【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-10 魔法少女狩り前夜

「さて、これは誰の物語なのだろうね」

「急にどうしたんですかキュゥべぇさん」

北陽区にある高い丘の上から神浜の外を見つめていると、となりへいきなりキュゥべえさんが現れました。

これまでに起きた出来事は明らかに日継カレン達を中心に動いていた。これから起こる出来事は彼女達がいない中、誰が主役となるのだろうね」

「仮に誰かの物語だとして、キュゥべえさんは最後まで見守っていてくれるんですか」

「それは無理だ。ぼくはワルプルガが契約さえしてくれればこの星から離れてしまうからね」

「まあ、予想していた答え通りでした」

「しかし思わぬ延長戦だよ。まさか環ういがワルプルガを誰にも渡さないなんて言い出すなんて。
ぼくがワルプルガへ話しかけたとき、攻撃してきたことはこれまでの環ういの行動パターンからは想像できないことだったよ」

希望の光線と穢れの塊がぶつかったあの後、日継カレンさん、紗良シオリさんが行方不明となりました。

保和ピリカさん含めて死体が残っておらず、死んでしまったという確証がない状態です。

穢れの塊が里見メディカルセンターを葬った瞬間に、神浜の魔法少女達は里見メディカルセンターにいた人たちの叫び声が頭に響いて正気を取り戻しました。
日継カレン達を倒したという喜びとヒトを無意識に殺してしまったという後悔が心の中に広がりました。

中には何とも思わない方もいたようですが、日継カレンさん達を殺したいという私念は自動浄化システムを広げるタイミングを延期させるきっかけとなったのです。

自動浄化システムを広げられない原因は、ういちゃんが凶変し、鋭い目つきでワルプルガさんを渡さないと言いはじめたからです。

ワルプルガさん自身もなぜかういちゃんを母親だと思い込んでいるようで、第三者の意見を受け入れてくれません。

力づくでういちゃんからワルプルガさんを奪おうとする魔法少女も現れはじめたため、現在神浜ではういちゃんを守る派とワルプルガを奪う派で勢力が分かれている状況です。

一難去ってまた一難

魔法少女同士の争いが落ち着かない状態が続きますが、現状は魔法少女同士で争っている場合ではないのです。

「ーーーーーーー」

「そう、ありがとう」

いろはさんの行動を偵察していた使い魔から探していた魔法少女を見つけたという知らせが入りました。

もうじき神浜での不毛な争いは終わるでしょう。

しかし、まだ戦わなければいけない相手がいるのです。

「かこちゃん、果てなしのミラーズからまた数人の侵入者が確認されたよ。また土地の主導権を奪おうとする連中で、みんな苦戦しているよ」

「わかりました。私も向かいます」

私に状況を教えてくれたのは欄さんでした。海外から逃げこんできた魔法少女グループが、再び神浜の主導権を主張しているようです。

「キュゥべぇさん、この世界の物語はヒトの数だけ存在すると考えています。

そんなこの世界に、今は魔法少女の数だけ物語が紡がれていっています。

この世界が誰の物語かと問われれば、魔法少女みんなの物語と答えましょう」

私はキュゥべぇさんの答えを聞かず、欄さんと共に丘を降りていきました。

「…日継カレン、これは君が望んだ結果なのかい?」

 

 

神浜から海を越えて大きな大陸にある暗い部屋。

ガラス張りにされている壁へ手をつけている少女へ女兵士が話しかけます。

「レディ、日の本で起きた出来事の証拠映像を押さえました。

あと、ご依頼にありました魔法少女を調査している男の確保ですが、失敗に終わりました。

しかし」

「しかし何?殺されたというの?あなた達には魔女を倒せるほどの兵装をさせたはずよ?
そんな失態をして魔法少女と戦っていけると思っているの?」

「も、申し訳ありません!」

「イザベラ、話は最後まで聞かないと」

「…悪かったわ。続けなさい」

「はい…。男と共に魔法少女について調べていた少女を確保しました」

「魔法少女ではないのよね」

「はい、確認済です」

「十分な戦果よ。焦ってしまって申し訳なかったわ。今後の活躍を期待するわ」

「ありがとうございます!」

女兵士が部屋を出た後、刀を持った少女がイザベラと呼ばれる少女へ話しかけました。

「他人に当たるのは良くないよイザベラ。
ヨーロッパの兵器格納庫を襲撃されてすべて使い物にならなくなったことでイラついているのはよくわかるけどね」

「わかってるわよ、悪かったわね」

イザベラは机の上に置かれたタッチパネルを操作し、女兵士が集めてきた情報を閲覧します。

その情報を一緒に見ていた刀を持った女性が話し出しました。

「なるほどね。魔法少女が魔女とならない現象、魔女とならずに寿命を持たない彼女達が牙を剥く時期は間違いなく来る確証となるでしょうね」

「これくらい予想していたじゃないのキアラ。何のために調査と実験を繰り返してきたと思っているの」

「大国を背負う人間がやるようなことではないけどね」

「これも人間存続のための大切な贄よ」

イザベラは再びガラス張りの部屋を見つめました。

「人の道を外れた化け物どもめ、あなた達の思い通りにはさせないわ。
この星の支配者は、人間様なのだから」

ガラス張りの壁のその先には、銃弾やら刃物によって肉塊にされた、宝石が割れた後の魔法少女だったものが広い部屋にたくさん広がっていたのでした。

 

4章 シネントァ リシェ イデハ アラガエヌァイ ヨクボウ テキホンンォウ

 

4-9:BACK
レコードを巻き戻す:top page

 

To be continue

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-9 その一矢に私念を込めて

このはさんに助けられて地へ足をつけた頃、目の前には葉月さんとあやめちゃんがいました。

その2人の体には、返り血が目立つように付着していました。

「その姿は」

「ヒトがいたから斬っただけだよ。かこちゃんはかなり変わったね」

「変わってない魔法少女なんて、神浜にはもういないですよ」

「かこ、あの塔の上で何があったのか説明してくれない?」

「わかりました。でも、行きたい場所があるのでそこへ向かいながら話しましょう」

私はあやめちゃん達にワルプルガが復活したこと、紗良シオリさん達の過去と彼女達が人間嫌いとなった理由について話しました。

「争いが絶えないのは過去から積もった私念が原因。ヒトは過去を尊ぶため私念からは逃れられない。だから人間社会を滅ぼす、か」

「はっきりと口では言いませんでしたが、彼女達の過去に出てきた師匠が今の彼女達を大きく突き動かしているようです」

自動浄化システムを広げた後は人間社会崩壊のための活動が待っているのね。
話を聞く限り、彼女達の仲間になる気はないけど、対立する理由もないわね」

「かこはどうするの?」

「私は彼女達を償わせるだけです。いやでも生き続けてもらい、こんな世界にしたことを償ってもらいます」

「それは、ななかを殺されたからこその覚悟?」

「私はななかさん達が死んでしまう原因を作ってしまった。

カレンさん達を償わせることが、私の償いでもあるんです」

「そう…」

私たちが向かった場所は、ももこさん達が塔の上から落下した場所でした。

3人は魔法少女であることが幸いしたのか体の形は保たれていましたが、体内の血が全て飛び出てしまったくらいの量の血が周囲に飛び散っていました。

「酷い有り様ね」

「3人ともにソウルジェムは無事のようですが、助けても心身ともに長くは保たなさそうです」

「魔力反応が極端に薄い。それに、体とのリンクも不安定になっている感じがする。

ももこさん、あんたをそうさせるほどのものはなんだったんだ」

葉月さんがももこさんへそう囁くと、ももこさんの指がピクッと動きました。

私は驚きました。もう目を開かないと思っていたので。

私が少しだけ回復魔法を使用すると、ももこさんは半目だけ開けた状態で葉月さんを見ました。

「よう、こんなザマのあたしに何の様だ」

「…さっき話したこと、聞いてたかい?」

ももこさんは苦しそうに一呼吸置いて話し始めました。

私は少しでも長く会話できるよう、ささやかな回復をももこさんへ行いました。

「あたしが黒いオーラを纏って暴れてる時にさ、初恋のアイツをぶっ殺しちまったんだよ。あの時はヒトとしての考えが残っていたのか、深く後悔したよ。

あれが最初に、あいつらをぶっ倒そうと思ったキッカケだった。

でもその次に調整屋の調子を狂わせにきたと聞いて、あたしはヒトよりもあいつらを殺さないといけないって思ったのさ

その後何度挑んでも勝てない。

でももう引けなかったんだよ。時々見に行った調整屋の様子を見るたびに殺意を抑えられなくなっていた。

もうあいつらを殺す以外、元に戻る方法が思いつかなくなっていた。

それで、今に至るのさ」

中央塔の近くで大きな爆発音が聞こえてきました。

歩いている途中でも聞こえていたので、中央塔付近でカレンさん達が戦い続けているのでしょう。

「ねえ、まだ殺すために戦いたいの?」

あやめちゃんがももこさんへそう尋ねました。

「疲れたよ。お願いだから、放っておいてくれ」

私は回復の手を止め、立ち上がりました。

「では、失礼します」

私がその場を去ると、何も言わずにこのはさんたちも私の後をついて来ました。

「かこ、これからどうするの?」

「カレンさん達の様子を見守ります。

殺されることはないと思いますが、殺されそうになった時は加勢します」

「仇を守るって、変わっているね」

「死ぬよりも生きるほうが辛いからこそですよ」

・・・!

いきなり頭が割れるように痛くなり、負の感情が増大していきました。

そしてソウルジェムが急激に濁ってドッペルが発動しそうになりました。

私はドッペルが発動する前に身に纏って意識を保ちましたが、あやめちゃん達はドッペルを出してその場で頭を抱えたままでした

ドッペルは中央塔を向いたまま動かず、ドッペルから伸びる穢れの煙が周囲からどんどん中央区へ集まっていました。

一体何が起こったの?

何かの力で穢れを増大させられながら中央塔付近へ来ると、穢れの集結先はいろはさん、まどかさん、そして黒い羽を広げたほむらさんへ集まっていました。

頭が痛む中、私はカレンさんへ話しかけました。

「これはどういうことですか!」

「おっと、シオリのドッペルが放つ洗脳波形を受けても正気でいられるとは思わなかったよ」

「洗脳波形?これ以上何をしようと」

「人間性からの卒業をさせるのさ。

夏目かこ、あんたは既に卒業しているから見逃してあげるよ」

カチャリと音が左から聞こえたので振り向くと、いろはさんとまどかさんが合体させた大きな弓をこちらに向けていました。

「いろはさん、まどかさん!武器をおろしてください!」

「聞かないさ。彼女達には暁美ほむらの外界からもたらされた力を通して私念に支配されている」

「洗脳で私念を呼び起こしているとでもいうのですか」

「みんなまだまだ魔法少女とヒトの中間にいるような状態だ。私念があれば怒り、悲しみ、憎しみの感情が嫌でも溢れ出てくる。

ちょっと脳みそいじって煽っただけでこれだけシオリ達に殺意が向くくらいだ。

私念を根こそぎ潰さないとねぇ!」

シオリさんの周りに砂鉄が漂い始め、大量の砂鉄が上空に飛び上がったかと思うと一本の棒状になって塔へ一閃を放ちます。

塔の一番上部分が落ちて来て、シオリさんの頭の上すぐのところで浮遊し始めました。

円錐形の部品はゆっくりと回転を始め、回転が加速するほど電気を帯びていきました。

その反対側にいるまどかさん達は弓矢へ負の感情を集めるようにチャージをはじめていました。

カレンさんは電波塔の方を振り向き、塔の後ろ側へ走って移動しました。

移動した先には穢れが溢れ出て動けない魔法少女が数人いました。

そんな魔法少女達へカレンさんは糸を放ち、絡め取るとまどかさん達の斜線上から離すように放り投げていきました。

射線上に他の魔法少女がいないことを確認すると、カレンさんがテレパシーで私に語りかけて来ました。

この時、私は既に頭痛から解放されていたことを知りました。

[ここから離れろ。お前も巻き込まれるぞ]

[死のうとしているあなた達を放っておくわけないじゃないですか!
お二人こそそこから離れてください]

[ここまでの段取りでわかるだろう?人間性からの卒業、私念の排除には憎き私たちを殺した悦びと共に後悔の意識を知らしめる必要がある。

喜びと同時に後悔の思いが襲った時、はじめて私念を捨てる選択肢が生まれる]

[そんな不確定な方法のために、死ぬ必要は]

[私たちが死ななければ彼女達はこれから戦うべき存在に集中できない。これは必要なことだ]

[でも、それでも!]

シオリさんが操る電柱は電気エネルギーが高速で回転し、魔力ではないレーザーを形成しようとしていました。

対面のまどかさん達にはほむらさんが加わり、禍々しい弓矢には紫色の翼が大きく広がりました。

「実験は成功だ。疑似的に一つの思念体となったこの事例は貴重!

私念の塊となったあんたたちにはわかるだろう?!」

双方のエネルギー量は凄まじく、周囲には音を消し去りそうな暴風が発生していました。

立ち続けることは可能な程度ですが、油断すると倒れてしまいそうです。

「憎いだろう、殺したいだろう!

さああんた達、私念を吐き捨てて見せな!

だが、その先には後悔があることを知るが良いさ!

その矢を射るのは洗脳されたからじゃない。統合私念によって露わになった、ヒトが誕生から抗えない本能の叫びだ!」

洗脳が解かれているはずなのに穢れが晴れる様子はありません。

そんな中でシオリさんは死ぬかもしれないのに、笑っていました。

[夏目かこ、離れろ!]

[離れません!]

私はカレンさんを連れ去るために手を伸ばしますが、手が届く前に糸で絡め取られてしまいました。

[私たちの分も、魔法少女達を見守ってくれよ]

その言葉を聞いた頃、私は遠くまで飛ばされていました。

「ダメェェエエエエエエエ!!」

カレンさん達がいた左右には糸の壁が張られ、まどかさん達の矢とシオリさんのレーザー砲が同時に放たれました

 

 

 

「うい、起きて、うい!」

私は聞いたことがある声に反応して目を開けました。

目の前には灯花ちゃんとねむちゃんが見下ろしていました。

「よかった、目を覚ました!」

体を起こそうとすると何かが乗っかっている感じがしてお腹の部分を見ると白いローブを着た女の子が寝ていました。

「聖女ワルプルガを奪おうという行いには驚いたよ。自動浄化システムを広げる鍵を手に入れたことは功績だけど、ういらしくない無茶だったね」

あの混乱した中で、私は何故かワルプルガさんを手に入れないといけないと考えていたのです

何故かは、私にも分かりません。

「うん、わたしもあんな無茶ができちゃったことに驚いてる」

「まあ、ういが無事でよかったよ。何か撃ち込まれた時が一番びっくりしたんだから」

「うん、心配させちゃってごめんね」

話していると電波塔あたりから沢山の穢れが感じられました。

「なに、あれ」

しばらくしないうちに私達には頭に激痛が走り、穢れが溢れて来ました。

「だめ、意識が保てない」

私は再び気を失ってしまいました。

どれほど時間が経ったか分からない頃、誰かに服を引っ張られる感触がしたことで意識を取り戻しました。

目を開けると正座をしたワルプルガさんが目を開けてこちらを見ていました。

「ワルプルガ、さん?」

「お母さん、起きたの?」

え、もしかして私に言っているの?

試しに私に指を差しって問いかけてみました。

「私が?」

ワルプルガさんはペコリとうなづきました。

どうしよう、とても大変な誤解をされている。

灯花ちゃんとねむちゃんに意見を求めようと周りを見ると2人はドッペルを出し、穢れが溢れたまま動いていませんでした。

「2人とも、どうしちゃったの」

ゴォオン!!

いきなり中央塔あたりから轟音と共に太陽くらいに明るい光が溢れて来ました。

塔から放たれた眩しい光は穢れが固められたような塊を押し返そうとしていましたが、穢れの塊から翼が生えて不気味な笑い声が響きました。

穢れの塊は眩しい光線をどんどん飲み込んでいき、ついに中央塔を貫きました。

穢れの塊は矢の形を保ったまま直進していき、ある場所に直撃すると大きな爆発を引き起こしました。

そのある場所というのは、私達には馴染み深い里見メディカルセンターでした。

神浜の人たちが魔法少女に殺されている中、里見メディカルセンターは唯一残された避難所として多くの人が避難していました。

そこへ穢れの塊が直撃したのです。

私には漂っていた穢れにのって里見メディカルセンターにいた人たちの悲鳴が聞こえて来ました。

みんなを守っていた兵士さんからお医者さん、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、多くの人たちが穢れに飲まれて骨まで溶かされていく様子が頭の中に投影されました。

私はその光景を見ていると胸の辺りで何かが弾けた感覚を覚えた後、出したこともない大きな叫び声をあげて再び意識が途切れたのです

 

 

 

4-8:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-10

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-8 良い人って、なんだろう

私は日継カレンさん達に捕まってから生まれ変わったように、別人のように考え方が変わってしまった。

ヒトは守るほどの存在じゃない

むしろ殺してしまった方が良い

そんな考えに至らせたものは、眠っている間にあったかもしれない未来を見せられ続けたから。

 

お父さんとお母さん

 

海外出張に出ている2人は、出張先で楽しいことばかりではなく悩んだり、苦しいことを経験する。

その原因はいつだってヒト。

お父さんやお母さん自身も「仕事のため」と言って他のヒトを悲しませている。2人にそんな気がなくても、結果は悲しませている。

それは人間社会で“しょうがないこと”として容認されてる。

ヒトを傷つけてはいけないと、小学校の道徳の時間にそう教わった覚えがある。

この矛盾はなんなのだろう?

お父さんもお母さんも、他人の「その気がない」行為で心が傷ついている。

人間社会って、他人を傷つけないと維持できないものだったのかな?

わたしは、お父さんとお母さんがその気がない非道を行った先にいるヒトたちの末路を目にして、涙した。

 

学校の友達

 

転校前もその後も、表面上の友達はいた。

でも、いつも一緒にいたいと思える友達なんていなかった。

わたしの知らない話で盛り上がっていて、ついていけないっていうのもあったけど、わたし自身、仲良くなろうって思う気がなかったのかもしれない。

魔法少女の子達とは積極的に接しようと思えるのに、この差はなんなのだろう。

いじめや先生との意見の食い違い、そんな場面はたくさん見てきたけれども、そのどれもが魔女の仕業ではなく、そのヒト達自身が原因で生まれた負の感情だった。

悪意は魔女がいるから芽生えるものではない、ヒトが生み出していたんだ。

どうしてヒトは、負の感情を生み出して、他人へぶつけてしまうのだろう。

負の感情を他人へぶつけて楽しむ学校の子達を見続けて、わたしは胸が苦しくなった。

 

ういについて

 

ういは自分が死んでしまうかもしれない状況でも、諦めずに笑顔で生きてきた。

生きる未来を手に入れたういは中学校に上がると、いじめられている子を目にして止めに入るんだけど、逆に標的にされていじめられる未来を見た。

どうしていじめをするの?

大抵の理由はなく、行き場のない負の感情をぶつけて、優越感に浸るのが目的だった。

そんないじめっ子も説得させようとするうい。

見かねた先生がいじめっ子へ注意していじめがなくなったとしても、ういといじめっ子の溝が埋まることはなかった。

どうしたらみんなと仲良くできるのか、そんなことを考えてしまうういが陰で泣いている未来を見て、わたしも泣きそうになった。

そしてういが大人の世界に入った時、他人を傷つけなければ生きていけない世の中を目にして毎日悩むういの姿があった。

わたしが間違いなの?みんなが幸せにならないのが普通なの?

大人にういは「考えが甘い」と言われ続けた。

次第にういの目から光は消えていった。

ういはそんな未来に生きて幸せ?

私はういが大人に近づくに連れて傷つけられていく未来を見て、ヒトが嫌いになった。

「いいヒトだっているかもしれないよ?」

そんな言葉が頭に過った。

いいヒトって、誰だろう?

人間社会でのいいヒトは思いつくけど、みんなを幸せにできるいいヒトなんて思いつかなかった。

じゃあ、もういいよね?

ういを傷つけるヒトという存在は、いなくてもいいよね?

 

 

ういを追いかけようと思ったけど、タイミングを失ってそのまま降りちゃった。

灯花ちゃんとねむちゃんが向かったし、無事だと思うけど。

「いろは!」

後ろを振り向くとやちよさん達がいましたが、すぐに近くには寄って来ませんでした。

「私たちのことがわかる?いろは」

「はい、わかります。ご心配おかけしました」

「よかったよぉいろはちゃん!ちゃんと正気に戻ったんだね!」

そう言って鶴乃ちゃんが私に抱きついてきました。

「正気かは謎だけど、もう無闇に暴れたりしないよ」

「それで、あいつらはどうしたんだよ」

「カレンさんは」

「やっと降りてきたわね日継カレン!」

怒鳴り声に驚いて後ろの方を向くと電波塔を背にして立っているカレンさんとシオリさんの姿がありました。

あとは見覚えのない魔法少女の姿が。怒鳴ったのは大きな棍棒を持った魔法少女でした。

「どうした、二木市と三重崎の魔法少女。まだやるべきことは終わっていないぞ」

ワルプルガという少女を神浜の魔法少女が奪って行ったというのは既に知っているのよ。

あとは自動浄化システムが世界に広がるよう願わせればあなた達の役目も終わりでしょう?

ならば、ここで処しても変わらないわよね!」

棍棒を振り下ろしながら口調を強めに魔法少女は話した。

カレンさんは服についた埃を払いながら気だるそうに答えた。

「フライング気味だよ、紅晴結菜。

種は確かに飛んだ。でも花を開くまでの水と肥料が私たちなしでは間違いなく粗悪品で終わり、結果は悲惨となるだろう。

ここで私たちになり変われるほどの思考があるっていうなら、かかってきても構わないさ」

「うるせぇ!さっさとくたばれ!」

そう言って銃を持った魔法少女3人がカレンさん目掛けて発砲しました。

「長女さんさ、樹里さまも我慢できねぇんだわ。

ヤッていいか?」

「…許可するわ」

「待ってました!」

そう言ってカレンさんには火炎放射も降りかかりました。

悲惨な状況の中、炎と銃弾の雨の中から鉄塊がいくつか飛び出してきて、銃を持っている魔法少女と火炎放射器を持っている魔法少女の右腕に直撃しました。

カレンさん達に降り掛かる攻撃は止み、無傷のカレンさん達がその場にいました。

「私念たっぷりだねぇ。そんなんじゃ、極上なタネも腐っちゃうよ」

「この前のようにはいかないぞ!」

そう言って二木市の魔法少女と思われる集団がシオリさんへ襲いかかりました。

「したっけ倒せるかい!」

シオリさんは周囲に電気を走らせ、地面に足をつけた魔法少女は痺れていました。しかし足を止めることはなく、そのまま刃物を手にして前へ進みました。

「ふっ、感覚が鈍くなったからむしろ戦いやすいまであるね」

シオリさんは背中の帯を操り、襲いかかる魔法少女に応戦していました。

帯はしなやかに動きながらも先端は鋭利な刃物のようであり、ソウルジェムがある場所以外は容赦なく叩き、突き刺していきました。

カレンさんの方を向くと既に戦っているようであり、その相手は五十鈴れんさんでした。

「悪意の根源を絶てる。それは五十鈴れんにとって望ましいことではないのか?」

「あなた達は梨花ちゃんを悲しませた。だから私は、戦います…!

れんさんがカレンさんから離れると、後ろからビーム光線と薬品が飛んできてカレンさんは爆発に包まれました。

カレンさんの周囲は繭のように包まれていて花が開くように繭が消えていきました。

「察しが良いあなたならば理解できるはずだ。これは無意味な争いであると」

「そうだな。でも確認しなければいけないことがある」

ひなのさんの周りには梨花さん、れんさん、エミリーさんだけではなく令さんもいました。

「どうしてお前達はヒトの殲滅にこだわるんだ。中には良いヒトもいるかもしれないじゃないか。

そんな奴らも殺してしまうのか?」

シオリさんの方から飛んできた銃弾を扇で弾いたカレンさんが話し始めます。

「良いヒトとは、誰にとっての良いヒトなんだ?

ヒトか?お前にとってか?それとも魔法少女にとってか?

あるヒトにとっては良いヒトかもしれないが、第三者にとっては害を成す存在となっている場合がある。

その基準は誰の基準なのだろうな」

「お前にとって良いヒトはいなかったのか」

「1人だけいた。私たちにとっては師匠のような存在で、師匠は私にとって最初で最後の良いヒトであった。

そして師匠は一般人からは悪人として扱われていた。

まだ納得できないことはあるか?」

「そうか。価値観の違いは誰しも起こりうるものだろう。

だが価値観の違いは魔法少女同士でも存在する。それでもヒトよりも良い世界を作れると本気で思っているのか」

「できるさ。少なくともヒトよりまともなね」

ひなのさんとカレンさんの会話を聞いていると後ろからフェリシアちゃんにつつかれました。

「なあいろは、オレ達参加しなくて良いのかよ。あいつらに酷いことされたんだろ?

ぶっ飛ばさねーのかよ」

「確かに酷いことはたくさんされた。でも戦う理由が見つからなくなっちゃったの」

「なんだよそれ」

「そういえば、ういちゃんはどうしたんですか?」

「ういはワルプルガさんを捕まえて、今は灯花ちゃん、ねむちゃんと一緒にいるよ」

「ワルプルガ、その子が彼女たちの言っていた自動浄化システムを世界に広げる鍵なのね。

それならば、今までやられたことの仕返し以外に戦う理由はないわね」

「やちよも戦わないって意見なの?」

やちよさんが周囲を見渡し始めたので私も周りを見てみると、神浜の魔法少女達がカレンさん達を囲うように集まってきていました。

「みんな、カレンさん達を恨んでいるんだ。ヒト嫌いにさせられて、大切なヒトを殺してしまった元凶だから」

「彼女達を擁護する気はないわ。神浜の子達が危ない状態になったら私は動くわ。

あなた達が戦いたいのであれば止めはしないわ」

冷静になればなるほど、私たちにはカレンさん達と戦う理由はすでになくなっていた。

神浜のヒトへ酷いことをしたから

今までの私たちであればそんな理由で戦っていたのかもしれない。

でも今の私たちは、守るべきものがヒトではなくなってしまっている。

自動浄化システムを広げる手筈をとってくれたカレンさん達を倒さないといけない理由はどこにもない。

それでもカレンさん達へ襲いかかる魔法少女がいる。

そんなみんなは、ボロボロになって倒れたり、膝をついたりしていた。

「どうした、軽く30人は同時に襲いかかってきたはずだ。

それでもシオリ達を倒せないなんて、まだまだ戦い方の鍛錬が足りないんじゃないの?」

シオリさんの言葉に応える魔法少女はいなかった。

まあそんな中途半端な覚悟じゃ今後もやっていくの難しそうだし、

卒業式を行おうか。ヒトからの卒業式をさ」

 

 

4-7:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-9

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-7 イレギュラーリジェネイト

「下でいくら騒ごうが、ここへ至る術は見出せないようだね。
ま、シオリ達の立場でもお手上げな状態だから仕方がないよね」

塔の麓の騒ぎはどんどん静かになりつつある。

しかし同時に気になっているのはピリカが魔力の使いすぎによる疲れを覚え始めているからだ。

本来であれば何度も魔女化するほどの魔力を無制限に使用しているのだから無理もない。

ワルプルガの復活は近いが、その前にやっておくことが残っている。

「夏目かこ、お前が2人の過去を覗き見たことを許したわけではない。潔いなら前へ出ろ、争うなら武器を構えろ。

さあ、アクションを起こせ!」

「どうしてもあなた達から手を出そうとはしないのですね。お二人の過去を見たことが気に食わないのであれば私念を込めて攻撃してきたら良いものの」

「目的なしに感情のまま力を振るうのはヒトのやることだ。

獣から進化してもなお本能から消えなかった負の遺産。

そんなものを持っているから行き違いや無意味な殺生が横行して、戦いが目的なんて世の中になるのさ」

「あなた達の人類史を終わらせるという考えは、私念からきているのではないですか?!」

「暁美ほむら、私たちがやろうとしているのはヒトを殺したいという私念が集まってできた結果ではない。

世界の魔法少女を見てきて、やらなければいけないと見出した目的だ。

今目の前で起きている出来事も手段に過ぎない。目的の結果はまだ目に見えてなどいない。

だが私念というのは今すぐ目の前で結果を得たいがために行われる愚かな行為ではないか。違うか?」

「私にはただの言葉遊びにしか聞こえないけど、あなた達はこのあと何をしようとしているの?」

「答えが知りたければ目的の軌跡を辿ればいい」

「あなた達が私念で動かないというのであれば、わたしはエゴで動かせてもらいます」

夏目かこは武器を取り出し、魔力を込めて石突きを地面へ力強くつけた。

すると周囲に強いリジェネ効果が発動し、塔上の瓦礫上にいる全ての魔法少女が動けるほど回復した。

「ういさん、行ってください!

あなたにはやりたいことがあるのでしょう!」

「は、はい!」

環ういは凧を呼び出してその場から飛び上がった。

「上空、まさかワルプルガをそのまま連れ去る気か!」

「無邪気ってのは怖いな!」

シオリがレールガンで環ういの行手を阻もうとすると、回復した見滝原組がシオリへ襲いかかってきた。

暁美ほむらに関しては不気味な黒い羽を広げていた。

わたしの前には環いろは、里見灯花、柊ねむが立ちはだかっていた。

「これ以上ピリカに負担をかけるわけには」

左側から数本の槍が飛んできた。

十咎ももこ達も回復の対象に入っていたか。

「こっちはわたしが止める」

「ピリカ!無茶だ!」

シオリの方からは爆風が伝わってきて、超電導で振動するシールドで見滝原の魔法少女の行手を阻んでいた

「飛べばいいってもんじゃないぞ」

シオリは一門のレールガンの弾丸を鉄塊からカースシードへと変えて鉄塊のレールガンと共に環ういへ放った。

環ういは先行して放たれた鉄塊の弾丸を2発避けたものの、3発目に放たれたカースシードを避けることはできなかった。

カースシードは環ういのソウルジェムには命中しなかったものの比較的近い場所へ当たり、肉体を貫通することなく体内へ止まった。

命中した際の衝撃で環ういは大きく背後にのけぞった。

「うい!」

環いろはがそう叫んだ後、環ういは器用に凧の上で踏み止まり、胸元を押さえながらワルプルガ目掛けて突撃した。

「負けるものかぁあああ!」

ワルプルガを囲う結界へぶつかる前に環ういは正面に4体の凧を呼び出して4体の凧は結界へ穴を開けるように合わさって回転し始めた。

結界には容易にヒビが広がっていき、環ういが結界へ接触して5秒後には結界が砕けた。

白衣のローブに包まれて髪も結われていないワルプルガは環ういが抱き抱え、そのまま意識がなくなったのか凧が粒子となって消えながら地面へ落下していった。

「みんな、ういの元へ連れて行って」

「うい!!」

柊ねむはウワサと共に、里見灯花は器用に傘をロケット状にして環ういの元へと急いだ。

ワルプルガが奪われたのは大事件だ。

しかし同時に起きた悲劇がわたしにとっては大きな衝撃だった。

 

 

十咎ももこ達の対応にあたったピリカは最初に秋野かえでを標的にした。

秋野かえでは魔法の力で蔦を召喚してピリカを縛り上げようとしてくる。

イペタムはピリカの拘束を許さず、蔦を薙ぎ払ってピリカは秋野かえでを斬り上げようとした。

そこへ水波レナが間へ入り、槍でピリカの攻撃を受け止めた。

ピリカがイペタムから手を離すとイペタムはそのまま水波レナと鍔迫り合いの状態となり、フリーハンドなピリカは秋野かえでの溝落ちを殴った後回し蹴りを喰らわせた。

反応できなかった秋野は武器を地面に落とし、地面を滑るように吹き飛ばされて動かなくなった。

イペタムは元々1人でに動き出す妖刀であり、必ず誰かが持っていなくてはいけないものではない。

しかし魔力または生命力を供給しなければイペタムは1人で行動できない。

今回のように少しだけ手放す場合はピリカと分かれて行動することができる。

そんな1人でに動く刀を目にして驚いた水波レナの隙をついてイペタムは鍔迫り合いをやめて柄の頭を水波レナに打ちつけた。

それは格闘家に殴られたほどの衝撃であり、水波レナは怯んだ。

そして再びピリカがイペタムを手を取り、力のこもった斬撃を繰り出した。

よろけた水波レナは槍で斬撃を防いだものの、衝撃に身を任せるかのように吹き飛ばされて瓦礫に打ち付けられて動かなくなってしまった。

「オラァ!」

十咎ももこが高く飛び上がって大剣をピリカへ振り下ろしたがピリカは受け止めることなく避けた。

「出鱈目が過ぎるぞ、あんた!」

本来の目的を見失って戦いが目的となったあなた達の行いが理解に苦しみます」

「全部、おまえたちのせいだろうがああ!」

そう言って十咎ももこは大剣をピリカへ投げた。。

しかしその大剣はピリカにあたることはなかった。ピリカはそのまま十咎ももこの動きを止めにかかる。

イペタムは剣先を十咎ももこに向けてそのまま前進し、それは十咎ももこの腹部へ深く突き刺さった。

これは丁度環ういへカースシードが撃ち込まれたタイミングと同じ

避けようとしなかった十咎ももこに驚き、ピリカは剣を引き抜こうとするが既に遅かった。

十咎ももこは力強くピリカを押さえ込み、さらにはドッペルを出してそのドッペルでもピリカを抑えた。

「構わずやれ、かえでぇ!!!」

ピリカは後ろを向き、背後に近づいてきていたのは十咎ももこが投げた大剣を地面に引きずりながら走ってくる秋野かえでの姿だった。

「ウワァアァアアア!!」

秋野かえでは大きく大剣を振り上げ、重力に任せるがままにピリカの背中を斬りつけた。

必死にピリカはもがいたが、いよいよ振りほどくことは叶わなかった。

十咎ももこの大剣は先端が出っ張っている鉈のような形をしていてそんな形状のためか秋野かえでの一撃はピリカの背中を大きく抉った。

脊髄にまでダメージが入ったであろう一撃を受けたにも関わらず、ピリカはその場で踏ん張り、突き刺さったイペタムをそのまま一回転させて十咎ももこの体を真っ二つにするように斬り上げた。

イペタムは十咎ももこの左肩を通って自由の身となった。

地面がピリカと十咎ももこの血で池が形成された状況の中、ピリカはゾンビのようにうなだれたままその場から動いていなかった秋野かえでの右手を斬り落とした。

十咎ももこは声を上げることなくドッペルが消えると同時に背中から血の池へ倒れ、秋野かえでは斬り落とされた腕を見ながら二、三歩後退りしてその場にペタリと座り込んだ。

そんな光景を見て、動けない状態だった水波レナは大きな叫び声をあげた。

この声を聞いて初めて環ういが落下していく様子に夢中となっていた各魔法少女達が悲劇の現場を目にした。

水波レナは7枚ほどの鏡を呼び出してそこから五月雨に槍がピリカへ降りかかった。

ピリカは背中と口から血を流しながらも糸で操られた人形のようにイペタムを振るって降りかかる槍を弾いていた。

1本もピリカへ槍が突き刺さらない中、水波レナはドッペルを出し、鏡から出た大きな足はピリカへ向かってかかと落としをした。

ピリカは踵の下敷きにはならなかったものの、踵落としの衝撃でその場の地面が崩れ、衝撃と共に地面へ落下して行った。

[2人とも、ごめんね]

そう頭にピリカの声が響いた。

「ピリカ!」

わたしがそう叫ぶといきなり空中の足場が不安定となり、電波塔上空の足場は重力に従うがままに地上へ落下して行った。

見滝原のメンバーは鹿目まどかを翼が出現している暁美ほむらが助け、美樹さやか、佐倉杏子は巴マミのリボンで集められ、小さな魔法少女のドッペルにつかまってゆっくりと地面へ落下していた。

環いろはは自分のドッペルでパラシュートを広げたようにゆっくり落下し、夏目かこはどこからともなく現れた他の魔法少女のドッペルに助けられていた。

「このはさん?!」

「来るのが遅れてごめんなさい。下で葉月とあやめが待っているから状況を説明してもらえるかしら

「…はい」

地上ではポンベツカムイが悲しげな雄叫びを挙げながら粒子となって消えて行った。

そして地上の魔法少女達は瓦礫から逃げるのに大忙しだった。

「みんな早く逃げて!」

逃げ遅れた魔法少女が数人いる中、上空に浮いていた瓦礫は全て地上へ落下した。

私とシオリは糸で落下速度を軽減させながら降りたので無事だったが、共有していたピリカの魔力がけは感じ取ることができなかった。

「ポンベツカムイも消えて。ピリカ、まさか本当に」

信じられなかった。

今までに人としては死んでいたであろう場面でも魔力反応が途絶えたなんてことはなかった。

ここで、私はピリカという仲間を失ってしまったんだ。

 

 

4-6:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-8

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-6 電波塔の麓では

環うい、里見灯花、柊ねむの3人によって黒いオーラを纏っていた神浜の魔法少女達は正気を取り戻した。

しかし、正気に戻ったところで目に光が宿っている魔法少女など、誰1人いなかった。

「いやぁあああああああ!」

「お父さん、お母さん、返事してよ!」

「この子達を、私が、この手で」

正気に戻っても、ドッペルを出しながら人を襲った記憶は残っていた。
多くの魔法少女が嘆き、悲しんでいた。
しかし多くの魔法少女の心の奥まで刻まれたヒトへの負の感情は、ヒトを殺すことへの躊躇を薄め、その変化に違和感を与えていなかった。

 

 

私の持つ槍についた赤い液体。

どうやら私も、人を殺してしまったようね。

やってしまった後悔を抱くことなく、わたしは電波塔の頂上に目を向けた。

いろはやみんなをおかしくしてしまった日継カレン達を、倒さなければいけない。

その考えが真っ先に頭に浮かんだ。

「他のみんなは」

周りを見渡すとダルそうなフェリシアを見つけた。

「やちよ、お、俺」

「フェリシア、大丈夫、ではないわよね」

「やちよ、ここにいた!」

鶴乃は二葉さんと一緒だった。

でも、二葉さんの様子は少しおかしかった。

「さなちゃん、人殺しは後で早くいろはちゃんのところへ行かないと」

「そうですね。いろはさんも人を殺したがってたし、一緒の方が楽しいですよね」

口には出していないけれど、わたしも人殺しを躊躇する気持ちはなくなっていた。
人を殺してはいけない理由が、もう思い浮かばない私は二葉さんの発言に拒否反応を起こすことはなく、むしろ歓迎しようとしている気持ちがあった。

前から黒いオーラを纏った子は人殺しを躊躇しなくなるとは聞いていたけど、本当だったのね。

「さて、みんな揃ったし、いろはを助けるために電波塔へ向かいましょ」

電波塔へ向かう道中には生きている人の姿がなかった。
ヒトであった肉塊自体も少なく、異臭といえば肉が焦げたような匂いしか漂っていなかった。
この騒動が治まった後は、この肉塊の処分方法も考えないといけないわね。

顔を上げると空は曇っていて、光は電波塔の上で輝く球体くらいしか見つけられなかった。
果たして今は昼間になっているのか、それとも夜なのか。今どの時間帯に位置するのかも知ることができなかった。
もはやこの神浜は、魔女の結界と同じ状況なのかもしれない。

中央区へと足を踏み入れると、電波塔の麓では既に誰かが戦っていた。

「もう既に誰かが戦ってる?」

「でもあの首長竜、見たことあるぞ」

「ピリカさんの呼び出してたやつね。しばらく観察してみましょう。あの生物の情報が足りなすぎるわ」

私たちは瓦礫に隠れ、首長竜に立ち向かう魔法少女達を観察した。

大きな金棒を持った魔法少女が首長竜へ武器を叩きつけようとしても液状化して避ける首長竜。

炎をいくら浴びても湯気が上がるばかりで首長竜の形が崩れることもなかった。

魔法少女会議の際に独断行動を取ると言っていた二木市の魔法少女達は、全く歯が立っていなかった。

「負傷した子はいったん下がりなさい!さくや、退避する子の援護をして」

「三女さん、あんた頭がキレるんだからなんか思いつかないのか」
「浮かんでたらとっくにやってるよ。こういうバトルなららんかの方が攻略法見出せるんじゃないの?」
「わかってたらとっくに倒せてるっての!」

「ええい!お前らどけろ!樹里様の超火力で蒸発させてやる」

二木市の魔法少女達が首長竜から離れて、樹里と呼ばれる魔法少女が首長竜を覆い隠すほどの炎を放った。

炎の中で首長竜はうごめき、大きな魔力反応を感じた頃には首長竜がいたところから大波が発生した。

その大波は二木市の魔法少女達を呑み込み、水圧に耐えられる魔法少女がいるわけもなく、みんな瓦礫に打ち付けられて倒れてしまった。

「やちよ、あの首長竜凍らせることはできないのかな」

「氷を扱える子に覚えはないわね。このあたりにも凍らせる方法はなさそうだし」

「じゃあ、あの首長竜は彼女達に任せて、私たちは塔を登っちゃうってのはどう?」

「そうやったらどうなるかも含めて静観しているのよ。あの首長竜の感知能力が普通の生き物と同じと思っちゃいけないわ

「おい、誰か来たぞ」

フェリシアの言葉を聞いて、戦場を再び見ると、首長竜がいる反対側から欄という名前の魔法少女とその仲間達は黒羽根たちが使っていた鎖を駆使して塔へ登ろうとしていた。

そんな彼女たちが塔を登ろうとすると、塔全体に電撃が走った。

そして声が聞こえた。

[視覚外から入ろうという小細工、我らの前では無意味と知れ]

その後欄とその仲間達には落雷が襲い、皆塔から離れていった。

「あら、ダメなのか」

「こうなったら上空から降りる以外方法が浮かばないわね」

「んあ?あの生き物ぶっ倒すって考えはないのかよ」

「倒し方がわかれば苦労しないわ。方法が浮かばないから倒さなくても塔の上へ行く方法を探しているんじゃない」

前方の状況にしか注目していない中、後方の瓦礫の上から大きな魔力の反応を感じた。

振り向くとそこには手鏡を巨大化させて魔力のレーザー砲を撃とうとする綾野梨花の姿があった。

「いっけぇーーーーー!!」

放たれたレーザー砲は中央塔へ命中し、そのまま溶けて崩れ落ちると思われた。

しかしレーザー砲は鉄塊でできた障壁に阻まれて塔本体へは届かなかった。

綾野梨花がいた場所へ首長竜の周りに現れた雷槍が飛んでいき、反応できなかった彼女を五十鈴れんが助ける様子まで確認できた。

中央塔は首長竜だけではなく、紗良シオリのギミックにも守られていた。

「あの生物を倒せても、いくらでも防ぎようがあるってことね」

「打つ手なしかよ!」

そう、私たちにはできることがなかった。

いろは、あなたは塔の上でどういう状態になっているの?

 

 

4-5:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-7

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-5 イライケレン

環いろはと鹿目まどかを助けたのは、私との接触を避けた魔法少女達がきっかけだった。

たった一つの街でも、縁がなければ出会えなかった魔法少女なんてたくさんいるだろう。

とはいえ、たまたま出会えなかった魔法少女がピンポイントにここまで大役揃いだという偶然があるだろうか。

予想もできないような奇跡を目の前で二つも目撃できたのは、その偶然のおかげかもしれないが。

目の前で起きた一つ目の奇跡は、3人の魔法少女によって行われた全魔法少女の縁を切っていくという壮大な光景。
夏目かこも、あの三人も縁を認識できるような能力は元々持っていなかったはず。知らないだけで、私以外に縁を視認できる存在が彼女たちへ縁を切る方法を伝えたとしか思えない。

とはいえ、魔法少女達の暴走が解かれようが悪夢を刻み込んだ時点ですでに目標は達成している。

もう一つの奇跡は、縁を切らなくとも黒いオーラが解除されて目の前に現れた見滝原の魔法少女達。

あの結界の中で何が起きたのかは知らないが、私たちの計画に狂いはない。

「驚いたよ、この一時で神浜にいる魔法少女が皆正気に戻るなんて誰が予想できたか。

さて、このまま待てば自動浄化システムが世界へと広がるのは必然だ」

「でも、黙ってる気はないんでしょう、あんたたち」

「まあ目的のことだけ考えると、あなたたちの邪魔をする必要はないよね。
でも確認しないといけないことがあるんだよー」

「いいよ、答えられることなら返事をしよう」

「大昔の人物、聖女ワルプルガを蘇らせたとして、そこにいるワルプルガってただの少女だよね。気になるのは記憶をどこまで持った状態で蘇るかだよね。そこらへんはちゃんと計算してるかにゃぁ」

「里見灯花が指摘した通り、故人を蘇らせると所持している記憶が一体いつからいつまでのものが残っているかなんて保証はされていない。
もしかしたら、空っぽの赤子同然で蘇るかもしれない」

「でも、シオリがこれまでの歴史をワルプルガへインプットするから少なくとも言葉が理解できる状態で復活するから安心しなさい」

「それは、誰目線の歴史と記憶をインプットするのですか」

「かこさん、それは勿論、”魔法少女”の目線でだよ」

「あなたたちの魔法少女目線というのは偏った思考です。ヒトは愚かであると、そんな歴史と記憶を教え込むということですよね」

「間違いではないでしょう?」

「それは違うよ!」

否定的な声をあげたのは環ういだった。

そういえば彼女へは悪夢を共有していなかったか。

「うい・・・」

「だって、おかしいよ。

みんなの生活を守るために、私達は魔女と戦っていたんだよね。人の中にはひどいことをする人もいるかもだけど、でも、全員ではないから。
私は、それはダメだと思う」

「と、妹は言っているが姉としての意見はどうかな?」

環姉妹は目を合わせ、何かが通じ合ったかのように姉の方はうなづいた。

「ういがそう考えるなら、私もカレンさんたちのやり方に抵抗します」

「そうか、妹を優先したか」

「お姉さまとういがそういうことなら、私も抵抗しちゃおうかな?
願いを叶えさせるならばワルプルガが誰の手元にいてもおかしくないでしょ?」

「私はまどかを苦しめたあなたたちを許さない。だからあなたたちには抗うわ」

各々の意思表示が行われた後、ピリカが一歩前に出てイペタムを振り下ろした。

「余計な争いはお勧めしません。
抵抗するようであれば、四肢を十分に動かせなくなることを覚悟しておいてください」

皆が攻撃態勢になっている中、夏目かこ達は武器を構えていなかった。

「夏目かこ、あなた達はどうする?」

「私たちにとっては争う理由がありません。遠くから静観させてもらいます」

「そうか、でもお前への仕置きが後で待っていると覚えておくんだな」

私は糸状の扇を取り出し、環いろは達にその先を向けた。

[シオリ、ピリカ。深追いも無理もするんじゃないよ。全てを見届けるまでは死ねないからね]

[何を今更。ワルプルガが願いを叶えた時点で袋叩きに会う覚悟くらいできてるってるの。神浜の外へでたがるやつもほとんどいないし、戦う分には問題ないよ]

[大丈夫、抑える]

[いいだろう]

そう、死ぬにはまだ早い。

せめて自動浄化システムが広がるまでは。

「さあ、お前達の希望を輝かせてみせろ!」

 

最初に仕掛けてきたのは見滝原の魔法少女達だった。

美樹さやかと佐倉杏子は真っ先に矢先をシオリへ向けていた。

シオリは周囲に浮かぶ鉄塊を雷の力を使って2人の進撃を遮ろうとするが、軽やかにかわしてスピードが落ちる気配がない。

こちらも行く手を妨害しようとしたが、こちらはこちらで環姉妹と元マギウスの2人が襲いかかってきていた。

[シオリの援護に集中して!]

そう言ってピリカは環ういへ斬りかかった。

「ならば容易い」

私は糸を放って美樹さやかと佐倉杏子の足と武器を持つ手を貫いた

「2人とも!」

巴マミは複数のマスケット銃を召喚して私たちに向けて一斉発射してきた。

糸の壁を3重に形成し、2層までは貫かれたものの、一発たりとも3層目は突き破れずに銃弾は速度を失ってその場に転がった。

その後追撃で鹿目まどかと暁美ほむらが弓で壁を攻撃し、糸の壁が目の前から消えた。

シオリが電車のレールを2本宙に浮かせて、電気を帯びたまま2本のレールは美樹さやかと佐倉杏子に向けて飛んでいった。

しかし間一髪で銀髪の魔法少女がドッペルと思われる者で駆け抜けて2人を救出したため血飛沫が広がることはなかった。

間髪入れず、巴マミは巨大なマスケット銃を生成し、こちらへ銃口を向けた。

「ティロ・フィナーレ!」

「したっけ勝てるかい!」

放たれたときの風圧は凄まじいものだった。

シオリは銃弾が放たれる直前に何か聖遺物を発動したらしく、突き刺さったレール2本には冷気が纏われ、銃弾に向けて傾斜を向けるとレールは円形に歪みながらも銃弾はレールを添うように空中へ打ち上がり、花火のように光が空中に広がった。

「ティロ・フィナーレが防がれた?!」

「超電導ってわかるかな?接触起爆式にすることをお勧めするよ」

そう言ってシオリはガードレールを二枚ごとにぶつけ合い、合計四門のお手製レールガンを作り出した。

「防げるか?防げるほどの奇跡が、あんた達にはあるか!」

そう言ってシオリは一斉にレールの間にある鉄塊を冷気を纏ったことで速度を増して放たれた。

いつ放たれたかわからないスピードで4発だけではなく、すぐに鉄塊が装填されて4門から合計5回も斉射が行われた。

しかし足場が崩れることはなく、土煙が晴れると暁美ほむらが見たこともない時空の裂け目のようなものを展開させて鉄塊を別の空間に移動させてしまったようだ。

「魔力の力が会ったときよりも強い。時間を止める魔法はどうした?」

「あなたたちには関係ない!」

そう言って一矢放ったもの、シオリは帯で軽くあしらった。

「まああの中で何があったかは知らないけど、ドキドキさせてくれるじゃないの!

環ういへ斬りかかったピリカはなにか話しかけていた。

「あなたの一言がここまで不毛な戦いを生み出した。言葉の重みを知りなさい!」

「ピリカさん、どうして」

環ういは凧のようなものを呼び出してイペタムを押しとどめていた

「自動浄化システムが広がってからでも良かったはず。なのに!」

「ダメだと思ったから、人を不幸にさせちゃいけないから」

「その人は私たちを汚れさせるというのに!」

「うい!」

環いろはがボウガンをピリカへ数発放ち、ピリカは環ういから離れた。

そんなピリカへ里見灯花は炎を放ち、柊ねむは光る紙切れを飛ばしてきた。

いずれもピリカは一振りのなぎ払いで消滅させてしまい、瞬時に環いろはの懐に飛び込んで脇腹から思いっきり斬り上げた。

環いろはの腹からは致死量の血が流れ出し、他の3人は絶望の眼差しだった。

「ここでは、終われない!」

環いろははドッペルを纏って致死量の血は包帯に包まれて血の流出は止まっていた。

「お姉さま、その姿は?!」

「穢れを纏うならば、何人たりとも私を超えることはできません。超えたいならば、輝かしい希望を携えなさい!」

イペタムは穢れに強く、さらには相手の希望を奪う。

魔女だろうと、魔法少女だろうとイペタムを持ったピリカを超えることはできないだろう。

環いろはは包帯を飛ばしてピリカを拘束しようとした。
しかし包帯は金属音と共に切られていき、ピリカは再び環いろはの懐に潜り込んだ。
包帯がピリカの後ろに広がり、抱擁するかのようにその包帯はピリカと環いろはを包もうとした。

包帯に囲まれた空間の中で環いろははナイフを取り出してピリカの心臓を一突きしようとしたものの、リーチはイペタムの方が長かった。

再び斬り付けられた環いろははその場に膝をつき、ピリカは再び環ういへ襲い掛かった。

しかし次は元マギウスの2人が環ういの前に出てピリカの斬撃を喰らった。

するとすぐに2人はドッペルを発動し、ピリカへドッペルの目が付いた腕と流星群が襲い掛かった。

柊ねむのドッペルは退けたものの、里見灯花が放った流星群は一振りで対処できる規模ではなかった。

そこへシオリは鉄板を壁とし、私がそれを糸でつなぎ合わせて大きな盾がピリカの前へ形成された

流星群はピリカへも、復活を待つワルプルガへも届かなかった。

ドッペルを放った2人は疲労が襲ってきたのかその場に倒れこんでしまった。

その時、私たちに襲いかかってきていた魔法少女皆が体が重たくなったかのように動きが鈍くなっていた。

それもそのはず。

 

シオリの一撃が不発に終わった後、私は糸で扇を形作り、鹿目まどかと暁美ほむらへ襲い掛かっていた。

「その力、別世界とのつながりが見える。一体どんなカラクリを使った」

「あなたに答える必要はない!」

至近距離で撃たれる矢を避けながら私はステップを刻んだ。美樹さやか達3人からも追撃を受けたものの、避けるのは容易い。

仕上げのステップを踏むと同時に、わたしはピリカの方へ応戦した。

舞が完結すると周囲の魔法少女には疲労感が訪れ、私たちには高揚感がもたらされた。

ピリカはたった1人立っていた環ういへ斬撃を飛ばし、それを受けた環ういは倒れ込んでしまった。

私は膝をつく見滝原の魔法少女達へ糸を飛ばし、四肢を突き刺して使えないようにした。

「気は済んだか?まだ足りないなら、ワルプルガが目覚めるまで付き合ってやるぞ」

「強さが、違いすぎる・・・」

「調整も受けていないのに、どうしてこうもあしらわれるの。わからない」

戦おうとする魔法少女は現れなかった。

「それじゃあ、大人しくそこで倒れててもらおうk」

急に遠方の方から一発の銃弾が飛んできた。

糸の剣で弾けたものの、崩れていないビルからスナイピングできる魔法少女は1人くらいしか心当たりがない。

「三重崎のやつか」

銃弾が飛んできた方向には確かに崩れていないビルがあり、そこには確かにスコープの光が見えた。

「コロス、殺す殺すこrosう!

日継カレン、お前だけは!」

遠くからでも分かる殺意を感じていると、塔の麓が騒がしくなってきた。

「カレン、下の魔法少女達が動き出したみたい」

「次から次へと、もう少しだけおとなしくしてくれないかね。ピリカは大丈夫か」

「大丈夫、カムイだけで抑えられる」

「そうか。でも、思ったより復帰が早いな」

街を襲った疲労感から解かれた魔法少女達が動き始めていた。

己の行った行為に嘆き悲しむ者

狂って人を殺す快感に目覚めた者

そして、私たちに殺意を剥き出す者

やがて神浜市にいる魔法少女達は、種類の違う”穢れ”を携えて中央区へ注目を集めていくのであった。

 

4-4:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-6

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-4 叛逆の先にある物語

神浜の様子がおかしいから来てみたら、街が黒いオーラの魔法少女で埋め尽くされていたのです。

マミ達はまどかを助けるために神浜へ向かったようですが、お前の言う通りならみんなあの百禍に紛れているのですね。

なぎさの近くにいるピンク色のキュゥべえ。

なぎさにしか聞こえない声で色々話しかけて来て鬱陶しかったのですが、今回はちゃんと役立ったのです。

「なぎさは知ってるのです。

まどかが魔女のような振る舞いをすると、この世界がどれほど大変なことになるのかを。

だからやってやるのです。

かつてはさやかがいたけど、1人でもできるのです!」

作戦はこうなのです。

黒いオーラの魔法少女となったマミ達をなぎさへ注目させて、あの眩しい塔の場所まで連れて行くのです。

連れて行けばそこからはコイツが何とかしてくれるのです。

「全部終わったらちゃんとチーズをご馳走してもらわないとです。

カマンベールくらいでは満足しないのです!」

なぎさはビルの上から飛び降り、作り出したシャボン玉を足場にして4人の捜索に入ったのです。

幸いにも4人の魔力パターンは把握しているので、問題はちゃんとついてくるかなのです。

飛び跳ねているとまず見つけたのは狂喜乱舞な杏子。

魔女じゃなくて魔法少女としての意思があるなら、食べ物を無駄にしてやれば絶対ついてくるのです。

勿体無いですが、コレもこの世界を壊さないためなのです。

なぎさは八百屋に並んでいたリンゴを杏子の前で全て地面に叩きつけたのです。

するとどうでしょう。

怒り狂った獣のような雄叫びを上げてなぎさについて来たじゃないですか。

よしよし、このままさやかのところへ行くのです。

なぎさはさやかの前を横切り、杏子にさやかの邪魔をさせたのです。

するとどうだ、さやかは邪魔をした杏子を追いかけてくるじゃないですか。

ちょろいのです!

そしてこの世界の身振りを気にしなくても良くなったなぎさは黒いオーラの魔法少女なんて障害でもなんともないのです。

余計な魔法少女達が襲いかかってくるのですが、呼び出した使い魔をデコイにして目的地へ一直線なのです。

次に見つけたマミとほむらは同じ場所で仲良く人を殺していたのです。

なかなか仲良くできなかった2人だけあって珍しい光景なのです。

ここが少し難しいところでどうやって2人のヘイトをこちらへ向けようか。

そう考えながら2人の近くへ向かっているとピンク色のキュゥべえがいきなり背中を光らせて一枚の禍々しい羽根を呼び出したのです

それを今出すのですか!

ひらひらと落ちて行く羽根を拾うまでになぎさにはほむらの構えるガトリングから弾が飛び出してきてエメンタールになるかと思ったのです。

しかしこの羽根があれば2人は有無を言わずついてくるのです。

何故ならこの羽根が発する声に2人は反応せざるを得ないからなのです。

さあ、難なく4人をかき集めて眩しい塔の近くまで来たのです。

でも塔の麓には魔女とは違った首長竜が魔法少女達を蹴散らしていたのです。

あれがヤツラの使役する生物なのですか。

まともに戦うと勝てそうもないのでなぎさはシャボンの階段で駆け登るのです。

塔の上には見知らぬ魔法少女と謎の結界がありましたが、目指すは倒れているまどかなのです!

なぎさは4人を引き連れてまどかのもとへ飛び込みます。

するとピンク色のキュゥべえはなぎさの持っていた黒い羽根を奪って重力に任せてまどかへ触れたのです。

すると紫色のガラス破片のような結晶がまどかから広がり、なぎさ達を包み込むと虹色の結界で囲んだのです。

あの事件を思い出してしまいますが、この緊急事態、力を借りるしかないのです!

 

________________________

目を開けると見滝原によく似た景色の結界の中にいました。

さっきまでは鹿目さんを苦しめるヒトの光景に苦しんでいたはずなのに。

周囲を見ると黒いオーラを纏っていないマミさん、さやかさん、杏子さん、そしてなぎさちゃんがいました。

「あれ、私たちって」

「なんか知らんけど、なんともないみたいだな」

知らぬ間に知らない空間にいて混乱していると、頭に声が聞こえて来ました。

[みんな、まどかのためにあの山の頂上まで来て。みんなが来たら、まどかを救えるから]

「暁美さん、今わたしに話しかけた?」

「いえ、わたしではないです」

「でもさっきの声はほむらだったじゃんかよ」

「でも、わたしではないです」

なんで私ではないワタシの声が聞こえたんだろう。

「ほら何しているのですか。さっき聞こえた声の通り、あの山を登るのですよ!」

「山ったって、あの街中にある黒いところか?」

この空間の中央には天へ届きそうな山のような何かがそびえ立っていました。

しかし不思議と、あの上へ行けばまどかに出会える気がしました。

「すっごい高いけど、あそこ頂上とかあるの?」

「みなさん、行きましょう。あの山の上へ。あそこの頂上へ登れば、鹿目さんを助けられる気がするんです。」

一瞬沈黙が訪れました。

「ま、ただ彷徨っても出口は見つからなさそうだし、当てのある方へ向かおうや」

「それはそう、だよね」

「ではみんなで行きましょう。鹿目さんを助けるために」

「そうこなくっちゃなのです!」

私達がそう意思を固めると、宙から黒い羽根が降って来て私たちの前へ山の頂上へ向かう長い道が現れました。

「なんだよ、道ができるなら早く教えろよ」

「さ、駆け上がるわよ!」

出現した石畳のような魔力でできた道を登っていると山の方角から羽根の生えた弓矢のような生き物が矢を飛ばしながら襲いかかって来ました。

「コイツら、もしかして使い魔?!」

「じゃあここは魔女の結界か何かってか?」

私は軍事基地から拝借していたマシンガンを取り出し、飛ぶ使い魔達を薙ぎ払うように撃ち落としていきました。

「あんたどこからそんなもん!」

「でも弾幕を貼るのは良い手よ。私と暁美さんで使い魔の相手をするから2人は駆け上がって!」

「それならお構いなく」

「ちょっと待ちなって!」

佐倉さんと美樹さんが山の頂上へ駆け出し始め、頂上近くになると使い魔達は私達には目もくれず、頂上への道を密集して防ぎました。

「チクショウ、どうやっても近づかれたくないようだな。

それに結構やばいぞこれ」

密集した使い魔達は一斉に矢を打ち出す準備をしていました。

「みんな、私の後ろに下がって!」

「美樹さん?!」

美樹さんが前に出たと同時に使い魔達は一斉に攻撃を仕掛けて来て、美樹さんの前には人魚姫のドッペルが出現しました。

矢の攻撃は貫通することなく、後ろにいた私達は無傷だったものの、ボロボロになった美樹さんのドッペルは泡となって消えてしまいました。

「美樹さんありがとう。

突破口を開くわ。みんな私の近くへ」

言われるがままにみんなが巴さんの近くに集まるとリボンで包まれて周りが真っ暗となりました。

「いくわよ!」

巴さんの掛け声とともに急激なGが体にかかり、何かが前方で砕ける音がすると私たちを囲っていた何かが砕けると私達は山の頂上へ向かって飛んでいたのです。

「マミ!流石にこれはめちゃくちゃだぞ!」

「このままじゃぺしゃんこなのです!」

こんなところで死ぬのは嫌だったので私は時間停止を使用しました

するといつのまにか巴さんのリボンが繋がっていて、みんなも時間が止まらない状態でした。

加速が止まらない中、なぎさちゃんがシャボン玉を出し、その弾ける衝撃で私たちの加速が止まったのです。

「いたた、首が変な方向向くかと思った」

「でも、頂上にはたどり着けたみたいよ」

山の壁部分にはトカゲのような模様がついた結界の入り口がありました。

「ここに入れば、鹿目さんがいる」

「そのようね。

さ、行きましょう」

時間が止まっていても結界の中へ入ることができ、みんなが結界に入ると結界の入り口は閉じてしまいました。

そして山の頂上には5色の球体が現れたのです。

結界の中は緑豊かな丘が広がっていて、丘の上には桜の木が1本と1人の少女がいました。

「っ!鹿目さん!」

私は急いで駆け寄るとあと一歩で手が届くというところで見えない壁に阻まれてしまいました。

そして、鹿目さんのいる向こう側は炎に包まれ始めたのです。

「鹿目さん!」

「ほむらちゃんにみんなどうしたの?」

「どうしたのって、あなたを助けに来たのよ。さあ、元の世界へ戻りましょう」

「どうして?

みんなの帰る場所はここですよ。

生きてても苦しみや後悔しかないヒトの世界よりも、こっちがミンナ幸せにナレルンデスヨ」

「まどか、アンタどうしたの?」

「大丈夫、みんなもすぐに幸せな場所へ来れるから」

鹿目さんは魔法少女姿になるとソウルジェム部分がポッカリと穴が開き、宙に浮いたソウルジェムからは穢れの泥が溢れ出して来ました。

その泥は見えない壁お構いなくこちら側にも溢れて来ました。

「何だよ、これ」

「触れちゃダメなのです!

流れてくるのが遅いあの泥は穢れの塊。触れただけですぐにドッペルが出てしまうやばいヤツなのです!」

「なぎさちゃん、どうすれば鹿目さんを助けられるの?」

[5色の球体を同時に破壊しなさい。その後は私が何とかするわ]

再び知らない私の声が頭に響きました。

「気になることは山ほどだが、あの宙に浮かぶ球体のことを言っているようだな」

「同時に壊せばいいんだよね」

「時間がないわ。みんな私の合図で球体を破壊して。

いくわよ、せーの!」

私達は一斉に球体を攻撃しますが、球体は壊れる様子がありませんでした。

「そんな」

「くそっ、特大ぶち込むったって魔力がもたないぞ!」

「…ドッペル」

「え、ほむら今なんて」

「みんなでドッペルを撃てば良いだけだと思います」

「ドッペルか。

外で体感したみたいにずっと悪夢を見続けるようにならないだろうな」

「何言ってんのさ、私がついさっき出したじゃん。大丈夫だって」

「んじゃ、ドッペルを出すのに手っ取り早いのは、まどかが出してる泥に触れるくらいか。

気が進まないな」

「仕方がないのです。いいですか、触れるのはちょっとだけですからね」

「分かってるって」

私達は恐る恐る穢れの泥に触れ、すぐに浮かぶ球体の方を向きました。

5人は一斉にドッペルを出し、ドッペルの攻撃で5つの球体を同時に破壊することに成功しました。

球体が破壊されると宙には見覚えのない羽の生えた紋章が現れてそこから紫色の閃光が見えない壁に放たれました。

見えない壁には瞬く間にヒビが入っていき、粉々に砕けたのです。

「今!」

私はダルい身体に鞭打って動き出し、穢れの泥を顧みずに鹿目さんへ手を伸ばそうとします。

しかし燃える境界線に手を触れると肉が爛れてしまい、思わず手を引き戻してしまいました。

目の前に鹿目さんがいるのに、手が届かないなんて。

他のみんなはドッペルを出した影響ですぐに身体を動かせない状態でした。

そして崩れ去ったはずの壁が再生し出したのです。

一体どうすれば、鹿目さんを救い出せるの?

動きを止めた私の目の前がライトが落とされたように真っ暗となります。

[あなたの覚悟はその程度かしら]

声が聞こえる方を向くと、紫色のピアスをしたワタシがいました。

「あなたは、一体」

[貴方が至るはずだった末路、とでも言っておきましょうか。

貴方達が障壁を破壊してくれたおかげで、こうして貴方と対面することができたわ。礼を言うわ]

「私の、末路?」

[ええ。まどかのためならばどんな犠牲も厭わない。例え女神を汚した悪魔になろうとも。

それがワタシよ。

本当は隙をついてこの世界を乗っ取ろうかと思ったけど、幸せそうな貴方達を見ていて気が失せちゃったわ]

「…鹿目さんを助けたいんです。手を貸してくれませんか」

[その気持ちは山々よ。でも力を貸すにしても貴方には覚悟が足りないわ]

「覚悟?」

[まどかを助けたいという考えだけではダメよ。貴方の目の前にいるまどかは、人間社会に愛想を尽かしてしまって、自ら楽園を作り出そうとしている。

助けるという概念が及ぶ存在ではなくなっているのよ]

「そんな、ではどうすれば」

[あら、まどかを求めるのであればすぐに出る答えだと思うけれど]

私にはすでに答えが出ていた。でもそれはあまりにも無責任で、ワガママな回答。

でも。

「まどかを、奪う」

[ふふ、分かっているじゃない。

でも貴方に残っている良心がその回答を邪魔してしまっているわ。

これを使いなさい]

そう言ってワタシは拳銃を差し出して来ました。

「これでどうすれと」

[自決しなさい。そうすれば貴方の代わりにまどかを奪ってあげる]

私は耳を疑いました。

目の前のワタシは私に成り代わろうとしているのです。

「そんなことできるわけないでしょ!まどかを救えずに死ぬことなんてできないわ!」

[ではどう助ける?手を伸ばすことすら叶わない貴方はどうやってまどかを救い出すと言うの?]

答えることができない。

今の私には、まどかを助けるほどの力を備えていない。

[貴方の生きたいと言う執念があるのは確認できたわ。

でも数多の感情を捨ててこなかった貴方はこの境地へとたどり着くことは叶わないわ。

そうね、貴方。私と契約しなさい」

「契約?!私はもう魔法少女よ。二度目の契約なんてできないわ」

[誰がインキュベーターと契約しなさいって言ったの?目の前にいるワタシと契約しなさいって言ってるのよ]

「…できるとして、その代償は」

[まあ教えてあげると、貴方は今持っている願いを手放すことになるわ。

まどかを救いたいという願いをね。

それ即ち、何が起こってもまどかを救うためにやり直すことができなくなるってことよ。

貴方に願いを捨てる覚悟があるかしら?]

私の中に迷いなんて無かった。

「悪いわね。その答えならすぐに出るわ。

私は貴方と契約するわ。

この時間軸ほど、まどかを魔女化させない条件が揃っている時間へ巡り合うことなんてほぼ不可能。

時間を操る力なんてもう不要。

だから、貴方の力を頂戴。そして、まどかを奪い取る!」

[いい覚悟になったじゃない。では契約しましょう。

精々愛の力を振るうといいわ]

周囲がライトアップされると私のソウルジェムは見たことがない禍々しい虹色に輝いていました。

私は穢れの泥に足をつけつつも、ドッペルを出すことなくまどかへ手を伸ばします。

ソウルジェムがある左手は爛れることなく炎の中へ伸びていきます

「ほむらちゃん、どうして?

そんなに苦しまなくてもすぐ会えるのに」

「私が求めるのはそんなまどかじゃない。

何もかもを諦めたまどかではなく、誰かを守りたいと考えるまどかじゃないとダメなのよ!」

左半身が炎の中へ入ると、指先が燃え始め、骨が見え始めました。

「ほむらちゃんダメ、燃えて死んじゃうよ」

「構わないわ。貴方に手が届き、奪い取ることができれば私はどうなろうと構わない!」

私はソウルジェムへ求めているまどかを映し出すよう念じると、まどかの足元から空間のひび割れが発生し出しました。

ひび割れの中には何人ものまどかが映し出されますが、私の琴線には触れません。

「違う、もっと見せて!私の愛するまどかを見せて!」

体が爛れ始めていることも知らず、私はただひたすらまどかを求めていました。

ひび割れがいくつも増えていき、もはや目の前にいたまどかの原型がどこに行ったのかわからないくらいヒビが広がっていました。

そして私はついに、求めていたまどかを見つけて思いっきり手を伸ばし、腕がちぎれるのではないかと言う勢いで掴んだ手を引き上げました

私が地面へ倒れると、そこには穢れの泥は存在せず、私の体は元どおりとなっていました。

そして目の前には魔法少女姿のまどかがいました。

[求めるまどかを奪うことができたようね。

それじゃあ残ったまどかは私がもらっていくわね]

焼け野原に居たのは、ソウルジェム部分がポッカリと開いたまどかを抱える、黒い翼を広げ、黒い衣を纏ったワタシでした。

「ありがとう、悪魔なワタシ」

[礼は無用よ。残念ながら彼女達の試行が巧みだったからなのか、まどかの常識感は塗り替えられてしまっているわ。

でもそれ以外は貴方の求めたまどかのはずよ。

さあ、元の世界へ戻る時間よ。

まどかと、幸せにね。暁美ほむら]

結界が消える寸前、悪魔なワタシは涙を流している気がしました。

私達は結界が消えると同時に高いところにいて、目の前には日継カレン達と、いろはさん達がいたのでした。

 

 

4-3:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-5

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-3 この神浜にしかいられない私たち

お姉ちゃんがおかしくなってしまいました。

黒いオーラを纏ってはいなかったけどいつものお姉ちゃんとは違い、とても楽しそうに戦っていました。

私は無意識にその場を離れてしまいたいと思ったのかいつもの病室に戻ってきてしまったようです。

灯花ちゃん、ねむちゃん、桜子さんがそこにはいて、傷だらけで泣いている私を宥めるように近くにいます。

ただただ悲しい気持ちしかなくて何も考えていない状態で泣き続けていましたが、ある声が聞こえたことをきっかけに我へと帰りました。

「お姉さんを救いたいですか?」

顔を上げて声が聞こえる右側を見るとつづりさんがいました。

ここでドッペルを出されても困るのでまずはグリーフシードを使ってください」

そう言ってつづりさんは私の前にグリーフシードを手渡してきました。

「つづりは魔女を倒せちゃうんだ」

「結構前のものですけどね」

わたしは穢れを取り除いたことで少しだけ気分が楽になった気がしました。

「さて、気持ちが落ち着いたところで今の神浜を見てもらいましょう」

そう言ってつづりさんは槍を呼び出して石突きを地面へつけます。

そこから今いる空間に波紋が広がり、結界が砕けて消えていきました。

そして私たちは穢れが風に乗って流れてくる高い場所にいました。

「ここは、お父さまの病院?」

灯花ちゃんが周りを見渡してそう呟きました。

そして神浜の方角を見ると黒いものが蠢きながら街を破壊していました。

「あれは一体。そして神浜の穢れが尋常じゃない量で満たされている」

今神浜では本来この時間軸に存在しない魔法少女が行った儀式でほとんどの魔法少女が黒いオーラを纏い、人々を殺戮しています」

「え?」

あの黒い物体が全部魔法少女?

このまま放置してもいずれ自動浄化システムが世界に広がる夢は成就されるでしょう。しかし同時に魔法少女は人を滅ぼし、この世界は終末へと向かいます」

「何を言っているのか分からない。こんな状態にしたのは誰?」

「日継カレン、紗良シオリ、保別ピリカの3人が自動浄化システムを世界に広げる準備を完了させたのです。
その結果がこの有様です」

「その3人の名前は聞いたことがある。

だがぼくたちよりも自動浄化システムを広げる方法を確立させていたなんて」

「ごめん、わたしは知ってたの。カレンさん達が自動浄化システムを広げる方法が知ってるって。
でも人に被害が出るって聞いていたから2人に言うのはダメって言われていたの」

「そう、わたくしたちは信用されていなかったんだね」

灯花ちゃんが落ち込んでいる中、つづりさんが話を続けます。

この状況を良い方向へ持っていくためには、この神浜にしか存在できない貴方達が環いろはを助ける必要があります。

もちろん、それは自動浄化システムが広がるまでの時間を延長させる結果となるでしょう」

「最初の言葉が引っかかるね。どういうことだい?」

「ご想像にお任せします」

お姉ちゃんを助ければみんなも助けられるの?

「お姉ちゃんを助けられるの?!元に戻ってくれるの?」

「そうですね。貴方達がその気になれば」

自動浄化システムが広がるチャンスを先延ばしにするのは惜しいが、お姉さんを見捨ててまで手に入れたい未来ではないね」

「わたくしも、お姉さんを助けたい!」

|3人が行くなら、私もついていく|

4人揃ってお姉ちゃんを助ける意思が固まりました。

「では助ける方法を教えます。

環いろははまだ黒いオーラに飲み込まれていませんが正気ではありません。

正気に戻すために穢れがない隔離された空間へ閉じ込めてそこで4人揃って説得を試みてください。

もちろん、説得の際はグリーフシードを忘れずに。

これだけです」

隔離された空間って魔女の結界しか思い浮かばない。でも魔女の結界を呼び出すことはできないし、穢れもすごいよね。

|わたしの、ウワサの結界を使えばできるよ|

「でも、結界を出すってことはねむちゃんに負担がかかるんだよね」

「一次的ならそこまで負担にならないよ。それにボクは戦えないからね。魔力供給のサポートくらいは役に立たないと」

じゃあお姉ちゃんを止めるのは、私と桜子さんしかできないんだ。

「環いろはがいるのはあの輝きが強い中央区 電波塔の上です。

地上は黒いオーラの魔法少女が蔓延っているので飛んでいくことをお勧めしますよ」

「それならみんな私の出すツバメさんに乗って。ちゃんと連れていくから!」

「ありがとう、うい」

わたしは大きめのツバメさんを5体呼び出し、3人を乗せました。

しかし、つづりさんは乗ってきませんでした。

「つづりは来てくれないの?」

「4人でって伝えたじゃないですか。
部外者は関わりませんよ」

「ふーん、行こうようい」

「う、うん」

わたしはつづりさんへ一礼して中央区へ向かいました。

 

 

 

ツバメさんに乗って空を飛んでいると黒いオーラの魔法少女が飛んでこちらに襲いかかってきました。

|みんなはわたしが守る|

そう言って桜子さんはバトルフォームへと変わって黒いオーラの魔法少女達を追い払って行きました。

わたしはツバメさんを操ることに集中し、4人で無事に電波塔へ着くことに専念しました。

後ろに黒いオーラの魔法少女が付きまとって攻撃されても、桜子さんが剣で防いでくれて、飛ぶ斬撃で黒いオーラの魔法少女へ攻撃していました。

殺しては、いないよね?

地上からも攻撃が飛んできたりしましたが、無事に中央区へ入ることができました。

地上は人を襲う魔法少女達しか姿が見えず、生きた人は1人も見当たりませんでした。

「これはひどい光景だね。近くで見ると尚更だ」

「いたよ!お姉さまが倒れてる!」

灯花ちゃんが指差す方向には確かにお姉ちゃんがいました。

「まっすぐ向かうよ!」

わたしはツバメさんに角度をつけて真っ直ぐお姉ちゃんの元へと向かうようにしました。

「お姉ちゃーーーん!」

わたしがそう叫ぶと電波塔にくっついている瓦礫の上で戦っていた7人の魔法少女がこちらを向きました。

「なんだ?!」

|いくよ|

「「ええ!!」」

桜子さんに引っ張られ、私達はツバメさんから下されました。

地面へぶつかろうというところで桜子さんが結界を作り出し、私達と、そしてお姉ちゃんが桜子さんの結界の中にいました。

「さっきのは環ういたちか。どこに隠れていたんだ」

「でもまぁ、あの結界を壊しちゃえばみんな飛び出してくるよね?

「やらせませんよ」

「わかってるよ夏目かこさん。彼女達の邪魔をしなくても私たちの目的は達成できるからね」

 

 

「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

わたしは結界の中でお姉ちゃんの体を揺さぶり、目を覚まさせようとします。

みんな心配そうな顔をして見守っています。

ピクッとお姉ちゃんの指が動いたと同時にお姉ちゃんからは黒いオーラの魔法少女と同じ魔力を感じました。

「いや、いやだよ。お姉ちゃn」

「ヴァアアアアアアアアアアア!!!!!」

お姉ちゃんは再びドッペルに似た姿となってわたしへ包帯を伸ばしてきました。

お姉ちゃんとわたしには間へ桜子さんが素早く入り、剣でお姉ちゃんが飛ばしてきた包帯を切り落としました。

「桜子さん?!」

|ういは灯花とねむを守るのに専念して。わたしはういを守っていろはを元に戻す|

そう話している間もお姉ちゃんは攻撃を仕掛けてきて、クロスボウで私達へ扇状に矢を撃ち込んできました。

わたしはツバメさんを呼び出して灯花ちゃんとねむちゃん、桜子さんを守ります。

見境もなく襲うお姉ちゃんは目が真っ赤で、何かに苦しむように叫び声しか上げていません。

どう止めればいいの?

桜子さんはお姉ちゃんとの距離を詰めようとしますが、包帯とクロスボウの波状攻撃によってなかなか近づくことができません。

わたしは攻撃して動きを止めようとしますが、ねむちゃんに止められてしまいました。

「うい、だめだ。桜子はぼくたちもそうだけどお姉さんにも危害を加えないよう振る舞うウワサだ。ういが攻撃してしまうと、桜子はそれを止めてしまう」

「それじゃあわたし守ることしかできない!」

「助けることは傷つけることだけじゃない。でも今は、ぼく達の声さえ届かないだろうね」

「そんな」

桜子さんはお姉ちゃんの攻撃を受けているもののダメージは確かに受けていて擦り傷や切り傷、アザが増えていました。

わたしは話し合いさえできれば争わずに仲良くなれると思っていました。

でも目の前で起きていることを目にしてしまうと、話し合いだけでは解決できない非情な現実を突きつけられた気がしました。

|きゃあっ!|

桜子さんは珍しい声を出して地面へ倒れ、お姉ちゃんの攻撃を回避できない状況でした。

わたしは2人の間に入って桜子さんをツバメさんで守りますが、包帯で振り払われて逆にわたしが動けない状態になってしまいました。

そんなわたしにお姉ちゃんはナイフを手にしてわたしの方へ飛び込んできました。

わたしは恐怖のあまり目を閉じてしまいましたがお姉ちゃんの攻撃を受けることはありませんでした。

「「桜子!」」

灯花ちゃん達の桜子さんを呼ぶ声が聞こえて目を開けるとわたしの目の前に桜子さんが手を左右に広げて仁王立ちしていました。

「桜子、さん?」

桜子さんは何も言わず両手を下ろし、グリーフシードを取り出します。

わたしは桜子さんの様子を見るために桜子さんの横に立って衝撃を受けました。

お姉ちゃんの持つナイフが、桜子さんの電源ボタンマークに深く突き刺さっていたのです。

桜子さんは取り出したグリーフシードをお姉ちゃんのソウルジェムに当てながらお姉ちゃんを抱擁しました。

|いろは。うい達を悲しませないで。3人を悲しませるのはいろはの望むことではないでしょ|

「mannnえン桜のウwaさ?」

「お姉ちゃん!」

「うい、ソkoにいるノ?」

「わたくしたちもいるよ!」

「みんな、ワタシハ」

「お姉ちゃん、大丈夫だから。私は何処にも、もう何処にも行かないから安心して!」

「ほん、とう?」

|ういは嘘をつけない。だから事実だよ|

「そう。でも、私はみんなにひどいことをしただけではなく、万年桜のウワサも」

|大丈夫。わたしはウワサ。姿形は無くなっても、ねむの本の中から見守っていルcあLa|

桜子さんの体にノイズが走り始めます。

「嫌だ、桜子さんとお話しできないなんて」

|泣かないでうい。

ねえみんな、わたしが消えちゃったらみんなわたしのkおト忘れちゃう?|

「忘れない。忘れるはずがないよ!」

「わたくしも!」

「ぼくが忘れるわけがないじゃないか!」

「わたしも、忘れない」

お姉ちゃんはそう言いながらナイフから手を離して元の魔法少女姿に戻りながら後退りしました。

「そう、それなら良かった。ミnNあ覚えていたら生きている。みんなが教えてくれた事」

桜子さんが今までに見せたことのない笑顔でお姉ちゃんへ向き直ります。

「いろは、wあTaシを生み出してくれて、アリガトウ」

そう言って桜子さんは虹色の粒子となって姿を消してしまいました

お姉ちゃんのナイフはそのまま地面へ落ちてしまいます。

それと同時に灯花ちゃんとねむちゃんについていた魔法少女になると痛みを与える腕輪も消失しました。

「わたし、桜子さんを、殺しちゃった…」

お姉ちゃんはその場に膝をついて泣き出してしまいました。

わたしは涙を堪えて、お姉ちゃんの前へ膝をつきました。

「お姉ちゃん、今神浜が大変なことになっているの。神浜のみんなを助けるために、カレンさん達に立ち向かおう?

わたしも頑張るから!」

「うい」

「わたくしたちも戦えるようになったから、ちゃんとフォローするよ」

ぼくは魔法少女に慣れたからにはやらないといけないことができた。お姉さんが一緒にいると心強いな」

「灯花ちゃん、ねむちゃん」

「お姉ちゃん、また私たちと一緒に頑張ろう!」

「…うん」

お姉ちゃんがわたしの手を掴むと同時に結界内の桜は全て散ってしまい、結界内は光に包まれました。

私たちは気づくと瓦礫の上に立っていて目の前にはカレンさんとピリカさん、かこさんとシオリさんと思われる人が目の前にいました。

「何が起こったんだ」

「あなた達が日継カレン達?

自動浄化システムを広げるために頑張ってくれたみたいだけど、みんなを黒いオーラの魔法少女にしちゃうのはよろしくないにゃあ

「だからぼく達が一手間加えさせてもらうよ」

「何をしようというんだ」

「うい、前に病院の前でやろうとしたことをやるよ。大丈夫、もう魔女化はしないから」

「うん、わかったよ!」

わたしは穢れをありったけ集め始めます。

わたしの集めた穢れを灯花ちゃんがエネルギー変換してねむちゃんへ魔力を供給します。

そしてねむちゃんは。

「さあ、みんな待たせたね。

かつて呪いを、負の感情を集めようと生み出された創造の子どもたちよ。

今こそ罪滅ぼしのために羽を伸ばす時がきた。

君たちに新たな役割を与えよう。

異世界よりもたらされた縁切りの力を携え、魔法少女を解放せよ。

今こそ新たな翼で飛び立ち、皆へ希望を与えて」

ねむちゃんの本からたくさんのウワサが飛び立ち、神浜中へ散って行きました。

「縁切りの技、他に教えられていたのはねむさんでしたか。

魔法少女になれて力を行使できるようになったということは。

犠牲が出ないと解決できないというのは皮肉ですね」

神浜へ散って行ったウワサ達は黒いオーラの魔法少女へ近づいてはチョキン、チョキンと何かを切って去っていきます。

その途端に何かを切られた黒いオーラの魔法少女は黒いオーラが取れて元の姿へと戻って行きました。

「うい、ねむ、大丈夫?」

「わたしは大丈夫だよ」

「ぼくの魔力も安定している。何の問題もないよ」

ウワサによってたくさんの魔法少女が黒いオーラから解放されて動きを止めていきます。

不思議と、神浜に漂っていた穢れも少なくなった気がします。

私たち、みんなを守ることができたんだよね?

「これが、自動浄化システムを作り出すきっかけとなった魔法少女達の力か」

「凄まじいねぇ、こんな光景二度とみれないよ」

神浜中に散ったウワサ達がみんな消えて、神浜から黒いオーラの魔法少女は誰1人もいなくなったのでした。

========================

 

目の前で叔父さんが殺されて、私はひたすら逃げ続けた。
何かあったら逃げ込むはずのシュエルターは、扉の隙間から血が流れだしていて内部がどうなっていたのかすぐに想像できてしまった。

そんな逃げ場所がない中ワタシはひたすら逃げ続けた。

頭が痛い。たくさんの負の感情が聞こえてきて、心が壊れそう。

「やめて、フーちゃん。わたしが耐えられない」

フーちゃんが黒いオーラを纏っている魔法少女の声を運んできてしまってわたしは送られてきた言葉に押しつぶされそう。

わかってるよ。

フーちゃんは魔法少女の言葉を届けるのが役割なんだよね。

でも、これ以上は。

地に伏せている目の前に、ドッペルを出しながらこちらを見る黒いオーラの魔法少女がいました。

あっ、わたし殺されちゃうのかな。

魔法少女のことをみんなに知ってもらいたいって、頑張ってきたのにこんな結果なんて。叔父さんの分も、頑張らなきゃいけないのに。

地面を見ながら涙を流していると後ろから銃声がたくさん聞こえて、わたしを見ていた魔法少女は何処かへ逃げて行きました。

「------!」

銃声の中でわたしに声をかけてくれた軍服を着た人は聴き慣れない言語で、わたしは聞き取ることができませんでした。

わたしは訳もわからずその場から動けないでいると数体の黒いオーラの魔法少女が襲いかかってきて、わたしに声をかけてくれた軍人さんは銃で応戦するものの、魔法少女の攻撃で首が吹き飛んでしまいました。

わたしには吹き出る血が降りかかり、恐怖のあまり悲鳴を上げ、過呼吸になってしまって目の前が真っ白になりました。

意識が遠のく中、少しだけ日本語が聞こえた気がしましたが誰かに抱えられて何処かへ連れていかれました。

これが、変わってしまった神浜になる前の最後の記憶でした。

 

4-2:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:comming soon・・・

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-2 私たちが今いる理由(ワケ)

保別ピリカの記憶

私がまだ一桁の年だった頃、アイヌの村で生活していました。

この村には、村を脅かす存在を夜な夜な切って回ったという言い伝えがある刀が奉納されていて、村の長からは決して奉納櫓に近づくなと強く言われていました。

なんでも村の長が使える術によって封じ込まれた刀らしく、変に刺激を与えると術が溶けて人を襲い始めるらしい。

その刀は、人によっては「人喰い刀」と呼ばれていたそうです。

でも私たち子どもが好奇心で奉納櫓に侵入して、奉納されている刀を目にすることとなったのです。

その刀を目にした時、私は声を聞きました。

[足りない、足りない!私たちにひどいことをしたあいつらの血が!]

その言葉を聞いてから私は意識を失い、気がつくと村は荒れ、家が燃え、地面には多くの死体が倒れていたのです。

そして左手には血だらけの刀を手にしていて、皆が恐れた顔をしていました。

私は目の前に広がる光景に絶望し、膝をついて涙していると、目の前にキュゥべぇが現れたのです。

願い事を教えてくれれば君たちの民族を救うことができるかもしれないよ」

私は藁にもすがる思いで願いました。

「わたしは、みんなに希望を与える存在になりたい!」

私がそう願うと私の周囲には三つの光が現れました。そしてその光はこう語ったのです。

[この娘が殺したのはアイヌを脅かす存在達だ。どれだけ親しい間柄であっただろうが、いずれお前達には不幸が及んでいただろう。

強く生き、外界からの襲撃に備えなさい]

私には何を言っているのかわからなかったけど、年配の村の人たちがその光を目にして涙を流していました。

「カムイが、カムイが我らに直接語りかけてくださっている!

ワシらは今後も生きて行けるぞ!」

よくわからないまま村の人たちはやる気を出して村を再興して行ったのですが、その間に世界では大きな大戦が起き、村にはある話が入ってきました。

隣の島から追い出されたアイヌ達が人攫いの餌食にあったと言う。どうやらアイヌをターゲットにしている賊がいるらしいから注意するように」

人攫いの魔の手は私たちの村にも襲いかかってきました。
きっかけは私が人食い刀を手にした際に殺した人間の中に人攫いの仲間がいたことです。
その人が生きていようと、この村が標的になるのは変わらなかったでしょう。

私は魔法少女として手に入れた力で抵抗しようとしましたが、村の人が人質となってしまったので皆そろって人攫いにとらわれてしまいました。

人攫いはいわゆる奴隷商人を生業としていて、奴隷という考えがなかったこの国でも大戦で歪んでしまったのか表では話題にならない程度に奴隷が出回っていたのです。労働力としての奴隷ではなく、主に欲求の吐き捨て先として使用されていたようです。
そんな奴隷として使える人材をさらっては求める人物へ金と交換していたのです。

私たちが牢獄に囚われている中、私は隙をついて牢を食い破り、皆を外へ脱出させることに成功します。

願いと共に降臨したカムイ達に村人、囚われていた他の人たちの護衛を頼んで私も脱出しようとしたところ、人攫いが雇っていた魔法少女が現れて私だけがそのまま囚われることとなりました。

そこからはひどい記憶しかありません。

私は商品として処女を奪われ、調教という名の拷問を何度も行われました。

時には偽名で売春婦として働かせられ、私の体は汚れていきました。

人攫い達はいくら客と交えても妊娠しない、鮮度が落ちないことで私を重宝し出し、折れない私の心を折ろうと何度も拷問にかけましたが私の心は折れることがありませんでした。

そんな間も多くの人がとらわれ、調教される場面を目にしてきました。

快楽に溺れ、戻ってこない子もたくさんいました。

この頃、戦争に負けてこの国は快楽を求めていたと言う話を雇われた魔法少女から聞いたことがありました。

だからお金がたくさん貯まるこの仕事がやめられないと言っていました。

この頃から、私の人嫌いが加速していったのです。

私はある日、新たに囚われたアイヌの子を目にしました。見覚えがない子だったので別の集落の逃げ遅れなのだろうと思いました。

しかしアイヌの子を拷問しようとする姿に耐えることができず、私は鎖を外そうと暴れました。

「そう暴れんなよ。あんたのソウルジェムは私が持ってんだ。下手に暴れるとソウルジェム割っちゃうよ?」

そう、私が抵抗できなかったのはソウルジェムを奪われてしまっていたから。

ソウルジェムは私の魂だとカムイから聞かされていたので抵抗することができなかったのです。

しかし、私は目の前で行われているアイヌの子への拷問とその叫び声に耐えることができず、私は眠っていた人喰い刀を呼び出したのです。

[もう私はあんたのものだ。思うがままに存分に暴れるといいよ]

ソウルジェムから人食い刀 イペタムが飛び出し、そのまま人攫いの魔法少女の腕を切り落としました。

イペタムはソウルジェムと共に私の元へ戻ってきて魔法少女姿となった私はそのアイヌの子以外の人を無差別に殺していったのです。

建物が炎に包まれた中、生きている子がアイヌの子だけとなったのですがその子は既に弄ばれた後だったのです。そして少女は涙を流しながらこう言ってきたのです。

「殺して…もう…生きていたくない」

私は強い悲しみに包まれ、叫びながら少女の心臓を貫いたのです。

朦朧とした意識の中後ろを振り向くと、そこには見知らぬ魔法少女がいましたが私はその場で気を失ってしまったのです。

私が目を覚ますと目の前にはお父さんとお母さんがいて、起き上がった私を抱きしめました。

「生きててよかった!もうそれだけでお父さん達は幸せだよ!」

建物の入り口には腕を組んでこっちを見る人攫いのアジトで最後に見た魔法少女がいました。

これがカレンとの出会いでした。

カレンは放浪の旅の中、路頭に迷うアイヌ達を先導して村の再建、護衛に手を貸してくれていたのです。

そして信用に値すると判断したカムイが、カレンに私の居場所を教えてくれたのです。

私はカレンの元へ向かってカレンの両手を強く握り締めました。

「私がいない中、みんなを守ってくれてありがとうございます!」

「お、おう」

その後人攫い騒動は何もなかったかのように終息し、皆は現代社会でアイヌが生き抜くための準備を進めていました。

私はそんな中、カレンから提案されたのです。

「外の世界を見てみないか?きっとヒトの汚い部分しか見てきていないと思うけど、表の一面も見て欲しいんだ。その上でヒトに対して判断を下して欲しい」

アイヌ以外の人嫌いになっていた私でしたが、カレンと一緒ならという思いで私は外の世界を見たくなりました。

わたしはお父さんとお母さんに相談し、わたしは外の世界へ旅立つ許可をもらえました。

「私たちはもう大丈夫だ。都会の人たちと共に生きながらもアイヌの文化を守っていくよ。

だからピリカは好きな生き方を選びなさい。カレンさんは信用できる人だから、お父さん達はあの人についていくことを否定しないよ」

こうしてわたしは決心し、人を見定める旅にカレンと共に出たのです。

結局人を否定する結果とはなったけれど。

ヒトはお金のためなら手段を選ばない。どんなにひどいことをしてもお金のある人が幸せなことになるというこの世界の価値観が大っ嫌いなのです。

========================

紗良シオリの記憶

シオリは小学生の頃、周りの子よりも物覚えが悪かった。

周りの子よりもたくさん勉強しても、テストをするといつも50点以下ばかり。

両親は教師でありながら海外で授業をまともに受けられない子ども達のために学ぶ場を設けてあげたいという夢を持っていたのですが、シオリは両親のそんな夢を邪魔していたのでした。

シオリちゃんは周りの子と比べてものを覚えるスピードが遅いんです。
もしかしたら、ADHDなのかもしれません」

「わたしの子を勝手に病気呼ばわりしないでください!」

そうお母さんが怒る場面を転校した学校でよく目にしました。

「シオリのためだ。海外へ研修に行くことは諦めてシオリのために生きていくことにしよう」

「そうよね、それが第一よね」

シオリは両親の優しさが辛かった。物覚えが悪いというだけでシオリは両親の夢を奪ってしまうのだから。

シオリは悔しくて勉強しながらノートに涙を流していました。

そんなある日、深夜の部屋にキュゥべぇが現れたのです。

「紗良シオリ。僕なら君の願いを叶えてあげられるよ。
君は何を願うんだい?」

アニメに出てきそうな動物を目にしても、なんでも願いを叶えられるという言葉に踊らされてシオリは願ったのです。

「見たもの、聞いたものを絶対に忘れないようになりたい!

お父さん、お母さんのためにも!」

そう願ってから授業を受けると教わったことが頭から離れなくなったのです。それどころか目に入ったもの、聞いたことすべてを覚えていられるようになったのです。

おかげで6年生の頃には中学校の授業を専攻して受けられるほど私の学力が跳ね上がったのです。

英語も理解できるようになり、そんなシオリを見た両親は海外で授業を教えるための資格を取るために海外研修を受ける決心をしました。

シオリは中学校から海外の学校で学ぶこととなり、一緒に戦っていた魔法少女達からはすごい、頑張ってねという言葉をもらって、海外へ旅立ちました。

世界の時間の基準となる場所近くの海外の学校へ通うようになったシオリですが、日本で習った時のイントネーションとは違った現地独特のなまりに苦戦しました。

でもみんなは優しく教えてくれたし、覚えるのも早かったのですぐに溶け込むことに成功しました。

中学2年生となった頃は飛び級という制度があったので高校に通ってみないかと勧められました。

シオリは両親へ相談して学びたいことはどんどん吸収しなさいと促されて高校へ飛び級することとなったのです。

もちろんそんなシオリを羨ましがっていじめようとする学生もいましたがブラックジョークなんかをぶつけて周りを味方にしながら難なく学業に励むことができたのです。

そんな激変した生活でしたが、日常生活に支障が出ていました。

それは、魔法少女になってから一睡もできなくなったのです。どれだけ寝ようと布団に入っても寝ることができず、次第に寝るという行為すら行わなくなったのです。

夜は魔法少女として魔女狩りに勤しんでいましたが、雷を放つか帯で打撃攻撃しかできないしおりに対して先輩魔法少女から闘いを工夫しなさいと怒られてしまいました。

人間社会では飛び級できても、魔法少女としては初心者。

シオリは魔法少女には得意不得意があると察し、不得意を補うために現代技術を応用した戦い方を考えたのです。

チームのみんなが苦戦している中で鉄塊を高速で飛ばして魔女を蜂の巣にしたり、砂鉄を集めて刃を作ってプラズマカッターのように扱ったりと戦い方を変えただけで自由度が増していったのです。

そんな先輩魔法少女達と戦っている中、ソウルジェムがシオリ達の魂であること、ソウルジェムが濁れば魔女になってしまうことを知りました。

でもシオリは後悔はしていません。

お父さんとお母さんが安心して夢へと向かうことができたんだから

中学3年の年齢となる頃には大学編入の相談をされましたが先行して学びたい分野が定まっていないので悩んでいました。

そんなシオリをメディアはADHDと思われた中学3年生は天才となっていたと紹介し、世の中は物覚えが悪いとすぐに病気だと決めつけることをやめて行きました。

少し恥ずかしかったけど、それで物覚えに苦労している子達の立場が救われるのならいいかなって思いました。

シオリの両親は海外研修を終えて、見事に海外で勉強を教える資格を取得することに成功しました。

シオリは両親が海外で働くために一度母国へ戻ることとなりました

海外の生活も悪くはなかったけど、今後はたくさんの国を回ることになるし、シオリも頑張らないと。

魔法少女チームのみんなに別れを告げて、シオリと両親は飛行機に乗って母国へと戻ろうとしました。

しかし、その飛行機がシオリの生き方を変える転換期となったのです。

飛行機はある宗教に心酔したテロリスト達に占拠され、そのテロリストたちは西の大国へ飛行機を落とそうとしたのです。

シオリは客にもテロリストが潜伏していると思うとなかなか手を出せずにいました。

そんな中、なかなか言うことを聞かない操縦士を脅すためにテロリスト達は人質を選定し出しました。

「5分経過する度に乗員を一人ずつ殺す。乗員を殺されたくなければ言う通りにするんだ」

そんな人質にシオリのお母さんが選ばれてしまったのです。

シオリは思わずテロリストに手を出してしまい、潜伏していたテロリストに脇腹を撃たれましたが魔法少女姿となって母親の手を離しませんでした。

お前達の倫理観にシオリ達を巻き込むんじゃない!

必死に抵抗していると、操縦席で銃声が聞こえた後に飛行機は急降下を始めたのです。

飛行機内には悲鳴が響き、瞬く間に飛行機は地面に打ち付けられてシオリは身にかかったGと衝撃で気を失ったのです。

気がつくと目の前にはぐちゃぐちゃとなった飛行機の残骸と吹き飛ばされた肉塊が広がっていました。

シオリの体には飛行機の部品が刺さっていて心臓を貫いていましたが魔法少女だったので生きていました。

そんなシオリが目線を下に下ろすと血が大量に吹き出し、四股や頭が散り散りとなった両親を目にしてしまったのです。

「お父さん、お母さん?」

シオリは心臓から部品を抜き取り、血を垂らしながら両親の元へ歩み寄りましたが、生きているはずがありませんでした。

シオリの目からは涙が溢れ出し、全てを奪ったテロリストに対する強い怒りが込み上げました。

「ヴァアアアアアアアアアアア!!!!!」

シオリは空を見上げて強く叫び、何かに塗りつぶされるかのように目の前が真っ暗となったのです。

目覚めることがないかと思ったけど、ある二人の声を聞いて久々に目を覚ますという感覚を体験しました

シオリを助けたお人好しはカレンとピリカという二人の魔法少女。

シオリはなぜ助けたと二人に向かって怒鳴りましたが、二人はシオリが必要だと言い張るばかりでした。

シオリは一人になりたいとその場を離れますが、カレンが後をついてきたのです。

「ついてくんなよ!」

「たまたま行きたい方向が同じだっただけさ。そうかっかするんじゃないよ」

そう言ってシオリが座り込んだ木の隣の木へカレンが座った。

「シオリ、この世が憎いか」

「何を言い出すの、シオリが憎いのは倫理観が狂った奴らよ」

「もし、世界の在り方を変える力を持つ者がいると知ったら、シオリは興味を持つか」

「そんな奴が本当にいるなら、出会ってみたいに決まっているでしょ」

「じゃあ一緒にそいつへ会いに行かないか?どうせこのまま生きながらえても暇だろ?」

世界の在り方を変える奴なんて聞いたことがない。嘘に決まっている。

「嘘じゃないよ、紗良シオリ」

声を聞いて振り向くとピリカとキュゥべぇがいました。

「嘘だとぶっ飛ばすよ」

「嘘ではない。西側の国に昔に栄えた錬金術を扱える魔法少女の素質を持つ少女がいるんだ。

彼女は世界を変えるほどの素質を持つ。もし彼女に関われば、君たちのやりたいことも達成できるんじゃないかな」

錬金術

姿形は化学へと変えて現代にも残り続けているけど、本場の錬金術は異端だと罵られて姿を消したと聞いている。

でも極めたものは神に近い力を奮ったとも聞いている。

「それが本当なら、シオリはこんなところで腐ってるわけには行かないね」

「それじゃあシオリ、共に来ないか。

一緒にこの世界の在り方を変えるために」

「いいよ。でも、シオリをしっかり満足させてよね」

「刺激たっぷりの余生となることを約束するよ」

こうしてシオリはカレン、ピリカと共に行動することとなり、噂の錬金術師と出会って聖遺物を集める活動を開始しました。

そんな中でシオリは師匠から錬金術を学び、今でも活用しています。

師匠が死んでからは貰った力を使い、師匠と目指した世界を作るために活動してきたのです。

人類史を壊し、魔法少女の時代を始めるという夢を。

 

========================

私は現実に戻り、2人の激動の歴史を一気に見て体がふらつきました。

だから、ここまでしてヒトを殺そうと。

私は攻撃の気配がしてすぐに避けましたが、糸が脇腹を切りつけて行きました。

顔を上げると怒った顔のカレンさんが手を伸ばしていました。

「見たのか、シオリとピリカの記憶を!」

「見られたら仕方がないね」

「私たちと行動を共にするか、ここで死ぬか選びなさい!」

ピリカさんが刃を向けてきたのでももこさん達の方を見るとソウルジェムを残されたままボロボロになって気絶していました。

「協力はしますが傘下に加わる気はありません」

「そうか、じゃあ一緒にずっとついてきてもらうよう協力してもらわないといけないね」

「なぜ、記憶を覗かれることを嫌うのですか」

「嫌に決まっているだろう!知られたくないこと、掘り返されたくないこと。

それを見られて怒らない奴がどこにいる!」

場の殺気が強まったので私と出現しているななかさん達は攻撃態勢に入りました。

「届けー!」

そう声が聞こえた方向を向くとういちゃんと桜子さん、灯花ちゃん、ねむちゃんが凧に乗ってこちらへ突っ込んできました。

 

 

4-1:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-3

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 3-12 悪魔法少女

私たちはみかづき荘の玄関前に降りて、アリナ先輩がいきなり魔法少女の姿になって呼び鈴を鳴らした。

するとすぐに家の扉が開かれ、5人の姿が見えたの。

「はぁーい、みかづき荘のみんな。環いろはの場所、知りたくない?」

アリナ先輩が陽気に話し出した!

新鮮だけど、どうしてそうなったかわからない!

覚えの魔力を感じたから玄関へ急いだら、思いもよらない言葉が飛んできて正直驚いた。

「アリナ・グレイに、御園かりん」

「お姉ちゃんの居場所、わかるの?お姉ちゃんの居場所を教えて!」

「どういう風の吹き回しか聞かせてもらえるかしら」

「ここで立ち話してていいワケ?

アリナ達が逃げ出したってあいつらは知っているはずだから、早くしないと環いろはを別の場所にムーブされると思うんですケド」

「おい、こいつらのこと信じていいのか」

紗良シオリ達の潜伏先は割れている。

アリナ達の話を聞く必要はないかもしれないわね。

でも、一応聞いてみようかしら。

「紗良シオリ達の居場所はすでに突き止めているわ。あなた達の誘いに乗る気はないわ」

「待って欲しいの!SNSに記載されている場所とは違った場所にいろはさんは捕らえられているの!

私たちが案内しないと絶対わかるはずがないの!」

「そう、だったら私だけ行くわ」

「やちよさん、私はアリナさん達についていきたいです!」

「ういちゃん?!」

「オーケー。じゃあ、さっさとついてきてヨネ」

「おいちょっと待てよ!」

アリナは待たずに御園かりんと西の方角に飛んでいってしまった。

「やちよ、どうする」

「私は追うわ。鶴乃は予定していた場所へ向かってここで起きたことを伝えて頂戴」

ピッ

「仲間外れなんていや。みんなにはここで起きたこと伝えておいたから。

さ、2人を見失わないうちに追いかけようよ!」

こんなときに余計に頭が回るんだから。

「私も追った方がいいと思います。みんなで行けば、いろはさんを助けることだけはできるかも」

「なんだよさなまで、ぜってー罠だろ」

私たちが話していると、ういちゃんは魔法少女姿に返信して、凧に乗ってアリナ達が向かった方向に飛んでいってしまった。

「ういちゃん?!」

「いけない!追うわよ!」

「わかったよ、行きゃあいいんだろ!」

ほぼ強制的に私たちはアリナ達を追うことになった。

まさかういちゃんが自分から動くとは思わなかったけど、いろはも頑固なところがあるし、さすが姉妹って思ってしまった。

罠であることを警戒して私たちで動くことにした。

アリナ達の後を追っていると彼女の言った通り私たちの把握している場所とは違った方角に進んでいた。

神浜マギアユニオンの他のメンバーには鶴乃のメッセージが届いているみたいで、それぞれが目的の場所に向かい始めていた。

アリナ達は廃墟の前で立ち止まり、私たちがついてきていることを確認すると中へと入っていった。

私たちも急いで廃墟の中へ進んでいくと、そこには禍々しい色に染まったキューブの中に、確かにいろはの姿があった。

「アハッ、一回外に出たから認識できたけど、かなりいいカラーに仕上がってるんじゃない?」

「ふざけたこと言わないで。これはあなた達がやったことなの?」

「行動を起こしたのはアリナ、でも指図したのは別の奴なワケ。

ま、アリナがこうして目を覚ましたのはフールガールが拐ってきた環いろはのおかげなんだけどね」

「いろはさんが、アリナを?」

「いろはさんと2人きりになってお願いしないと、他の人がアリナ先輩にひどいことしちゃうと思ったから。それを日継カレンって魔法少女に助けてもらったの」

「そう、経緯については把握したわ」

いろは、見捨てることはできなかったのね。

その結果捕われてしまったなんて。

私は武器を構えてキューブを破壊しようとしたとき、いろはを捕らえているキューブに亀裂が入り始めた。

「アメイジング、結界を内側から破るなんて想定外!

結界で収まりきらないなんて、イブ以来なんですケド!」

亀裂からはドリドロとした液体が溢れ出てきて、結界が破壊されると禍々しい色の液体を被ったいろはが出てきてその場に現れた。

「お姉ちゃん!」

わたしは近寄ろうとしたういちゃんの前に手を出して行く手を阻み、その場に身構えた。

「うい、そこにいるの?うい、うい!」

いろはが顔を上げると穢れが満ちたソウルジェムからピンク色の布ができていろはをぐるぐる巻に包んでしまった。

その後、魔法少女でありながら倒すべき敵の反応を示し始め、布を破るように変わり果てたいろはが姿を現した。

「お姉ちゃん?でもその姿、それにこの反応ってまるで」

「魔女の、反応」

いろはの色が変わったマントの裏からは包帯が伸びてういちゃんの手足に巻きついて力強く引き始めた。

いけない!

わたしは手にした武器で包帯を絡めとり、地面へ突き刺した。それでもういちゃんに巻きついた包帯は解ける様子がなかった。

「うい、この世界は、人間は危ないからね、waタしがしkkari守ってあゲr!」

いろはがそう声を荒げると周りが廃墟だった景色はみるみるうちにお城の中にいるような風景に変わっていき、窓から見える夜空には機関車がチラチラと見え隠れしていた。

そして周りには穢れが充満し始めた。

「魔女の結界?!ウソだろ、神浜じゃ魔女にならないはずだぞ!」

「やちよさん、そこどいてくださいよ。

ういを抱きしめられないじゃないですか」

「今のいろはにういちゃんを渡すわけにはいかないわ。何をしだすかわからない」

「何って、ういを抱きしめてわたしなしでは生きていけないようにしてあげるんですよ。そうすれば、ういはヒトの穢れに触れず、苦しい思いをしないで済みますからね」

「いろはちゃん、紗良シオリ達に何されたの!」

「シオリさん達は真実を教えてくれただけだよ、つるのちゃん。

もしかして、みんな邪魔をするの?」

「目を覚ましなさいいろは!紗良シオリさん達のやってることは人に被害をもたらすのよ」

「だからいいじゃないですか、世の中不幸にするヒトを減らせるんですよ?」

今のいろはの状態に思考が追いつかない。

いろはの魔力は黒いオーラの魔法少女みたいに混ざった反応だし、でも自我があって魔女の結界まで生成してる。

こんな状況、長い間神浜にいても経験した覚えがない。

でもまずは大人しくさせるしかない。

「ねえ、そろそろウイをhanあしてあげて」

「離すのはあなたよ、いろは」

「ジャmAをすruNお化!」

いろははついに私たちに包帯で攻撃をしてきた。

「やちよ、いろはちゃんの姿をよく見たらドッペルの姿に似ているよ」

「気がするで済むものじゃないわ、ドッペルと融合してるのと同じよ」

誰もいろはに攻撃を加えず、さなさんは動けないわたしとういちゃんを庇ってくれた。

「訳わかんねぇけど、今すぐぶん殴って正気に戻してやる!」

そう言ってフェリシアは襲いかかってくる包帯を避けながらいろはの懐まで近づいた。

「近くは苦手だもんなぁ!」

そう言ってフェリシアがハンマーを振り上げるとそのままいつものように振り下ろさずに動きが止まってしまった。

「フェリシア?」

「いつものわたしとは違うんだよ、フェリシアちゃん」

いろははどこから取り出したのかわからないナイフをフェリシアの心臓部分に突き立てていて、そのまま予想外の痛みで動けなくなったフェリシアを蹴り飛ばした。

そして形状が変化した鳥のような足でしっかりと地面へ押さえ込み、そのまま獲物を啄むように血を辺りに散らしながらフェリシアへ何度もナイフを突き立てた。

ンヴァアアアアアアア!
アハハハハハハアッハハハハハハッ!!!!

私たちのやめなさいという声を打ち消してしまうほどのフェリシアの叫びと聞いたことがないいろはの狂気な笑い声が結界内に響き渡った。

それと同時に周りの結界は血が通ったように血管を血が通るような蔦が現れ始めた。

鶴乃がフェリシアを助けようとして近づこうとすると、大きな魔力の塊がいろはに直撃した。

後ろに下がったいろはの隙をついて腹部分が穴だらけになったフェリシアを鶴乃が助け出した。

「今の魔力、ういちゃん?!」

ういちゃんの隣には四つの凧が円形に回っていて、その中心から魔力が放たれたようだ。

ういちゃん自身は涙を流しながら噛み締めた表情をしていた。

「もうやめて!そんなお姉ちゃんなんて嫌いになっちゃうんだから!」

そう言ってもう一度ういちゃんはいろはへ魔法弾を放った。

魔法弾はいろはに直撃しても全くダメージを与えている様子はなかった。

「ういがわたしを嫌っても、わたしは大好きだから好きにさせてあげる!」

そう言っていろはは包帯をういちゃんに向けて突き立てできたけど、さなさんがしっかりと盾で受け止めてくれた。

しかしいろはの攻撃はただただ暴れるだけのように四方八方へ飛び、一切干渉しようとしていないアリナやかりんさんへも矛先が向いた。

「アハハハハハッ!!!」

結界が攻撃に耐えられずに倒壊し始めた頃、いろはの後ろから聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「そこまでですいろはさん。戯れは後にしてください」

そう言っていろはの行動を止めたのはピリカさんだった。

「ピリカさん、あなた!」

「ピリカさん邪魔しないでくださいよ、ういがいなくなっちゃったじゃないですか」

その言葉を聞いてはっと後ろを振り向くとういちゃんの姿はなかった。

まさか、例の別の空間へ飛ぶ力を使ったの?

「時間が迫っています。わたしについてきてください」

「あら、そうでしたか。でも、そのあとは自由にさせてもらいますからね」

「もちろんですよ」

そう言っていろはは手を差し出しているピリカさんの手をなんの疑いもなく握りしめた。

「待ちなさい!」

「ワッカ、濁流と化せ!」

私たちは濁流に呑まれて結界から、廃墟から押し出されてしまった。

廃墟は濁流の衝撃で崩れてしまい、中央区へ向かういろは達の姿だけは確認できた。

「チクショウ、なんだよ。かこだけじゃなくいろはまでいなくなっちまうなんてオレは、オレは!」

「フェリシア落ち着いて、血が止まらないよ!」

「鶴乃、さなさん、フェリシアを調整屋へ連れて行ってあげて。私はいろはを追うわ」

「うん、わかった」

わたしは一人でいろはが向かったと思われる中央区へ急いだ。

いろはをあんな状態にした日継カレン、許すことなんてできない。

 

 

「さて、アリナ達はどうするか」

「遠くから見ることしかできないの、あんな戦い、命がいくつあっても足りないの」

「ま、このあと面白そうなことが起こりそうだし、遠くから眺めて、サイッコーの瞬間を脳裏に焼き付けようか」

「遠くから眺めるくらいならいいと思うの」

今の神浜はひどい状況かもしれない。

でも、アリナ先輩と一緒にいるこの場所は、この瞬間は最高な状況だと思って、わたしは思わず微笑んでしまったのでした。

 

 

3-11:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 3-13