【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-20 堕ちはじまりし魔法少女

気がついて目を開けたときに感じたのは、冷たいコンクリートの床の感触と吹き抜ける風の冷たさ。

そして周りを見渡してみると腕を組んで壁に寄りかかっているカレンさんと体育座りで顔をうずめているかりんちゃん、そしてかりんちゃんを見つめるピリカさんがいました。

「ここは」

私がそう呟くとかりんちゃんが顔を上げて私に近づいて来て目の前に座りました。

「いろはさん、お願いなの。先輩を、アリナ先輩を助けて!」

いきなり行方不明のアリナさんの話が出てきて話に追いつきませんでした。

「こら、事情も説明しないで頼んだって困るだけでしょ。まずは事情を説明させてくれるかい、いろはさん、あとはピリカも」

ピリカさんはどうやらカレンさん達の仲間らしく、別行動をしていたのは神浜市を見極めるためだったとのこと。

見極めた結果を聞きたいのは山々ですが、今はアリナさんを助ける事情を教えてもらっている最中です。

「元マギウスの一人、アリナ・グレイを助けたい理由はマギウスの経緯を知りたいという理由と、彼女が張っている被膜を解除してもらうためだ」

「張っている皮膜を?でも、アリナさんのソウルジェム、ヒビが入っているのでそんな膨大な魔力は行使できないと思うんですが」

「現にキュゥべえは今だに神浜へ入ることができない状態だ。この状態は私たちの計画にも支障をきたすんだよ」

「キュゥべえと契約させるために、ですか」

「そうさ。一人の願いでみんなが救われる。しかもすぐに魔女化してしまうような結果もドッペルを出すだけで終わるんだ。これ以上に簡潔な方法はないはずだよ」

願いを叶えるはずの少女の意思、そしてその結果生じてしまうという人へ降りかかる呪い。

この人たちはそんな結果が待っていようと最善策を考えようとしてくれません。

きっと、アリナさんの意識を取り戻してしまうとカレンさん達の計画は加速するでしょう。

でも、それがアリナさんを助けない理由にもならない。

かりんちゃん、この人たちの目的を知った上で協力してるんだろうか。

「かりんちゃん、カレンさん達が何をしようとしているのかわかってるの?アリナさんを助けたら、キュゥべえが神浜に入れるようになってたくさんの人が、また不幸になるかもしれないんだよ」

この人たちがやろうとしていることは怖いことなんだってことはわかるの。でも、一番怖いのは助けたい人を助けられなかったって後悔するときなの
みんなに普通に伝えたらアリナ先輩は間違いなくひどいことをされるの。
それに、シオリさん達はアリナ先輩を守ってくれるって約束してくれたから」

「それは楽観的すぎるよ。アリナさんだって、あの時と同じままだったら」

「アリナ先輩は私が説得するの!だからお願い、アリナ先輩を目覚めさせてあげてほしいの。みふゆさんの時のように」

アリナさんのソウルジェムはヒビが入っていて、みふゆさんの時くらい損傷していました。

「補足しておくと、この状態でも魔力は消費していてね、実は何度かドッペルが出ているんだ」

「ソウルジェムが、こんな状態なのにですか?!」

「正直私も驚いているよ。ソウルジェムへ負荷がかかっているはずなのに砕けずに耐えているのが奇跡なくらいだ。でも確実にヒビは深くなっている。もうそんなに長くは保たないだろう」

「お願いいろはさん、時間がないの!」

アリナさんを助けるべきか否か。

いつも選択が迫ると近くにいるはずのクレメルの姿はなく、相談できる人もいない。

助ける理由も、断る理由も実はない。

この人はねむちゃんによって偽りの記憶を植え付けられた結果、あんなひどいことをしてしまっただけでかりんちゃんの言う通り優しい人なのかもしれない。

でも、やちよさんによるとアリナさんは元々価値観は特殊で、ウワサに操られていない状況でも同じことを繰り返しかねないともいっていた。

確かに、アリナさんが作った死者蘇生シリーズの作品を見たときは、初めて会った時のアリナさんそのままの印象と一致してしまった。

でもそれはあくまでアリナさんの一面。かりんちゃんが言う、優しいアリナさんも別の一面。

どちらも不確定な要素でどの選択を行ってもみんなは納得できない

最善の、最善の方法は。

 

私は大きく深呼吸をします。

「わかった。アリナさんを助けるね」

「はあ!本当!?」

「でもかりんちゃん、約束して。
かつて灯花ちゃんやねむちゃんが受けたように、アリナさんも裁判を受けてもらうから。そこでかりんちゃんの知っている優しいアリナさんをみんなに教えてほしいの。そして、みんなが納得する結果になるよう、アリナさんを説得してほしい。
もちろん、かりんちゃんも納得するようにね」

「わかってるの」

私はアリナさんの指にはめられたソウルジェムへ魔力を注ぎます。

助けたいという、ただそれだけの想いで使用することができたソウルジェムを修復する魔法。

助けなくてもいいという雑念がこもらないよう、ただ助けることだけに集中しました。

かりんちゃんを、これ以上悲しませたくないから。

少しだけ時間が経過し、アリナさんのソウルジェムは修復されましたが、アリナさんは眠ったままでした。

「これで、あとは気がつくのを待てばいいはず」

きゃあっ!

かりんちゃんの叫び声の方を向くと、かりんちゃんは糸でぐるぐる巻きにされていました。

「環いろはさん。蘇生の力、確かに拝見させてもらった。その命を救済する力は、私たちには必要だ」

「シオリさん、カレンさん、何をしてるんですか。かりんちゃんを離してください!」

「なに、アリナ・グレイの意識を取り戻すという目的もあったけど、一番の目的は貴方だ。蘇生できるというウワサ程度の話を目の前で観測できたんだからね。感謝しているよ」

私は急いで逃げようとしますが、素早くピリカさんに首を掴まれ、壁に打ち付けられてしまいました。

ピリカさんの手には、禍々しいオーラを放つ剣が握られていました。

私は首を掴まれたまま足が浮いた状態だったのでだんだんと意識が朦朧となっていきました。

「ピリカさん、なんで」

「私が神浜を見定めた結果を伝えていませんでしたね。

環いろはさん。

私は、貴方達の行動理念、そして、人と共存しようとする貴方達の考えを容認できません。

西と東の不毛な考えは人から魔法少女へ伝染し、魔女化の恐怖から逃れられても文化とお金によってさらなる絶望を生むでしょう。

なので貴方には見直してもらいます。

本当に人は、助けるに値するのかを!」

私のお腹を、ピリカさんの剣が貫きます。

かりんちゃんが泣きながら何か話しかけてきますが、呼吸できなくて変に頭に熱がこもっていた筈ですが、どんどん血が抜けるように、どこかに沈んでいくように寒く感じてきました。

この感覚はそう、初めてドッペルを出した時と同じ感覚でした。

 

 

 

 

長いドリームの中にいた。

ホスピタルの上から飛び降りようとした日から、アリナはナイトメアのようなアメイジングな夢を見ていたのかもしれない。

でもそれはリアルで、ノンフィクションだとフールガールの声が語りかけてきていた。

記憶も鮮明だし、嘘ではないと思うんだけど、今目の前で起きていることは、何のおふざけだと疑ったワケ。

捕まったフールガールに、血を流しながらドッペルを出す見覚えのあるピンク髪の少女。

そして、見覚えのない三人。

そのうちの一人が、アリナにこう話しかけてきた。

「おはよう、アリナ・グレイ。悪いが、あの化け物を閉じ込める檻を用意してもらえないか?」

「…ワッツ?」

 

第二章:アツァ リマ エノキゲン ハ センノウ 完

 

 

2-19:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXTSTAGE: 3-1

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-19 選択肢を開拓する者

事の発端は私がつづりさんから縁切りを教えてもらってから数日後のこと。

学校である方に話しかけられたことから始まります。

「夏目さん、今日放課後空いてる?」

「ちひろさん、特に予定はないですが」

「じゃあラーメン食べに行こ!私美味しい新店見つけちゃったんだ」

「ぜ、ぜひ行きます!」

「うん、じゃあ放課後に校門前ね!」

話し相手はちひろさんと言って、実は蒼海幇のメンバーです。

美雨さんとラーメン屋巡りをしている際に知り合い、美雨さんと親しげに話せる珍しい人だってことから興味を持たれてしまい、仲良くなっていました。

彼女もかなりのラーメン通であり、美味しさだけでなく面白さからラーメンを楽しんだりとかなり気の合う人です。

今回は参京区に出来た新しいラーメン屋に来たのですが、ここの目玉は甲殻類をダシのベースとした塩ラーメン。

しかしちひろさんはこってりした味噌のスープにスパゲティみたいな太い麺が入った変わったラーメンが目的だったようです。

出て来たラーメンを見てみると、ちょっとミートが多めな味噌味スパゲティにしか見えませんでした

学校のたわいもない会話を展開したあと、ちひろさんが話を切り出しました。

今日夏目さんを呼んだのはラーメンを食べる以外にも目的があってね」

そう言ってちひろさんは茶封筒を私に渡して来ました。

「これは?」

「最近美雨さんが誰かを探しているらしくてね、美雨さんがいない間にこっそり机の上にあった写真を見たのさ。

そこには帽子をかぶってメガネをかけた小さな幼女!

まさかそんな趣味がって思ったけどそんな事ないからきっと別の事情があるんじゃないかなって」

最近写真で誰かを探してるといえば、シオリさんくらいだと思うけど。

そこには私たちがお忍びでターゲットを探し回った結果が入ってるんだ。うまいことごまかして渡してもらえないかな」

「どうして私が。直接渡せばいいんじゃないですか?」

「いやね、美雨さんは私たちが余計なことに首を突っ込むと必ずと言っていいほど粛清を喰らわせてくるんだよね」

「ええ?!」

「ガチな怖いやつじゃないよ。力仕事の互助活動に強制参加とかそんな感じだから。
でもそのお仕置きのせいで美雨さんの目が届く中央区の学校に強制転校させられた子もいたらしくてね。私はそれが一番嫌なんだ」

「ちひろさん」

「何かといじめも多いけどさ、新西区のマンモス校のみんなといると楽しくてさ。できれば離れたくないんだよね。
だから、夏目さんから渡して欲しいなって」

私は茶封筒を鞄にしまいました。

「わかりました。渡しておきますね」

「ありがと!」

茶封筒についてはななかさん達と中身を見たのですが、そこにはピンポイントにシオリさんの目撃履歴が紙やら写真で入っていました。

「随分と詳細な調査情報ですね。かこさん、探偵でも雇いましたか?」

「え、私そんなお金ありませんよ」

「冗談です。しかし、私たちの行動できない昼間の目撃情報が多いですね。自由に行動できる彼女達とはここで差がついてしまっているようですね」

学校が終わってから会うことがないってことは相手もリスクを理解して行動してるって事だよね」

なんとかちひろさん達が集めた情報だと感づかれる事なく渡すことができ、ある行動原理が見えて来ました。

「どうやら中央区だけは遅い時間でも姿を表しているようですね。
場所は電波塔近くのようです」

「なら電波塔で張るか?」

「いえ、葉月さん達によればシオリさん以外にカレンさんも付き添って行動しているようなので一人になる瞬間を見極める必要があります。

ここはあえて中央区の監視を薄くし、シオリさんが一人になる瞬間を待ちましょう。

既に策はありますから」

「一応みんなにも伝えておくね」

「お願いします」

この頃から私達は黒いオーラの魔法少女を解放しながらシオリさんの動向を探るようにしていました。

一応まどかさん達にも連絡をとってみるとどうやらシオリさんの姿は見滝原でも発見されていたようです。

まどかさんの友達であるほむらさんが何やらシオリさんの動向を知っているようで色々聞いてくれました。

見滝原の魔法少女には特に被害なし。でも最近は神浜にはあまり近づかないようにする方針をとっているようです。

黒いオーラの魔法少女の件があるから。

そしてある日、私はピリカさんという魔法少女に出会い、一緒に黒いオーラの魔法少女と戦いました。

その魔法少女と別れたあと、ななかさんから情報が入って来ました。

「今日はシオリさんが一人になる機会です。例の計画を実施します」

私達は中央区にある廃墟へ集まりました。

この話を聞いて集まったのはチームの方達とと中央区、ひなのさん達と一緒にいる魔法少女達でした。

「まずはお集まりいただきありがとうございます。

今回の作戦で皆さんに行ってもらいたいのはシオリさんの気を引くだけです。

決して倒そうと思わず、命を投げるような行動は避けてください。

何か質問がある方はいらっしゃいますか」

「一つ確認。給水ポンプの位置は把握しているわ。私たちが給水ポンプを壊す役割を持ってもいいと思うけど」

「まさらさん、シオリさんも自分の弱点は把握しているはずです。悪戯に使える給水ポンプのポイントを潰すわけにはいきません。
美雨さんに任せて注意を引く行為に注力してください。
おそらくそれだけで精一杯でしょう」

「動きを止めた後の話は聞いていないんだけど、どうするの」

「ソウルジェムを取り、知っていることを聞き出します。その後はシオリさんの言動次第ですね」

皆さんは一度はシオリさんから被害を受けています。

よくない方向に動かないか不安になってしまいます。

「ほかにはないようですね。

では、参りましょうか」

中央区の電波塔付近へ各自配置につき、電波塔を見上げているシオリさんへななかさんが話しかけます。

「お目にかかる機会が少なかったですが、今までどこにいらしたのですか、紗良シオリさん」

「久しいね、ななかさん。こんな夜番に大勢連れて電波塔観光とは、変わったことをしていらしますね」

「あなた達の企みはひなのさんから聞いています。実施方法を見直す気はありませんか」

「最適案を崩す気はないですよ。それとも、あなた達だけで最適案を見出してくれるとでも?」

「改善していただく気はないようですね。方法さえ詳細に教えていただければ別の方法が見出せるかもしれません」

「くどいぞ策士。シオリはいつ始めても構わない」

「そうですか、残念です。では、お覚悟を」

開戦の合図とともに控えていたあいみさんが数発発砲しました。

シオリさんは瞬時に魔法少女姿となり、マグナムの弾丸を避けました。

そして周囲に強力な電気を発したかと思うと、周囲にはドーム状の電磁シールドが貼られました。

「皆さん中へ!」

路地裏で控えていた衣美里さん達は強制的にシオリさんの目の前へ姿を晒すこととなりました。

「神浜では一般人をあまり巻き込みたくないんだろう?戦いやすいように人払いをさせてもらったよ」

「その余裕はいつまで続くかしら」

まさらさんとこころさん、あいみさんが交戦していました。

私は美雨さんと合図があるまで待機です。

おそらくチャンスは一度。外してしまったら、皆さんの頑張りも無駄に。

慎重に、深呼吸して待とう。

衣美里さん、れんさん、梨花さんも加勢していますがシオリさんは雷や周囲の金属を利用して全く傷をつけられていませんでした。

追撃も、必中の攻撃も、死角からの攻撃も、三次元的に動く帯や金属片で弾き返し、クロスカウンターのように攻撃し返すシオリさんは楽しそうな表情をしています。

戦いは電波塔を中心としてグルグルと場所を移動しながら繰り広げられています。

シオリさんは大勢の攻撃に対処しながら決まって給水ポンプからは遠くの場所へ着地していました。

やはり弱点となるポイントというのは把握しているようです。

「やはり弱点は水。こころさん、押し切ってください」

「OK!あいみ!」

「よし来た!狙いはバッチリだよ!」

あいみさんのコネクトを受けたこころさんは一つの給水ポンプ目掛けてシオリさんを押し込みます。

シオリさんはこころさんのマギアの勢いで給水ポンプ近くまで寄せられていきます。

「そんなことだろうと思ったさ!」

シオリさんは近くにあった鉄パイプを4本頭上に浮かせ、四方向にある給水ポンプ目掛けて鉄パイプを撃ち込みます。

近くで待機していたあきらさん、ななかさんは急いで避けましたが、4方向から噴水のように水が飛び出しました。

「これで奥の手は無くなっただろう」

「まだまだ!」

衣美里さんからコネクトを受けた梨花さんがシオリさん目掛けてコンパクトから発するビームを何度も撃ち込みます。

こころさんがシオリさんから離れたのを合図に梨花さんはコンパクトを巨大化させてシオリさん目掛けて撃ち込みます。

当然のようにシオリさんは雷で形成されたシールドで防ぎますがどうにも苦しそうな表情を浮かべていました。

「今です!かこさん!」

掛け声を合図に私は給水ポンプを切り、シオリさんへ噴出した水が届くように武器で噴射口を緩く抑えます

シオリさんは反応できなかったのか水をもろに浴びてそれと同時に梨花さんのビームに飲み込まれて建物の壁に打ちつけられました。

「やった!」

周囲に貼られていた雷のドームは消えていき、私達はシオリさんの元へ集まりました。

「給水ポンプ、四つじゃなかったのか」

「いいや四つが正解ヨ。ただ、四つ壊せたかは別ネ」

「そんなわけ、四つ壊した手応えは確かにあった」

「神浜の魔法少女を十分に理解しきれなかった結果です。この町の魔法少女を敵に回すとどうなるか、おわかりいただけましたか」

給水ポンプを破壊させるようこころさん達が誘導。付近にある四つのうち一箇所を美雨さんの魔法で壊したと錯覚させる。

そして衣美里さんの幻惑魔法をかけるために梨花さんが攻撃する。

思い込みと正常な判断ができなくなれば、いくら情報処理能力に長けていても破壊したはずの一箇所から飛んでくる水鉄砲を避けることができない。

衣美里さんの魔法が効くと知ったときにななかさんが思いついた作戦です。

シオリさんは魔法を使おうとしないあたり、使うとどうなるかは把握している様子です。

「シオリを捕らえてどうする気?先輩をいたぶった分拷問にでもかけるのかい?」

「そのような非道なことはしません。然るべき方法で裁き、償いをこめて自動浄化システムを広げる方法を教えてもらいます」

「そうかい」

会話を聞いている中、後ろから急激に近づく魔力反応に驚いて振り向くと雷の攻撃を受ける二体の黒いオーラを纏った魔法少女がいました。

「シオリさん?!」

左手を前に出してシオリさんは魔法を使っていました。しかし漏電して自身にもダメージは入っていて苦しそうに呼吸しながら体からは煙が上がっていました。

黒いオーラの魔法少女は距離を置いてこちらを見ていました。

「なんて無茶なことを」

「無茶なんてあるか、手出さなきゃ、緑髪の子の頭吹っ飛んでたんだぞ」

「皆さん、黒い魔法少女へ対処を」

私達は人数を半分に割いて二体の黒いオーラの魔法少女へ対抗しました。

きっと、人払いのあのバリアが無くなったから襲いかかって来たのでしょう

そして襲いかかって来た二体は、どうやら弱っているシオリさんへ一直線に向かおうとしている様子でした。

出しているドッペルは狼とチーターのような見た目をした生き物を影から出していました。

月明かりが出ているので影を無くするというのは困難です。

 

全員が黒いオーラの魔法少女へ集中し、二人の魔法少女から黒いオーラをとった頃にはシオリさんの姿はありませんでした。

「予想はしていましたが、逃げられてしまいましたか」

「ちょっと!これじゃ計画が台無しじゃない!」

「幸い、魔力パターンはまだ追えますがカレンさんとの合流は避けられないでしょう。
敵のアジトは今晩中に把握しておきます。今日のところはお開きにしましょう」

「理解に苦しむ判断ね。手負いが一人いる状態ならこの人数で押しかけたほうがすぐに事が済むはずよ」

「皆さんにはお伝えしていませんが、彼女達は三人で行動しています。おそらく今拠点へ潜り込めばシオリさん同等の実力者がカレンさんと組んで襲いかかって来ます。
そうなれば勝ち目はありません」

「三人目、聞いたことがないです」

「うまく紛れていますからね。しかし今日の動向を察するに、元の場所へ戻っていることでしょう」

皆さん納得した表情はしていません。でも、ピリカさんがカレンさん達の仲間だとしたら敵わないのは事実です

「それにみんな、集まったのは夕方だったけどもう時間は19時だよ。帰らないと両親を困らせちゃうんじゃないかな」

「うん、そうだね。お父さんとお母さんを心配させちゃうね。悔しいけど、私は帰るね」

「こころが帰るなら、私も」

あきらさんの言葉を起点にみんなはそれぞれの帰路につきました。

「ななか、アジトの把握に少々大げさにやりすぎたんじゃないかな」

「いいえ、ここまでしなければシオリさんは魔力を顕にしてくださりませんからね。今回は十分成功です」

「あとは奴らの潜伏先へ攻めれば終わりヨ」

人数は神浜マギアユニオンへシオリさん達の潜伏場所を共有すればすぐに集まるでしょう。あとは彼女達が殺されないよう見張るだけです」

こうしてシオリさん達を追い詰める形はできました。

しかしいまだに出続ける黒いオーラの魔法少女が再び邪魔をしてこないか、それだけが不安で仕方がありませんでした。

 

 

2-18:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-20

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-18 選択肢の行く先はただ一つ

みかづき荘にいたメンバーが揃ってカレンさんへついて行きました

時間は19時を回っていますが、協力関係になりたいと申し出て来たカレンさん。

目的地は調整屋。

何かの罠だったとしてもこの機会を逃すわけにはいきません。

ただ黙ってついて行くのは気まずいので私はカレンさんの横に並んで話しかけました。

「あの、調整屋を襲った理由、あれは魔法少女のことを思ってですか」

「それは勿論ですよ。この街を回ってわかったことですが、魔女の数は減って来ていますよね。なおのこと、穢れのスピードが早まるのはデメリットにしかならないと思うんですよ」

「・・・敬語じゃなくてもいいですよ。堅くてくすぐったくなっちゃいます」

「そう、それはありがたいね。私も堅苦しいのは苦手なんだ」

「調整の話ですが、受けるのは自己責任だと、そう伝えて回るようにしました。
前の神浜ならともかく、今は協力してくれる方も多いので」

「それはどうかな」

「え?」

「簡単に強くなる方法があれば、誰だってイージーモードを求めて調整を受けるだろう。

それに魔女が少なくなればグリーフシードの奪い合いだって嫌でも増えるだろう。

ましてや魔女化しないシステムがあると知った有象無象は強さで差をつけるために調整を受けるだろう」

「それは」

「大元から潰せば終わるんだ。でもまあ、ここの調整屋は儲けを目的としているわけではないし、活動も自粛しているから追い込みはしないさ」

「ここの?」

みたまさんから調整の力は他の人から教えてもらったという話を聞いたことがあります。

その教えてくれた人のことを言っているのか、それとも教わった他の人のことを言っているのか。

他の調整屋はグリーフシード目当の儲けに重みを置いた活動をしていてね。まさか3人もいるとは思わなかったよ」

「3人も!?」

「驚くだろう、魔力を調整できるのが知っている中でも4人もいたなんてさ。
この街の調整屋以外はグルで動いてたらしくてね、1人を殺したらフェロモンを感じ取った蜂のように集まって来たよ。
お得意さんだった魔法少女も連れて来てはいたが、まとめて潰したよ」

言葉も出ませんでした。私の知らない間に、カレンさんは神浜周囲にいる調整できる魔法少女を探して回っていたこと、そして、みんな殺してしまったこと。

敵に回してはいけないんだ、この人は。

それで戻って来てみたら何だか黒いオーラを纏っている魔法少女がドッペル出して襲いかかってくるんだから驚いたよ」

「・・・実は、その黒いオーラの魔法少女について私たちも困っている状況なんです」

「ならば都合がいい。今回の話はそれに関わる」

話している間に調整屋さんへたどり着いていました。

調整屋さんは壁に開いた穴もそのままで、本当の廃墟のような状態でした。

「さて、協力関係になりたいって、どういう風の吹き回しかしら」

「今の神浜を見たらわかるでしょう。どこから現れたのか、どのような過程を経て生まれたのかもわからない黒いオーラの魔法少女が蔓延る現状。
これは自動浄化システムを世界へ広げる活動をしている場合ではない。だからですよ」

「しかし信用に至るまでの行いをあなた達は行っていないわ。調整屋の襲撃から始まり、紗良シオリによる襲撃事件の数々。
そう簡単に協力関係になることはできないわ」

「シオリの件は悪かった。あいつにはきつくお灸を据えておいたが、最近は悪さをしている感じではないだろう?」

「確かに最近はそう言った話は聞かないけど、手を出したことには変わりないよ」

だめ、このままでは協力できないまま話が終わってしまう。

今は一番争わなくていい方法、カレンさん達との協力を優先させないと。

「協力関係となる条件として、まずはあなたの魔力パターンを教えてください。
そして黒いオーラの魔法少女を助ける方法を探して、その情報を共有してください。それが条件です」

「いろはさん?!」

「そうだね、弱点を教えてくれるくらいの覚悟があるなら私たちも少しは信用できるかも」

「いいでしょう、私たちはそこまでしなくちゃいけないほどあなた達の組織に損害を与えていますからね」

そう言うとカレンさんは両手に糸によって形作られた扇を出現させ、何か踊りを始めました。

体をしなやかに動かし、周囲から何かをかき集め、天へ恵むような動きを流れるように行います。

そんな中、私たちにはカレンさんから眩いばかりの強い力を感じ取れるようになりました。

今までに出会ったことがないほどの、大きな魔力の反応でした。

魔力の大きさに驚いていると、カレンさんが鳴らした扇を閉じる音で我に帰ります。

そして右手を胸に当てて私たちへ向けて一礼しました。

これで魔力パターンを感じることができるようになりましたかね」

「はい、すごく大きな魔力反応で驚いています。あの、今の踊りは一体」

「開示の舞です。これでも舞で戦うのが本来のスタイルでね、この開示の舞では魔力を多く周囲に展開するんで魔力パターンを曝け出すと言う欠点があるんです。

どうですか、これでもまだ私を疑いますか」

「魔力パターンは覚えたわ。これで何か変な動きをしたら追跡できるし、少しは見直したわ。でもこれだけでみんなは納得しないわ。
いろはの言うとおり、まずは黒いオーラの魔法少女を救う方法を提供して頂戴。それからよ」

ここにちはるちゃんがいれば、と思ってしまいましたが、カレンさんは協力姿勢であることをアピールしてくれています。このまま上手くいけばいいけど。

「それならばこちらも気になることがあるんだ。自動浄化システムの生みの親、マギウスの見解が知りたい」

灯花ちゃんとねむちゃんは自動浄化システムに問題は起きていないって言ってるよ。2人とも真剣に考えている最中、です」

ういが進んで報告してくれました。

そういえば最近灯花ちゃん達と会っていないけど、望遠鏡の施設が壊された後以来会えていないことを思い起こします

自動浄化システムはドッペルを出した後ソウルジェムを浄化してくれると聞いています。ドッペルで穢れが消費されたにもかかわらず、またドッペルが出るということは、浄化システムが働いていないのでは、と考えていましたが考えすぎでしたか」

あなた達はよく知らないはずの自動浄化システムを広げる方法を突き止めるほどの知恵があるはずよ。別の要因がないかという考えには至らないのかしら」

「ええ、ある程度要因であろうものは目星がついています。

だが、教える前にやるべきことがあるようだ!」

そう言うと同時にカレンさんは調整屋にあった廃棄された機械を糸で絡め取り、カレンさんの背後に投げ込みます。

すると何かが機械を斬って爆発を起こします。

爆風によって舞い上がったホコリによって周囲の様子を把握できない状況でしたが、カレンさんがいた場所からは赤い斬撃の軌道が見えました。

視界が良くなると、カレンさんがももこさんの大剣を受け止めている状態でした。

「ももこさん!?」

「今頃何をしに来た死に損ない。お前の輝きでは叶わないと知っておきながらまだ争うか!」

「当たり前だ。お前達の思い通りにはさせないぞ」

カレンさんの足元には見慣れた植物の蔓が現れてカレンさんを締め上げようとしますが、フリーハンドな右手で右足に絡み付いた蔓を切り落とし、左手で形作った剣を滑らせるように動かし、ももこさんの力が籠った大剣で左足の蔓を切り落とします。

すると素早く飛んできた水色の複数の槍を避けるように調整屋の奥へ移動しました。

「ももこにレナにかえで!今までどこにいたのさ」

ももこさん達は今まで行方不明者として捜索している最中でした。まさかこんなところで、こんな形で再会するなんて。

「鶴乃、それにいろはちゃん、こいつの話なんて真に受けるな。全ての元凶はこいつらだ!」

「いいだろう、主張してみろ」

「いろはちゃん達は知っていると思うが、私たちは調整屋を襲ったことを後悔させるためにこいつらを追っていた。

見つけることができたものの、私たちでは歯が立たなかった」

「肝心なのはここからでね、私たちはカレンに何かされた後、人の嫌なことが頭の中でぐるぐる回るようになったんだ。おかげで私はお父さんとお母さんを含めて人が嫌いになっちゃったんだ」

「そうなったのもこいつに負けてからよ。そしてレナ達が正気に戻った頃に目の前にいたのはななかさんよ。

ななかさんが言うには、私たちには呪いを運ぶ縁が結ばれていたらしいの」

「呪いを運ぶ、縁?」

「他の襲われた子達もななかさんに救われたって言っていた。その救われた子達に共通しているのが、最後に目の前にいたのがこいつってわけだ」

ななかさんがももこさん達を助けた?それに呪いを運ぶ縁が原因ってどうやって知ったの?

それが本当なら、その人達と出会っている、カレンさんが原因。

「真実かどうかはわからないぞ。

さあ、神浜マギアユニオンのリーダー、信用に至らない私を信じるか、不確かな情報で揺さぶる仲間を信じるか、あなた次第だ」

「全て知ってるくせによくそんなことを言えるな!」

口調が荒いももこさん、レナちゃん、かえでちゃんの目に光はありませんでした。

しかし嘘をついているようには見えません。

カレンさん達とは敵対するしかないの?

「いろはちゃん、ももこ達を信じるべきだよ!」

「俺もそう思うぞ」

「いろは、今は懸命な判断をすべきよ」

「・・・お姉ちゃん」

みんなの顔を見た後、カレンさんの方を向きます。

「ご采配を、環いろはさん」

私個人としてはカレンさんと協力したいというわがままを通したい。でも、今背負っているのは神浜の魔法少女達の総意。

なら、ならばみんなの意見を汲み取るしかない。

「現時点をもって日継カレンさん、紗良シオリさんを危険人物とします。危険行為を働いた彼女達を、拘束してください」

そう言うとみんなは一斉に魔法少女へ変身しました。

カレンさんは素早く調整屋の奥へ行き、グリーフシードが収められている棚を開きました。

「カレンさん、何をする気?!」

杜撰な管理をする神浜マギアユニオンへグリーフシードの大量放置で何が起こるのかわからせるためさ。
それに、一般人を巻き込みたくないのだろう!」

そう言うとカレンさんは調整屋の地面へ計10個のグリーフシードを投げつけます。

投げつけられて地面へ突き刺さったグリーフシードのどれもがなぜか半分近く穢れを貯めている状態でした。

調整屋内は魔女の結界に包まれ、神殿のような景色に変わっていきました。

魔女の結界はグリーフシードを何かの展覧会のように個別のガラスケースで囲い、全てに創作中のタイトルがついていました。

そして周囲には様々な種類の使い魔が現れ、結界の外へ散っていきます。

「何をする気だ」

「グリーフシードっていうのはね、ただのモノではなく、生きている品なんだ。何の処置もしなければ周囲からどんどん呪いを収集して知らぬ間に使い魔が卵を孵化させるためにせっせと動き始めるのさ。

それが一箇所で一気に起きて、一箇所に呪いが集まるとどうなってしまうだろうね」

「みんな!孵化する前にグリーフシードを壊してください!」

そう言ってみんなが各グリーフシードの前へ移動しますが使い魔達が行手を阻みます。

「悪いが私達は日継カレンを倒す!」

「できるのか?あれから学んだか?それともwikiにでも書かれていたか?」

「余裕こいてられるのもいまのうちよ!」

「いいだろう、お前達の希望を輝かせてみせろ!」

私達はひとつひとつグリーフシードを潰していくことに専念していました。ももこさん達の方を見る余裕はあまりありませんでしたが劣勢であることはわかりました。

「全く、ももこったらどうしたのかしら」

「らしくないよね」

「理由なんか後でいいだろ、今はこいつをぶっ潰せばいいんだろ!

フェリシアちゃんの強い一撃ですぐにグリーフシードが壊れてくれるのでとても頼もしいです。

「ももこさん達、まさかドッペルを使おうとしてるの?」

ピリカさんがそう呟いたのでももこさん達の方を向くとももこさん達には薄らと黒いオーラが見えていました。

「ダメよももこ、ドッペルを安易に使うのは!」

「何言ってんだやちよさん、こいつらを倒すにはドッペルを使っても足りないくらいだ!」

そう言うとももこさん達の体からはドッペルが現れてカレンさんへ集中攻撃を行います。

カレンさんはと言うと両手に鉄パイプを持って襲い掛かる攻撃を受け流すかのように動き回ります。

「く、何で当たらないのよ!」

4人の様子を見ている隙を与えないかのように結界内の使い魔達は私たちに襲いかかります。

使い魔達の動向を見ているとツアーガイドのような見た目をした使い魔が外からうつろな目をした人たちを連れてきていました。

「もう人を襲って連れて来てる」

「止めなきゃ!」

その列へカレンさんが降り立つとそこに構わずドッペルの攻撃が放たれます。

「だめ、そこには襲われた人たちが!」

しかし時すでに遅く、結界に入った人たちはドッペルが放った苔に包まれてその場で爆散して跡形も無くなってしまいました。

「そんな、人を構わず攻撃しちゃうなんて」

「ももこ達、正気じゃないわ」

その頃には7つほどグリーフシードが壊されている状態でした。

私は目の前の出来事にショックを受けてしまったのか、体が少し重く感じました。

周りを見渡してみるとみんな揃って動きが鈍くなっていました。

「何でだ、知らないうちに体に力が入らなく」

ももこさん達の方を向くと、手足が殴打されて潰れた状態にされていました。

「ドッペルなんてものを使おうが、中身が変わらないんじゃそんなものだ」

カレンさんはそう言うと私たちの手足へ地面へ擦り付けたせいか尖った鉄パイプで攻撃を加えて行きました。

私はクロスボウをつけている左手と右足を貫かれて思わず悲鳴を上げてしまいました。

「悪いね、ここで拘束されるわけにはいかないんだ。それにすでに弱点を伝えたはずだ、私は舞で戦うと」

「攻撃を避けながら、舞を踊っていたと言うの」

ダメです。こんな全てが器用な人にかなうはずがない。

そう諦めかけた頃、カレンさんがういの目の前にいました。そんな中でもういは立ち続けていました。

「里見灯花と柊ねむに最も近いのは環うい、君だけのはずだ。大人しく2人の居場所を教えてくれれば痛い思いをしないで済むぞ

「ういに、手を出さないで」

「姉が妹を助けられないという心情は、辛いよな、環いろは」

その言葉は皮肉には聞こえず、真っ直ぐなカレンさんの正直な思いである感じがしました。

「教えないよ!悪い人には、2人の居場所は教えません!」

「そうか、残念だな」

そう言うとカレンさんは鉄パイプをういに、向けて。

「ダメ!!!!!」

叫ぶのと同時に目を閉じてしまいました。それはそうです、目の前で見たくもない結果になろうとしていたのですから。

恐る恐る目を開けるとういは無傷でした。

カレンさんはというと、ういの反対側を向いてピリカさんの攻撃を受け止めていました。

「ピリカさん!」

「へぇ、足は射抜いていたはずだけどね」

「痛みなんてどうとでも」

魔女の結界内にいる私達はみんな揃って手、足の片方は筋部分をピンポイントで射抜かれていました。

そう、回復魔法がなければ立ち上がることもできないはず。

この人は一体。

「立ちなさい神浜のリーダー!それでも数十人をまとめる魔法少女ですか!」

少々怒り気味のトーンでそう語りかけて来たピリカさんはカレンさんと引き続き戦っていました。

回復魔法を使えるとは言え、アキレス腱を修復するには時間がかかります。その間はピリカさんの戦っている様子を見ているしかありませんでした。

炎の剣から出る斬撃はカレンさんに振り払われ、カレンさんが片方の鉄パイプを回転させながら投げつけますが、剣や槍を踏み台にしてピリカさんが避けてと武器で時々つばぜりあってはお互いの攻撃を交わすという繰り返しでした。

そんな二人の覇気に押されてか使い魔達は近づこうとしません。

「ういちゃん、孵化しそうなグリーフシードはまだ三つも残ってる。今のうちに壊しちゃおう!とはいっても私は動けないんだけどね」

「わかりました!」

私も早く動けるようにならないと。でも、痛みも相まってなかなか集中できない。

私たちに立ち塞がるあの人達とは、次元が違いすぎることを思い知らされます。

ピリカさんは魔法を使っているのに、カレンさんは鉄パイプしか使っていない。

踊りで魔力は使ったとはいえ、鉄パイプしか使っていない魔法少女に負けてしまうなんて。

でもおかしい、ここまで戦えば穢れも溜まってドッペルが使えるはずなのに、私のソウルジェムには半分しか穢れが溜まっていません。

「ここまで平気に立っていられるなんて大したものだね」

「生憎、命を奪うのは避けてるモノで。でも、もう命の保証はできませんよ。

ワッカ!濁流とか化せ!

カンナ!ターゲットへ招来せよ!」

「律儀に詠唱するから遅れるんだ!」

カレンさんは詠唱のために立ち止まっていたピリカさんの脇腹を狙いますが、絶妙に体をずらしたおかげでピリカさんはかすり傷で済みました。

その後、カレンさんの周りは水の壁で囲まれてその周囲へ幾つも落雷しました。

そんな中ピリカさんは何かを唱えていました。

私はようやく立ち上がる程度まで回復すると、ういが戦っているおかげで無防備になっていた二つのグリーフシードを射抜いて破壊しました。

「お姉ちゃん!」

「遅れてごめん。あと一つは」

「カレンさんの後ろです」

さなちゃんの声の通りカレンさんの方を向くと、ピリカさんが首長竜のような生き物に乗った状態でした。

カレンさんはというと、落雷を受けたのか服が所々焦げていました。

「ここまで追い詰めたのは褒めてやるよ」

「すみませんが、痛い思いをしてもらいます。

ポンベツカムイ、目の前の魔法少女を」

「だが時間切れだ」

カレンさんがそういうと、後ろの方にあったグリーフシードから見慣れたウサギの見た目をした魔女が生まれて来ました。

魔女はカレンさんを無視して動けない鶴乃ちゃん達に襲いかかりました。

「仲間と殺意どちらを選ぶ!」

「くっ、ポンベツカムイ、魔女を葬りなさい!」

そういうと首長竜はヒレで魔女を結界の壁へ叩きつけ、その場でジャンプすると着地と同時に強力な水の衝撃波が魔女を襲い、それを受けた魔女は水でも消えない炎に包まれてしまいました。

魔女はしばらくその場でもがきましたが、やがて動かなくなってチリとなってしまいました。

すると魔女の結界は消えて、入って来た時よりも荒れた調整屋にいました。

「そう、一度魔力パターンが分かっても直ぐに魔力を感知されないようにされると追うこともできないってことね」

「そういうことです」

「ピリカさん」

「みなさん無事のようですね。それだけでもよかったです」

笑顔で返されてしまいましたが、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「グリーフシードの保管方法、カレンさんも言っていましたが改める必要はあるかと思います。

時女一族の人も驚いていましたよ」

「え、静香さん達も」

どうやらピリカさんが調整屋に運ばれて来たときにグリーフシードの場所を知ったそうです。

いくつか穢れが満ちそうなグリーフシードをキュゥべえの場所まで持っていってくれたそうです。

グリーフシードの保管方法については後日考えることにしましょ。まずはももこ達に話を聞かないと」

ももこさん達の手足はすでに元に戻っていましたが、すごくダルそうにソファへ座っていました。

みんなは足を負傷しているため床に座ったまま話が進みました。

「あなた達、いったい誰に助けられたか教えてもらえないかしら」

「ななかさんに聞いたんだけど教えてくれなかったんだ。試しに聞いてみるといいよ、結果は同じだろうけどさ」

「かえで、構わず人をドッペルで殺したよね。あれってどういうこと」

「どういうことって、邪魔だったし、別に気遣う必要もないし」

「はあ?」

「鶴乃、私達はもう人なんてどうでも良くなっちゃったのさ。黒いオーラに包まれた魔法少女はみんなそうさ。ドッペルを出し続けている間に、人が嫌いになっちゃったのさ」

「何よそれ、そうなっても考えを改めようとしないの」

「ないさ。人が変わらない限りね」

レナちゃんはいきなり重そうな体を起こし、私の前まで来て手を差し出しました。

「あんた達動けないんでしょ。肩貸すわよ」

どうやら魔法少女への思いやりは今までのようです。

満足に動けない私達はももこさん達におんぶられてみかづき荘への帰路についていました。

切れたアキレス腱を修復する際に激痛が伴ってしまうということもあり、何があっても安心できるみかづき荘に着いてから直そうという話になりました。

「そういえば、ももこさん達も重症だったはずですが、私たちよりも回復が早いのはどうして」

「魔法少女って魔力を使えば人よりも怪我の治りって早いだろ、直す際にも修復の過程で痛みも伴うけどさ、痛みを遮断しちゃえば結構治るのが早くてさ」

「痛みを、遮断」

「危機感が鈍るからあまりお勧めしないわよ」

痛みを遮断だなんて、そんなことをしちゃったら本当に私達は人をやめたことになってしまう。

私はまだ、人でありたい。

じゃないと、対等に向き合えないから。

「いろは!」

やちよさんの叫び声を最後に、私は気を失ってしまったようです。

 

 

いろはさんに魔力の篭った石が投げつけられ、いろはさんは気を失ってしまいました。

そのあと間髪入れず、レナさんが何者かに襲われるといろはさんの姿が見えなくなりました。

周囲を見渡すと、月を背に家の屋根の上でいろはさんを抱える魔法少女の姿がありました。

「蘇生の力を持つ環いろは、貰い受ける」

「御園かりん、あなた!」

かりんという魔法少女はそのまま何も言わず何処かへ姿を眩まそうと逃げ出します。

「レナさん鶴乃さんを頼みます」

「ちょっとあんた!」

私はおんぶっていた鶴乃さんをレナさんに渡し、かりんさんを追いかけました。

いろはさんを助ける目的で行動していましたが、嫌な予感がしたのでかりんさんを追いかけていました。

かりんさんから、魔力の反応がしないからです。

魔力を感知させない力はそう簡単に身につけられるモノではありません。付け焼き刃でも擬似的に魔力反応を消すことができるのは一人しか知りません。

かりんさんが辿り着いたのは見覚えがある廃墟でした。

私が廃墟の中に入るとそこには。

「数分ぶりだね、ピリカ」

「カレン、あなたどういうつもり?いろはさん達にちょっかい出したり調整屋を襲ったり。
調整屋はともかく、いろはさん達は」

「環いろはは計画に必要不可欠な存在だ。今回はその先駆けさ」

「先駆けって」

「いろはさんには先輩を助けてもらいたからさらったの!他の人が一緒だと絶対話を聞いてくれないと思って。
だからこの人たちに協力してもらったの!」

「かりんさん、そうですか。あなたがアリナ・グレイさんを唯一助けたいと思っているという方でしたか」

「もう時期シオリは視察から戻ってくるだろう。それから詳細な話を」

ドサッ

突然裏口から何かが倒れる音がしたので恐る恐る見に行きました。

そこにはびしょ濡れで傷だらけのシオリが倒れていました。

「シオリ!」

「どういうことだ、お前がここまでボロボロなのは久々だぞ。何があった」

「してやられたさ、あいつらが、常盤ななかたちが!」

 

 

2-17:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-19

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-17 感知されないその理由

私は流れるままにフェリシアさんの後へついていっていました。

明日香さんの時や時女一族の方達とは違った、急な流れでここまできてしまったことに少し違和感を持っています

陽気に歩くフェリシアさんの背中を見ながら私は尋ねてみました。

「あの、フェリシアさん、どうして私をフェリシアさんの居場所へ連れていってくれるのですか」

「なんだ、まだ気にしてたんか。普通はメシと寝床を貸してやるってだけで喜ぶもんじゃね?」

「いえ、そこまで苦労はしていなかったので」

「金を持っているからか」

「お金なんて使わないですよ」

しばらくの沈黙が訪れました。

赤信号で並んで待っているときにフェリシアさんがいきなり話始めます。

「オレ、前までは傭兵やってたんだ。その間ろくに食いもんにありつけなくてさ、公園で朝まで寝てるってのもしょっちゅうだった」

「…ご家族は」

「死んだよ。魔女に殺されたんだ」

親なし子。魔法少女になってから両親がいなくなった子達は身寄りがなければ仲間の魔法少女について回るか、傭兵や窃盗業など普通の人の生活を送ることはできません。

この世界がお金を中心に成り立っているのが主な原因です。

「すげー辛くってさ。日によっては食うものなくてぶっ倒れそうなときもあったさ。助けを求めようとしても、求める先がなくてさ、余裕なんてなかったよ。

でもよ、いろはが声をかけてくれたんだ。それからずっとみかづき荘に住んでんだよ。

マギウスの翼の時にちょっと出ていったけど、もうそれからはずっとさ」

「そうですか」

長く話していたフェリシアさんはとても楽しそうに話していました。自慢話とは違った、どこか説得させるような感じで。

「だからさ、お前が人前で我慢してるっていうのわかるんだ。言いづらいよな、金ないけど食いもん食わせてくれって」

「でもいろはさん達は何て言うでしょう。もしかしたら断られてしまうかも」

「いろは達はそんなこと言わねーよ。まあ、家事の手伝いくらいは頼まれるかもしれないけどな!」

そう話しているうちにフェリシアさんはある家の前で立ち止まりました。

「ここがみかづき荘だ」

フェリシアさんは我が家に帰ったかのように勢いよく扉を開いて帰るべき居場所へ向けて生存確認の言葉を放ちます。

ただいま

そして迎えるおかえりという十人十色な音色の数々。

そう言葉を交わせるだけでも、この国は、この町は平和なんだなと実感してしまいます。

「おいやちよ、今日あいつ泊めてやることできないか」

「あら、ピリカさんどうしたの。フェリシアを家まで送ってくれたのかしら」

「んな訳ないだろ!ちゃんと門限守っただろう!」

「それよりも、泊めて欲しいってどういうことかしら」

「ピリカって普段野宿なんだってよ。なんかそれ聞いてオレいてもたってもいられなくなってさ」

私はあえて誰とも目を合わせないように黙って待っていました。

今回に限ってはお邪魔するほどの理由を持ち合わせていません。話を振られたら断りの一言でもかけてここから立ち去れば。

「ピリカさん、上がって頂戴」

「…え?」

「実は私たちから聞きたいことがたくさんあるのよ。ちょっとは家事を手伝ってもらうことになるかもしれないけど、情報交換料の代わりだと思ってもらって構わないわ」

どうやら一方的にこちらから情報を与える構図が出来上がってしまったようです。

そのまま回れ右をして逃げ出したい気分でしたが元気な声を出しながらどこか力強く手を引っ張る方がいたためやや強引にみかづき荘へ入ってしまいました。

どうやら料理の最中であり、リビングになる場所には大人しそうな緑髪の子と、そして。

「あれ、たしか公園で会った」

「ういさん?!」

ういさんとフェリシアさんはそれぞれ私と会った経緯は話してくれたものの、黒いオーラの魔法少女の話は魔女の話へ、出会いは公園でバッタリ会ったと事実とは異なった情報ばかり。

かこさんが黒いオーラの魔法少女を助けることができること、ういさんが瞬間移動できることはどうやら身内にも秘事な内容のようです。

随分と私は信用されてしまっているようですね。

元気な方、鶴乃さんという魔法少女からは色々聞かれてしまいました。

「ししょーといろはちゃんから聞いたよ、調整を受けなくても戦えるくらい強いって!」

「やっぱり珍しいんですかね」

「勿論だよ!数は少なくなってきているとはいえ、神浜の魔女は調整を受けている子でも手強いのが多いからね!

ねえねえ!ピリカちゃんはどこからきたの?神浜の出来事を詳しく知らないってことは遠い場所からきてるんだよね!」

北の方から来たと話しているうちにグルメの話、そしてなぜか中華の話となっていつのまにか万々歳というお店へ来ないかという宣伝じみた内容に変わっていきました。

じっとしている中、話を振られたさなさんという魔法少女が言うには可もなく不可もない美味しさとのこと。

ウォールナッツの話をするとさなさんも積極的に話に加わってきて神浜という町はなんだかんだどこかで繋がりがあるんだなって感じました。

因果が集まるという話も、納得できます。

「さ、準備ができたからそろそろご飯にしましょう。ピリカさんの分もちゃんと用意しているから」

「すみません、話に夢中になっちゃって」

「大丈夫ですよ」

食事が終わった後、皿洗いなどの後片付けは全てやらせてもらいました。片付けが済むと、お茶を用意してもらった後に本命の情報交換が始まりました。

「さて、まず気になることなのだけどソウルジェムの反応ってどう隠しているのか教えてもらえるかしら。

カレンさんとシオリさんのように貴方からもソウルジェムの反応が感じられないのよ。

タネがわかれば、彼女達の居場所が割り出せるようになるの」

タネ自体は話しても影響はないのでいいでしょう。

「ソウルジェムで感知できる魔力って、無意識に力を放出しているのが原因なんです。さなさんのように魔法少女だけに見えるという現象も、姿を認識させないという魔力を無意識に使用しているがために魔力を感じ取って効果が無意味になっているんです。

魔法少女となったからには体を動かすだけでも魔力を消費するので普通ならば反応を消すというのは特別願わない限りできないことです。

でも、電気という存在を認識できる瞬間よりも認識できない瞬間が多い理由を考えてください。

電気を認識できる瞬間ってどんな時だと思います?」

「スイッチを押したり、電気がついているときとかかな」

「静電気っていうくらいだし、ドアノブをいきなり触った時もだよね。

ってこは、プラスとマイナスのバランスが崩れた時だね!」

「電気の現象を魔法少女に置き換えると、希望と絶望?」

絶望を纏うって何だか黒いオーラの魔法少女を連想してしまいます

なんか勝手に話が進んでありがたいんですが、単純ではない話をしなければいけません。

「呪いを纏うとは近いかもしれませんが、魔力を認識させない種明かしとしては、

魔力の性質の逆の魔力を同時に発しているが正解です」

「魔力の性質を理解すること自体が難しいというのに、その上で正反対の性質をぶつけて中和させるだなんて。魔力を使った時点でそのバランスは崩れるわ。

でも闘っている最中も、後も魔力を感じられないと聞いているわ」

「人が動くたびに地球の重力によって形が歪まないのと同じです。内から出すものと外から取り込むものを差し引きゼロにしているんです。それは穢れではなく、あくまで魔力の性質上の話です。

実はこれ、一度認識されないポイントを抑えると後は自然とそのゼロポイントを基準に魔力のやり取りが行われるので意識せずに認識されないようになります」

「じゃあ結局どうすれば認識できるようになるんだろう」

「魔力の性質を観測し、解析するしかないですね。

実は私はあることをしてしまうと魔力を感知されてしまうという瞬間があります。

でもそれは見知らぬ人と再び出会う確率と同じくらい低いと思いますね」

「出会う機会を増やして気を伺う、が近道と言いたいのかしら」

「これを教えてくれた方も、方法までは知らない状態だったのでこれくらいしか思いつかないですね」

「あの、もし良ければ魔力が感知される瞬間というのを教えてもらえないでしょうか」

「流石にそれは」

「ですよね」

一度魔力パターンを知られたところで魔力バランスが整えば追跡は愚か感知もできなくなるので知られたから終わりというわけではありません。

しかし、やちよさんのようなベテラン達は弱点がわかればそこを突いて追い込む作戦なんて容易に思いつくでしょう。

ワルプルギスの夜を倒すような人たちです。隙を見せれば手遅れと思うくらいが良いでしょう。

そう思いを巡らせていると長い間聞き続けた声がテレパシーで聞こえてきました。

[環姉妹がいるのはみかづき荘で間違いなかったかな?]

周りのみんなが一斉に動揺し出したので全員へ向けて発していることがわかります。

玄関の扉が開けられると、道路へ通じる階段の前に私服で立っているカレンの姿がありました

「カレンさん、あなた!」

「久しぶりですね、やちよさん、いろはさん。

協力関係になるための交渉をしに来たんですよ。ついて来てもらえますか」

調整屋を襲って以来目撃情報がなかったカレン。協力関係を結ぶための材料は恐らく、黒いオーラの魔法少女でしょう。

 

2-16:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-18

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-16 スクエル者、スクワレナイモノ

フェリシアさんとあやめさんが黒いオーラの魔法少女へ突撃していきますが、それと同時に路地裏に倒れていた人たちが起き上がりました。

「な、こいつら生きていたのか」

しかし様子がおかしい。

というのも、起き上がった人たちの瞳孔は開きっぱなしで、少しだけ魔力反応が感じられました。

「一旦この人たちを安全なところに」

そう言ってあきらさんは無防備な状態で起き上がった人たちへ近づきます。

すると1人があきらさんの腕を力強く握り、口を大きく開けました。

「え」

「あきらさん!」

「アェヤアム!」

わたしは構わず腕をつかんできた人のようなものの頭をアペで切り飛ばしました。

それでもなお人だったものはあきらさんを力強く掴み続け、離そうとしません。

そのままの勢いで腕も切り落としましたが今だにそこへ立ち続けていました。

「何なんだよ、こいつら!頭吹っ飛ばされても動くってゾンビどころじゃねぇぞ!」

「どうやら魔力を注がれて死体が動いているようです。もはやあれらは人ではありません」

「あの黒いオーラの魔法少女、吸血鬼のような性質があるのかもしれません」

「じゃあ、この人たちはもう」

「気にすることはありません。すでに死んでいるんですから」

そう言って私は躊躇なくグールとなった人だったものを切り刻んでいきました。

皆さんは少し怯えた顔をしてその場から動いていませんでした。

「何やってるんですか!逃げられますよ!」

「は、すみません!」

「何だか頭ごちゃごちゃしてるけど、わかんねぇけどぶっ飛ばしてやる!」

「あちしだって!」

2人が勢いよく黒いオーラの魔法少女へ飛びかかりますが相手は素早く移動し、爪で抵抗してきました。

「動きが速い。動きを抑えるのも一苦労だ」

「壁を壊して行動範囲を狭めてください!」

「何言ってんだ周りは民家だぞ!」

「逃げられて死体が増えるのとどっちがいいんですか!」

「んあーもうわかったよ!」

「フェリシア?!」

思ったよりも躊躇なくフェリシアさんは壁を壊してくれました。

行き場を探して黒いオーラの魔法少女は上へ飛びあがりますが、その挙動を読んだのかあきらさんが攻撃を加えます。

回し蹴りを喰らった黒いオーラの魔法少女は強く地面に叩きつけられ、コロコロと地面を転がって動かなくなってしまいます。

「よしこれで」

かこさんが何かをしようとして近づきますが、黒いオーラの魔法少女は目をあけました。

「いけない!」

黒いオーラの魔法少女がかこさんをなぎ払おうとしますが、かこさんは素早く反応して攻撃を避けました。
なかなかよい反射神経です。

黒いオーラの魔法少女はそのまま飛び上がり、大通りまで出て行ってしまいます。

「まずい!あっちには一般人が」

すでに手遅れであり、人の悲鳴が聞こえてきました。

私はかこさんへ訪ねました。

「かこさん、助けられると話しましたがここまでしたあの魔法少女をまだ助けたいと考えますか」

「どういうことだよ」

「助けたところであの魔法少女はまだ生きたいと思えるのかという話です。言い方を変えれば、守る価値はありますかということです」

「そんな言い方!」

あきらさんは怒りをあらわとしていますがかこさんは。

「助けます!たとえひどいことをしてしまっても、立ち直ってもらいます!」

「かこ…」

わたしは真っ直ぐな力強い目で答えたかこさんを見て決心しました。

「わかりました。路地裏へあの魔法少女を投げ込みますので素早く対処してください。
この中に記憶に関する固有能力を持つ方はいますか」

「それ多分俺だ。だけど何をすればいいんだ」

「コネクトしていただくだけで構いません」

「…ちゃんとあいつを助けるんだろうな」

「助けるつもりですよ。魔法少女は」

しばらく沈黙が訪れました。

「ほら、手出せよ」

わたしが片手を出すとフェリシアさんは手を重ね、フェリシアさんの力が分け与えられた状態となりました。

「助かります」

わたしはそう言った後、瓦礫の向こう側の空間へと飛び上がって移動しました。

瓦礫の向こう側は黒いオーラの魔法少女が人を食い荒らす光景が広がっていて、グールとなったもの達も人を襲っていました。

これは魔法少女を助けるため、ただそれだけ。

「さあポンベツカムイ!その名に冠する濁流で下界と隔て、人ならざる存在達を飲み込め!」

三体のカムイが合わさって現れたポンベツカムイは多少何もされていない人を飲み込んで結界を作るように水の壁を形成させます。

濁流に飲まれた黒いオーラの魔法少女へポンベツカムイは勢いをつけて突進します。

その勢いで黒いオーラの魔法少女はかこさん達がいる路地裏へ勢いよく飛んで行きました。

大通りでは濁流に飲み込まれた人たちが水の中で燃える炎に包まれ、雷が結界の中心へ一つ大きく落ちると辺りは眩い閃光に包まれました。

この閃光にはフェリシアさんの記憶に作用するコネクトが反映されています。

もし記憶した内容にまで効果が及ぶのであれば、閃光を目にしたものはここ短時間に起きた記憶は真っ白に塗りつぶされるはず。

イメージとしては、日光を浴び過ぎた写真が色褪せるという現象に似た感じです。

フェリシアさんが作った瓦礫の山があること、黒いオーラの魔法少女が路地裏にいることでかこさん達は閃光を目にすることはないでしょう。

ポンベツカムイが暴れた大通りは水浸しとなっていますが、幸いにも衝撃で排水管が破裂したのかマンホールから水が溢れています。

不思議現象として大きな話にはならないでしょう。

焼かれた人だったものの遺灰も水に流されるので都合が良いです。

路地裏では大火傷を負った黒いオーラの魔法少女へかこさんが何かしていました。

なにかを振り払うようなアクションを起こした後、黒いオーラが取れた魔法少女がそこにいました。

「うそ、本当に取れてる」

「あ、ピリカさん大通りは落ち着いたんですか」

「はい、グールになった方々は殺してしまいましたが死体は灰になるまで燃やしたので一般人へ影響はないです」

「あれ、でも見てた人いたよね」

「それはフェリシアさんのコネクトを乗せた閃光で記憶を忘れさせたので問題無いです」

「え、俺のコネクトでそんなことできんのか」

「でもこの子をどこに連れて行こうか。今調整屋は不定期に開いている状態だし」

「ではわたしがどこへ連れていくべきかお教えしましょう」

聞いたことがある声の方を向くと、そこには魔法少女姿のななかさんがいました。

魔法少女の姿だと眼鏡かけないんですね。

「ななか、来るのが遅いよ」

「すみません、別件がありましたので。それで、この方は以前ももこさんたちを介抱した場所へ連れていきましょう」

「それって美雨さんのところですか」

「そうです。あの時は臨時に使わせていただきましたが、場所が破れてしまったということで私たちに限っては使用を許されています」

「私たち、というのは」

「以前も言いましたが、私達は神浜マギアユニオンに所属はしていません。組織で使いたいのであれば正式に申し入れをいただく必要がある、ということです」

吸血鬼のようなドッペルを使用していた魔法少女はななかさんとあきらさんが連れて行くこととなりました。

私はかこさん達と一緒に出会った公園へ戻ることになりました。

解散する前に、一言ななかさんから声をかけられました。

「ピリカさん、元気なようで安心しました」

「はい、あの時はありがとうございます」

「お礼なら時女一族の方々に伝えておいてください。それでは」

ななかさん達と別れた後、フェリシアさんがぼやき始めました。

「なんか何度あってもななかの感じには慣れないなぁ」

「表情をあまり変えないから、かな」

「あちしは全然気にしないけどね」

「あやめは鈍感だからじゃねぇの?」

「な!あちしの方がフェリシアより気が効くし!」

「それなら俺だってやちよ達に気をかけてるし!」

「あちしの方ができてるし!」

なんか知らないうちに意地の張り合いに発展していました。

それにしてもななかさんの引っかかるところは私にも思い当たる節があります。

実は黒いオーラの魔法少女が大通りへ出て行った頃からななかさんの反応はすでに感知できていました。

そう、あの一部始終をあの人は見守っていたのです。

観察を熱心にしている方と言えばそれまでですが、感情をなかなか変えないというところで裏があると考えてしまいます。

フェリシアさんもそんなところを気にしてしまうのかもしれません。

公園へ戻った後、かこさんへ黒いオーラの魔法少女を助けた方法について聞いてみたのですが。

「それについてはお話できません。方法を教えてもらった方から無闇に話してはいけないと伝えられているので」

「でも、たくさんの人が使えた方が良くないですか?」

「適正、のようなものがあるみたいで、私以外には扱えないものだと言われましたね」

「なんだか不便ですね」

方法は知ることができなかった。でも、助ける方法が少なくともあることは知ることができました。

後気になるのは黒いオーラを纏っていたというあやめさんの事ですが。

そう考えているといきなり目の前で緑がかった閃光が走り、そこには小さな魔法少女がいました。

「え、ういちゃんいったいいつから」

「えっと、うーんと、イメージしたらここにいた、です」

かこさんは少し首を傾げていたのですが、頭の上に大きなはてなマークが浮かんでいる感じがしました。

私も急な出来事で驚いてはいますが。

「うお!やっぱういじゃん!さっきいきなりそこに現れたよな!テレポートか?」

「え、なになにテレポート使えんの?」

「えっとね、そんな感じなんだけどそれが自由にできるのは私だけみたいで」

「は?なんじゃそりゃ」

「私にもよくわからないんだけど、灯花ちゃん達はできないみたいなの」

「どのみちわかんねぇ」

ういさん、はいろはさん達と一緒にいた方で確かいろはさんの妹さんだったような。

なんだか不思議なことに巻き込まれているみたいです。

「えっと、ご迷惑お掛けしました」

そう言うとういさんは黄緑色の光に包まれてその場から消えてしまいました。

「なんか灯花のやべー実験に付き合ってんじゃねぇの」

「でもテレポート、使えたら便利じゃん!かこだって黒いオーラの魔法少女へひとっ飛びじゃん!」

「うん、使えたらすごく便利」

突風のように去っていったういさん。何処かへ消えた瞬間に魔力は感じられませんでした。しかし見た目は魔法。

一体どういうことなのでしょう。

「ってやば!帰らねぇとやちよに怒られる」

「む、このは達が心配し出す時間かぁ」

「うん、みんな気をつけて帰ってね。えっと、ピリカさんってどこか泊まる場所があるんですか」

「いえ、私は日々野宿してますよ。廃墟とかそんな感じのところで」

「え!えっと、私の家は他の人を泊める環境はないし、えっと、えっと」

「気にしなくていいですよ!野宿とか慣れっこですから」

「でも」

まあ野宿してる魔法少女なんてこの国では少ないですよね。ある意味幸せな環境である証拠ではありますが。

「じゃあみかづき荘に来いよ。オレが案内するからさ」

「…え!」

フェリシアさん以外の魔法少女が声を揃えて驚いてしまいました。

「なんだよ、来ねーのかよ」

「いやいや、お言葉に甘えてお邪魔させてもらいます」

「よし!決まりだな!」

あれ、この展開はどこかであったような。

私はうきうきしているフェリシアさんの後についていくようにかこさん、あやめさんと別れました。

「なんだろうフェリシア、全く知らない人を家に誘うなんてらしくない」

「いえ、フェリシアさんは元から優しい方ですし、何も違和感はないですよ」

「うーん、やっぱりらしくない!」

優しいフェリシアさんに違和感を覚えているあやめさんですが、それよりも私はななかさんから聞いたピリカさんについての話が気になっていました。

「かこさん、ピリカさんが大通りでどう闘っていたかは見えていましたか」

「いえ、私は瓦礫に挟まれている上に黒いオーラの魔法少女を待っていただけなので」

「そうですか。では今後は彼女の立ち回りに気をつけてください。

ピリカさんは、“人を殺すことを躊躇しません”」

 

2-15:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-17

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-15 小さな三人の証言者

時女一族の方達の元を去った今、神浜市に現れるようになった黒いオーラの魔法少女を探して回っているのですが案外出会わないものです。

この街の魔女のように頻繁に現れるのも困りものですが、出会う機会が少ないならば少ないで本当にいるのか疑いたくなってしまいます。

出会ったところでなにができるわけではないのです。興味本位で会いたいというだけです。

しかし手掛かりがないというのは行動に無駄が生じているようでなりません。

なにを得るでもなく歩いていると、気になる話が聞こえてきました。

黒いオーラに包まれているときの記憶がないってどういうことだよ

「あちしだって襲いたくて襲ったわけじゃないし!」

気になる話が聞こえた方向からは魔法少女の反応がありました。なんの対策もしていない魔法少女からは無意識に魔力の反応が出ているのです。なのですぐわかります。

話が聞こえるくらいの離れた場所から様子を伺ってみました。

「あやめちゃん、気を失う前に何をされたかは覚えてないの?」

このはと葉月とあちしでシオリって魔法少女を追っていたんだけど、シオリと一緒に糸を使う魔法少女と会っちゃってね、全然勝てなかったんだ」

「やべーって言われてるのが2人もいるのに勝てるわけないじゃん

「逃げようとはしたんだよ!でも逃げられなかったんだ」

「その後は、さっき話した通りのことがあって、気がついたら布団の上にいたってこと?」

「そうなんだよ」

ちょっと情報を整理するために茂みに隠れました。

黒いオーラの魔法少女もカレンとシオリが発端だったなんて。一体彼女たちは何をやろうとしているのか。

まさか調整の真似事の延長線上でやっているっていうの?

「あそこで覗いていたぞ」

でも調整って魔力をいじるだけのことだよね。なのに黒いオーラを纏うってどういうことだろう。

「盗み聞きってそれだけで怪しいし」

最近起きている騒動の発端がみんな2人になっているのは西側の国のくせが抜けていないからなのかな。実験するのはいいけど度がすぎている気がする。

でもどういう仕組みで。

「おいお前、俺たちの話を盗み聞きしてたろ」

「え?」

気づくと目の前には金髪の小さな女の子がむすっとした顔で立っていました。

「お、いたいた。あんたが盗み聞きの犯人だね!」

「まって!盗み聞きしたのはごめん!でも聞かれちゃいけないことだったの?」

「そうだぞ、これは極秘事項だからな」

公園で聴いていたら誰でも聞こえちゃうけど。

「もう、2人とも困らせちゃだめだよ」

「だって怪しいじゃん」

「えっと、まずはベンチで落ち着いて話しませんか?」

「そう、ですね。なんか誤解を招いてしまっているようなので」

わたしが神浜マギアユニオンの魔法少女であることを小さな三人の魔法少女へ伝えると疑っていた2人は興味をなくしたかのように遠くで力比べを始めました。

今一緒にベンチに座っているのは夏目かこさんです。

「ピリカさんのことはななかさんから聞いています。調整屋に運ばれた後は知らないんですけど、無事でよかったです」

時女一族の方達にお世話になったのでなんとか無事でいられました
ところで、黒いオーラの魔法少女について話していたようですが、黒いオーラを纏っていた時って話は一体」

かこさんは何か言い出そうとしますが、思いとどまるかのように口を閉じてしまいます。

「変に隠し事をすると誤解を生んじゃいますよ。わたしも結構やっちゃいますが」

「…あのですね」

[ピリカ!人間を襲っている魔法少女がいたぞ]

アペの問いかけに反応して立ち上がってしまいましたが、少し早くかこさんも立ち上がっていました。

この人、何か知ってるの?

「おいかこ、黒いやつが出てきたってか」

「あきらさんが見つけてくれたようですが今は1人のようです」

「じゃああちし達も行くよ!足止めが必要なんだよね」

かこさんは少し悩んだ顔をした後わたしの方を向きました。

「ピリカさん、協力してもらえないでしょうか」

わたしはもちろん協力することにし、ほかの2人の名前を教えてもらいました。

独特な第一人称の子はあやめさん、金髪の子はフェリシアさんです。

現場へ到着すると、そこにはボーイッシュな見た目の魔法少女がいました。

その魔法少女はあきらさんといい、黒いオーラの魔法少女が人を襲っている最中だという話を聞きました。

「駆けつけた頃にはもうすでに何人か襲われていたんだ。表通りでは子どもをさらわれた母親が大騒ぎしていたよ」

「んで、今はなんで様子を伺ってるんだよ」

「みんなが来るのを待っていたんだよ。1人じゃどうにもならないからね。
それで、黒いオーラの魔法少女はあそこにいるよ」

路地裏部分で私たちが見たのは何人もの首元を食いちぎられた人だったものに囲まれている黒いオーラの魔法少女でした。

今は小さな子どもの喉元に食らいついているところでした。

「あれじゃ、魔女と変わらないよ」

「でもまだ魔法少女なんだよね。かこが助けられるんだよね」

かこさんが助けられる?

「はい、だからみんなで動きを止めて欲しいんです。ピリカさんも、動きを止めるだけで良いのでお願いします」

「わかりました」

なんだかわやな状況ですが、とりあえず動きを止めれば打開策があるようです。それだけでも見ることができれば良い収穫でしょう。

「よし、行くぞ!」

 

2-14:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-16

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-14 売られる側の気持ち

3日前の話になりますが、私は神浜マギアユニオンの会議に参加しているときに十七夜という方の能力によって意識を失っていました。

目を開けたときには見知らぬ場所にいて、そこにいたのは時女一族の方々だけでした。

「あ、目覚ましたよ!」

「よかった、意識が戻ったんですね」

急に景色が変わっていたので私はゆっくりとあたりを見渡していました。

「えっと、頭大丈夫?」

「へ?」

「ちょっとちゃる!聞き方が失礼過ぎます」

「いやあのえっとね、悪気がある言い方じゃなくてね。でも実際に聞きたいのは頭が大丈夫だってことで、あれえ?」

「もう、落ち着いてください」

まあ大体聞きたいことは分かったので。

「大丈夫ですよ。別に記憶が飛んだりとか、変に痛むとかはないですよ」

「それならよかったです。ちゃるが変な聞き方をしてすみません」

「いえ、気にしてないですから」

「中が騒がしいと思ったらピリカさん、目を覚ましていたんですね」

「はい。えっと、時女静香さんでしたよね」

「そうよ。2人もあの場で自己紹介していたし、名前は分かりますよね」

「土岐すなおさんに広江ちはるさんですよね」

「正解!」

「記憶に問題はなさそうですね」

「しかし驚きました。記憶を覗くって言われた瞬間に目の前が真っ暗になったんですから

原因は大方見当がつきます。脳の情報へプロテクトをかけるなんていう芸当ができるのはシオリくらいですから。

それにしてもいつの間に仕込まれていたのか。

この後必死に皆さんから記憶を覗こうとした十七夜さんに悪気はなかったと説得されたのですが、十分に理解していました。

どちらかというと、周囲に誤解される状況に置かれた十七夜さんが被害者じゃないかなという気までしていました。

話を聞いている間に気になったのは、中立地帯と聞いていた調整屋が戦った後のようにボロボロだということでした。

「調整屋って中立地帯だって聞いていたんですがこの荒れ様、何があったんでしょうね」

「実は数日前に調整屋が襲われたんです。私たちは調整屋の壁を壊して出てきた魔法少女を見た程度なんですけど。襲った魔法少女の名前は日継カレンっていう方だそうです」

「確か、神浜マギアユニオンで要注意人物になっている方ですよね」

「でもあの人、悪意で行動しているわけじゃなさそうなんだよね」

「そう、ですか」

カレン、調整屋潰しをするって言ってたけど別れてすぐに行動に移すなんて

でも調整屋は無事だったし、消すなら苦労もしないはず。まさか捨て置く理由があったとか。

[カレン、この建物やばい気配がするよ。呪いが溢れている場所がある]

[本当?]

みんなには見えませんが、近くにいたカンナが私にそうささやきました。

中立地帯で呪いが溢れているってどういうこと?

私は1人でに呪いが強い場所へ進んでいくと調整夜の奥にある個室に入っていました。

「急にどうしたんですか」

「呪いが濃い場所があるんです。ここに」

「え、でも魔女の気配は感じられないよ」

呪いを発するのは魔女だけとは限りません。その卵も例外ではありません。

部屋にあった大きめの扉を開けると、中にはたくさんのグリーフシードがありました。しかしその全容は所々に使いかけのグリーフシードが混じっていたり、中には呪いを集め始めているグリーフシードもありました。

「何これ、グリーフシードがこんなにたくさん」

調整屋は対価としてグリーフシードを求めていると聞いています」

「だとしても多すぎる」

それに管理が杜撰すぎて放置しているだけで周りから呪いを集めている状態です。中立地帯だからといってグリーフシードをストックする場所として使用しているのであれば管理方法の根本から間違っています。

過去にグリーフシードをため込むという事例は見てきましたが、その末路は決まって同じでした。

私は中にしまわれている呪いを半分以上吸い込んでいるグリーフシードをかき集めました。

「ピリカさん?!勝手に持ち出すのは良くないですよ」

このままじゃグリーフシードが呪いをため込んでたくさんの魔女が孵化します。そうなる前にキュゥべぇへ渡してきます」

でもグリーフシードってソウルジェムから呪いを吸い取らなければ大丈夫なんじゃ」

「グリーフシードは魔女の卵です。長時間放置することがないので普通は気づかないですが、少しずつ周囲の呪いをため込むんです。周囲に別のグリーフシードがあれば、連鎖反応で孵化していくなんて事態にもなります」

「そんな」

「手伝ってもらえないでしょうか」

時女一族の方達に協力してもらい、穢れが溜まっているグリーフシードを神浜の外へ持ち出すことにしました。

調整屋のグリーフシードが入っていた扉は閉めておき、神浜の外へと急ぎました。

神浜の外でキュゥべぇを呼ぶとすぐに姿を現しました。

「見た感じ十数個はあるようだね。よくもまあここまで中途半端に残し続けたものだと感心するよ」

「これらの処分、お願いできますか」

「神浜の外から来た君たちは知らないかもしれないけど、神浜の魔法少女で使い切りのグリーフシードを持ってくる魔法少女はごく一部だったよ。
その間どう処理していたのかわからないんだけど、何か聞いているかい?」

「そういえば、神浜の人たちってどうやってグリーフシードを処分しているんだろう」

「教えてもらった魔法少女のSNSで早速聞いてみようよ」

「そうね」

キュゥべぇが全て回収し終わるのを見届けると私たちはその場を去りました。

「ピリカさん、夜も深まってきましたし、よかったら私たちの拠点としてる場所で泊まって行きませんか?」

「え、いいんですか」

「色々お話ししたいこともあるんだよね。他に外から来た魔法少女と話したことがあまりないし」

「迷惑にならなければですけどね」

まあ、断っても野宿だしいいか。

「では、お言葉に甘えてお願いできますか」

「やったあ!」

三人に連れられて着いた場所は水徳寺というお寺でした。

時女一族の関係者が提供してくれた場所らしく、おかげで神浜へ滞在し続けることが可能になっているとのことです

水徳寺でご馳走になったのは、精進料理かと思いきやお肉たっぷりの冷しゃぶでした。

そんな中、和尚さんは1人で精進料理を食べていてなんだか申し訳ない気持ちになってしまいます。

そんな和尚さんから聞いた話は。

美味しいものを目の前にしながらも質素な料理を食べるのもまた修行。しかし今回は肉を焼いていないから、楽しみは半減じゃな」

煩悩の刺激から遠ざけるとはいったいなんなのか、疑ってしまいました。

するといきなり、お寺の玄関を力強く開ける音がしました。

「腹減ったー!お、今日も肉か!」

「これ!お客様がみえとるんじゃぞ。行儀の悪い」

「おっと、これは失礼した。で、この方はどちら様?」

「魔法少女のピリカさんよ。最近神浜マギアユニオンに加わったのよ」

「なるほど、魔法少女だったか」

「でも涼子さん、昨日からどこに行っていたんですか。今日は一緒に行くっていっていたのに」

「それがねぇ、神浜の外から来たという素晴らしい脚を持つ魔法少女と出会って、追いかけ回していたら空腹のあまり、河原で気絶していたんだよ」

「え、もしかしてセルフ絶食?」

「そんなわけないでしょ」

「そんで、目覚めたら口にパンが突っ込まれていたんだよ」

「いやいや危ないでしょそれ」

そしてポケットにはこんな紙が入っていたんだ。

「えっと、

“パン食って帰って寝ろ”

なにこれ?」

「というわけで肉は惜しいがシャワー浴びて寝る。それじゃあね」

そう言って涼子という方はお寺の奥に消えて行きました。

「全く、騒がしい奴じゃ」

「えっと、和尚さんの前で魔法少女の話をして大丈夫なんですか」

「わしら時女の関係者は古くから巫の存在は知っていたからな。別に気にせんでいいぞ」

「あ、巫って私たちの村で言う魔法少女の別名みたいなものね」

「はあ」

食べ終わった食器などを片付けながら、隣にいたすなおさんへ村について聞いていました。

「代々日の本に助力してきた一族ですか」

「たくさんの魔法少女が村から誕生したのも、日の本のためにという本意から始まった行いでした。
しかし最近までは、村を牛耳る神子柴という存在の資金源として魔法少女の願いが売られている状態でした」

「そんな、たった一つの願いが売られるだなんて」

「しかしもうその心配は無くなりました。私たちは、崩れてしまった時女一族再興のためにも、魔女にならない仕組みが必要なんです」

「そうだったんですね」

一族のため。

私も民族のために願った身なのでその一生懸命さはよくわかります

しかし、願いが売られてしまっていたなんて、改めて人の価値観の愚かしさを認識しました。

「私は、大切な民族のために願ったんです」

「民族?」

「北の方を中心とする民族で、戦後一気に人数が減少していきました。
そんな民族の存続のために、私は願ったのです」

「では、遠くからこの街にきた理由は、その民族の方々を守りたいからですか」

「そう、ですね」

「お互い、大切なものを守るために、頑張りましょうね」

「はい、そうですね」

時女一族という方々は、この街の魔法少女よりも強い信念を持って行動しているようですね

でも、私たちの目的の前で、その信念とはぶつからないといけないようです。

「静香ちゃんそこでなにやってるの?」

「え、いや別に」

「ふーん、そうだ!ピリカさん、お風呂空いたよ!」

流れでシャワーを借りてしまいました。

魔法少女になって、代謝の制御というものを知って細胞分裂による死んだ皮膚や汗といった老廃物を一切出さない体になってこういった衛生面に気をつけた行為は水浴び以来でした。

久々に、体に刻まれた記憶を目にしました。

私が脱衣所で体の水を払っていると、偶然、入れ替わりに入ってきた静香さんと出会ってしまいました。

「…見られてしまいましたね。迂闊でした」

「あの、その痛々しい傷の数々は一体」

「時女の魔法少女って、最近まで人に願いを売られていたそうですね」

「すなおが話していましたね。その通りです」

「実は私も売られたことがあるんです。人に。
鞭で撃たれ、殴られ、弄ばれ、そして女の子として大事な膜も破られて」

「もういいです。すみません、きつい記憶について触れてしまって」

わたしは、この人たちには本心を打ち明けてもいい、そう確信しました。

「実はゆっくりお話ししたいことがあります。お風呂でスッキリした後、お庭で話を聞いてくれますか」

静香さんの返事を聞くことなく、私は服を着て脱衣所を後にしました。

月が映る庭にある池を見ながら私は待っていました。

この人たちは、人の黒い部分を体験している。なのに人への不信感を深めないのは、一族の在り方が支えているからなのでしょう。

そう、一度きりの人の黒い感情を見たところで人の価値観へ不信感を持つことはありません。

しかし時が経てば立つほど疑いは核心に変わる。守ろうとしている、この国の、世界の価値観のおかしさに気付いてしまう。

そう、知らないだけなのです。

後ろを振り向くと、そこには静香さんの姿がありました。

「きてくれてありがとうございます」

「話したいことって、なんですか」

「たったひとつの願いを、お金のために売られて人へ不信感を抱いたりしなかったのですか」

「あれはごく一部の人物が行った結果です。みんなが悪いわけでは」

「では、買う側について考えたことはありますか」

「日の本の偉い人たちですか。その人たちはカラクリを知らないだけです。悪意を持ってやっていることではないのでそこへ矛先を向けるのは違うと思います」

「お国のためとはいえ、たった一度しか叶えられない願いを無理やり使われたことには納得いっているのですか」

「それは」

「その願いで得した人は国ではなく自身の保身である可能性や、魔法少女の末路を考えてもその願いは釣り合うものですか」

「なにを、言いたいんですか」

「わたしは、人の価値観を変えるために活動しています。お金が全てとなってしまった、お金に踊らされて狂ってしまった人の世を変えるために」

「ピリカさん、あなたは一体」

「時女一族のみなさん、今一度考え直してください。現状の日の本は、世界は、守るに値しますか。
現状を理解して、懸命な判断をするようにしてください」

静香さんは何か言いたげな顔をしていましたが、震えて泣きそうな顔をこちらに向けているだけでした。

説得できたとは思っていません。

しかしくさびは打ち込めたはずです。これで将来の反動を抑えることができたと思いたいです。

きっと純粋すぎるこの人たちが事実に直面すると、すぐに壊れてしまうだろうから。

「わたしは失礼します。優しくしていただき、ありがとうございました」

わたしはそのまま水徳寺を後にしました。

きっと次に出会う頃には、全てを理解した後でしょう。

 

2-13:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-15

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-13 足かせとなる断罪の証

攻撃を放ったのとは別の魔法少女たちが私たちにドッペルを出しながら襲いかかってきます。

|三人はそこにいて、私が止めるから|

「私も戦う。5人を1人で相手なんて無理だよ」

「うい!無理だ!」

「大丈夫、私だって戦えるんだから」

電波望遠鏡を壊した魔法少女はその場でもがいたままで、他4人の魔法少女が襲いかかってきました。

ミラーズで見かける魔法少女とは違い、みんなドッペルを出したまま襲いかかってきます。

「ツバメさん!2人を守ってあげて」

攻撃するツバメさん、そして相手の攻撃に巻き込まれないよう灯花ちゃんとねむちゃんを守るツバメさん。

攻守の使い分けはだいぶできるようにはなってきたけど、自分を守る分のツバメさんを呼び出す余裕はありませんでした。

攻撃は最大の防御と鶴乃さんは言っていましたが、怯まない相手をする上では攻撃しても身を守れそうにありませんでした。

桜子さんも奮闘しますが、足や股関節、腕に傷を負っている相手のだれもが動きを止めません。

「この狂喜乱舞っぷりは、羽根たちを狂わせたとき以上の迫力だ。殺した方が早いという意見もわかるよ」

「絶対に、殺さないから!」

少し気を抜いてしまったのか両腕がヘビに変わっている魔法少女に足を絡めとられてしまい、私はそのまま地面に叩きつけられてしまいました。

私を守ってくれるツバメさんは、灯花ちゃん達のところにいるので、ダメージがそのまんま体に伝わりました。

入院していた頃には感じることがなかった打ち付けられるという痛み、体を起こそうとしても痛さのあまりに立ち上がることができませんでした。

|だめ、やめて!|

桜子さんの聞いたかともない大きな声に驚いて前を向くと、黒いオーラの魔法少女が鎌を振りかぶろうとしていました。

だめ、もう動けない

「うい!」

諦めて涙を流してしまった頃、聞きなれた声が聞こえてきました。

「アサルトパラノイア!」

前方は真っ白な霧に包まれ、桜子さんが押さえていた他の魔法少女みんな揃って苦しそうに倒れていました。

「みふゆ!」

「間一髪でした。彼女たちが教えてくれなければ間に合わなかったでしょう」

みふゆさんの後からついてきたのは、おでこが広めの赤いドレスを着た魔法少女と、マギウスの翼のローブを着た人たちでした。

「あなたは確か、何度もわたくしたちを勧誘してきた安積はぐむ」

「間に合ってよかった。大切なあなたたちを守れた」

「気を抜いてはいけません。もう皆さんは起き上がろうとしています」

「あなた怪我してますね。気休めですが、動けるようにはなると思います」

そう話しかけてきたローブを羽織った魔法少女が私に手をかざすと体の痛みが取れて、少しだけ傷も治りました。

「ありがとう!」

「今目の前にいるのはマギウスの翼のメンバーだ。君たちは何か知っているかい?」

「私たちが勧誘したら襲われて、みんなボロボロになって、時雨ちゃんたちが連れて行かれて。そしたら、あんな姿に」

「ぐぁ!」

話している間も応援に来てくれた元マギウスの翼の人たち、みふゆさん、桜子さんが黒いオーラの魔法少女と戦っていました。

「桜子でも手に負えない相手だ。君たちでは逆に殺されてしまうよ」

「私、信じたい。あのペンダントの時みたいに狂ってても、時雨ちゃんは答えてくれる」

そのままはぐむさんは重そうな大剣を持って電波望遠鏡を破壊した魔法少女へ一直線に近づいて行きました。

「うい、わたくしたちはここから離れよう。今じゃ何もできないよ」

「放っておけないよ!それに今逃げちゃうと、この後も逃げ続けることになっちゃう!」

「わたくしはどうなってもいい。でも、ういとねむだけでも逃げてよ!」

「さっきから灯花ちゃんらしくないよ!」

「わたくしだって限界なんだよ!お気に入りの場所が壊されて、何もできなくて、冷静でいられるわけないじゃない!」

感情を爆発させた灯花ちゃんからドッペルが出現して、マッチが一本擦られると擦ったマッチを灯花ちゃんは乱戦の場所を指し示しました。

するとその場が一瞬浮かび上がり、中心地で大きな爆発が起きました。

「灯花!みふゆたちを巻き込むってどういうことだ!」

爆発の後には、傷だらけになった魔法少女たちの姿がありました。

「殺しちゃうしか、最適解は無いからだよ」

灯花ちゃんはその場で泣き崩れてしまいました。

「爆発に巻き込まれたときはどうなるかと思いましたが、私たちへの被害は抑えるよう努力はしてくれたみたいです」

みふゆさんがそう言いながら立ち上がると、他の魔法少女も、桜子さんも立ち上がっていました。

「爆発なのに、一部だけ被害を抑えるなんてできるの?」

「灯花のドッペルの特性はよく知らないけれど、本人の望みが反映された結果じゃないかな。無差別に巻き込もうとしなかったのは評価できるよ」

「そんなの、慰めに、聞こえない」

はぐむさんは起き上がると倒れたままの黒いオーラを纏った魔法少女に語りかけていました。

「時雨ちゃん、お願い、元に戻って!

私たちの理想は遠くなっちゃったけど、今のままじゃいけないよ!元に戻って最初からやり直そう」

周りを見ると、血だらけでローブもボロボロなのにまだドッペルを出して戦おうとしている魔法少女たちの姿がありました。

「まだ立ち上がるのか」

「これじゃあ、私たちが保ちませんよ。はぐむさん、離れてください!」

「嫌です!殺して救われるなんて嫌!やっと同じ想いの子に出会ったのに、一緒に頑張ろうって歩き出したのに、惨めな思いをしたまま終わらせたくない

きゃっ!」

はぐむさんは突き飛ばされた後、周りのドッペルから攻撃を受けてしまいました。

はぐむさんは傷だらけのままその場に倒れています。

そしてはぐむさんを突き飛ばした魔法少女はそのまま灯花ちゃんたちの方へ頭から出ているドッペルを向けました。

|だめ、あれを撃たせては|

桜子さんが止めに入ろうとしますが、ドッペルたちの攻撃で近づけませんでした。

動けるのは私だけ。

私は灯花ちゃんたちの前に立ってツバメさんを何重にも重ねて壁を作りました。

「ういさん、無茶です!」

「無茶でもやらなきゃだめなんです!」

「時雨ちゃん、やめて!」

グァアアアアア!

時雨さんという魔法少女は恐ろしい叫び声を出しながらドッペルの攻撃を放とうとしています。

2人を守れるならそれで。

攻撃が放たれ、目を瞑っていましたが、風しか伝わってきませんでした。

前を見ると、目の前には緑色の円形の壁が現れていて、ドッペルの攻撃は防がれていました。その後、大きな閃光が広がり、しばらく前が見えなくなってしまいます。

やっと周りが見えるようになったときには、黒いオーラの魔法少女の姿はなく、体が爛れて血だらけの魔法少女たちの姿がありました。

「黒いオーラが消えてる」

「時雨ちゃん、ああ、このままだと怪我が酷くて死んじゃうよ!」

「そう簡単に死にはしないはずです。少し離れた場所に廃墟があるのでそこで一度安静にさせましょう。その後、治療が得意な魔法少女を集めます」

「「はい!」」

元マギウスの翼のメンバーは、瀕死の黒いオーラを纏っていた魔法少女たちを連れて行きました。

はぐむさんは連れて行く前に、私たちの方に来て大きく頭を下げました。

「ごめんなさい!皆さんに迷惑をかけてしまって!」

「頭を上げて。君たちはどちらかと言うと被害者だ。悪いのは君たちじゃない」

「でも、大事なものを壊してしまったから。時雨ちゃんが元気になったらまた謝りにきます。すみませんでした」

そう言うと、はぐむさんは時雨さんを抱えてみふゆさんたちが向かった方向へ消えて行きました。

「あのはぐむって子、望遠鏡を破壊した時雨と一緒にマギウスを再興しようと何度もわたくしたちに会いに来ていたんだよ。
しばらく来ないと思っていたら、こんなことになるなんて」

「しかし、なぜ黒いオーラがとれたのかが謎だ」

「まったく、要人を守ると次元がおかしくなるんだけどね」

聞き慣れない声の方を向くと、薄紫色の髪をした、白い服を着た人がいました。

「あなたは、誰ですか」

「場所を移しましょう。そして用件は手短に」

そう言うと女の人は槍を呼び出し、コツンと地面を槍で小突くと、私たちの周りに緑色の縁が現れました。

「あの攻撃を防いでくれたのって、もしかして」

光に包まれると、私たちは別の場所にいました。

一瞬で場所が変わってしまったようです。

あたりを見渡すと、長い間いた病室にいることがわかりました。

病室内はきれいに片付いていましたが、空の色が紫っぽくて不気味です。

「一瞬でぼくたちを転移させたのか。魔法少女ではないようだが、君は何者なんだ」

「私のことはつづりと呼んでください。そしてあなたたちにお願いがあってきました、この神浜にしかいられない魔法少女たち」

「この神浜にしか、いられない?」

「本来ならば存在しないはずのあなたたちがいる時点で次元が不安定になっているわけですが、今回は生きてもらわないと困るのでここへ連れてきました」

「聞きたいことは山ほどあるけど、黒いオーラの魔法少女を止めたのはつづりさんでしょ。そして黒いオーラをとってくれたのも」

「察しがいいですね。私は黒いオーラの取り方を知っています。そしてその方法を、柊ねむ、あなたに習得してもらいたくてきました」

「ぼくに魔法少女を救う方法を授けると言うのかい。しかしなぜぼく限定なんだ」

「私が使用する力はあなたたちの次元でいう魔力とは別の媒体を要求します。その仕様を別の世界の法則下で使用するとなると再現や具現といった方法しかないのです。
あなたが具現の力を使えることをすでに知っています。なので、力を具現化しやすいよう、軽い物語として巻物へ綴りました。
その内容をベースに具現化してもらえると黒いオーラの魔法少女を救う手段を習得できます」

巻物の内容を見ると、技の名前は「縁切り」と言い、呪いを運ぶ悪い縁を切ることができるようです。

「目に見えない縁で呪いを送り続けるなんて、絶対気付けないよ」

ねむちゃんは丁寧に巻物を丸めて紐で閉じ、膝の上へおきました。

「粗悪な物語だが、今までのぼくであれば具現は造作のないことだろう。

だが生憎、今ぼくは魔法少女になることができない」

「救う手段を手に入れて、なおも過去の断罪にこだわって罪を重ねるのですか」

「これはわたくしたちなりのけじめなんだよ。それに次元がどうとか言っているし、ねむが具現の力を使えるのを知っているし、もしかしてあなたは異世界の人なのかにゃ?」

「想像にお任せします。が、変に探ろうとすると命は保証しませんよ」

みんな何も不思議に思わずそのまま話を続けていますが、異世界な考え方に私はついていけていません。とりあえずねむちゃんが今の神浜を救える力を教えてもらったってことは理解しました。

そういえば、ここからどう出ればいいんだろう。

「あの、私たちずっとここに閉じ込められたままなんですか」

「まさか、あの扉へ触れてもらって、行きたい場所を念じると気づけばその場所へ移動できます。また、ここへ戻ってきたいと念じればここに戻ってくることができます」

「万年桜のウワサで今どの座標にいるかわからない?」

|検索してもどの座標にも該当しない。里見メディカルセンターにいるというわけでもないみたい|

「完全に異空間か、驚いたよ」

「外部とアクセスはできますが、外に出ることはできません。外に該当する空間に侵入してしまうとここに戻されます」

「なるほど、ぼくたちを外に意地でも出させないと言うわけか。アリナでもないのによく複雑な結界を作れたものだ」

「ここにいても暇でしょうし、ここから外に出る方法でも探ってみてはどうですか。きっと楽しいと思いますよ」

「わたくし的には、黒いオーラの取り方を知っているあなた1人で神浜中を駆け巡ってくれればいいだけだと思うんだけど」

「私たった1人ができたところで1人救った間に別の誰かがこの世を去ります。それを防ぐために使える人は多い方がいいと思うのですが」

「黒いオーラの魔法少女は少ないと聞いている。そこまで苦労することはないと思うが」

ねむちゃんの話を遮るように背中を見せていたつづりさんは槍で地面を小突き、ねむちゃんの方へ振り向きます。

「ならば全て他人に任せてここで悠久に過ごすといいでしょう。それが望みと言うならば」

「な!」

そうつづりさんが言うと、桜子さんのそばへ近づいて何かささやいていました。

小声だったのでなんと言っているのかはわかりませんでした。

「それでは失礼しますね」

「あ、待て!」

しかし待たずにつづりさんは黄緑色の粒子に包まれて消えてしまいました。

「もう、言いたい放題言って消えちゃったよ」

「あの、2人ともなんで平気に話についていけたの?」

「異世界から来たって言われても、キュゥべぇも地球外生命体だし全然驚かなかったよ。もし地球を助けに来た宇宙人だとしたら、とってもワクワクしない?」

「灯花はそれでいいとして、ぼくは一方的に大きな力を渡されてしまって困惑しているよ。魔法少女になれないという制限は償いのはずだったのに今となっては足かせとなってしまっているのがなんともいえない気分だよ」

灯花ちゃんたちがつけている腕輪は桜子さんによって管理されています。

ねむちゃんは産みの親が不正を侵せないようにウワサへ役目を書き換えられないような仕組みを作っていると聞いています。

きっと腕輪を壊そうとしても、桜の下で行った裁判の時のように襲いかかってくるのかもしれません。

どうするのが、一番いいのだろう。

助ける方法があるのに使うことができないなんて、お姉ちゃんに伝えたらなんていうんだろう。

今回の出来事をみんなに教えようか、悩んでしまっている私がそこにいました。

 

2-12:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-14

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-12 ウワサは怖さを運んでくるサ

わたしはいつも、誰かに守られてばかり。

お姉ちゃんが魔法少女であると知った時、あの時に願った理由はお姉ちゃんを守るためだった。

なのに、結局守られてしまった。

今も、少しは戦えるようにはなったけど何をやるにも誰かの背中を追うばかり。

何かやってみようと動いても、危ないからと止められる日々。

今神浜で起きているという出来事も、私は全部を知っているわけではないし、誰も教えてくれない。

お姉ちゃんへ無理を言って参加した集まりで初めて知ったことも多かったです。

黒いオーラの魔法少女がいると知って、その対策方法が、殺してしまうしか方法がないだなんて。

悲しすぎる。辛すぎる。

私はいち早く灯花ちゃん達の意見を聞きたくて、お忍びで北養区に来ています。

お姉ちゃん達は中央区の見回りと忙しそうですが、私には外出を控えるようにしか伝えられていません。いても経ってもいられず、飛び出してきてしまいました。

今日は北養区にある電波望遠鏡に灯花ちゃん、ねむちゃん、桜子さんがいると電話で事前に確認をとっているため、確実に会うことができます。

山奥にある電波望遠鏡の建物へ入るといつものように難しそうな機械に囲まれた灯花ちゃんとねむちゃんがいました。

しかし何かお取り込み中のようです。

「なんだかみんなわたくしに冷たい感じがするんだよ」

「因果応報なだけだと思うけど。とはいえ、何も成果が出ていないのが大きな原因ではないかと思うよ」

「分からないものはわからないんだもん!いろいろ試してみても干渉できないし、何も掴めないんじゃ、お手上げだよね」

世の中には科学では証明しようもない現象というのは多く存在するもしかしたら自動浄化システムもそれに該当するのかもしれない」

人間は科学を発展させてきたことで不可能だと思われることを成し遂げてきたんだよ。いまある科学技術だって飛躍的に発展しているし、きっかけさえ見つければすぐだよ」

「そのきっかけが魔法少女である可能性もなくはない。不可能を可能とする存在は、今のところ魔法少女しかいないと思うよ」

「なら、誰か自動浄化システムを観測できるよう願っちゃえばいいんだよ」

「そんなこと考えるから冷たい目で見られるんだって」

なんか怖いことを灯花ちゃんが考えている瞬間を目撃した気がします。

まさか本当にやろうとしないよね。

|うい、そこにいるの?|

「あ、うん、いたよ」

「うい、来てたんだ。来ていたなら遠慮なく入ってきたらいいのに」

「えへへ、何だか会話に入りにくくて」

わたしは3人に黒いオーラの魔法少女について話しました。

話していて驚いたのは、2人が魔法少女のSNSでも展開されていたこの話題を全く知らないという事実でした。

「SNSっていっつもくだらない話題だらけだからチェック自体していなかったんだよ。たまには重要な話題も出るんだね」

「チェックを全くしていない人はともかく、ぼくはちょうどチェックしていないときに挙がった話題みたいだね
しかし、ドッペルを出し続けるというのはおかしい」

「そうだにゃ、ドッペルを出せばソウルジェムは浄化される。これは紛れもない事実だよ」

「でもななかさんや実際に目にした魔法少女のみんなは、何度でもドッペルを使ってきてきりがないって話だよ」

「少なくとも自動浄化システムの異常動作ではないね。もしエラーが起きているのであれば、今頃もっと該当する魔法少女がいてもおかしくないからね」

「じゃあ、どうすればいいかわかるかな」

「ドッペルが出続けるってことは、ソウルジェムが浄化された後に、間髪なく呪いが満ちてしまうっていう現象が起きているはず。

でもそんなことは通常ありえない。

あるとすれば魔女の仕業か、同等の存在である魔法少女の仕業としか考えられないね」

「原因として有力なのは黒いオーラじゃないかな。ドッペルを出した後も残り続けるんだろう?」

「うん、なくなったっていう話は聞いてないよ。
でも魔法少女が他の魔法少女へ酷いことをしているだなんてあまり考えたくないなぁ」

「ぼくたちにはその前科がある。それに魔法少女を襲うことを娯楽としている魔法少女がいたとしてもおかしくはない。元が同じ人間だからね」

こう話している間、灯花ちゃんは何か考えている様子でした。

それにしても今ある解決方法が魔法少女を殺す方法しかないだなんて」

「みんないろいろ試しているみたいだけど、全然解決策が見つからないんだって。だからわたしは灯花ちゃんやねむちゃんの意見を聞きたいなって思ったの」

一番早いのは肉体からソウルジェムを遠ざけることだと思うけど、これはソウルジェムがわかりやすいところにある魔法少女にしかできないよね」

「遠ざけたところで解決には至っていない。原因が判明するまでの間、持ち主の肉体の維持は誰がするっていうんだい。
とはいえ、すぐに殺してしまうよりはマシだね」

「黒いオーラ、一体なんなんだろう」

「聞くより見るが易しという言葉もあるし、どんな状況か実際に見た方が早いかもしれない」

「でも危険すぎるよ」

|いろはも無闇に外に出てはダメって言ってた。外へ調査に出るのは賛同しかねる|

「もう、だったら黒いオーラの魔法少女を連れてきて欲しいにゃ」

「外に出るのと状況が変わらないよ、それ」

そう話していると、近くで複数の魔法少女の反応を感じました。

ただの反応ではなく、苦しそうに泣き叫んでいる感覚が伝わってきました。

「みんな、苦しそうな反応」

「うい?」

|強力な熱源感知。ここから出よう!|

「まさか狙われてるの?!」

私と桜子さんで車椅子とねむちゃんを運び、外へ出ました。

外へ出ると同時に電波望遠鏡に何かが撃ち込まれてしまい、建物内は爆発して炎に包まれました。

そして金属が擦れる嫌な音を立てながら、望遠鏡本体が倒れ、壊れてしまいました。

「そんな、わたくしのお気に入りの場所が。

だれ!こんなことしたのは!」

攻撃が放たれた先にいたのは苦しそうな顔をしたドッペルを出し続けている魔法少女がたくさんいました。

「黒いオーラの、魔法少女」

 

2-11:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-13

 

【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-11 煌道は縁切りから始まる

ドッペルを出し続ける魔法少女について周知したは良いものの、対処法は分からずじまい。

神浜で魔女にならない環境を作り上げた元マギウスの方達でもわからないとなってしまったら、たった一つの辛い選択しかなくなってしまいます。

保別ピリカという魔法少女が十七夜さんの心を読む能力を受けた影響で体にダメージを受けるという騒動が起き、わたしは時女の皆さんの後を追って調整屋へと向かっています。

何が起きたのかを理解するためと、十七夜さんへの誤解を解くのが目的です。

これをきっかけに貴重な方との協力関係を破棄されてしまうというのは現状避けなければなりません。

カレンさんやシオリさんと同じような魔力を感知させない能力の持ち主。

彼女たちとは全く無関係だと考えられないと、わたしの直感が言っています。

確かめなければなりません。

見えない出口の光となるかもしれませんからね。

調整屋に到着しましたが、中にはみたまさんがいない状態でした。

いないとはいえ、戸締りをしていないとは。本調子ではないと言っていましたが十七夜さんといい、どこか不安定になっている印象を受けます。

調整屋への襲撃がここまで影響してしまうとは。

時女さんたちは揃ってピリカさんを見守っていましたが、ピリカさんは眠ったままです。

何もせず黙っているわけにはいかないので、彼女たちへも誤解を解いておかなければなりません。

「十七夜さん、ピリカさんへ怪我を追わせてしまった方ですが、本来ならばあのようなことはしません。本人も悪気はなかったはずです」

「うん、あの人から悪意は感じなかったからそうじゃないかなって思ってた

「でも心を読もうとしただなんて、一体何が目的だったのでしょう」

そうです。彼女たちは神浜で起きている異変について深く理解しているわけではありません。

わたしはこれまでのことの顛末を説明し、本人たちへ今後のことについて聞きました。

「今この街の魔法少女にとって日継カレンさん、紗良シオリさんは共通の敵となろうとしています。神浜の外のあなたたちは無理して付き合う必要はありません。判断はお任せしますよ」

「魔女にならない仕組みを広げる方法を知っていたとしても、やっていいことと悪いことがあります。国を守ろうとする魔法少女と敵対する存在ならば、私たちも一緒に戦います」

日の本、国と彼女たちは私たちよりも大きな使命、いや、目的を持っているようです。

それ故に魔法少女のあり方を誤解している可能性が感じられます。しかしここで打ち明けることでもありません。

今は気にしないでおきましょう。

「ななかさんって神浜マギアユニオンの一員なんですか。リーダーである環さんよりも中心的な立場の方に見えたので」

「わたしは神浜マギアユニオンに加わってはいません。あくまで協力関係であり、ここ最近は危険な状況が続いているので関与したまでです」

「そうだったんですか」

「しかし神浜の魔法少女と共闘するとなると、黒いオーラを纏った魔法少女を殺すことになるかもしれません。覚悟はしていますか」

「ここだけの話、わたしは何人も魔法少女を殺してきた前科があります。躊躇しないと言えば嘘になりますが、いざとなれば殺す覚悟はあります」

「すなお」

「静香やちゃるが出来なくても、わたしがやります」

時女一族、きっと今のような出会い方ではなければ同盟を持ちかけていいほど素晴らしい方達です。しかし無理強いはできませんね。

「出会ったら必ず殺さなければいけないわけではありません。人へ危害を加える様子がなければ、無理せず引くことも考えておいてください」

こう話している間もピリカさんは目を開けません。脳内にダメージがいっているはずなので少々不安です。記憶などの機能に障害が起きていたら、聞きたいことも聞けないでしょうから。

「そう言えば、ななかさんって」

[ななか、聞こえる?調整屋にいるの]

[あきらさん、どうしましたか]

[美雨が黒いオーラの魔法少女を見つけたって]

[分かりました。調整屋の屋上で落ち合いましょう]

[了解!]

他の方達の手を汚さないための方法、私たちが早期発見し、対処するしかありません。

「すみません、急用ができました。先ほどのお話の続きはまたの機会で。
それでは、ピリカさんをお願いします」

「わ、わかりました」

調整屋の屋上へ出るとすぐにあきらさんの姿が見えました。

「かこさんへは?」

「もう伝えていて、今美雨のところに向かっているよ」

「そうですか。それで、場所はどこですか」

黒いオーラの魔法少女がいるのは南凪区。美雨さんは蒼海幇の拠点にいる際に気づいたらしく、本人自身、蒼海幇へ被害が出る前に対処したいと考えているでしょう。

西から南へ時間はかかりましたが到着し、発見場所には美雨さんとかこさんがいました。

「おまたせしました。それで、黒いオーラの魔法少女はどこに」

「その前に魔女の対処が必要ヨ。あの路地裏の先に隠れているようネ」

微かにですが、魔女の反応が感じられました。

「悪いが、魔女を優先したいヨ。ここは蒼海幇の拠点(シマ)の近く。放っておくわけにはいかないヨ」

「いいでしょう。魔女を迅速に倒し、黒いオーラの魔法少女を追います」

私たちが魔女の結界へ入るとそこには異様な光景が広がっていました。

「結界に戦った後がありますね。もうすでに誰かいるのでしょうか」

「でも、魔法少女の魔力は感じませんよ」

「まさか、奴らのうちの誰かが」

「慎重に進みましょう」

全くと言っていいほど使い魔の姿がありませんでした。布と糸で出来たような結界も所々がほつれています。

魔女の反応が強くなり始めた頃、魔女の前に立つ人の姿がありました。

「魔法少女じゃないようですね」

「早く助けましょう!」

「いえ、様子を見ましょう。もしかしたら、あの方がここまで使い魔を倒してきたのかもしれません」

「魔法少女じゃないのにそんなことが」

魔女に立ちはだかる少女は、槍をその場で出現させ、周囲に黄緑色の輪を纏いながら人とは思えないスピードで魔女へと迫り、攻撃を加えていました。

神浜の中では硬い個体が多い羊の魔女が相手ですが、彼女が繰り出す攻撃は羊の魔女を怯ませていました。

魔女へとりついて槍で斬りつける少女に対して魔女は魔力の玉を周囲に発生させ、少女を引き離そうとします。

少女は飛んでくる球を弾くのではなく、槍と体の角度を少し変えるだけで受け流して対処していました。

「硬いなぁ。これで決めるか」

そう囁いた少女は矛先に溜まった魔力のような何かを魔女へ放ち、当たった魔女にはマスカット色の正方形が形作る輪が発生しました

着地した少女が槍を構えると魔女へと一直線になるよう黄緑色の光の柱が立ち並びました。柱は私たちの前へも現れ、閉ざされた出入り口まで続いていました。魔女は前方へとしか逃げられない状態となりました。

羊の魔女は大体の個体がその場から動こうとしませんが、中には頻繁に結界内を転がり回る個体もいると聞いています。

今回の個体は動こうとする意思があるらしく、体を丸めて少女へと突進して行きました。

少女は高く飛び上がり、転がり続ける魔女の背後へと着地しました。

魔女は光の柱を崩して反対側を向うとしますがびくともせずにその場へ留まっています。

魔女に隠れて見えない状況でしたが、一瞬のうちにとてつもない強風が発生し、思わず目を瞑ってしまいました。

目を開けると動けなくなっていた魔女には大きな穴が開き、光の柱は粒子となって消えて行きました。

崩れていく魔女を見届けた後、閉ざされた出入り口前には少女が立っていて、崩れた魔女の残骸が彼女の右手の平と集まり、グリーフシードとなりました。

わたしは驚きなのか、それとも別の感情を抱いていたのか体が拘束されたように動きませんでした。他の皆さんも、少女を見ながら固まっていました。

魔女の結界が消えると、少女がこちらへと振り向きました。

「やっと見つけましたよ、夏目かこさん」

かこさんを知っている?

「かこちゃん、この人とどこか出会ったことあるの?」

「い、いえ」

わたしは少女と3人の間に入り、少女に対して問いかけます。

「あなた、魔法少女ではありませんね。それなのに魔女を倒せるその力、何者ですか」

「わたしはそこらへんの一般人ですよ」

「一般人はそんな奇抜な服を着ないと思うんだけど」

薄紫髪の少女は巫女服のような見た目ですが、胸部は明日香さんの魔法少女姿のようにさらしだけしか巻かれておらず、上半身は肌率が高めです。下半身は短パンと靴を履いているだけで上半身から下半身まで続く布を纏っているだけ。

あきらさんの言うとおり、一般人にしては露出が激しすぎる見た目です。

「戦いやすいから仕方がないね。そうそう、わたしのことはつづりって呼んでおけばいいよ」

「何か含みのある言い方ですね」

「それより、私には夏目かこさんに用があるんです」

「わたし、ですか」

魔法少女でもないあなたがかこさんに何の用があるのでしょうか」

「少々誤解されるかもしれませんが、伝えておきましょう。

わたしは、黒いオーラの魔法少女を救う方法を知っています」

この言葉の響き、紗良シオリさんの時と同じ雰囲気を感じてしまい、思わず武器を構えてしまいました。

「まあ、日継カレンや紗良シオリの件があってこう伝えられても警戒するだけだよね」

「お二人を知っているのですか」

「神浜の事情を知っているて言うのが正しいかな」

魔法少女でもないのに、と言う事項がつづりさんから溢れてくるようにでてきます。

シオリさんやカレンさんたち以上に素性が読めない方です。

「かこさんには、わたしの使う技を再現できるようになってもらいたいんです」

「再現、ワルプルギスの夜と戦った際に使いましたが、でも、何で知ってるんですか。わたしが再現の力を使えるって」

つづりさんへ突き詰めて質問しようとしましたが、背後から魔法少女の反応が近づいてきました。

3人の魔力を感じましたが、その姿を見た時、私たちは悲しみに包まれました。

黒いオーラの魔法少女であることに間違いはなかったのですが、その姿はももこさん、レナさん、かえでさんでした。

「かえでちゃん、そんな」

「いいタイミングです。皆さんの前で彼女たちを救う瞬間を見てもらうとしましょうか」

「待ちなさい。救うというのは、命を奪うことではないのですよね」

「誰が殺すって言いましたか」

3人は一斉にドッペルを出してこちらに攻撃を加えてきました。

目の前に黄緑色の結界が現れ、それが攻撃を防いでいました。発生させたのはどうやらつづりさんのようです。

「ここは任せてください、そして何をしたのか見ていてください。特にかこさんは!」

あまりにも無謀に見えました。

魔法少女から見ても1人のドッペルに苦戦するというのに、際限なく出続けるドッペルを3人分対処するというのは。

何をする気なのは見当がつきません。

「ななか、無茶だよ。加勢しようよ」

「加勢と言っても、あの状態にどう私たちが対処できますか」

あきらさんの言うとおり、加勢すれば少しはつづりさんの負担は減るかもしれません。

しかし目の前で繰り広げられていたのは三次元的に四方八方から来る攻撃へ見えないスピードで対処しているつづりさんの姿でした。

「半端に手を出しては邪魔をするだけです。今は見守り、撤退する体勢だけは取っておいてください」

そんな中、かこさんは食い入るように戦いを観察していました。

果たして、黒いオーラの魔法少女を止める解決手段はかこさんに再現できるものなのか。

これは見極める必要があります。

戦闘の様子はというと、ももこさんのドッペルが放つ攻撃がつづりさんが発生させた黄緑色の正方形が無数に集まって形成された円へ吸い込まれ、かえでさん、そしてレナさんへと降りかかるよう別の円から放出されていました

かえでさんのドッペルが放つ範囲攻撃はつづりさんが手放した槍が彼女の前で高速回転し、その回転によって円が形成されていました。

槍はドッペルの攻撃によって消滅したかに見えましたが、粒子状態となってつづりさんの手に集まり、元の形へと戻りました。

手元に武器が戻ったかと思うと今度は槍先から黄緑色の小さな円が放たれ、その後は槍をももこさん目掛けて投げてしまいました。

投げた槍の石突き部分はつづりさんの手元に残り、そこから先は黄緑色の鎖が石突きと柄の部分がつながる形で飛んでいきます。

ももこさんは回避しましたが槍は円の先へと飛んでいき、槍先から放たれた円が当たった地面から槍先が飛び出してきます。

少し視野を広く見ていると3人を囲むように円が宙にいくつも浮いていてその円を通して三次元的に槍が飛び交っています。そのまま3人を縛り上げるように黄緑色の鎖が絡まり合い、3人は一ヶ所に固められました。

見た目は空間移動を応用したような見た目ですが、無数の空間結合を制御するのはベテランの魔法少女でも無理でしょう。

3人からはドッペルが一斉に出て左手に槍を持つつづりさん向かって一緒のタイミングで攻撃しようとします。

つづりさんが石突きを地面へつけると3人の四方八方へ黄緑色の円が出現し、構わず攻撃した三体のドッペルの攻撃は円を通って反対側の円から放たれ、貫通した攻撃が、また別の円を通って放たれたりと、見ただけで放たれた攻撃が3人へ無限ループするように降りかかり続けることはわかりました。

攻撃の中心地にいる3人からは獣のような悲鳴が聞こえてきました。

「あれじゃ3人とも死んでしまうよ」

「つづりさん!そこまでにしてください、いくらなんでも3人の身体が保ちません!」

つづりさんは石突きを地面から離すと素早く3人の周囲を走り回り、時々地面へ槍を突き立てていました。

突き立てた後、何か糸のようなものが見えた気がしました。

「何かを切った?」

かこさんは、確かにそう呟きました。

糸のようなものを切ったのは間違いないのかもしれません。

つづりさんが動きを止めると3人を囲っていた円も、縛り続けていた鎖も消えていました。

3人はというと身体中傷だらけでしたが、変身が解けてその場に倒れ込みました。

私たちは急いで駆け寄り、ソウルジェムが無事であることを確認しました。

「本当に、3人を救えちゃったの」

「聞くより見るが早し、とは言いますがこれで救う手立てがあることは理解いただけましたか」

あなたが黒いオーラの魔法少女を助け出せることは理解しました。しかし、あなたは何者ですか」

「技の再現をしてもらうため、明日また伺いますね。3人へ重傷を負わせてしまったことはご容赦くださいね」

そう言って質問に答えず路地裏を挟む建物の上へと姿を消してしまいました。

「後を追うカ?」

「いえ、まずは3人を安静にできる場所へ運びましょう」

「なら蒼海幇が使っている空き部屋を使うといいネ。皆には話をつけておくヨ」

「ありがとうございます。皆さんで手分けして運びましょう」

あの無限ループするかのような攻撃の中、擦り傷切り傷だけで済んだのはドッペルの影響なのかそれとも。

3人はその日のうちに目を覚ますことはなく、3日経った頃に目を覚ましたそうです。

その間につづりさんは私たちの前へ何度も現れ、何人もの黒いオーラの魔法少女を相手にしているうちに、ついにかこさんはつづりさんの技を再現できてしまいました。

技の真相は、ソウルジェムへ穢れを送り続ける特定の「縁」を切るという「縁切り」を行うという内容でした。

かこさんはその特定の縁を切ることに特化した縁切りを再現できるようになりました。

その再現は一時的なものではなく、いつでも技を使えるまでになっていました。

かこさんの再現の力に限界はあるのかと気になってはいましたが、思った以上に大きな力を持っていたようです。

あの時の見極めは、間違っていなかったようです。

 

後日、目覚めたももこさん達三人へわたしは事情を聞きました。

三人はみたまさんを襲ったカレンさんの素性を調べていたそうです

そんな中、街中でカレンさんと出会ってしまい、人気のない場所で戦闘を挑んだとのことです。そこまでは覚えているものの、意識が無くなってしまうほどの攻撃を受けて、気づけば人の嫌なところばかりを見る悪夢を永遠と見ている状態だったとのことです。

かえでさんがいうには、この世の中を滅茶苦茶にしたいと思ってしまう心境にあったそうです。

おかげで三人は人間不信になってしまい、すぐにいつもの日常へ復帰するのは難しい状態でした。

三人の様子を見ていると、ふと頭の中にある言葉がよぎりました。

『あたしはあんたの反対側にいるんだよ

でもね・・いずれこっちに来る』

唯一心の底から殺意が湧いてしまった更紗帆奈の言葉でした。

黒いオーラの魔法少女は「あちら側」へと行ってしまった結果なのか。

なぜ今頃過去の記憶が頭に浮かんだのかは謎でしたが、神浜の異変へ対処できる手立てはできました。

あれから、つづりさんは姿を見せていません。

つづりさんについても気になるところではありますが、今は神浜の異変を終息させることに重点を置くことにします。

かこさんが事態を解決できる鍵を手に入れたことを神浜マギアユニオンの皆さんへ伝えないよう、あきらさんたちへ通達しました。

これは私たちだけの秘密とし、密かに黒いオーラの魔法少女へ対応していくこととしました。

神浜マギアユニオンには、もうすでに彼女たちへと繋がってしまう人が参加されていますからね。

 

 

2-9:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT: 2-12