「そんな一般人にはおもちゃにしか見えないものを大きな国がね。改めて里見グループの凄さを実感するよ」

「くふふ、パパ様はすごいんだから!」

話している中、突然黄緑色の粒子が周囲に飛び交い、傷だらけのういが病室内に倒れ込んでいた。

「うい!どうしたの?!」

「お姉ちゃんが、お姉ちゃんがおかしくなっちゃった!うわぁぁぁぁぁぁ!」

ういはそう言ってその場に伏せて泣き出してしまった。

何があったのか、外で何が起きているのか。

ただ一つわかることは、いろはに大変なことが起きているということだけ。

 

わたしは、どうすればいい?

 

 

3-8:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-10

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-8 自己犠牲のキモチ

「愛する人のため。

この作品に出てくる北斗という少年は愛する彼女のために自身の財産を全て委ねると遺書を残してこの世を旅立ちました。

彼女の難病を治すためのお金を全財産で賄おうとした北斗の行いは、果たして彼女の幸せに繋がるといえるのか。

ここに至るまでの内容を整理して、皆さんの感想を原稿用紙1枚分にまとめること、それが次回までの宿題です。

しっかり熟読しておくように!」

私は学校に行かずとも、灯花が登録してくれたデータでこの世界のことを覚えることができる。

人と違って、忘れることもない。

でも、国語や古文といった作者の気持ち、登場人物の考えを述べるよう問われると登録されているデータだけでは正しい答えを導くのが難しい。

ひなのからは人と接する以外にも読み物から人や物の考えを習得できると聞いている。

だから私は言語の授業には顔を出すようにしているのだけれど、今回の授業は今後の私のことを考えてしまうような内容だった。

あの時、うい達を謎の空間へ縛り付けたつづりという人物からある言葉を囁かれていた。

“今起きている事態を終息させるためには柊ねむが魔法少女となれるのが必須。
魔法少女になれないという呪縛を解くための最短の方法を、しっかり考えておいてくださいね。
全てはあなたの行動次第です”

灯花とねむの変身を妨害する腕輪の制御を掌握しているのは私。決められたルールに従って腕輪を外す、壊された場合はルールのレールに戻るよう再び腕輪を彼女達に装着することになるだろう。

私には逃れられないルール。

灯花とねむが魔法少女に変身できるようになるためには。

お昼時間になって私は気になることがあったので新聞部の部室に来ている。そこには窓から外を見ている令がいた。

「桜子さんか、昼にここへくるなんて珍しいじゃないか。いつものように中庭に行かないのかい?」

|今はそれができない。それに令に聞きたいことがあってきた|

「観鳥さんに聞きたいこと?いいよ、言ってみな」

|令は大切な人が、自分が死なないと助けられないと分かった時、どう立ち回る|

「難しい問いかけだね。もしかして黒いオーラの魔法少女の件について関わるのかな?」

|いや、今日の言語の授業で出た問いかけ|

「そっか、言語の授業には出るようにしてるんだっけ。

人間に限る考えなら思うように考えたらって言いたいところだけど、桜子さんはウワサだからねぇ。慎重に回答しないといけないね」

|どういうこと?|

この問いに答えることはなく、令は話し始めた。

「観鳥さんにとって命を投げ打ってまで助けたい存在はいない。だから観鳥さんは桜子さんの力にはなれなさそうだ、ごめんよ」

|そんなに難しい問題?|

「答えるのは簡単だろうさ。でも真剣に考えるととてもデリケートで、ある意味難題とも言える」

|答えるのが簡単なのに難題なの?どちらなの?|

「ヒトによって考え方が違うからね、もし桜子さんが間違いのない正解を求めているのであれば、難題と言って間違い無いね。

詳しく知りたいなら都先輩のところに行ったらどう?

あの人は観鳥さんが知っているあたり一番の人格者だからね、求めている答えがもらえると思うよ」

令からは欲しい答えをもらえなかったので言われた通りにひなののところへ行ってみた。

令は化学部の部室にいると言っていたけれど、魔力反応を辿るとひなのは屋上にいた。

いつもとは違った、黒い眼帯を付けているひなのは中央区の方向を見ていた。

「ん?桜子か、こんなところに何の用だ?」

私は令に問いかけたことと同じことを話した。するとひなのも難しそうな顔をした。

ひなのは顔をあげると再び中央区の方を見ながら話をはじめた。

「参考程度にひとつ話をしてやろう。

あたしは自分を犠牲にして後輩達を守ろうとした。

大怪我したのはあたしだけで済んだが、助けた後輩達はあたしのためと言って危険な行動を取るという結果が出た。

あのバカどもららしい考えだが、正直あたしは嬉しいとは思わなかった。傷つけたくないと考えた行いが、結局は心も体も傷つけさせる結果になってしまったからな」

ひなのは退院後、衣美里、梨花、れんがひなのの敵討ちのために紗良シオリの討伐作戦に参加したと聞いて3人へ説教したと話を聞いている。

他人のための行いはみんなが幸せにならないということ?

「あたしが桜子に出せる回答としては、“他人のための”と思って命を投げ出すなってことだ。

魔法少女に契約する際と同じような忠告だが、もし命を投げ出すようなことがあれば“自分のために”を優先したほうがいい。

相手のためを考えても、決して思った通りの結果にはならない。

お前のやりたいように考えればいいと思うぞ」

|なるほど、令が言った通り難しい|

「・・・それより、何でそこから出てこないんだ?」

|私は外に出ることができないから。でも何となく分かった。ありがとう|

そう言うと私は青空の下へ踏み出して全身に空の明かりがかかった途端に黄緑色の光に包まれてあの病室の空間に飛ばされていた。

病室には何故かういがいて私は驚いた。

|うい、どうしたの?学校で嫌なことでもあった?|

「ううん、中央区が大変なことになっちゃったなって」

令も、ひなのも中央区の方向を気にしていた。

それもそのはずでお昼時間に入ってすぐに中央区が謎の現象によって死傷者が出たとして立入封鎖となった場所が出たと言う緊急ニュースが出ていた。

立入封鎖となった場所は、紗良シオリの討伐作戦が行われた場所。

やちよ達は廃墟を襲撃すると言っていたけど、電波塔も怪しいと睨んでいた。

その電波塔へ近づくことができなくなった。

彼女達の居場所はほぼ明確だと言うのにやちよからは廃墟への襲撃は予定通り行われると魔法少女のSNSへ書き込みがあった。

ういも何故か廃墟への襲撃に参加したいと自分から言い出している

|最近、やちよからの連絡が多いけど、いろははどうしたの?|

「お姉ちゃん忙しいから、しばらくやちよさんに連絡係をお願いしている、みたいでね」

私たちの中で唯一自由に外へ出られるのはういだけ。

私達は建物の中でしか行動できず、詳しい外の状況はよく知らない。

ういの事を信じないわけではないけど、さっきの発言は嘘だとすぐ分かった。

|うい、私たちに話せない事があるんじゃない?隠し事はういに似合わない。

嘘をつくことが苦しいなら、私にだけでも話してみて|

そう言うとういは涙目になって私へ抱きついてきた。そして力強く私の着ている制服を握っていた。

「お姉ちゃん、連れ去られちゃって。

2日目になるんだけど戻ってきていなくて。

もし日継カレンさん達に捕まっているなら、黒いオーラに包まれて、私の前に出てきたら、どうしようって。不安で、不安で」

ういはそのまま床に膝をつけて涙を流していた。

ねむが魔法少女になれていればそんな不安もなかっただろう。

私はういを包容して頭を撫でてあげることしかできなかった。

いつもの私ならいろはを助けるために日継カレン達のアジトをしらみつぶしに探していただろう。

でも今の私は行ったことのある場所の室内にしか行くことができない。それに何故かみかづき荘へは行くことができないという制限付き。

この制限がついたのはつい最近。それまでは普通に行き来できていた。

これもつづりという人物の采配なのだろうか。

4人を守りたいのに守れない私にはどこか胸に苦しいと感じるものがあった。

今、私にできることは何なのだろう。

 

3-7:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-9

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-7 たとえ間違った道だとしても

「いくら情報収集のためとはいえ、私たちこんなことしてていいのかな」

「仕方ないっすよ。二木市へ日帰りなんて結菜さんに負担をかけてしまいますから」

「まあ今更気にするのも野暮ってものかな」

私達は二木市へ魔女化しないシステムを持ち帰るために長期間神浜へ滞在しています。

二木市は学校が休みの日だけ、夕方だけ神浜へ来ると言えるほど近くにはありません。

マギウスの翼を調査していた魔法少女のように学校を休みながら長期滞在しなければいけません。

それが社会的に許されるのかといえば当然そんなことはないわけで、私達は人間社会を捨てる覚悟で神浜へ来ているのですが、罪悪感は抜けません。

それにしても私達以外に日中から活動する反社会的な子達がいたなんてね」

「あのミリタリーな見た目をした3人組のこと?まあ姉ちゃん達が大丈夫って言ってたし大丈夫だよ。

それよりもらんかが学校サボってこっちに参加したことに驚いてるよ」

「らんかって学校嫌いそうだから全然意外性は感じなかったなぁ」

「そうそう、学校サボってゲーセン行ってるイメージだよね」

「ふふっ、そんなこと言ってると次女にチクっちゃうぞ」

「アオ、ちょっとそれは勘弁かな・・・」

らんかだって人の道を外れるようなことはしない。じゃなきゃ口が悪くても周りに配慮した行動なんてできない。

私がらんかを襲った時だって、私の気持ちのこと考えてくれていたし。

そういえばらんかは次女と一緒に行動してるんだっけ。

なんかうるさく言われてめんどくさそうな顔をしているのが目に浮かぶなぁ。

 

樹里達は中央区の路地裏を中心に監視を行なっていた。そこで目立ったのは、らんかと樹里の間で行われた問答だった。

「らんか。あの場では何も言わなかったが、親に無理言って転校させてもらってんだろ?今回ぐらいは学校生活を優先してもよかったんじゃないか?」

「しっつこいぞ樹里!1日サボったくらいで関係ないって」

「いや理由なしに休むとすぐに親へ連絡がいくものだぞ。お前、親とうまくやれてないらしいじゃないか。
下手したら親に呼び戻されるぞ」

「樹里には言われたくないね」

「心配して言ってやってんのに。人間社会でまともに生きれなくなってもしらねぇぞ」

「だから!しつこい!」

「おいおい、路地裏でギャンギャン騒ぐとおもての人間に気付かれるぞ」

樹里達の背後には日継カレンがいた。

「チッ、魔力を感知できねぇってのはホント面倒だな」

「一応警告しておく、中央区から出て行け。
これから大事なことを行わないといけないからね、変に嗅ぎ回れると困るんだ」

「そこまで言われて引くわけないだろ。なんならお前を倒してその計画とやらの主導権を私たちに譲ってもらおうか」

「相変わらずだな戦闘狂どもめ。不尽な御託を並べる癖は治っていないようだな」

樹里と日継カレンが話している間、二木市の魔法少女達には日継カレンの居場所が共有され、メンバーが集結しつつある。

結菜が現場に到着した頃、中央区にある電波塔前に糸でぐるぐる巻きにされたらんかが日継カレンの足元に倒れていた。

「人質を取ったってわけ?」

「分からず屋達の覚悟を確認したいだけさ。
周りを見てみろ。昼時で路地には多くの一般人が歩き回っている。
お前達はこの一般人達を巻き込んでまでその不尽な理を貫きたいものなのか」

「まさか、一般人を巻き込むほど私達は非道ではないわ」

「ほんとわけがわからない集団だよ、あんた達は。復讐心ぶつけて自分たちが満足した後どうなるかまで全く考えていない。
殺して殺されてを繰り返す魔法少女の世界になって満足か?」

「そうならないよう私たちが抑え込むのよ。私たちについて行けば苦しまなくて良いとわからせていけばいいだけよ」

「人間らしい思考だ。
改めて言う、中央区から出て行け。出て行かないなら一般人の被害が出るぞ」

「…私達は、引かないわ」

「そうか」

そう言うと日継カレンは人混みの多い場所へ動けないらんかを叩きつけた。

数人の一般人が押しつぶされた後、信号で止まっていた人の乗っている車を糸でからめとり、樹里達へ投げつけた。

あたりでは悲鳴が聞こえ始め、ビルからも多くの人が注目している。

「やめなさい!一般人を巻き込むのは正気じゃないわ!」

「正気じゃないお前らが言えることか!

支離滅裂なことばかり外部の魔法少女へぶつけてばかり。内側に向けるだけの優しさを外に向けたらどうだ!」

魔法少女姿になるのを拒む魔法少女達が次々と投げつけられる看板や車で突き飛ばされ、人混みやビルの壁に打ち付けられていく。

魔法少女に変身した子が出ても、日継カレンは必ず人がいる場所が背面に来るようにしていて攻撃を行うことができない。

結菜のことしか考えていない馬も今回に限っては攻撃することを躊躇して、そして過去のトラウマもあってかひかる軍団を出そうとしない。

完全に私達はアウェーな状況だった。

「おい長女、流石にこれは取り返しがつかなくなるぞ。素直に中央区から離れた方がいいぞ」

「もう手遅れな気もするけどね」

結菜が答える暇もなく、糸の剣で日継カレンが結菜に襲いかかります。

結菜は魔法少女へと変身し、攻撃を受け止めるが、周囲の人が注目している。当然のように、中には写メをとっている奴もいた。

「お前達よりもまともな悪者は沢山いた。

中途半端な想いで、私たちの前に立ちはだかるな!」

結菜は何もいえず、日継カレンの斬撃で体勢を崩すと糸によってその場に掬い上げられてしまう。

「まずい!」

「スクってやるよ。ソウルジェムだけ残る形で!」

肉体が切り刻まれて終わるはずの場所で爆発が発生し、ソウルジェムと肉塊だけが残るはずの現場は爆発による火の粉しか残らなかった。

「あのゲーム好きのお節介か。仲間内だけ見るといい奴らなんだけどね。
お前達はどうする、三重崎の魔法少女達」

電波塔前にはミリタリーな見た目をした魔法少女2人が立っていた。

「あたしらはパスだ。中央区付近にいたら面白いのが見られそうってことがわかっただけでも収穫さ」

「そうかい。じゃあ別の区からスナイプしようとしてるもう1人にはよく聞かせておいてくれないか。前みたいなことになったら利き腕落とすだけじゃ済ませないぞってね」

「わかってるって。

魔法少女が魔女にならないシステム、ちゃんと広げてよね。じゃないとあんた達を

“ぶっ殺せないんだから”」

「そこは気にするな。楽しみにしてるといい」

「頼んだよ」

間も無く神浜市には臨時ニュースが流れ、電波塔付近には救急車や警察、報道陣が集まり、許可された者以外は電波塔付近へ近づくことが禁止となった。

神浜マギアユニオンは目的の場所と離れているからとこの日の夕方に行われる襲撃は、予定通り実施することに変わりはないらしい。

二木市の魔法少女はと言うと、ほとんどが中央区の外に出ていた。

結菜が目を覚ました後、2人のメンバーが建物の瓦礫の下敷きになったり、車に押しつぶされたりでソウルジェムが砕けてしまっていたことが告げられた。

結菜はすぐに中央区へ行きたい衝動を抑え、人気がなくなったことを見計らって再び中央区へ向かうと仲間に告げた。

「神浜マギアユニオンには今回の件を伝えるの?」

「伝えるわけないでしょう?神浜の魔法少女と共闘なんてゴメンよ。

彼女達を制するのは、私達プロミスドブラッドなんだから」

樹里は何も言わずその場を去り、建物の屋上で体育座りで座る1人の魔法少女の元へ向かった。

「結構夕日が綺麗だな、ここ」

「樹里・・・」

「結菜を助けてくれたのらんかだろ。武器で防いでくれたから、樹里様と馬で結菜を助けることができた。

ありがとよ」

「当然のことをしたまでよ」

樹里がらんかの隣に座り、いつから持っていたかわからないポッキーをらんかに差し出した。

一本手にとって食べた後、樹里に問いかけた。

「ねえ、あんたいつまで結菜についていくつもりなの」

「あん?」

「ついて行くにも限度ってものがあるでしょ。日継カレンだって言っていたが、あたしらのやってる事って中途半端なんじゃないかな。

目的も、やり方も」

「んなもん最初からわかってるさ。

樹里様は考えを無理やりにでも貫きながらみんなを引っ張ろうとしているアイツだからアイツのものとして付いて行ってんだ。

たとえ行き先が中途半端だとしてもね」

樹里は中央区を見ながらその場に立ち上がった。

「神浜から魔女にならないシステムを奪う。

そうアイツが言い出して、みんながついて行くってなったから二木市の魔法少女同士が争うことはなくなった。だからこの脆い均衡を崩さないために付き合ってるのさ。

少しでも崩れてみろ。樹里様が結菜をぶっ飛ばして、お前達を連れてってやるつもりさ」

「それ聞いたらひかるが黙っちゃいないね」

「そうやってまた過去に戻っちまうから付き合ってやってんだ。

アイツの言う通り、樹里様達は悪役にもなりきれない中途半端な連中さ」

そうだな、過去のように顔見知り同士で殺し合うのはゴメンだね。

でもあたしがついて行くのは、樹里、あんたにだけだ。

 

3-6:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-8

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-6 眼鏡をはずしてみる世界は

沢山の魔法少女が集まった会議。

そこで行われたのはたった3人の魔法少女へ対抗するための情報交換でした。
集まったのは様々な目的を持った100人に近くなる程多くの魔法少女たち。
私たち見滝原の魔法少女も参加して、多くのことを知ることができました。

一番驚いたのはピリカさんもあの人たちの仲間である事でした。

実は情報交換が行われた中でもピリカさんの強さはカレンさん達同様かそれ以上という曖昧な話で終わりました。

10人近く集まってかつそれぞれの得意分野を織り混ぜてやっと追い込む程度の強さを誇る3人の強さはどこにあるのか。

神浜の魔法少女に関しては調整という神浜の外からきた魔法少女とは違った強くなる方法をとっているにもかかわらず、彼女達は調整という行為を受けていなくてもそれ以上の強さを持っています。

そんな別次元の彼女達のうちの1人を追いやったななかさんたちの情報をもとに会議では翌日の学校終わり、つまりは夕方に拠点と思われる3カ所に総攻撃を仕掛けることとなりました。

私たちには学校生活がある中、敵となる3人はいつでも行動できるという差ができてしまうことはみんなが理解していました。

それでも私達は人として生きる道を外れないよう行動することに決めました。

一部のグループはこの指針に賛同せず、みんなの邪魔をしない程度に独自の行動をとることとなりました。

私達はもちろん人としての生活を優先するために見滝原へ戻ることになり、戦いには参加することはできません。

何故なら、鹿目さんと美樹さんはワルプルギスの夜を倒したあの日からご両親に厳しい門限を設けられてしまっているからです。

この考えによって私たちの中でも意見のすれ違いが起こり始めます

「日継カレンたちだっけか。あいつらの目的を聞いていると悪くはないが一般人へ害を出したり黒いオーラの魔法少女の元凶かも知れねぇってのはわかる。
だがあの悠長な作戦実施時間はなんだ。
マギウスの時もそうだったが、学校なんて行ってる場合かよ」

「杏子の言うこともわかるけど、あたしらにとっては家族も学校生活も大事なんだよ」

「それにやちよさんは言っていたわ。自由行動するのは構わないけど、数人で勝てる相手ではないってことは理解しなさいって」

「んなことわかってるさ。まあ今回は収穫があったしよしとするよ」

そう言うと佐倉さんは駅へ向かわず風見野の方へ歩いて行ってしまいました。

美樹さんは佐倉さんへ何か伝えることがあるらしく、佐倉さんを追いかけていきました。

私と鹿目さん、巴さんはそのまま電車で見滝原へ戻りました。

見滝原についた頃には夕方となっていて、帰路についている最中で鹿目さんがいきなり立ち止まってしまいました。

「どうしたの、鹿目さん」

「えっと、ピリカさんたちのことをずっと考えてて。
魔法少女を助けたいって考えてくれているのに、どうして人も助けようって考えてくれなかったのかなって。
本当に争わずに話し合いだけで済ませられないのかな」

鹿目さんの優しさは底なしです。

いつもみんなが楽しく、幸せになることを願ってしまう方なのです。

そんな鹿目さんにとって、今回の件はとても辛いことなのかもしれません。

「あの状況では言い出しにくかったわよね。みんな普通に話していたけど、中には殺意を持っている子たちもいたわ。

マギウスの時もそうだったけど、事態が治ればいくらでも話し合えるはずよ」

「そう、ですよね」

「私達は参加できないわけだし、私達は他の子たちの報告を待ちましょう」

巴さんの話を聞いて少し笑顔を見せた鹿目さんでしたが、どこか納得していない表情が隠れている気がしました。

ふと一瞬強い風が吹きました。

すると鹿目さんは近くにおらず、目の前には気絶した鹿目さんを抱える魔法少女がいました。

「鹿目さん!」

「慈悲深い魔法少女 鹿目まどかを少し借りて行くよ」

「待ちなさい!」

私は魔法少女に変身して時間停止を行いましたが、驚くことに目の前の魔法少女は平気に動いていました。

どうして

「時間をとめるなんてこと、本当にできる魔法少女がいたんだな。世界は広いねぇ」

片側にだけお下げがあり、手袋部分にオレンジ色のソウルジェムと思われる宝石がついている魔法少女。

まさか、日継カレンさんなのですか。

「鹿目さんをどうする気ですか」

この子が背負っている未知数の因果律が自動浄化システムを広げることに必要でね、協力してもらうんだよ」

「それなら話し合いで済むはずです」

「本当か?なら、ヒトとして生きる事を止めろ言っても協力してくれるのかな?」

そう言ってカレンさんは神浜の方へ素早く移動を開始しました。

「待って!」

時間停止の影響を受けない理由がわからない。巴さんのようにリボンで繋がっていなければ。

繋がり?

私は会議で出てきた話題を思い出しました。

“黒いオーラの魔法少女となった私たちに共通しているのは、日継カレンと会っている事だ”

“あいつと繋がりがある奴らがなっているんだから元凶は日継カレンだよ”

日継カレンと会った時点で何か繋げられてしまっている?

だとすると日継カレンを経由して巴さんも動けるはず。

なのにあの場から時間は止まったまま。

わからない。あの人はどんな方法で時間停止の影響を受けていないの?

そう考えながら日継カレンを追いかけていると横から炎の剣でいきなり斬りつけられました。

咄嗟に盾でガードしましたが、地面に叩きつけられてしまい、時間停止も中断されてしまいました。

また落ちた場所も悪く、一般人が多くいる道でした。

周りの人たちはいきなり地面に叩きつけられた私と、炎の剣を握りながら私の方へ迫ってくる魔法少女を見て騒ぎになっていました。

「おいあの子空から落ちて来なかったか?」

「炎の剣?!ドラマの撮影か?随分とリアルだな」

一般人に見られながらも目の前にいたのは、ピリカさんでした。

私は改めて時間停止を使いましたが、ピリカさんも時間停止の影響を受けていませんでした。

「何で、なんで貴女も立ちはだかるんですか!どうして人へ危害を加えようとするのですか!」

私はピリカさんを振り切ろうとしますが、炎の剣で軽くあしらわれてしまい、カレンが向かった方向へ進ませてくれません。

「魔法少女が人間社会に溶け込めると考えているなら、それは間違いです。

ヒトは時間に縛られ、他人の欲を満たすために、金に支配されながらシステムのように生きて行くこととなります。

しかし私たちは穢れを解消しなければいけない。

そんな事情も知らずにヒトは私たちを縛り付けて無意識に魔女となる事を強要してくるでしょう。

そんな社会を生み出すヒトは、魔法少女にとっては害でしかないのですよ」

「そんな主張、勝手ですよ!

魔法少女だって人と一緒に生きて行くことはできます。社会人になっても、学校生活のように両立ができるはずです」

「私たちにとってはその主張も勝手なのですよ。今の人間社会が、まともだと言えるのですか」

時間停止できる限界が来ても私はその場から一歩も進めずにいました。

そして時間停止が解除されても、一般人に見られていようともピリカさんは炎の剣を私に振ってきました。

私は林に逃げ込もうとしますがピリカさんは私を一般人の方へ押し戻し、そのふるう剣は一般人も斬り付けていました。

一般人に被害が出ていることよりも、魔法少女として戦っている姿を一般人に見られていることが私には一番のストレスとなっていました。

何で一般人に見られているだけで苦痛となっているんだろう。

わたしはその場に膝をついてしまい、今までのように振る舞うことができていませんでした。

貴女の大事な人を守りたいという考えは人目につくというだけで諦めてしまうことなのですか」

周りの人は警察を呼んだり面白そうにスマホで写真を撮っていました。きっとSNSで拡散されるのでしょう。

わたしは今、魔法少女が人間社会で生き辛い縮図を体感しているのかもしれません。

「その程度の覚悟で大切な人は守れないですよ。守りたいのであれば、まずはその価値観から見直す事をお勧めしますよ」

そう言ってピリカさんはカレンとは違った方向へ姿を消しました。

わたしはこの一瞬で人として大事なものが既に失われている気がしました。

きっと学校へ行ったところで苦痛になるであろうことは目に見えていました。

ならばもう、躊躇する必要もない。

私は、鹿目さんを助けるために手段を選ばない!

一度家に戻って爆弾以外に銃器を揃えることにしました。時間停止が通用しない以上、銃器で応戦するしかありません。

とはいえ周辺の反社会的組織から調達できる銃器は底をついていて、近くの軍事基地に手を出すしかありませんでした。

しかしもう、迷う必要はありません。

夜のうちに軍事施設へ入り込み、扱いやすいサブマシンガンやハンドガンを調達してそのまま神浜へ向かいました。

夜明けごろに神浜へ到着し、私は会議の中で報告されていた一カ所のアジトと思われる場所へ向かいました。

そこへ近づくとピリカさんとシオリさんが出てきました。

「ピリカにかまかけられるなんて、あんた何怒らせるようなことしたんだ?」

「私も理解に苦しんでいるところです」

そう言いながら私は彼女たちへ銃口を向けました。

「鹿目さんはどこですか」

「自動浄化システムが世界に広がるまでは教えられないね」

「ならば、力ずくで教えてもらいます」

私は時間停止を使ったうえでピリカさん達へ弾丸を放ちます。

思っていた通り2人は時間停止の影響を受けていませんでしたが、飛び道具はその場で時が止まるので2人は手に持つ武器のみで応戦してきました。

2対1という不利な状況で勝つためには敵の攻撃を避けながら時間停止を解除した際に大打撃を与えること。

しかしそんなことはお見通しと言わんばかりに2人は弾丸の進行方向とは逆側に、爆弾が起爆する地点とは逆側に私を追い込みます。

攻撃は6割ほど受ける状態となり、その過程で眼鏡が割れて視界不良の状態に陥ります。

地面へ叩きつけられた際に時間停止が解除されてしまい、アジトと思われる建物方向は爆弾等の爆発が起こりましたが電気のシールドが貼られていて無傷の状態でした。

私は地面へ叩きつけられたと同時にシオリさんの攻撃の影響か体が動かなくなっていました。

「時間停止に頼った戦い方だから敵わないんだよ。
まあ実銃を使うスタイルは面白いと思うよ」

シオリさんが私に手を出そうとした時、何かが私に絡まり付き、ものすごい勢いで後ろ側に引き寄せられました。

視界がぼやけていてはっきりとはしませんでしたが、赤い服とポニーテールという見た目から佐倉さんであることがわかりました。

私は少し離れたビルの上で下され、佐倉さんは私の目の前に立ちました。

「考えなしに突っ込むとからしくないぞ、ほむら。
眼鏡、壊れたのか」

視界がぼやけたままでは何もできないので、私は試しに魔力で視力を矯正できるか試してみました。

すると、思ったよりも簡単に眼鏡をつけていたときくらいの視力にすることができました。

「ふーん、そんなことできたのか」

そう言うと佐倉さんはブラックな板チョコを包み紙を一部破った状態で私に差し出してきました。

「ほら、これ食ってちょっと冷静になりな」

私はビターなチョコを食べた後、ここに来るまでの出来事を佐倉さんに話しました。

「そうかい、あいつらは人前でも平気に魔法を使うほどやばいやつだってことはわかったよ。

強さもばかにならねぇのに戦えるフィールドを選ばねぇってのも厄介だな」

「私だけでは敵わないってわかったから、あとは巴さん達が来るまで情報集めをしようと思います」

それならこの街の中央区にやたらと魔法少女の反応が多かったからそこへ見にいったほうがいいかもな。

あそこでヤバいことが起こりそうだぞ」

中央区はシオリさんの目撃情報が多かった場所です。

もし昼間に彼女達とぶつかってしまったら、きっと中央区は阿鼻叫喚な光景となるでしょう。

わたしは鹿目さんの居場所の手がかりがないか探るために、神浜の中央区へと向かいました。

 

3-5:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-7

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-5 塗りつぶされないその心に従って

音が届かない、夕日もほとんど差し込まない路地裏には4人の魔法少女と1人のヒトがいました。

「そこの倒れているのはチヒロじゃないか。かこ、これはどういうことヨ」

「ちひろさん、路地裏でこのヒト達に暴行を受けていたんですよ。蒼海幤に恨みを持っていて一方的に殴りかかってましたよ」

誰がどんな顔をしていたのか判断ができないほど肉塊が広がるだけの酷い光景でした。

これを、貴女がやったというのですか。

「どういうことですか、ヒトに手を下すなど、貴女らしくありませんよ」

「かこちゃん!何があったのか教えてよ!」

「私はもうななかさんたちの元へ戻れません。どうしてもというなら、もっと奥で話しましょう」

ちひろさんを血溜まりから離れた場所へ寝かせた後、私たちはかこさんの後を追って路地裏の奥へと進んで行きました。

「どうしてついてくるんですか」

「私達は貴女の仲間です。当然のことですよ。

まずは何があったのか話していただけますか」

「話したところで面白い話ではないですよ。ヒトと魔法少女は決してともに暮らせないと、そしてヒトは呪いの源、害だと気付いてしまったんですよ」

私は何か言い出そうとしたあきらさんを止め、かこさんの話を聞き続けます。

「お父さんとお母さんに見られちゃったんですよ、心臓に穴が開いても平気でいられる魔法少女の体を。

そして使い魔を倒して帰ったら、いつも名前で呼んでくれていた2人が私の事を人ではない、普通じゃないとしか言わなくなって。

それで私の前に私がもう1人現れたんですけど、うるさいから切っちゃったんですよ。

そして真っ暗な中を進んで扉があったので開いたら、目の前にはヒトだった肉があるだけでした。

それからたくさんのヒトを見て、呪いの源を断って、断って、断って。

そうしていると、もうヒトなんて救う必要ないんだって」

語るかこさんの目はももこさん達のように光のない目になっていました。

いえ、それよりももっと目の奥に闇が見えました。

そしてその顔は不気味な笑みを浮かべていて、なぜか涙を流していました。

ソウルジェムは、黒く濁るだけでなく七色が見え隠れしていました。

“あたしはあんたの反対側にいるんだよ。

でもね・・・いずれこっちに来る”

予言だったというのですか、貴女が私の中に幻影として現れたのは。

“あんたの反対側にいるんだ いずれこっちに“

私は魔法少女姿となって抜刀し、刃をかこさんへ向けます。

「ななか?!」

「かこさん、あなたを反対側に、“あちら側”に行かせるわけにはいきません!
必ず呼び戻します」

「ななか」

「あきらさん、美雨さん。今すぐここから立ち去ってください。これは私のケジメの問題です」

そう言ったにもかかわらず、あきらさんと美雨さんは魔法少女姿となり、私の横に並びました。

「何をしているのですか。生きて帰れる保証はないですよ!」

「何言ってるんだななか。ボクたちは仲間のためにここにいるんだよ。それに、人数がいれば止められる可能性だってあるんだから
それに、今のかこちゃんの姿をみんなに見せるわけにはいかないでしょ」

「ワタシは仲間を見捨てない。残るのは当然ネ」

2人ともに3対1という状況ができるにもかかわらず覚悟を決めたような顔をしています。

なぜでしょう、わたしも今のかこさんを前にして優位に立てると確信することができません。

戦わずとも既に知っていますが、“あちら側”のまま放っておくわけにはいきません。

「暖簾の先に進む覚悟がお有りなら、ひたすら付き合ってもらいますよ」

「当然!」

「わたしの前から消えてって言ってるのに!」

かこさんも魔法少女姿となり、いつもとは違った殺意の勢いで襲いかかってきました。

長柄の武器は突きよりもなぎ払う行動が多く、こちらが繰り出す攻撃は受け止めるよりも受け流してカウンターを取ろうとする動きが目立ちました。

そう、この行動原理は美雨さんのもの。

あきらさんと美雨さんの間髪ない攻撃の中、わずかに生じる隙を見逃さない回避経路を的確に見抜いています。

これはあきらさんの固有能力の応用。

かこさんは2人に構わずわたしにばかり積極的に攻撃を仕掛けてきます。

あきらさんと美雨さんがカバーに入ってくださるので猛攻を耐えてはいますが、これはわたしが司令塔であることを把握しての行動でしょう。

そう、かこさんは私たちの行動を後ろから今まで観察し、置いてかれないようについて行こうとしていました。

つまり、私たちの行動原理はお見通しなのです。

しかし一緒にいた私たちも同じ条件。

そのはずなのですが。

わたしはかこさんに飛び上がりを強要させるよう一閃を加え、飛び上がったかこさんをあきらさんが回し蹴りで地面に打ち付けようとします。

どんな身体能力を持っていようとこの世界の原理、重力に逆らう行動を取れる魔法少女はそう多くはありません。

その隙が生まれる着地の瞬間を狩るのが美雨さん。

しかし、かこさんは石突きを地面に打ち付け、その場にクレーターができたかと思うと黄緑色の光線ができたクレーターを囲うように放たれました。

「やはり、容赦はないようですね」

受けるはずの重力が右手に集中するその行動によってかこさんの右手は糸が切れた人形のようにだらんとしていましたが、即座に回復して地面に突き刺さった武器をその右手で抜き取りました。

やれると思ってもやらない戦法。

それはヒトとしての行動理念に反すること、ヒトとして大事なものを失う行動。

これらに該当する戦い方は勝てる場面でも使わないことが当然でした。

ヒトデハナイ

そう吹っ切れた方が相手だと、立ち回りにくいものですね。

戦況はお互い譲らずと言った状況でした。

私たちは擦り傷程度の損害に対してかこさんは切り傷や殴打による内出血ができる度に回復魔法で元に戻ります。

ここまで戦って不思議なのは、私たちのソウルジェムがそれほど濁っていないことに対し、かこさんのソウルジェムは真っ黒のままだということ。

「まだ構うんですか」

「当たり前です。あなたをこちら側に呼び戻すまでは引きません。あなたがまともに話を聞いてくれるようにならない限り、どこまでも」

「それにそろそろドッペルを抑えるのも限界なはずだよ」

「ドッペル、ですか。

そうですね、そんなに殺されたいナラ、切りキザマreちゃえばいIんですヨ!」

かこさんの足元から周囲に赤いリボンが巻きついた鉄柵、毒々しい植物が生茂る結界が展開され、空はほのかに夕日がこぼれていた時よりも紫がかった色へと変わっていきました。

「まさかこれ、魔女の結界」

「だめ、引き返せなくなります!」

わたしはかこさんのソウルジェム目掛けて駆け寄ろうとしますが、結界の茂みからは腹部分が本、頭部分が様々な花となっているモモンガな見た目をした使い魔まで現れました。

「ちょっとこれどういうこと?!神浜じゃ魔女にならないはずだよ!」

かこさんのソウルジェムから出てきた呪いの色をしたリボンがかこさんを包み、かこさんの見た目はかつて見たことがあるドッペルに似た姿へと変わっていきます。

スカート部分は本に何本もの栞が刺さった見た目をしていて上着部分は三原色が完全に混ざり切っていないパレットのような彩りに変わっていました。

そしてかこさんの目には光がない代わりに、赤い光が揺らめいていました。

そしてソウルジェムの中から取り出したのは身の丈ほどあるオオバサミ。

「ドッペルを着込んだというのですか」

かこさんはオオバサミを持ったまま素早くあきらさんへ詰め寄り、オオバサミで真っ二つにしようとします。

「いきなりか!」

しなやかにあきらさんは避け、美雨さんが詰め寄るとオオバサミは分離して二本の大剣となって攻撃を受け止めます。

「もうなんでもありカ」

使い魔たちの数が増え始め、私たちの行動を妨害するようになっていきました。

使い魔を振り払っているとかこさんのスカートにある栞が飛び出し、私たちの体に突き刺さりました。

そしてきっと魔力を吸い出したのでしょう、色が変わってそのままかこさんの元へ戻っていきました。

私たち3人は少々意識が朦朧としてしまい、その隙を突かれてあきらさんは壁に叩きつけられてしまいました。

そしてかこさんはあきらさんのソウルジェムがある側の腕を、オオバサミで切り落としてしまいました。

「アアアアアアアッ」

「あきらさん!」

かこさんはその後いつも使っている武器を生成してあきらさんの右足に突き刺してその場から動けないようにしてしまいました。

「かこ!」

美雨さんの突き出した拳はかこさんの左腕に突き刺さり、食い込んで抜けない中使い魔たちが美雨さんの視界を遮ります。

視界が開けた頃にはかこさんはオオバサミの片方を大剣のように振り払い、美雨さんは両足を失ってしまいます。

聞くことがないと思っていた美雨さんの叫び声が響き、右腕も斬り付けられて動けない状態となりました。

かこさんはわたしに振り返り、オオバサミを閉じて鋭利な先端を向けて急速に向かってきました。

そうです、そのままくるのです。

貴方にはまだ、ソウルジェムを壊さない優しさが残っているのですから。

わたしは無抵抗のまま心臓部分をオオバサミに貫かれました。

痛みに耐えながらわたしはかこさんを掴み、グリーフシードをかこさんのソウルジェムに当てました。

薄い意識の中、伝えるべきことを伝えるために声を絞り出します。

「かこさん、聞こえますか」

「ななか、さん」

「手短に話します。
貴女のヒトを嫌いになってしまう思考は、自動浄化システムが広がった際にいずれどの魔法少女にも、訪れることです。なので、否定はしません」

「わたし、わたしは」

かこさんの手は震えていて、元の魔法少女姿に戻ったかこさんの瞳には涙がたまっていました。

「しかし、闇に呑まれて全てを否定してはいけません。いつもの貴女らしさ、大事にしてください」

「わからない、わからないですよ私らしさなんて!ヒトを助ける気がなくなった私に何ができるんですか!」

「何を、おっしゃっていますか。もう貴女は既に貴女らしさを闇の中でも見せているじゃないですか

「え?」

人嫌いならば、あの場面でちひろさんも無差別に殺していたでしょう。

しかし殺そうとしなかったことで確信したのです。まだかこさんから良心は消えていないと。

呪いが満ちた状態を途切れさせるためにはグリーフシードで呪いを取り除けば言葉を伝える間が生まれる。

うまくいって良かったです。

8割呪いを吸い取ったグリーフシードを投げ捨て、もう一つ取り出して話を続けます。

「ここからは貴女の心に従ってください。大丈夫です、私たちは信じています」

「ななかさん」

ぼやける視界には路地の片隅に立つ見慣れたシルエット。左側だけ髪を結っている魔法少女。

「あのとき巻き込んでしまったことを後悔しそうでしたが、私は正しかった。

このどうしようもない状況を、打破出来る。

だから、わたしはかこさんを!」

最後の力を振り絞ってかこさんを横に突き飛ばし、わたしの意識はそこで途切れたのです。

 

 

ただの路地裏となった場所に3つの宝石が砕ける音が響きました。

ソウルジェムがあった場所まで伸びている糸の根本を見ると、そこにはカレンさんがいました。

ななかさんたちはヒトだった姿になっていました。

わたしの頭にはある場所の映像が流れてきました。
ここは、中央区の電波塔?

「自動浄化システム、広げたいと思うならそこに来い。夏目かこ、お前の再現の力が必要だ。

協力的であることを祈っているよ」

そう言ってカレンさんは去りました。

死んじゃった。わたしのせいで、ななかさん、あきらさん、美雨さん。

わたしはこれからどうすれば。

そう思っていると、わたしの中である確信が芽生えます。

倒すべき存在は、日継カレン。

いえ、復讐すべき存在。

私の肩には、ななかさんの手があったような気がしました。

やるべきことが見えました。

わたしは、いえ、“私たち”は自動浄化システムを世界に広めた後、あの三人に復讐し、償ってもらいます。

もちろん、生きてもらいながら。

路地裏には、1人しかいないはずの魔法少女の気配が、なぜか4つあったのでした。

 

 

この日の夜になる頃には、各地で大きな動きがありました。

どれも日継カレンたちの思惑通り。

ニュースに流れたことも含めて魔法少女たちの衝撃だけには止まらず、人間社会にも大きな影響が出ていました。

神浜市にいると化け物に襲われて殺される。

もはやウワサの域を出て、ノンフィクションだという認識が広まって行くこととなったのです

わからない。

日継カレン、紗良シオリ、保別ピリカという魔法少女の情報がふーちゃんからも入ってこない

全ての魔法少女の怒りと嫌悪の矛先は3人の魔法少女に集中している。

負の感情だけが漂う神浜市ではもっと大きな災厄が訪れそうで、胸が痛くなってしまいます。

「アルちゃん、この事を記録しても意味があるのかな」

“あるんじゃないかな。何が起きたか知ってもらって、理解する。そこからじゃないかな、なにもかも”

 

3-4:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-6