次元縁書ソラノメモリー 1-9 この世界にとって、今や死は救済。生きる者に、救済を!

この世界では死の灰が降っています。死の灰とはこの世界に忽然と現れた人を一瞬で液状化させる恐ろしい物質。

そんな死の灰をかぶっても、飲まず食わずでも平気な生物がこの世界には存在していました。

元は人である大男たちは自分たちは不死の存在であると考え、今まで行動してきました。

しかし、私がこの世界のことを知りたいと言ったばかりに彼らのリーダーは気づいてしまったのです。

脳みそさえ無くなれば死ぬことができると。

灰がしんしんと降る中、大男のリーダーは他の大男へ何かを伝えていました。その内容は意図的なのか私たちには伝わってきません。

そんな中、つづりんは大男たちに気づかれないようすぐに行動できる態勢をとっていました。

「えっと、つづり、さん何をして」

ブリンクがつづりんへ小声で話しかけます。はじめて名前で呼んでくれたんじゃないかな?

「つづりでいいよ。あのリーダー、何かやばいことに気づいたみたいだからさ」

「え、何に気づいて」

いきなり大男たちの方で肉が潰れるような音がしました。

大男のリーダーがメンバーの頭蓋を砕き、次々と脳みそを潰しはじめていたのです。

「やりやがった!」

つづりんはすぐに槍を取り出し、隣のビルへ転送準備を始めます。

「ブリンク、こっち!」

私は動きが止まっていたブリンクの手を引いてつづりんの側まで行きました。

その頃には立っている大男はリーダーしかおらず、血で赤くなった彼の顔はこちらを見ていました。

大男はこちらへ走ってきて熊のような手を振りかぶります。

それと同時に私たちの周囲が黄緑色の光で包まれました。つづりんの転送が間に合ったのです。

振りかぶる前に隣のビルへ転送されたため無事でしたが間一髪でした。

「危なかった」

「まだ!走ってビルの上へ!」

ブリンクは安堵した様子でしたが私は二人へビルを登るよう伝えました。

大男は私たちの気配だけで居場所を特定していました。私たちがきた方向を認識できるならば、見つかるのは時間の問題です。

別のビルへとさらに移動することも考えましたが、実はあまりでたらめに動き回りたくはありませんでした。

何も考えず動き回ると、きっと向こう側で特定が難しくなるだろうから。

私たちはとにかくビルを登りました。

登ったところで何かできるわけでもないけど、今は距離を稼ぐことしかできませんでした。抵抗したところで、無傷の保証はありません。

ビルを駆け上っている間、私はひたすらブリンクの手を握っていました。
その手は温かく、何よりも湿っぽかったのです。

ただの代謝による汗なのか、危機的状況に対面してしまって冷や汗が出ているのかどちらにせよ、私たちの世界ではこんな感覚を味わうことなんてないのでなかなか新鮮でした。

ビルを駆け上っていると、髪飾りから雑音混じりではありましたが、アルの声が聞こえてきました。

どうやら向こう側とこちら側のつながりが復旧できたみたいです。さすがだね。

「ソラ、つづりさん聞こえる?聞こえるなら返事をして!」

「アル!帰還準備を整えて。人数は3人!」

「え、なんか人数おかしくない?!」

「とにかく急いで!」

「ちょっと、ソラさん誰に話してるの?!」

「ソラさん!あいつがこのビルを駆け上がりはじめたよ!」

「一斉に喋るな!特定できないぞ!」

カナの強烈なツッコミでみんな一時的に黙ります。

「特定作業!ソラさん!」

「ほい!」

「つづりん!」

「あい!」

「謎の一名くん!」

「えっと、はい!」

「あいわかった。座標特定行うからそっちでも準備してよね!」

向こうへの帰還見込みが立ったところで私たちはビルの最上階から2つほど下の階の奥で待機しました。

「な、なんだったのさっきのは」

息を切らしながらブリンクが聞いてきます。

「あれは私たちの世界でサポートしてくれる仲間だよ。今まで通信ができなかったんだけど助かったよ」

「いや、それもそうだけどさっきの返事は意味あるの?」

「座標特定のために映像と音を使用するんだけど、今回は音に頼ったからああなったんだよ」

「よ、よくわからない」

激しい動きを行うことで酸素の供給が追い付かなくなり、体が酸素を欲するが故に起こる過度な呼吸困難。

ブリンクはぜえぜえと一生懸命酸素を吸い込んでいるけれど、それに対して私とつづりんはそんな状態にはなっていません。

これはただの身体能力の違いというだけではなく、元いた世界で縛られていた概念による肉体の制限。

「何なのさあいつ、私たちに脳みそ突き付けてきたかと思ったら襲い掛かってくるだなんて」

「ブリンクは、初めて人を撃ち殺した後、次の人を殺すことに何か感じた?」

「え、いきなり何を」

私はただブリンクを見つめていました。ただ、答えだけを知りたかったから。

ブリンクはしばらく私の目をそらし、一呼吸おいてから話しはじめました。

「初めて人を殺したときは、後悔と、吐き気に襲われてまともに行動できなかった。でも、次に人を殺したときは変に冷静でいられたよ、必死だったってこともあったかもしれないけど」

「あの大男は、殺すという行為を知ってしまったんだよ。それで、永遠に感じると思った生き地獄から解放されるという事実を知ってしまったんだよ」

ブリンクと話している間につづりんは現時点の座標と転送先の座標をつなぐために集中していました。

「じゃあ、あいつが襲ってきた理由って」

ブリンクが話している途中で下から何かを壊す轟音が響いてきました。

下から階段を上がってくる轟音は大男のリーダーでしょう。気配を感じて追ってきたらしい。

ブリンクは息を整えると、持っていた拳銃の安全装置を切り替えていつでも使えるよう準備をしていました。

「だいぶ頑張って登ったはずなんだけどな」

私がそう呟いた頃には大男が部屋の入り口付近に姿を現しました。

大男の体の前半分は返り血で真っ赤に染まっていました。大男は真っ赤な足跡をつけながらゆっくりと部屋の中に入ってきます。

「2人とも、わたしにつかまって」

つづりんの囁きを聞き、私とブリンクはつづりんの服をつかみます。

大男は部屋から少し入ったところで立ち止まっていました。

「なんで私たちまで追いかけるの?!」

ブリンクの力強い問いかけに対して大男はしばらく黙り、震える口を不器用に動かしながら答えます。

「この世界にとって、今や死は救済。生きる者に、救済を!」

雄叫びをあげて大男はこちらへ向かってきました。

つづりんは準備ができた様子がない。

これ結構やばい状況では?

するとブリンクがとっさに大男の後ろ側へ拳銃を力強く投げました

地面に叩きつけられた銃は暴発して階段側で大きな破裂音を放ちます。

この音に反応してか大男は動きを止めて後ろを向きました。

「よし!」

つづりんがそう叫んだ頃には私たちは不干渉次元の中にいました。

不干渉次元では時々糸の繋がる先が変わったりある世界が消滅してその波動が伝わってきたりと不安定な状況となっていました。

今まで規則的な動きをしていた不干渉次元でしたが、いま目に入る光景はいろんな糸が繋がっては千切れ、眩く光ったかと思ったらはじけてしまう光。

飛び交う光は時々ぶつかってははじけ飛んだり、貫いたり。

秩序ある空間が、混沌とした空間へと変わってしまっていたのです。

この状態を放っておけばいずれはすべての次元がめちゃくちゃとなり、概念なんて存在しない虚無のような空間へと変わってしまうことでしょう。

問題は山積みですが、私たちは十分につかれていました。

そんな不干渉次元中で私たちはただ、疲れた顔をしながらファミニアへと戻ったのです。

 

1-8←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-10

【マギアレコード】深碧の巫 BADEND背景に描かれた模様の真実

マギアレコードの第二部前日談イベント「深碧の巫」で謎の模様がOP、フラグメント、BADEND演出の背景に存在していました。

これはただの模様なのかというとそうではなく、なんと実在されたとされる文字なのです。

まどマギといえば魔女文字という独自の文字を有しています。
ならば日本語や英語といった言葉以外の文字を使用する際にはなにかと気を遣うはずだと思い、使用していると思われる文字を特定し、内容を確認してみました。

すると、見事にちゃんと意味のある内容でした。

まずこれは何の文字なのかというと、「アヒル草文字」と呼ばれる神代文字です。

神代文字というのは大昔に文字をもたなかった日本人が異国の文字を無理やり使いやすいように当てはめたことから始まったとされています。
その元ネタはハングル文字であり、無理やり当てはめたとされる時代は聖徳太子が生きていた時代だとされています。その頃は遣唐使を送りだしたりと周囲の国々と交流を行おうと盛んになっていたころなので、ハングル文字を無理やり日本で使えるようにしたという話も少々納得できます。

ちなみに「アヒル」は「阿比留」と書き、この文字は神社や守符、奉納文として利用されることがあります。

アヒル草文字については下記のサイトで詳しく説明されていますので興味を持った方はどうぞ見に行ってください。

神代文字について

http://feb27.sakura.ne.jp/episode05.html

 

さて、肝心の解読結果ですが、下記のような結果になりました。

時女の血は日ノ本の血
始まりはなく終わりもなく
祈りと無を捧げ続け
あとは己が影に染まりゆく
もはや静かに無と底に
沈みて全てを忘れよう
ただ一つの誇りを残して

発見場所:
深碧の巫のプロローグ、BADEND演出時

内容はまさに絶望して魔女になる瞬間、またはドッペルを出す寸前の感情。
おそらく最後に語られている「誇り」は魔女の性質に該当する部分になる内容となるでしょう。

 

センシ

発見場所:
ちはるのフラグメント

3つの文字が合わさっていることはわかりますが、文字の向きがそのままなのか反転されているのかでとらえ方が変わってしまうのでもっともらしく読める内容で解釈しました。
この文字をどこで見つけたかによってとらえ方が変わるかもしれません。

 

家(ゐへ)

発見場所:
静香のフラグメント

村の外に出たことがない静香ということがあり、単語は現代仮名遣いというよりは歴史的仮名遣いに寄せているあたりが細かい

 

今後ストーリー内でアヒル草文字が出てくるようであればこのページへ追記していきます。

 

マギアレコードは、さりげないところに真実を書くということが好きなようです。

 

【DQX】アストルティアの過去と今 歴史で変わる世界の形 オルセコ王国編

このページでは時渡りの術を利用して過去と現在で地形や施設の変化を調べ、まとめていきます。
今回は1200年前のオルセコ王国周辺を見ていきます。

オルセコ王国の過去と今

900年も裡捨てられていたはずの闘技場ですが、いまだに大まかな原形をとどめています。
大きな外傷もほとんど見られず、なぜ王国が滅亡してしまったのかは謎のままです。オルセコの大地に眠るパウギアの影響も考えられますが、施設を破壊されていない点を考えるとパウギアに直接襲われた可能性は低いでしょう。

とはいえ実は、かつてガズバランのしるしを収める重要な墓がこのオルセコの大地に存在したはずなのですが、現在は大部分が削れてしまい、闘技場で散った戦士たちの武器が残るままです。

オルセコ王国滅亡の原因は王家の墓消失と関係がありそうです。

オルセコ王国の内部は建国から300年経過しているとはいえ要塞化の真っ最中でした。


かつてバザーでにぎわっていた場所からは水路がなくなっていました。
また、1200年前には存在しなかった部屋もいくつか確認できました。


過去と今のオルセコ王国の地図を見比べるとすぐに違いが判ります。

一階部分でも300年の間で拡張が行われ、現代で主に使用している地下へと行くための通路は1200前には存在しなかった部屋です。瓦礫によって塞がれてしまっている通路がいくつか存在しますが、部屋の拡張は国民増加に伴って行われたのでしょう。

地下一階の拡張は1200年前とは比べ物にならないほどおこなわれており、先王の部屋だった場所は通路の一つとして利用されるようになっていました。
これは王族の部屋が一階に移動したことと、拡張工事の都合で、そうせざるを得なかったという様々な事情が考えられます。

ここまで多くの変化が起きているオルセコ王国ですが、闘技場へと通じる道に関しては驚くほど変わっていません。

天井が抜けるでもなく、像が倒れているでもなく、形がそのまま残っています。
この状態を考えるとオルセコ王国の滅亡は戦争による敗北、モンスターによる襲撃という戦いが理由ではないことがうかがえます。

 

さて、元オルセコ王国の建物はしっかりと残っているものの領土の境界線に位置する門は跡形もなく消え失せています。

1200年前から滅亡するまでの300年の間は門を構える必要がなかったからかもしれません。

跡形もなくなっているといえば、ドランド王国です。
かつてドランド王国があったとされる場所は要塞化していた岩山ごとなくなっています。

現在のガートラント領ですが、500年前にレイダメテスによって大地が焼かれた上に古代の魔族が一時的に復活してしまう、ゲルト海峡付近で魔瘴が噴出してしまうなど災厄続きであったためその過程で消え失せてしまったことは考えられます。

ここまで大きな災厄が訪れているならばオルセコの大地にも大きな変化が起きてもいいはずですが、闘技場に被害がなかったのはすでに人気が無かったからだと考えられます。

失ったものがあれば新たに生まれたものもあります。

ラダ・ガートによって建国されたガートラント王国は魔族を復活させてしまったという大事件から始まりました。

現在進行形でこの恐怖から逃れられてはいませんが、この国にはガミルゴの加護を受けるために多くの冒険者が必ず足を運ぶ地となっています。

厄災といえばオーグリード大陸には戦禍の邪神が封印されている地でもあります。


1200年の月日の中で邪神の宮殿へ続く道は封じられていましたが、最近再び解放されました。

1200年経過した宮殿内ではそれぞれの剣へ通じる道が新たに追加されたと同時に、遠方で輝く光が強くなっていました。
この光の強さはグラフィック設定を変更しなくてもわかるほど変化しているため、この光の強さで封印が弱くなっていることを実感できます。

1200年間の変化

オルセコ王国自体は1500年ほど前から存在した国であり、コロシアムの原型ともいえる闘技場を備えていました。それから300年ほど経過したころ、ゾンガロン出現と同時にドラント王国が滅亡し、オーグリード大陸中が戦乱の世でした。
ゾンガロン封印後は種族問わず各国から戦士たちが集まり、己の強さをぶつけ合う場として貢献してきました。

しかしそれからさらに300年経過すると原因は不明ですがオルセコ王国が滅亡してしまいます。

オーグリード大陸では長年戦禍の邪神の影響で多くの災厄が訪れています。これは現在も続いているものであり、様々な封印が弱くなっています。

また、オーガが心を手に入れた証拠であるガズバランのしるしとそれによって起動する戦いの舞の踊り方マニュアルは失われてしまいました。

しかし、踊り自体は文化という形で受け継がれています。
神代の力は文化へ組み込まれ、オーガ自体が滅びない限り神代の力が失われることはないでしょう。

神代の力に頼らない生活ということはいまだにできていません。封印の弱体化なども発生していて、いずれはガズバランに助けてもらうことになるかもしれません。

 

まとめ

1200年の月日は多くの国が建国されては滅び、戦いの舞が文化へと組み込まれた

イラストに手を付け始めました

みなさんイランカラッテ

あおソラいろです。

 

拠点についたのでイラストに手を出しはじめました。
今日明日でできるかなという感じ。
必然と今日明日で仕上げないと来月までお預けになっちゃいますからねぇ・・・

記事のネタは少しづつ浮かんできているのでどんどん形にしていきたいと思います。

ではイラスト描いてきます

 

あ、マギレコのDiscord鯖作ってみたので興味ある方はどうぞ

マギアレコード 日本語版 discord鯖作りました

マギアレコード 日本語版 discord鯖作りました

マギアレコード 日本語版 discord鯖を作ったので興味ある方はぜひ参加してみてください!

何か聞きたいことがあればこの記事のコメント枠で聞いてください。ツイートに何か書かれても、返信しませんので・・・

https://discord.gg/TVzD9E5

良ければいろんな人に教えてあげてください!

知られざる過去紹介1

みなさんイランカラッテ

戦禍のタネを握りしめたときぐらい憎しみが深くなったあおソラいろです。
戦禍のタネはDQXversion4.5ラスボスが落とす種です。気になるかたはぜひだいじなものからとりだしてにぎりしめてみてください。

さて、今回はメンタルがぼろ雑巾になったため何もできていません。
私はメンタル崩壊したら何も楽しくなくなっちゃう者なので、こんな気分の時は動画見て頭空っぽにしようと試みます。
でも無駄な時間を過ごしたと感じてしまって感情デフレスパイラル

ドッペルが出せるなら出してすっきりしたい

 

さて、作業が全く手についていない状況ですがマギレコはやりました。ストーリーを10回周回しただけですが・・・

しかし、さゆさゆイベントのラストではまさかの魔法少女が歌うPVが流れるというびっくりイベント。いくら歌える声優さんとはいえ、早々にぶっこんでくるとは。
是非まどかと絶唱を奏でてもらいたいところ。

とはいえ私はアイドルがさっぱりわからない側の存在なので、少々ふゆぅに同意。

人によって好きはそれぞれだよね!

 

ではここで我サイトの目玉だと思っているページを紹介。

DQX内で主に使用されているアストルティア文字ですが、Twitterの#アストルティア文字と調べる以外で発見場所と読み方をまとめているのはここだけ!

アストルティア文字

これだけは自信持って言えますね。

あと、削除したアカウントでは発信していましたが、一時的に唯一判明していなかった「ぬ」を発見したり踊り子クエストの描かれている内容の意味を突き止めてしまったりと時の人になった過去はあります。
もちろんブログ時代の遺産なので、このサイトに残っているのはその結果だけですね。

そんな過去は私と一部くらいの人しか知らないかな?
ご存知の方はわたしがアストルティア文字をまとめているんだと教えてください!

 

え、作業進捗?

なんも進んでないよ!