【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-13 過去と未来、大事なものは?

神浜の自動浄化システムは、ワルプルガという少女が願えば世界に広げることができるらしい。
ワルプルガの所持権を奪って神浜の魔法少女へ復讐しようなんて言う意見が内部で出たものの、私はワルプルガに願いを叶えさせる策があるという環いろはに任せてみることにした。

私は日継カレンとの出会いをきっかけに修羅の道を突き進もうという気はとっくに失せていた。

とはいえ虎屋町はともかく竜ヶ崎のメンバーを納得させるには強硬手段を演じるしかなかった。

だからああやって神浜の魔法少女へ、環いろはへの挑発行為をおこなった。

あれらの行為が今後のためになるなんて思っていない。

でも私は、演じ続けなければいけなかった。
再び二木市の魔法少女同士が争わないためにも。

私たちが一度二木市へ戻った後、アンチマギアプログラムという魔法少女を排除する動きが世界中で活発になり始めた。

この影響は二木市でも起きていた。

父親には魔法少女であることがばれて、魔法少女を取り締まるところにすぐにでも届けだそうとしてきた。

私は酷く失望した。この人は、私を守ってはくれないのだと。

私は家を飛び出す前にみんなへ注意を促したものの取り締まる者たちの質は予想以上で、次々と魔法少女達が謎の兵士たちに捕らえられていった。

その兵士たちは、魔法が効かない物質を使用していて下手にその物質に触れると体が動かなくなって簡単にとらえられてしまう。

兵士たちから逃れたものを集めて、私たちは捕らわれた仲間の奪還作戦を実施した。

しかしその作戦では、公共で使用されている建物を容赦なく破壊し、動けなくなった敵を殺していくという人間を殺すことに慣れなくては実施できないような作戦を実施した。神浜へ行ったメンバーがみんな人間を躊躇なく殺す様子を見て、二木市に残っていたメンバーは絶句していた。

「ゆ、結菜さん、何も殺してしまわなくても」

「彼らは本気よ。

やれる時にやっておかないと、明日は我が身よ」

救出作戦自体は成功して捕らえられた仲間は救えた。

でも、救えたのはまだ二木市にいた子達だけ。最初に狙われた蛇の宮にいた子達を中心に既に外部へ運び出されてしまった子達は助けることができなかった。

その中にはアオもいる。

助け出した子達はソウルジェムが紫色の液体につけられた状態になっていて、そのソウルジェムを体の上においても目覚める様子がなかった。

彼女達の目覚めを待つために私達は身を隠せる場所を探した。

その末辿り着いたのは仲間達が眠る、この場所だった。

「結菜さんこれからどうするんですか。いつかここも敵に見つかってしまいますよ」

「すでに見つかっているわ。
敵は隠密作戦に慣れているのか、上手く隠れているわ」

「そんな、いつの間に。
なら早くここから離れないと」

「離れて、どこに行くというの?
元からここを離れる気はないわ」

「え、それってどういう…」

アンチマギアプログラムと呼ばれる取り組みはあらゆる魔法少女を取り締まるもの。

魔法少女自身もそうだけど、魔法少女に関わるものや場所も念入りに調べられる場合がある。

それはもちろん、ここに眠る魔法少女だった子達も例外ではないはず。

ここが部外者に荒らされるなんてことは避けたい。

だからここから逃げ出すなんて選択肢はない。

ここは私たちにとって最後の砦でもあり、なんとしても死守しなければいけない場所よ。

逃げ出すなんて考えはないわ。

それに、まだ動けない子達だっている」

そう言った私に対して睨みつけている樹里が話しかけてきた。

「だが姉さん、食料にも限度がある。

ここを取り囲む奴らをどのみち蹴散らさなきゃならねえ時が来る。

なら、さっさとぶっ倒しちまった方が早いだろ」

「救出作戦の時に確かに敵の数は減らしている。

でも、想像よりも手加減をされている感じがするのよ。

変に奢って飛び出せば思いがけないしっぺ返しを受ける可能性があるわ」

「でもよ」

みんなはともかく、私はここを捨ててはいけない。
ここを捨てるなんて、命を散らした皆に申し訳が立たない。

どうすれば、ここを捨てずに皆を守れるのか。

悩んでいると外が突然慌ただしくなった。

「何事?!」

外に出てみると兵士を刺し殺す魔法少女達がいた。その中には神浜へ待機させていた子達もいた。

「あなた達、どうして」

「ひかる軍団!風を巻き起こすっす!」

迫ってきていた紫色の霧はどこから取り出したか分からない団扇を持ったひかるの軍団によって吹き飛ばされていた。

「ひかる!なんで戻ってきたの!」

「私も一緒さ」

ひかるの側にはさくやもいた。

「さくやまで」

「結菜達を助けにきたのさ。もちろん、私たちだけじゃない」

さくやが目を向けている方向を見ると、そこには環いろはの姿があった。

「なんで彼女と一緒なの」

「話は後だ。早く二木市から逃げ出そう!」

「それはできないわ」

「なんでよ!ここにとどまるよりは神浜で体制を整えた方が安全でしょ」

「さくや、私に二木市を捨てろというの!」

「奴らの目的は侵略じゃない!魔法少女を捕らえることよ。

町が奪われるわけじゃないでしょ」

私は再びカタコンベの中へと戻った。

「奴らが調査としてここを漁るかもしれない。そんなことは許されない。

許されることじゃないわ!」

そんな私たちの会話へ環いろはが割り込んできた。

「皆さん!早くこちらにきてください!

逃げる準備はできていますから」

「何も知らないで、お前は!」

私は武器を環いろはに向けて振り下ろした。

当然ではあるけど、その攻撃は彼女に当たることはなかった。

「どうして攻撃するんですか!私は助けに来ただけで。

今は魔法少女同士で戦っている場合ではないはずです!」

近づいてくる兵士たちに対し、穴の中にいた樹里達が外へ出て応戦を開始した。

「まったく、でも、姉さんがここを譲れねぇってんなら樹里様も引くわけにはいかねぇな」

皆この場所から逃げようとしない。

しかし兵士の銃に当たって動けなくなる子が出てきた。

「結菜!」

さくやの声で驚き、さくやの方を向いた。

「もういいだろ。

ここにいるみんなだって、いま生きている二木市のみんなに生きてもらいたいと思っているはずだ。」

「でも、私は、ここを譲れない!

私だけ置いてみんなは早く逃げなさい」

「結菜さん!」

また環いろはが会話に割り込んできた。

「さくやさんからここがどんなに大事な場所か聞きました。

この町で死んでしまった子達が眠る場所なんですよね。

人間に譲れない気持ちは十分にわかります」

さくや、余計なことを。

「だからあえて言わせてもらいます。

過去に生きていた仲間と今生きている仲間、どっちが大事なんですか!」

「何ですって…?」

環いろはは目を逸らすことなくこちらを見続けている。

この子は私を怒らせに来たの?

「何やってるんだ!増援が来ちまうぞ!」

外からそんな声が聞こえても環いろはは顔を逸らそうとしない。

私の意見を聞きたいというの?

「・・・どちらも大事なものよ。だから」

「だからこそ、今生きてる人が大事じゃないのですか?」

環いろはは握手を求めるかのように右手を出してきた。

いなくなってしまった人たちは今生きている人が覚えていてくれるからこそ残り続けられる。

眠っているみんなのためにも、結菜は生き続けないといけないんじゃない?」

環いろはの隣にいるさくやはそう言った。

そんなことはわかっている。

でもここにいる子達が、そんなことを許してくれるだろうか。

「私が生き続けていいのかしら。

この街で散っていった子達は、先輩は、わたしがここから離れることを許してくれるの?!」

「結菜さん…」

環いろはは右手を下ろし、内部へと入ってきた。

「ちょっとあなた」

空間の中央にいくと、環いろはは深く礼をした。

そして顔を上げてこう宣言した。

「ここに眠るみなさん。この町にとって結菜さんは大事な存在だというのは知っています。

だからこそ、彼女を私が連れ出します。

そのせいでみなさんの静かな眠りが脅かされたり、結菜さんに何かがあれば、私を呪っても構いません。

どうか、よろしくお願いします」

そう言って彼女は再び頭を深く下げた。

そして彼女は顔を上げてこちらへ向き直った。

「言質は取りました。

ここに眠る方たちも、きっとわかってくれると思います。

みんなで神浜に行きましょう!」

私は環いろはの横に先輩が立っている気がした。

その顔は穏やかで環いろはの提案に乗ることを促すかのような感じだった。

「あなたって、案外強引なのね」

「結菜さん?」

私はテレパシーで全員に伝えた。

[さくや達が手配した脱出ポイントへの移動を開始してちょうだい]

[結菜さん、それでは]

「これは敗走ではないわ。

この町を安全に住めるようにするための準備をしにいくだけよ。

さあ、急いで」

皆が一斉に神浜の方向へと流れていくことが外の様子からわかった

「結菜さん、ありがとうございます」

「しっかり最後まで責任を取ってもらうわよ、環さん」

「はい、もちろんです」

「結菜さーん!急ぐっす!」

動けない子を連れ出している中、環さんが運び出そうとしている子たちのもとへと向かった。

「手伝いますよ」

「でも」

[手伝わせていいんですか]

外に連れ出そうとする子が私にテレパシーで確認を求めてきた。

[構わないわ。手伝わせなさい]

[わかりました]

「わかった、助かる」

動けない子たちが外へ連れ出されたことを確認すると、私はカタコンベへの入り口を入り口を破壊した。気休めではあるものの、これでカタコンベが調査される時期を遅らせることに繋がればいいと思った。

外に出るとほとんどの子達は神浜から来た他の魔法少女に誘導されて移動していた。

彼女達の移動が完了するまで、樹里をはじめた竜ヶ崎の子たちが兵士たちを足止めしていた。

「もう十分よ。あなた達も急いで」

「わかったよ。

お前ら行くぞ!」

「はい!」

一人が煙幕を巻いて兵士達からの視界を遮ったあと、樹里達は撤退を開始した。

そんな中、煙幕の向こうから銃が乱射されてきた。

それらの銃弾のうち一発が樹里の左足を貫いた。

「樹里!」

「構うな!行け!」

そう言われて竜ヶ崎の子達は動こうとはしなかった。

「行けってんだよ!」

そんな様子を見かねた樹里は竜ヶ崎の子達へ火炎放射を放ち、竜ヶ崎の子達はやむを得ず脱出先へと急いだ。

兵士の足音が近づいてきて、樹里が諦めたかのような顔をしていると、らんかが樹里を抱え上げた。

「お前?!」

「勝手に死んでもらっちゃ困るんだよね」

らんかは樹里を抱えながら脱出場所へと急いだ。

それでも兵士たちの足は速く、捕縛用のアームが飛び出してきた。
間違いなく捕まるというところを見慣れない魔法少女達が銃でそのアームを撃ち落とした。その後は兵士たちの足を止めるようにどこから持ち出したかわからないRPGを撃ち込んだ。

神浜から来た他の魔法少女達が兵士たちを牽制している中、私たちがたどり着いたのは貨物列車だった。

「あんなものを持ち出すなんて」

ほとんどの子達は貨物列車のコンテナに乗り込んでいて、樹里とらんかを待つだけだった。

私は貨物車へ乗り込み、らんかから樹里を受け取った。

最後にらんかが乗り込み、そのタイミングで神浜の魔法少女達も貨物車へ乗り込んだ。

そのうち一人が貨物車の上に乗り、操作席がある最前列の車両を連結から切った。その最前列の車両の周りにはなぜかドラム缶がたくさん置かれていた。

その後に貨物車は神浜へ向けて動き出し、しばらく動くと切り離された最前列の車両が爆発した。

「これで、奴らはすぐに列車で追いかけてなんて来ないだろう。

RPG抱えてる奴はいないだろうな!」

そう一人が聞くともう一人からの返事が聞こえてきた。

「視認はできない!

道中いるかもしれないから索敵はしておくよ!」

貨物列車に何か起こることもなく、私達は神浜の魔法少女と神浜に待機していた仲間達の手当てを受けていた。

「樹里さん、これはしばらく左足は使えないかも」

「マジかよ。あいつらの銃弾そんなにやばかったのかよ」

「魔力供給を断ち切る効果があるらしい。あの紫色の霧と同じ成分だろう」

そう樹里へ話しかけたのは銃を携えた見慣れない魔法少女だった。

「やけに詳しいな。あんた」

「神浜でも同じものを見かけたからね。

でも強いあんたと手合わせするのが先延ばしになったのは、残念なことだ」

「…へぇ。あんたもそういうやつか」

「強い奴を求めるのは、悪いことか?」

「いいや、悪くねえ」

何だか二人は気が合うようだ。

そんな二人の様子を眺めていると、環さんが私と視線が同じになるよう座って話しかけてきた。

「ごめんなさい。無理やり連れ出すようなことをして。

でも、放っておけなくて」

「いいえ。意固地になっていた私が悪かったのよ。

あなたに言った話、覚えているかしら」

「それなら既に準備が整っていますよ。

その方達に、少し神浜へ慣れてもらう時間が必要ですが」

「そう。なら、あなたに突っかかる必要もないわね」

「今は魔法少女同士で争っている時ではありません。

一緒に戦ってください。そして、いずれは二木市も魔法少女が普通に住める場所へ戻すために」

「ええ。その時まで協力してあげるわ」

環さんと話しているとさくやとひかるが近づいてきた。

「やっと強がりを止めるのか」

「みんなもわかってくれると思ったからよ」

「何はともあれ、結菜さんが無事でよかったっす!」

かつてバラバラだった二木市の魔法少女達は神浜という共通の敵があることでかろうじて協力できる状態になった。

その標的が、人間に置き換わっただけ。

自動浄化システムが世界に広がり、わたしたちを襲う脅威さえなくなれば、私達は無駄に争わずに済む。

これまでの戦いで死んでしまったみんなも、きっとわかってくれるだろう。

 

back:2-2-12

レコードを撒き戻す:top page

Next:

 

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-12 慈悲が過ぎる行為

私達は神浜への移動中にアンチマギアプログラムのことを街頭のテレビで知りました。

「やちよさん、この内容って」

「世界が魔法少女を見る目を変えてしまう。しかも最悪な方向へ」

神浜へ向かう足取りは早くなり、翌日からは街の近くへ行くと武装した兵士を目撃するようになり、時には攻撃を受けることもありました。

魔法少女ではない子達を庇いながら戦うのは困難であり、逃げるという選択肢しかなくまともに戦いはしませんでした。

とはいえ、逃げようと放った攻撃が彼らに効かないことだけはわかっていました。

魔法が効かない相手が神浜にもきているのだということを思うと、みんなが無事か気になって仕方がありませんでした。

神浜へ到着すると神浜は兵士に囲まれてはおらず、魔法少女達がいつも通り歩き回っていました。

私達が最初に顔を合わせた魔法少女は眞尾ひみかさんでした。

「いろはさんにやちよさん!いやぁ無事でよかった!

ん?後ろにいるのは?」

「あの、神浜ではなにかなかった?」

「ええ、いろはさんがいなくなってから色々ありましたよ。

でも大丈夫です!少なくとも今は安全です!」

ひみかさんの話を聞いている最中、遠くから目線を感じたのでその方向を見ると、神浜の魔法少女ではないですが見慣れた顔がありました。

しかしその見慣れた顔が少ないような。

「ひみかさん、あの魔法少女達って」

「ああ、いろはさんも知ってると思いますがプロミスドブラッドって名乗ってるグループですよ。

いろはさんがいなくなった後にういちゃんをさらおうとしてきたんですよ」

「ういを?!」

「でも安心してください。

ういちゃん達は里見さん達が匿ってるようなので無事です」

「よかった」

私は少しプロミスドブラッドに状況を聞きたいと思いました。

でも今はさつきさん達を案内しないといけないし。

私はやちよさんの方へ向き直りました。

「やちよさん、みんなを休める場所まで連れていってもらえますか?

私はプロミスドブラッドの子達に聞きたいことがあるんです」

「出発する前にあれだけ煽ってきたグループよ。

いろは一人を行かせるわけには」

「大丈夫ですよ。

あれ以来この街の見張り能力は向上していますから。

安心してください」

目から光がなくなったひみかさんからそうつたえられました。確かに周りにたくさんの魔法少女の気配が多いような。

「わかったわ。
いろは、無理をしちゃダメよ」

「はい」

さつきさん達のことはやちよさんにまかせ、私はプロミスドブラッドのメンバーに接触しました。

「ちょっといいでしょうか」

「環いろは!戻ってきていたのか」

「ついさっきですけどね。

結菜さん達の姿がないようですが」

「お前に教える必要はn」

「結菜達なら二木市に戻ったよ。仲間がまだ二木市にいるからね」

「それって、あの全国放送が行われる前に、ですか」

「ええ、そうよ」

「ちょっとさくや、何普通に教えちゃってるの」

「私たちじゃ今以上にどうしようもできないでしょ」

きっとあの兵士達が神浜へ来たと同様に二木市にも現れていたのだろう。

あの兵士達が現れてからしばらく経つのに神浜に避難してきていないとなると、苦戦している可能性がある。

それとも。

「プロミスドブラッドのみなさんは二木市に思い入れはありますか。
なければすぐに神浜へ避難してもいいと思いますが」

「地元に思い入れがないわけがないだろ!

あそこには楽しい記憶も、辛い記憶もあるんだ。そう簡単に手放せるわけがない」

「それで、今の生存よりも地元愛を優先して捕まるのを待つのが、結奈さん達の考えなのですか」

「あんた、言わせておけば、
ふざけんじゃないわよ!」

「私は多くの魔法少女を助けたい。

でも、死にたいと思ってる子を無理やり生かそうとは思いません。

教えてください。今結菜さん達は生きようとしてるのですか!」

そういうと一人の魔法少女が近づいてきました。

「確かに結菜さんなら二木市で命を落とそうとか考えかねないっす」

その魔法少女は二木市があるであろう方向へ向いて話を続けました

「でも、少なくともひかるは結菜さん達を死なせたくないっす。
こんな時に、死ぬ必要なんてないっすからね」

「助けに行きませんか。私達で」

私がそういうとプロミスドブラッドの魔法少女達は驚いてこっちを見ました。

「いいの?私達はあなたへ恐喝したり妹さんを攫おうとしたし殺そうともした

そんな私たちを助けようっていうの?」

「もちろんですよ。あれも本意ではなく理由があってのことだと信じていますから」

「お人好しすぎるんじゃないか、環いろはさん。

でも気持ちはありがたいよ」

「では早く向かいましょう!早いだけいいですから」

「ちょっと待て、今の流れで行くことになったのか、しかもこの人数で?!

さくや、私達が命じられたのは神浜の偵察だ。戻ったら何言われるか分からないよ」

「だから危険だとわかっている結奈達を助けに行かないって?

それは違うでしょ」

「それは、そうだけど」

プロミスドブラッドのメンバーが話し合っている間、私は近くにいる魔法少女へ伝言しました。

[聞こえますか]

[いろはさん?!プロミスドブラッドと接触して平気ですか!]

[うん、大丈夫。

やちよさん達に伝えてください。

私はプロミスドブラッドと共に二木市へ行って魔法少女を助けに行きます]

[ええ…ええ?!]

[お願いしますね]

[ちょ、いろはさん!]

私は一方的にテレパシーを切りました。

「ついてきてくれるのはあなただけ?

まあ、あれだけのことをやったら当然か」

「必ず力になります。
案内してください、結奈さん達のいる場所へ!」

「なんか楽しそうなことを企んでるじゃないか。あたし達も混ぜてくれよ」

そう言い寄ってきたのは私たちをずっと見ていた魔法少女達の一部魔法少女姿から武装をしていてとても目立っていたので覚えています。

「三重崎の方達、ですよね」

「そうそう!覚えててくれて嬉しいよ。

二木市の奴らを助けに行くんだろ?

だったら手伝わせてくれ」

「三重崎のあなた達とは交流はなかったはずだけど?」

「そんな冷たいことを言うな。魔法少女同士助け合わないといけなくなったご時世だ。

それに、あの火炎放射器使うやつと戦いたいと思っていたんだ。

一戦も交えずにいなくなられるのはちと寂しいと思ってね」

「あんた達なりの思惑はあるってことだね」

「手数は多い方がいい。それに、環さんよりはあたしたちがあの兵士たちへの対処をよく知っているはずだ。

どうだ、連れていってくれないか」

「ありがとうございます。

あの、お名前を伺っても」

「私の名前だけ覚えてくれればいいよ。

咲(さえき)って名前だ。よろしく。

早速だが妙案があるんだ。ついてきてくれるか?」

私達は咲さん達についていき、辿り着いたのは神浜の車両基地でした。

そして咲さん達は一両の貨物車をいじり始めました。

その様子を見ていたプロミスドブラッドの一人が咲さんへ話しかけました。

「あんた達まさか電車使用して助けに行こうとか考えているわけ?

「そうだがどうした。

ただでさえ包囲されているかもしれない二木市だ。

大人数をスピーディに運搬できるのは車両ぐらいだ。

ちょうど線路がつながってるわけだし、使わない手はないだろう」

「いやいやいや、封鎖されてるかもしれないしそもそも誰が運転するのさ」

「イノッチが運転できる。まあ魔力使えば誰だって運転できるんだけどね
ああ、イノッチはあいつのことだよ」

「よろしく~」

機関部をいじっている子が陽気にこちらへ手を振ってきました。彼女がイノッチさんなのでしょう。

「とんでもない奴らだ」

「ほら、出発するまで何やるか思い浮かばないのならその空のコンテナにドラム缶を積み込んでくれないか」

「何に使うんですか」

「魔法が効かない相手への対抗策さ」

電車の準備が進んでいき、コンテナが3両つながった5両編成の貨物車が用意されました。

私達はコンテナ部分へ乗り込み、日が沈もうかという時に貨物車は車両基地を出発しました。

レールの切り替えはイノッチさんが銃で行い、今まで二木市とつながっていた線路へと合流しました。

思わぬ寄り道をすることとなりましたが、魔法少女を助けるのが第一です。

ういには、それまで待ってもらうことにします。

 

 

back:2-2-11

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-13

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-11 再起の巫女

「キク、本気で言ってるの?」

「ああ。私は環達と一緒に神浜へ行く」

「私を置いて行くの?」

「お前がついてこないっていうなら、置いて行くしかないな」

神社の裏側の本殿と呼ばれる場所にいたさつきさんへ、キクさんには神浜に行くという演技をしてもらうことになりました

心が不安定になったら、さつきさんをおかしくした何かが本性を表すかもしれない。そういうやちよさんからの案です。

さつきさんの顔は曇り、小声で何かを呟き続けました。

そして、わたしたちの方を睨みつけました。

「あなた達ね、環さんと七海さんがたぶらかしたのね!」

「私達は神浜がどんな場所か教えただけです。
その後に自分で決めたのはキクさん自身です」

「さつき、そろそろお前も自分で決めて行動したらどうだ」

「私はいつだって自分で決めているわよ!」

「じゃあここから離れられない理由はなんだ」

「それはお父さんとお母さんに頼ま…」

さつきさんは何かに気付いたかのように言いとどまってしまいました。

「あれ、私は自分の意志でここに残らないとと思った。そうよ、残らないとって思う理由が確かにあった。

でもこれ、自分の意志じゃなく、い、言われたからみたいじゃないの」

綻びが見え始めました。

どうやら本当の目的があったからここから離れられなかったようです。

でもそれがいつの間にか、父親と母親に言われた言葉がきっかけで残っているに変わってしまった。

「行かないで・・・キク・・・行かないで」

さつきさんは肩を震わせながら泣き始めてしまいました。

「だったらなんで動かない事に固執するんだ。ここにはもう何も」

「いえ、ここ封印した」

“カワイソウニ,カワイソウニ“

さつきさんが何か思い出そうとした時、声が聞こえてきました。

”オトウサントオカアサンノイッタコトヲマモッテルダケナノニ“

本殿内は魔女の気配で包まれました。

「この反応、あいつと同じ」

”キクハイイコ、イイコ、ダイジナモノヲウバウワルイヤツハ、ハイジョシナイト“

「排除、しないと」

さつきさんの目から光が消え、何かに操られるかのようにさつきさんは私たちへ襲い掛かってきました。

無数の光る札が私たちへ放たれ、それは避けられるような密度ではありませんでした。
受け止める術がない私のためかやちよさんは前に立って無数の槍を生成して光る札を相殺していきました。
しかしいくつかはすり抜けてきてそれらはやちよさんが槍で弾いたものの、2,3発はじいたところで槍が砕けてしまい、私とやちよさんは2,3カ所に切り傷を負ってしまいました。
その頃には召喚された光る札は消えていました。

「やちよさん!」

「この町で一番強いとは聞いていたけど、想像以上の強さね」

「さつき!しっかりしろ!」

周囲はいつの間にか魔女の空間へと変わっていました。

「いろは、少しだけ彼女の注意を引いてもらえる?」

「わかりました」

わたしはさつきさんへ矢を放ち、私へ注意を引き付けます。やちよさんはその間にキクさんへ何か聞いていました。

「キクさん、あなたの家族はあの魔女にどうやって殺されたの」

キクさんは歯を食いしばって答えていました。

「忘れるものか。あんな感じに家族を洗脳して私と対峙させ、最終的に自殺させたんだ」

「そう、洗脳が得意な魔女なのね」

「ふざけやがって!」

キクさんは普段武器として使用している斧を構えてさつきさんに突っ込みました。

さつきさんは避けようともせず、キクさんの斧を受け止め、柄の部分を容易く折ってしまいました。斧を受け止めた際、さつきさんが足をつけていた地面はえぐれましたが、さつきさんはびくともしません。

キクさんは構わず武器を捨て、何度もさつきさんの顔へ拳を打ち続けました。

「おまえは、そうやって!誰にでも優しく、しようとするから!つけ込まれるんだ!

不器用なくせに!勉強もできないくせに!他人にばっか優しくしようとして!少しは自分も大事にしろ!

バカヤロウが!」

さつきさんは繰り出される拳を何度も受け止めていましたが、最後の一撃だけはなぜか防ごうともせず、キクさんの拳はさつきさんの顔を殴りました。すると間もなくさつきさんの背後から複数の札が出現し、キクさんの動きを止めました。そして逆にさつきさんがキクさんを押し倒したのです。

「キクさん!」

しかしさつきさんは手を出そうとしません。

「さつき?」

「そんなにひどく言わなくていいでしょ!

全く、今のは結構効いたわよ」

さつきさんの目には光が戻っていました。

「正気に戻ったか!」

「ええ、こいつを封印した後、こいつを倒せる魔法少女が現れるまでここから離れられないって思ってたところまで思い出したわよ」

さつきさんは禍々しく光る札の方へ向き直りました。

「ふざけた真似してくれたわね!」

そう言ってさつきさんは禍々しく光る札へ勢いよく別の札を飛ばし、禍々しく光る札は真っ二つに裂かれました。

その中から出てきた魔女は、シルクハットを被り、白い手袋を履いた足のないお化けのような見た目をしていました。

「バカ!なんで解き放った」

魔女は見た目を変えていき、男女の人間へと姿を変えました。

”サツキ、ワタシタチノカワリニ“

さつきさんは膝をつき、頭痛を抑えようとしているかのように頭に手を当てていました。

「さつき!」

「なんでよ、なんで抗えないのよ!
あのふたつは、偽物なのに!」

”ナニモカンガエナクテイイ,イワレタトオリニシテ”

私達は魔女を弱らせるために攻撃しようとしますが、さつきさんから札が飛んできて身動きが取れなくなりました。

札の縛り付ける力は強く、いくら力を入れてもほどける気がしません。

「さつき、やめろ!」

「わたしは、ワタシは」

再びさつきさんの目から光が消えつつありました。

男女の人間はさつきさんに近づきながら包丁を手に構えました。

“ダイジョウブ、ラクニシテアゲルカラ”

そう言って男女の人間が包丁を振り下ろすと、その間へキクさんが割って入りました。

キクさんは背中で包丁を受け、深く体に刺さり込んでいました。

その状況を見てさつきさんの目には再び光が戻ります。それと同時に私たちを縛っていた札が消えました。

それと同時にわたしたちを拘束していた札が消えていきました。

「キク!」

「大丈夫さ。魔法少女の体は頑丈だからな。ソウルジェムが壊されない限り耐えられる」

苦しそうにそう言うキクさんへ、男女の人間は再び包丁を振り下ろします。

キクさんは苦しそうにそれを受け止めます。

「キク!」

「さつき、こんな状態でも、魔女は倒せない存在なのか」

さつきさんは怯えた顔になって、男女の人間を見ました。

「ごめん、私だけじゃ・・・」

震えた声で怯えるさつきさんへ私は手を伸ばしました。

「さつきさん、ひとりでがんばらなくてもいいんです。

私が手伝います」

私の方を見たさつきさんは小さくうなづき、私の手を取りました。

その時にコネクトが発動し、私とさつきさんの手の中には和弓がボウガンのようになった武器が握られていました。

それでも怯えているさつきさんへ私は声をかけました。

「さつきさんはきっと、魔女という存在を誤解しています。

あれは、魔法少女だった子が残した後悔なんです。

あれを倒さないと、魔法少女だった子は快く成仏できないんです。ずっと苦しんだままになっちゃうんです。

魔女退治っていうのは、苦しんでいる子達を、楽にしてあげる役目もあるんです」

「本当?倒しちゃったら、魔法少女だった子を殺すことにならない?!」

「殺したことにはならないですよ。

魔女を倒した方が、魔女になってしまった子も喜んでくれます」

私がさつきさんを説得している間、やちよさんが魔女を抑えてくれていました。
キクさんは血を流しながら魔女から離れていきました。

そんな空間へ、3人の子達が入ってきてしまいました。

「ここ、どうなってるの」

そんな子達へ魔女が手を鋭くして子どもたちへ伸ばしていきました

“カワイソウニ”

「お前ら逃げろ!」

すばやく動けないキクさんを尻目に魔女の手は勢いよく子どもたちの方へ向かっていきました。

誰も止められないと思った時、さつきさんの右手から放たれた札が魔女の手を止めました。

「そうよね。躊躇してちゃ、ダメよね」

札は増殖して魔女の手を締め付けていき、引きちぎってしまいました。

“ドウ、シテ”

さつきさんは大きな魔力の篭った破魔矢を生み出し、ボウガンにセットしました。

「一緒に放ってくれるかしら、環さん」

「はい、あの魔女を倒して楽にしてあげましょう!」

さつきさんは札を呼び出して魔女を縛り上げ、やちよさんの助けがなくても魔女は動けない状態になりました。

魔女は縛られながらも再び男女の人間に変わりました。

“ヤメテ、サツキ”

「私の記憶を好き勝手使って…

もう、迷わないんだから!

消えなさい!マガイモノ!」

破魔矢は放たれ、男女の人間を貫きました。

魔女は元の姿へと戻って破魔矢が貫いた場所から溢れる光に包まれ、魔女は消え去りました。

周囲には温かい光が残り、それはキクさんの傷を癒しました。包丁に刺された傷が元に戻るくらいの治癒力でした。

そして魔女の空間は消え去り、屋根が吹っ飛んだ本殿に戻ってきました。
魔女がいた場所には一つのグリーフシードだけが残っていました。

「何今の、すごい!」

子どもたちは勝手に盛り上がっていて、さつきさんはキクさんへ手を伸ばしました。

「よくもまあ私をぶん殴るなんて乱暴なことしたわね」

「思いっきりぶん殴られたら誰だって少しは正気に戻るだろうと思ってさ。魔法少女だからって思いっきりやらせてもらったよ」

「絶対正気に戻そうって以外の雑念あったでしょ」

「さあ、どうかな」

さつきさんとキクさんは笑い合っていました。

私達は二人の談笑が終わるまで待ち、話が終わったところでさつきさんはこちらに話しかけてきました。

「ありがとう、環さん、七海さん。

私あなたたちに大きな迷惑をかけてしまったわね。ごめんなさい」

「私からは礼を言わせてくれ。やってわかったと思うが、私だけじゃどうすることもできなかった。だから二人がいてくれてよかった。ありがとう」

「気にしないでください。さつきさんが元に戻ったようでよかったです。

えっと、それで神浜に行く話ですが」

「ええ、私も神浜へ行くわ。

もちろん、この子たちを連れて。いいでしょ?」

「まあ、来てくれるのでしたら。

いいですよ。みんなで行きましょう!」

「何何?どこへ行くの?」

「神浜って場所へ旅行よ。さあ、出かける準備して」

「はーい!」

こうしてさつきさんは神浜へ来てくれることになりました。

思った以上に神浜を離れちゃったけど今はどうなっているのだろう

そして、世界中にアンチマギアプログラムという存在が知れ渡ったのは、私達が神浜へ出発したすぐ後でした。

 

 

back:2-2-10

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-12

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-10 偽りの神様

ある日、やちよさんはさつきさんへ3人の子達が学校へ行っていない理由を聞きました。

「事情があるのよ。

もしよければあなたがあの子たちに教えてあげてもいいわよ。

かつては家庭教師が来ていたのだけど、わたしたちだけになってからは誰も教える人がいなかったから」

そう、この神社にはお参りしに来る人と謎のスーツの集団以外全く来ないのです。

3人の子へ勉強を教える人もおらず、さつきさんやキクさんの両親もいません。

きっと踏み込んではいけない事情があるのでしょう。

やちよさんが暇をしている3人へ勉強をしたいか聞くと、ちかちゃんが真っ先に答えました。

「私は嫌かな。あまり勉強得意じゃないし」

他の二人はダンマリでした。

私は二人が言い出せない事情があるのかと思い、ちかちゃんを外へ連れ出すことにしました。

「じゃ、じゃあちかちゃん、ちょっと私に教えて欲しいことがあるんだけど」

「なになに?」

ちかちゃんを私が外へ連れ出した後、その後に残った二人は。

「私は勉強教えて欲しいかな」

「私も・・・」

「最初聞いた時は黙っていたわね。あの子の前では言い出しにくいことなのかしら」

「そうだね。

ちかの前では、“勉強”ってこと自体を話題にするのはよくない」

私はちかちゃんに畑の野菜について聞いていました。

そして聞いてみたのです。

「ねぇ、勉強は嫌いなの?」

そう聞かれると手を動かしながらいつもの元気そうな顔で話はじめました。

「私は勉強ができないからって家を追い出されたの。何が起きたかわからず彷徨っていたところをさつきさんに助けてもらったんだ!

拾ってもらった後も勉強を何度か誘われたんだけど、何をやっても覚えるところか嫌な気持ちになるだけだった。

だからこうやって体動かす方が好き!」

「・・・ごめんね、話しづらいことだったのに」

「いいよ、お姉ちゃんに知って欲しいと思ったから」

この子は拾われた子だった。

このような子へは勉強を強制できない、ではどうやって知識を広げてもらった方がいいのか。

これは魔法少女だけで生きていく上でも大事なことだと思う。

「私、勉強しないから悪い子だと思う?」

「そんなことないよ。こうやって野菜に詳しいでしょ?
それで十分に偉いよ」

「えへへ」

子どもは憎めない。

こんな無邪気な子達が大人になるとああなってしまうのは、そしてこの子のような子どもが増えてしまうのはなぜなのか。

カレンさんが主張していた人間社会の破壊。

それが為されれば、変わるのだろうか。

やちよさんから勉強の話題が終わったという合図が来るまでちかちゃんと外で過ごしました。

その日の夜、やちよさんから勉強を教えた二人について教えてもらいました。

「あの子達、どうやら親に暴力を受けていたみたいで、隙を見て家出したところをさつきさんに拾われたらしいの。

そのせいで人間不信になっているみたいで。

今はさつきさんしか信用していないらしいの」

「そんな辛い事情を話してくれたんですね」

「ええ。少しは心を開いてくれたってことなのかしらね」

あの3人と仲良くなるのはさつきさんを神浜へ連れて行くための過程でしかありません。

3人みんなが魔法少女になってくれればういを助けた後も仲良くできるかもしれない。

私達は後どれほどここに居続けないといけないのだろう。

 

3人が部屋に戻り、環さんと七海さんも部屋へ戻ったことを確認した後、本殿にいるさつきのもとを訪れた。

さつきは札を作る手を止めて窓から外を見ていた。

「また物思いに更けていたのか」

さつきは私の目を見て話しはじめました。

「キク…。

あなたは環さん達をどう思う?」

「あの3人が心を開くくらいいい奴らだし、魔女との戦いも問題ない。

私が言える立場じゃないが、いい加減ここのしがらみから解放される時なんじゃないか」

私と目を合わせながら話していたさつきは、再び窓の外へ向き直ってしまった。

「確かにキクが言えたことじゃないわね。

知ってるでしょ、私は父と母が亡くなった時に約束したのよ。私がここを守っていくって」

「・・・あの二人をここに縛っておく気か」

「仕方がないでしょう?

私はここから離れるわけにはいかないんだから」

何が仕方がないんだか。

さつきのこだわりはわかるが、今私の中では二人への申し訳なさが優っている。

段取りを組んで外に連れ出すしかないか。

「じゃあ、私は勝手にさせてもらうよ」

本殿を出ようとするとさつきは私の左手を掴んできた。

そんなさつきの目には涙が溜まっていた。

「勝手にどっかに行かないでよね・・・。

あなたなしだと、私・・・」

「今後のさつきの態度次第かな」

私はさつきの手を優しく放して本殿を出て行った。

 

「私、どうしたらいいのよ。

教えてよ、お父さん、お母さん…」

 

いつも通りの朝を迎えたかと思いましたが、朝食の席にさつきさんの姿がありませんでした。

「さつき、寝坊かな」

「私起こしてくるね!」

「ああ。いつもの裏口から行くんだぞ」

一人がさつきさんを呼びに行っている間、私達は先に朝食を済ませてしまうことになりました。

「珍しいですね、さつきさんが朝遅いのって」

「誰だってミスはあるさ。疲れてたんだろう」

結局さつきさんとは顔を合わせることなく、私とやちよさん、キクさんで魔女退治に行くことになりました。

ここの魔女は弱く、苦戦することは滅多にありません。

簡単に遭遇した魔女を倒した後、キクさんは真剣な顔で話しかけてきました。

「環、七海少しいいか」

キクさんに呼ばれて私とやちよさんは、キクさんと一緒に人が登れないような建物の屋上へ行きました。

「信頼にあたると思い、あなた達に私とさつきのことを教えてあげる」

===

わたしとさつきはもともと幼馴染の縁で一緒に魔法少女として活動していた。

さつきの魔法少女としての才能はとてつもないものだった。
この町に現れる魔女は相手になんてならず、彼女に刃を向けてきた魔法少女は皆彼女の力でねじ伏せられた。私だって到底かなわない。
だから、この町の魔法少女達はさつきへ大きな信頼を寄せていた。

さつきはあの神社で巫女として育てられてきた。巫女である特権として義務教育を受けることを免除されていて、普通に学校へ行っていた私は少しうらやましく思う時もあった。

だからさつきは同年代のやつと会う機会が少なかったんだが、頻繁に神社へ訪れる男子生徒がいてな。男子生徒が神社へ訪れていた理由は神社に祀られている神様に興味を持ったかららしい。

最初はその男子生徒をさつきは邪険にあしらっていたんだが、なんだかんだ仲良くなってしまってな。
隙があればあの男子生徒のことをわたしへ楽しそうに教えてきた。

「あいつ学校で流行ってるからと言って訳の分からない本を持ってきてね。
絵ばっかりで情報量が全然ない中身でびっくりしたよ」

「それはマンガってやつじゃないのか。
文字で伝えていた情報を絵にかき起こすことでキャラクターの心情を察しさせたりと新しい表現ができるんだ」

「そうなんだ。あいつ、あの本について私と語り合いでもしたかったのかな」

「あいつに興味があるなら、あいつの好きなものから好きになってやったらどうだ」

「ちょっとキク!私はあいつのことどうも思っちゃいないんだから!

でも、ちょっとは興味持ってやるんだから」

「はいはい」

男子生徒は私と同じ学校へ通っていて、周りに誤解されないようさつきをどう思っているか聞いたこともあった。

「さつきのことはどうも思っていないさ。
ただ、一緒にいる時間がもう少しあったらなって思う時がある」

「さつきが学校に来て欲しいってことか?」

「巫女の仕事があるから仕方がないっていうのは知ってる。
ただ、俺が大人になったらあの子をあの神社から連れ出したいとは思ってる。あの神社に祭られている神様ってのは少しうさんくさい気がするんだ。

それに、何かに縛られながら生きるってのはさつきだって望んじゃいないだろ」

「アンタが何か企てるんだっていうなら、私が手伝ってもいいよ」

「その時はお願い、キク」

ただ、あの楽しい日々にも終わりを迎える時が来た。

ある日、学校が丸ごと魔女の結界に飲み込まれるとんでもない事件が起きた。それが起こる前触れはいくらでもあった。

学校周辺で謎の殺人失踪事件が続いていて、その集大成だったのだろう。

たくさんの人々が使い魔の餌食になって次第に狂った人同士で殺し合いが始まった。

その殺し合いに、あの男子生徒も巻き込まれていた。

彼は最後まで冷静だったが、狂った生徒達を止めようとして、その後生徒達に八つ裂きにされた。

その状況を目にしてしまったさつきは、初めて魔法少女として人を殺した。

あの状況ならば、狂った人々を殺すしか手段はなかった。でも、初めて人を殺すという感触に私たちはショックを覚えるほかなかった。

そしてあの男子生徒を助けられなかったさつきに、とどめを刺すような出来事が起きたんだ。

一緒に魔女討伐をしていた魔法少女のうち一人が、目の前で魔女化したんだ。今まで自分が討伐してきた魔女が、元は魔法少女だったことを知ったさつきの精神は限界だった。

さつきはこの町で一番強い。でもメンタルはそうじゃなかった。

彼女は発狂してしまい、相手が元魔法少女だってことから魔女へ手を出せなくなった。

学校を結界に閉じ込めた魔女は強かったが、他の魔法少女達の活躍もあって私がとどめを刺して倒すことができた。

そしてさつきが魔女化しそうな時に私はグリーフシードを押し付けた。

「負けるんじゃない!戻ってこい、さつき!」

さつきは魔女にならずに済んだ。
だがこの件でこの町の魔法少女はさつきに対する信用を失った。

あの時魔法少女が魔女化した個体はあの戦いの中どこかに消えてしまって始末できずにいた。

そいつが数日後、皮肉にも私の家族を皆殺しにした。

私も多少は心にダメージを負っていたのだろう。私は怒り狂った。

そして自我が消えそうな時に、目の前にはグリーフシードを私のソウルジェムに押し付けるさつきの姿があった。

「負けるなって言ったのはあんたじゃん!

私を、ひとりにしないで。あの時助けた責任とってよ!」

行き場を失った私はさつきの神社へと引き取られ、その後間もなくさつきの両親は病でいなくなってしまった。

で、今日の今までここにいる。

===

過酷な経験をしたことを明かされて私はすぐに何と切り出せばいいかわかりませんでした。

「さつきはいなくなった両親の遺言を今も大事にしていて、神社を離れる気はないんだ。

だから、本当は神浜へ行く気なんてなかったんだ」

「そんな。じゃあ、私たちがいくら頑張っても神浜に来てくれない」

私が悩んでいるとやちよさんがキクさんへ尋ねました。

「キクさんの家族を襲ったという魔女、退治はされたのかしら」

「いや、その場を収めるためにさつきが札へ魔女を封印して、今もどこかにいるはずだ」

「その場所って、神社の裏にある」

「環、あの神社に魔女がいると知っているのか」

私はキクさんが魔女を倒さずに放置していることに驚きました。

「え、知ってるならなぜ倒さないんですか」

「あの神社に引き取られてからすぐわかったさ。あそこにいる魔女こそ、さつきが封印した、そして私の家族を奪った魔女だ。

でも何度始末しようとしてもさつきに止められたんだ。
”神様に手を上げるんじゃない”だってさ」

「さつきさん、おかしくないですか」

「ああ、あいつは両親を失ってから明らかにおかしくなってる。でも私はどうしてやればいいかわからないんだ。あのさつきに牙を向けられたら、勝ち目はない」

キクさん達が倒せなかった魔女が、あの神社にいる。

その魔女を、今もさつきさんは封印し続けている。

さつきさんが魔女を倒せないのはわかったけど、さつきさんには何があったのだろう。

私が悩んでいると、やちよさんが話を切り出しました。

「キクさん、少し協力してもらえますか」

 

back:2-2-9

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-11

 

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-9 巫女と4人の少女達

神浜市を出てからはキュゥべえに導かれるがままに目的の魔法少女のもとへと進んでいました。

ういをもとにもどすための能力を持った魔法少女に協力を申し出て、神浜市へ連れていく。

それが今の旅の目的です。

お金をあまり使用しないよう移動には公共交通機関を使用せず、山道を中心に移動を行いました。魔法少女ではあっても睡魔には襲われてしまうので、寝る時は荷物として持ってきていた寝袋を森の中に広げて過ごしていました。

道中、魔女を倒してグリーフシードの補充を行ったりお店で食料の調達をしたりといった日々を送っているうちに想像よりも早く目的地へと辿り着いていました。

その目的地は町はずれの山にあり、長い階段が目の前にありました。

「やっと着いたわね」

「素直に公共交通機関使った方が楽だったかもしれませんね」

「チケットを買うときに年齢確認される可能性があったし、仕方がないわよ」

「キュゥべえ、この階段の上に目的の魔法少女がいるの?」

「そうだ。名前は真境名(まきな)さつき。
彼女は相手の心へ潜入できる能力で巫女としてこの先にある神社で生活しているよ」

「改めて聞くと、とんでもない能力ね」

私達は階段を登っていき、鳥居を3つほどくぐった途端に魔力反応を感じました。

神社の前には巫女服を着てホウキで掃除をしている方がいました。

その方は私たちの方をずっと見ていました。

「魔法少女の方達ですか。

ここらあたりでは見ない顔ですが、ここへ何の御用でしょうか」

早速私は目的を伝えることにしました。

「私は環いろはと言います。
真境名さつきさん、心に潜れるあなたにお願いがあってきました」

「…確かに私は真境名さつきですが、まあいいでしょう」

険しい顔でこちらを見るようになったさつきさんは、キュゥべえが目に入った途端にため息をつきました。

「あなたはまた魔法少女をここへ導いたのですか、キュゥべえ」

「魔法少女をどんどん招き入れているのはキミの方じゃないか。
行き場を失った魔法少女達を保護したいと言い出したのは君の方じゃないか。
嫌なら断ればいい」

なにやら事情があるようです。

「えっと、妹の心に魔女がいるみたいで、さつきさんの能力で心へ潜入してその魔女を倒したいんです」

「その妹さんは?
一緒じゃないの?」

「今は神浜市にいて」

さつきさんはホウキをくるっと回してホウキの柄の部分を地面に力強くつけました。

「私の能力目的だってことは把握したわ。
でも軽く引き受けられるほど簡単な話じゃないわ」

「お願いします!妹を助けたいんです!」

「だったら本気度を示してちょうだい。この神社にはすでに4人の少女をかくまってるの。

彼女達のためにしばらくここに滞在してもらえるかしら。

その日々を観察したのちに協力するか判断させてもらうわ」

私は深呼吸して気持ちを冷静にさせ、やちよさんを見ました。

「ここに少しの間滞在して、いいですかね」

「私は構わないわ」

私はさつきさんの方へ一歩踏み出して伝えました。

「では、しばらくここへ滞在させてもらいます」

「そう。いいわ、じゃあここでしばらくの間生活を共にしてもらうわ。今後何をして欲しいかは、あっちの宿舎に行ってから伝えるわ」

私達は神社の裏側にある二階建ての大きな建物へ案内されました。

そこは民宿と言ってもおかしくないような内装をしていて1階の広間へ移動しました。

そこには3人の少女がいて部屋の掃除をしている最中でした。

「あれ、さつきさん。お客さんですか?」

「そうよ、しばらくの間みんなと暮らすことになる人たちよ」

3人のうち一人が私たちの方に近づいてきました。

「はじめまして。ちかです!よろしくお願いします!」

「うん、よろしくね」

見た目はういくらいで、同い年か下の年齢かもしれません。

他の二人は警戒するような眼差しでこちらを見つめていました。

「え、えーっと」

「なんだ、また新しいやつらを拾ったのか」

振り向くとそこには私たちと同い年くらいの少女が立っていました。そして魔力も感じられました。

「魔法、少女なのね」

「拾ったんじゃないわ。彼女達からここに滞在したいと言い出したのよ」

そうじゃないんだけどなぁ。

魔法少女は私とやちよさんの顔をそれぞれ見た後。

「まあいいや」

「キク、彼女達に個々のルールを教えてあげて。後はソウルジェムの集め方とか」

「なんで、それはさつきの役目だろ」

「わたしはー、まだ外の掃除が終わってないし、お守り作成だってあるしー。
もう少ししたら面会の予約があるし」

「最後のは私も必要だろ・・・。

いいよ、やっておく」

「ありがとー。さすがキク」

私たちに見せてきた怖い顔は何処に行ったのか、キクと呼ばれる魔法少女に向ける顔は自然と出る笑顔で溢れていました。かなり信用し合った仲なのだということが分かりました。

キクさんは私たちの方へ向かい直しました。

「じゃあ、ここの決まりを案内してあげる」

キクさんから受けた説明はこうでした。

料理は当番制。さつきさん以外の人が変わりばんこで担当するものの買い出しは3人の子達が手分けして実施する。

掃除も3人の子達が担当するが、しばらくは私とやちよさんも参加する。

小規模な畑があって季節に合わせて様々な植物を育てている。
時々でいいから世話をして欲しい。

グリーフシード集めは周囲の魔法少女と取り合いになる可能性が高いため、この神社を取り囲むようにある森の内側だけで実施すること。

助けを求められた時に限って外側の魔女退治はしてもいい。

そして私たちには2階の部屋を与えられて予想もしていなかった生活が始まったのです。

早速晩御飯を一緒にすることにしました。

料理は3人で行ったようですが、下処理が少し雑なのか火が通っていない部分があったり魚に内臓が少し残ってて汁が苦くなっていました。

ここで生活するなら、彼女達に料理の仕方を教えたほうがいいかもしれない。
3人は人間とはいえまだ子ども。忌み嫌う必要性はありません。

その日の夜は何も起こることもなく、次の日になりました。

私は顔を洗うために一階へ降りるとキッチンにはキクさんがいて朝食の準備をしていました。

「おはようございます」

「おはよう。あんたも連れと同様起きるのが早いんだな」

「それってやちよさんのことですか」

「そうさ。あいつ料理の仕方であれこれ突っ込んできたんだ。あんなにうるさいなら、料理当番について少し見直したくなるよ」

きっと料理の仕方で指摘したくなっちゃったのでしょう。やちよさんらしいです。

少しリビングを探索しているとやちよさんが玄関からリビングへ入ってきました。

「おはようございます、やちよさん」

「おはよう、いろは」

「あの、何をしていたんですか?」

「外を散策していたのよ。まだこの建物の勝手を知らないし」

「確かに。まだ知らない建物も多いですし」

「いろは、ちょっと」

やちよさんに連れられてついた場所は、表の神社の後側にある建物でした。そこに着くと、私はやちよさんが伝えたいことがすぐにわかりました。

「魔女の気配が微かにしますね」

「そう。きっとこの中にいるんでしょうけど、私たちが立ち入ると何を言われるかわからないわ」

「さりげなく聞くとか」

「向こうから手を出してこない限りは様子を見ましょう。まずはさつきさん達から信用を得ないといけないんだから」

「そうですね」

私達はその場を後にし、住居へと戻りました。

朝食の時には全員が揃ってリビングに揃っていました。そこでさつきさんが食事中に私たちへ話しかけてきました

「今日は二人にも働いてもらうよ」

「働くって、何をすれば良いのでしょう」

「実はこの家と神社の裏には大きい畑があるのだけど」

「朝見てきました。水田もあるのは驚きです」

「そうでしょう?
大昔にここら辺で災害があった時にこの神社へ避難した人たちが生き残るために整備した名残らしいよ。
で、やってもらいたいのはその畑での仕事」

「私たちがやり方を教えるよ!」

小さい子の一人が、確か最初に自分の名前がちかだと自己紹介してきた子です。元気そうに会話へ入り込んできました。

「じゃあ、この朝食に使用されているお野菜は」

「ほとんどがここで取れたものだ。
だが肉や魚、果物、日常品といったものは買わないとどうしようもない。
そのうち買い出しもお願いするかもしれない」

「はい」

買い物か。魔法少女だけになっても、お金は必要になっちゃうのかな。それとも。

食事が終わり、洗い物は私が担当しました。

洗い物をしている最中、一人がずっと私の方を見つめていました。

最後の皿を洗い終わり、手をタオルで拭き終わった後にやっとずっと見ていた少女へ話しかけました。

「何か、気になることでもあった?」

「畑の説明してって、頼まれたから」

そう言って少女は玄関まで小走りで移動して、扉前まで行くと私の方を向いて待っていました。

私はそのまま少女について行って畑へ辿り着きました。

その畑は私が知らない場所にあり、真っ赤になったミニトマトとまだ小さいきゅうり、そして芋の芽と思われるものなどたくさん植えられていました。

「こんなにたくさん」

私は少女からどこに何が植えられているのかを聞き、田んぼの場所まで行くとやちよさんとちかちゃんが既にいました。

「やちよさんも説明を受けていたんですね」

「ええ。でもすごいわね、田植えまで本格的に行っているなんて」

「さあ!まずは雑草取りからやろう!」

畑仕事というのは思った以上に大変でした。

説明を受けながら作業をしているうちにもう日が落ちるような時間になっていたのです。

「もうこんな時間」

「よし、帰ろうか!」

3人目の子は買い物に行っていたらしく、冷蔵庫にはすでに食材が入れられていました。

今晩のご飯を作るのは私が担当でした。

私が料理をするついでに3人へ野菜の切り方など料理の基本となる部分を教えました。

そうやってキッチンが賑わっているとさつきさんとキクさんもキッチンへきました。

「何か賑わってるな。何やってるんだ」

「料理について教えていたんです」

「あらぁ、キクも説明受けたらいいんじゃない?」

「馬鹿にしてるのか!」

「いろはお姉ちゃんいろんなこと知ってるよ!知らないこといっぱい!」

料理中も好評だったようですが、出来上がった料理でもみんなが驚いていました。

「すごく美味しい!」

「料理上手なのね。もう毎日お願いしちゃおうかしら」

「私は構わないですが」

さつきさんも私をほめてくれました。しかし、これは認めてくれたとは違うと思っています。

それから数日間さつきさん達との共同生活が続きます。

畑仕事が中心ではありますが時々は買い物に、時々は魔女退治に行くこともありました。

魔女退治の時は私達は強い方だとキクさんが感心していました。

ここの人たちとの距離は縮まっている感じはします。

しかし今だに神浜へ来てくれる様子はありません。どうすれば来てくれるのだろうか。

 

 

back:2-2-8

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-10

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-7 事前準備、全ては後のために

神浜市内は環ういとワルプルガを求めて無用な争いが続いていた。

その様子にうんざりした里見灯花がシェルター内に用意した部屋へ環うい、ワルプルガを密かに隠した。

隠された直後は既に誰かが連れ去ったと騒動になったが、里見灯花が放った言葉で争いは急激に減った。

「あなた達が争いばかりしかしないから、うい達はうんざりしてどっかに行っちゃったよ?

さっさとやめなよ、そんな非生産的な行為」

そんな発言があったすぐの頃は激昂して里見灯花を殺そうと動いた魔法少女もいたが、時間が経つにつれてそんな考えを持つ魔法少女の数は減ってようやくまともに生活できる環境作りの動きが増えてきた。

神浜市内の動きが変わっていく中、私はかこさんから鏡屋敷に突然現れた人物達の話を聞かされた。

日継カレンが生きていたこと

人類に反抗しようとする魔法少女の集団

いずれ魔法少女にとって不利益な出来事が起こること

驚くことばかりで私には情報を整理する必要があった。この話を他の人に話してはいけないと釘は刺されたが、とても1人で抱えきれる話じゃない。こんな話を聞かされて、私には何も。

そう悩んでいる時、ふと黒がある話題を出した。

「魔法少女だけで生活していくっていっても、外の様子知りたいよね」

「そうだよね、外から来た人はみんな殺しては死体を埋めるの繰り返しだし、外が今どう神浜市を見ているかは気になるかも」

外の様子を知ること。

そういえばかこさんからはいずれ神浜の外へ出てやるべきことができるかもしれないと言っていた。

今後のことを考えると、みんなに手伝ってもらった方がいい。

そう思い立ってルームシェアしているみんなにかこさんから聞いた話を聞かせた。

みんなキョトンとした顔をしていた中でカオリが意見を出してきた

「あの、外の様子を知る必要があるならまず電波を拾えるようにしませんか

SNSを使えた方がいいですし、テレビとか見れたらいいなって」

「電力関係は今でも問題だな。生きているアンテナ局や電力に強い魔法少女といえば、思い当たるのが1人しかいないな」

「いろはさんは今不在ですし、誰に頼んだらいいんでしょう」

「・・・悩んで動かないよりは思いつく限り行動した方がいい。まずはみふゆさんにアタックしてみよう」

行動方針が決まったところでカオリには3人連れて神浜市周辺のパトロールを任せ、私含めた4人でみふゆさんに会いにいくことになった。

みふゆさんの行方を聞いて回っているとみふゆさんは竜真館でひなのさんと話をしていた。

竜真館は修復作業がされていると聞いてはいたが、見事に修復がされていた。

私は2人に会いにくるとは意外だと驚かれながらも気にせず里見灯花へ電力や電波について相談したいと話した。

灯花であれば里見グループが使用していた予備電力用の発電機がある場所を知っているはずですが、電波については難しいと思いますよ」

「ああいうのは大きな会社が管理している物で、大規模にSNSを使用するレベルだとサーバーの問題でも難しいんじゃないか?」

「あの子ならすぐ解決できるでしょうが、素直に話を聞いてくれるかどうか」

「みふゆさんの話でも聞いてくれないのですか」

「聞いてくれていたら、ワルプルギスの夜を呼び寄せようとしていたあの事件は起きていませんでしたよ。

まあ、話はしてみましょうか。なぜ必要なのかは、欄さんからお話をお願いできますか」

「わかりました」

みふゆさんとの話がひと段落するとひなのさんが話しかけてきました。

「おまえ最近は夏目かこと一緒に行動しているみたいだが、他人についていくなんて珍しいじゃないか」

「どうでしょうかね。
一緒にいれば有益な存在だとわかったからついていっているだけですよ」

「おまえは忙しいことを嫌うやつじゃなかったか?」

「今だってそうですよ。今後忙しくならないために、今忙しくしているだけです」

私達はみふゆさんと里見灯花がいるという電波望遠鏡跡地に来ました。

電波望遠鏡跡地には里見灯花に柊ねむ、そして意外にも宮尾とはぐむが一緒にいた。

「灯花、少しお話があるのですがいいですか?」

「なに?今忙しいんだからくだらない話だったら許さないんだから」

私は里見灯花へ要件を説明した。

「実は神浜市内でかつてのようにSNSで情報のやり取りをできるようにしたいと言うのと、いろんな場所でテレビを見ることができるように電力の安定化をしたいのです。

なのでまずは発電機がある場所を教えてもらえないでしょうか」

「発電機?それは各地にあるシェルターに生きている発電機をそっちでかき集めれば解決するでしょ?

それに外部の電波を拾って情報を入手するのは今私達が現在進行形で進めている最中だよ」

「それ、みんなが扱えるようにってことですか?」

「そんなわけないじゃん。私達のためだよ」

まあ知っていた。環姉妹以外にはなんの配慮も考えていないのは。

「宮尾達はなぜここにいる?」

「ぼくは罪滅ぼしのため。ぼくのせいでここを壊しちゃったみたいだし。
それに、簡単な機械の修理ならできるから灯花様の手伝いをしている」

「わ、わたしはただの付き添いで」

なるほどな。修理だけならば宮尾に任せる方法もあるか。

さて、里見灯花の方だが。

情報収集できる環境を作っている最中だと言うのはわかりましたが、私たちに共有はしてくれませんか?

2人で考えるよりはみんなで考える方がいいと思いますよ」

「・・・何か情報共有しないといけない理由があるの?
専用のSNS作ったところでメンテナンスするのは私でしょ?いやだよ」

あの話をすれば考え直してくれるだろうか。

今は即答できないな。

わたしはみふゆさんにテレパシーで伝えた。

[出直させてください。ちょっと情報を集める必要が出ました]

[わかりました]

「邪魔してすみません。出直させてもらいます」

「じゃあ暇ならそっちで発電機の問題を解決しておいて?
解決したら教えてよ」

「暇があったらですけどね」

「みふゆはいつだって暇でしょ」

「あのですね・・・」

私は別れ際にみふゆさんに質問をされました。

「最近、鏡屋敷の近くで見知らぬ人物を目撃するようになった話をご存知ですか」

「話には聞いています」

あなた達は独自の動きをしていることを私はすでに知っています。何か判明した話があったら教えてください」

「はい」

知っている事実は確かにある。だがそれは話しちゃいけないことだ。

私はかこさんを見つけ出して仲間に事実を伝えたことを除いて今日起きたことを説明した。

「彼女達に協力してもらえるよう、事実を伝えないか?
彼女達の協力を受けるのとそうではないのとでは状況が大きく変わる」

確かに外部の電波を拾うというのは彼女達に頼んだ方が話は早そうですが。

・・・カレンさんに聞いてみます。少し時間をください」

そういわれてから2日後、魔法少女の溜まり場になりつつある竜真館に突然小型テレビが用意されてそのテレビでは普通に画面へいろんな番組が映るようになったと報告を受けた。

突然テレビが使えるようになったことに多くの魔法少女は驚いていましたが、私はすぐにかこさんへ何があったのかを聞きに行った。

かこさんにそう聞くと

「ちょっと失礼します」

そう言われると突然映像が目の前で映ったかのような感覚に襲われた。そして映し出された映像は日継カレンと対面しているかのような映像だった。

[あの3人組のうちの1人か。それは私自ら会いに行った方が早いかもな]

[カレンさん自らがですか。
ややこしい事態にならなければいいのですが。でも一体どうやって]

[おや、珍しい顔と喋っているじゃないか]

[ミアラが来るとは珍しいじゃないか。今日はどうした]

ここで場面が変わり、ミアラという人物はいなくなっていた。

[したっけいくとするか]

そういうと日継カレンはかこさんの腕を掴んだかと思うとあっという間に中央区の電波塔跡地にいた。

[い、いったいどうやって]

[種明かしは別の機会だ。まずは天才のいる場所へ案内してくれないか]

場面が変わり、里見灯花と日継カレンとで口論が起きていた。

[あなたのせいでういが変わっちゃったんでしょ?!ちゃんと責任取ってよ!]

あれはおまえ達が私たちを消したいという私念を消しきれなかった結果だ。
まさかおまえ達には解決できないとでも言いたいのか]

[あなたね!]

[やめましょう!今日はケンカするためにあったのではないんですから]

再び場面が変わり、かこさん達がいる部屋のモニターには少し前の場面にいたミアラという人物が映っていた。

[大体事情は把握したよ。

電波を拾ってテレビを見られる環境を作るのはいいけど、SNSの作成は嫌だからね。

お姉様に頼まれない限りあんな面倒なものの管理はごめんだよ]

[やれやれ。今回通信用に渡したその魔法道具は好きに解析してもらって構わない。
その方が新しい発見がありそうだからね]

[くふふ。思いっきり驚かせてあげるんだから]

[これでいいだろう、夏目かこ]

そこで映像は終わった。

どうやら何分もみていたような映像は現実では数秒の出来事になるくらいの体験だったらしい。

「いまのはいったい」

「頭痛とかしないですか?

実はイメージの共有というものを教わっていて、言葉よりも今のようにイメージを伝えた方が早い場合に便利だと聞いて試したのですが」

なんてとんでもないことを。

便利なのはわかるが、いや、私も覚えた方が今後楽なのか?

「かこさん、この技って」

そう話している時、黒からテレパシーが飛んできた。

[欄さん!急いで竜真館へ来てください!

テレビで魔法少女の話が!]

そう聞いて私はかこさんと一緒に竜真館へと急いだ。

たくさんの魔法少女が取り囲む中、テレビでは神浜の皆がドッペルを出して暴れている様子や、今後魔法少女を拘束する、生み出させないとする政策が世界中で実施される話がされていた。

「なるほど、これが人へ抵抗する理由ですか」

世界が魔法少女にとって生きづらい世界となってしまうことを日継カレン達は知っていた。

そんな話を聞かされて事前に行動したからこそ、この情報は多くの魔法少女の目に止めることができた。

きっといつも以上に神浜周辺を警戒する必要は出てくるだろうが、神浜マギアユニオンのメンバーも、神浜市にいる魔法少女達も疑問なく参加してくれるようになるだろう。

そう考えると、今後起こるであろう忙しさは軽減できた結果じゃないだろうか。

「もっと大変なことになるんだろうな、やれやれ」

 

 

これはついでだが、いずれやろうとしていたことだ。

米軍基地への攻撃合図

これを伝える適役は、神浜にいる魔法少女でなければ誰でもいいのだが、ちょうどよく気になっていた人物がいる。

宝崎市と呼ばれる神浜市の隣町。

ここには魔法少女を世間に広めようとした人間が住んでいた家がある。そこには今、2人の魔法少女しか住んでいないという。

どこに住んでいるのか探していると夜になってしまったが、かつて出会った時の魔力を頼りについに辿り着くことができた。

「里見・・・か。なんでまた天才と同じ苗字の家に」

そう呟いていると、家の中から慌ただしく出てきた魔法少女と、その行動を必死に止めようとする魔法少女が出てきた。

「那由多様、あなたの性格は十分に知っていますが今神浜へ行ったところで」

「ええ、神浜市が大災害に見舞われた後に神浜市へ行きましたが、パパはまだ生きているかもしれません!

だから…ってどうしましたのラビさん」

「あなた、なぜここに」

ラビと呼ばれる魔法少女と那由多という魔法少女はそれぞれ違った表情で私の方を見た。

那由多はキョトンとした顔を向けていて、ラビの方は敵を見つけたかのような顔をしていた。

「取り込み中だったかな?ちょっと用があるんだが」

「・・・那由多様、家の中で待っていてもらえますか」

「えっ!あ・・・はい」

那由多に聞き耳を立てられていると知っている状況で、私とラビは家から少し離れた人気のない場所で話し始めた。

「あの時以来でしょうか。ピュエラケアのメンバーと、私の仲間を殺した、あの時」

「黙ってみていればいいだけだった話だ。変に庇うから2人も仲間を失った」

「いずれ死ぬ運命とはいえ、あの別れ方は望んだ物ではない。
なぜ今になって現れたの」

「確認のためさ。

まだお前は、魔法少女は救われないと諦め続けているのか」

「・・・魔法少女がいくら争ったところで、見えない力でどうせ失敗する。

そう宇宙の法則が決まっているのだから」

氷室ラビ

一度は魔法少女と人が共存することを目指したものの、謎の力でどんな行動も裏目に出て魔法少女を排除する動きを活発化させる結果を作った。

その過程や結果を経て氷室ラビとその仲間は魔法少女の未来に諦めを覚えた。

でもどこかで「もしかしたら」という諦めきれない気持ちもある。

失礼だが、中途半端という言葉が当てはまるか。

「その謎の力へ抗えるよう、動く気はないか?」

「今更何をするというの。

神浜市から人が消えたところで、世界的に注目されればすぐに潰されてしまうでしょう」

「人類に魔法少女が争い、人類中心の世界を破壊する。

その前段階としてお前には情報伝達役を担って欲しい」

「断るわ。私は傍観することしか」

私はラビがつけている指輪に向けて刃を向けた。

「そんなに希望を抱けないというならば、今ここでお前の希望を終わらせてやる!」

「そこまでですわ!」

ずっと立ち聞きしていた那由多が魔法少女姿で私に武器を向けて現れた。

「こいつはあらゆることを諦めかけている。そしていずれ魔法少女が存在すること自体も。

それを知って出てきたのか」

「私は何も知りませんわ。

ただ知っているのは、ラビさんが大事な家族だということだけ。

家族を傷つけられようとする現場を黙ってみているわけにはいきませんわ!」

「では、私がこいつに頼もうとしたことを里見那由多、お前が引き受けるというならば私は危害を加えない。

引き受けないならば、大事な家族とはさよならだ」

「いいでしょう!私が引き受けます」

「ちょっと那由多様!」

私は刃をしまって那由多の方へ向き直った。

「ではまずは住処を神浜市へ移動してくれないか。そして夏目かこ、欄という人物のことを知るんだ」

「もともと神浜市へは行こうとしてはいましたが、そのお二人のことを知ることだけですか?」

「いや、時期が来たらこの魔法石から出る指示に従って夏目かこ、欄へ情報を伝えるんだ」

そう言って私は通信用の魔法石を那由多へと渡した。

「そいつはこちらから一方的にしか通信できないものだ。こちらを呼び出したり魔力の逆探知はできないから気をつけろよ」

「他に気をつけるべきことはありますか」

「そうだな。死ぬんじゃないってことかな。
時期が来るまでに死んでもらうと頼んだ意味がないからね」

「それだけ、ですか」

「したっけ、頼んだよ」

私は立ち去る前に氷室ラビの方を見た。彼女はうつむいたままで顔を上げる様子がなかった。

「一人で勝手に諦めるのはいいが、お前を大事に思ってくれる希望を持った奴がいる。
そいつを置いていくような行為が正しいのかは、認識を改めた方がいい」

さて、せっかく日本の土地まで来ているんだ。

戻るのはオーストラリアの隠れ家でいいか。

私はフィラデルフィアのコイルを使用してその場を後にした。

 

 

back:2-2-6

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-8

 

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-2-6 かつて助けようとした人を倒すように

イメージとして流れた光景の場所に行くと、確かに魔法少女が囚われていました。

囚われた魔法少女たちの体は傷がついていたもののピクリとも動きはせず、近くには謎のアタッシュケースが置いてありました。

そんな囚われた魔法少女を守るように二人の兵士が2人姿勢を低くして、銃を構えながら待機していました。少し離れた場所に1人いることも確認できました。

「どういうことなの」

「助けるんだろ、何があってああなったか知らないけどさ。
あいつらはヤバい奴らだってことは見りゃわかる」

「さてどうやって助けようかしら」

「相手が魔女の時のように、やればいいと思いますよ。
私たちには幸、躊躇する気持ちがないですから」

ほむらちゃんが大きめの銃を構えると、遠くにいる兵士たちになぜか私たちは発見されてしまいました。

兵士たちは落ち着いた様子で、紫色の煙を放つ筒を銃器でこちらに撃ち込んできました。

「私が突破口を開きます!その間に救出を!」

そういうと少し時が止まった感覚の後に、こちらに撃ち込まれた紫色の煙を放つ筒は進行経路からかけ離れた方向へ銃弾によって弾き飛ばされ、囚われた魔法少女の近くにいた兵士は銃弾で死んでしまっていました。

「みんな、今よ!」

マミさんの声を合図に私達は急いで囚われた魔法少女たちの元へと向かいました。

「近づかせるかよ!」

そう言って物陰にいた兵士がこちらへ発砲してきました。

マミさんは銃で、さやかちゃんは剣で銃弾を跳ね返そうとしますが、そのどちらも兵士が撃った銃弾に打ち負けて危うく2人に銃弾が当たってしまうところでした。

「な、なんで?!」

「っ?!相手にせず救助優先にしましょう!」

「っていっても」

どこからともなく増援に来た兵士たちはこちらを蜂の巣にしようとする勢いで銃弾をばら撒いてきました。

ほむらちゃんは兵士たちを倒そうとしてくれてはいますが、兵士たちはほむらちゃんの射線に入らない位置でこちらに銃口を向けてきます。

私達は一旦、瓦礫に身を潜めるしかありませんでした。

「こんなの魔女より厳しいよ」

兵士たちは隙が無いよう順番にリロードを行い、私たちには手出しするタイミングが見つかりませんでした。

「ならこれで!」

マミさんはリボンで相手を拘束しようとしますが、銃弾で撃ち抜かれたリボンは力無く崩れていきました。

「まさか、魔法が効かない?!」

「打つ手なしかよ!」

ほむらちゃんが撃てる場所へ移動を開始した頃、私は瓦礫から飛び出しました。

「鹿目さん?!」

私は弓矢を空に放ち、兵士が数人集まっている場所に魔法の矢が降り注ぎました。

兵士たちが戸惑い始めたらすぐにほむらちゃんが銃で他のところにいた兵士たちを倒して行きました。

「無茶するじゃないの」

「まったく、でも助かったわ。早く救出を」

私は殺気を感じました。

その方向を振り向くと生きていた兵士が銃口を向けて引き金を弾こうとしているところでした。

まどか!

ほむらちゃんの私の名前を叫ぶ声が聞こえたかと思ったら、その兵士の腕が何かによって切り裂かれ、その後は鎖で頭が貫かれて絶命しました。

「詰めが甘い。魔女相手でもそうなのか?」

声がした方向へ向くと、そこには初めて黒いオーラを纏った魔法少女と遭遇した時に一緒だった魔法少女と他魔法少女数人がいました。

「確か欄さんと、黒さん?」

「久しいね、見滝原の魔法少女。

話している暇が惜しい。そこの動かない魔法少女たちの体とソウルジェムを持って中央区に行ってくれ。

そこが一応の避難所になっているようだ」

「わ、わかったわ。ありがとう」

「暁美さん、またあとでね」

「え、ええ・・」

ほむらちゃんに挨拶を済ませた黒さんは、嵐のように去っていった欄さんたちの方へ去って行ってしまいました。

「・・・さあみんな、急ぎましょう」

魔法少女の近くにあったアタッシュケースを開くと、そこには謎の紫色の液体に漬けられたソウルジェムが入っていました。その数は、近くにいた魔法少女たちの体の数と一緒でした。

「このアタッシュケース、どうやらこの人達のソウルジェムを入れていたようです。でもこの液体って」

「考えるのは後よ。みんなを連れて中央区へ行きましょ」

私達はソウルジェムが収められたアタッシュケースと魔法少女たちの体を背負って中央区へと向かいました。

私達が元電波塔があった付近に到着するとそこにはたくさんの魔法少女たちがいました。

負傷した魔法少女からまったく意識がない魔法少女、手当てをする魔法少女に忙しなく外に気を向ける魔法少女。

そんな中に私達は侵入したのです。

「あなた達、その意識がない3人を助け出してくれたの?」

「え、ええ」

「このみにつむぎ!よかった、無事だったんだ。助けてくれてありがとう!」

周囲には寝たままの魔法少女と怪我を負って治療を受けている魔法少女がたくさんいました。

「あなた達、まだ動けそうよね。
周囲に潜伏している敵がいないか調べて回ってくれないかしら」

急に話が進み、私達は状況を理解できていませんでした。

「あの、まずは神浜市に何が起こったか説明してもらえるかしら」

「私たちにとっても急な出来事なんだ。

神浜市の周辺地域と果てなしのミラーズから、少人数だけど武装した人たちが侵入してきたのよ。

その人達は魔法少女の動きを止める紫色の物質を使って私たちを殺すのではなく捕獲を開始した。

あなた達が助けてくれた子達は、奇襲を受けて囚われた子達だったのよ」

「あの米国大統領の演説がきっかけかしら」

「きっかけなんてどうでもいいよ。
今わかっているのは抵抗しないとみんな捕まっちゃうってこと。

周囲警戒、お願いできないかしら」

「あっそうだ。これ、その魔法少女達のソウルジェムが入っているアタッシュケースです」

「なにそれ、そんなことされちゃってたのこの子達」

アタッシュケースの中身を見て、助けた魔法少女の仲間と思える子たちは困惑した様子でした。

「この紫色の液体、もしかすると、だよね」

「そうだね、取り出すときは触れないよう気を付けないと。このみ達、目を覚ましてくれるかな」

「あの紫色の液体や粉末って一体何なんでしょう」

「近づかない、触れないほうがいいのは確かよ。あれに触れるとほとんどの魔法少女は動けなくなるか意識を失っちゃうみたいだし」

 

私達は武装した兵士が攻撃を仕掛けてこないか監視を行うことになりました。

マミさんは周囲の監視を行うとともに避難所になっている場所を観察していました。

粗末な布ではありますが、人が4人ほど寝られるスペースのあるテントを4カ所も設置していて、瓦礫等で外部から直接監視が行えないようバリケードが張られています。

「すごいわね、こちらが襲われるなんて想像もできなかったはずなのにここまで準備が行えているなんて」

「そうですよね。
まさか、こうなることを知っていた魔法少女がいたりして」

「さやか、んなわけないだろ」

雑談ができるほど周囲は静かで、時々果てなしのミラーズがある東側で爆発音が鳴り響くだけでした。

しばらくすると西側で大きな爆発音が鳴り、一部の魔法少女達が慌ただしく西側に移動していきました。

「何かあったのかな」

「あそこって、調整屋さんがあった場所じゃ」

「・・・気にはなるけどあとで知ってる人に話を聞きましょ」

それから何が起こることもなく日が沈む頃、神浜内の戦いは落ち着いていました。

「兵士の人達、みんな帰っちゃったのかな」

「どうでしょうね」

後で聞いた話ですが、西側で大きな爆発音があった場所へ向かった魔法少女によると調整屋さんの建物は破壊され、そこから調整屋さんの遺体が発見されたそうです。

神浜にいた魔法少女で連れ去られる魔法少女はいなかったものの、死亡者は出てしまいました。

謎の武装した兵士たちが突然襲撃してきたこの出来事を経験し、私達は今後人と争わないといけないのだということ、今後死んでしまう魔法少女が出てしまうことを考えると、悲しい気持ちになってしまうのでした。

 

back:2-2-5

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-2-7

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-1-9 軌跡が変えられた痕跡を求めて

ロシア地域にある何の変哲もない街、チェルノブイリ。

歴史を振り返れば悲惨なこと続きなこの街だが、政府から気に留められることがなくなったことをいいことに、土壌改善を含めた農業開発が粛々と進められた。

その結果、ロシアの中でも大事な農業地帯に成り上がり、自然が豊かということで定住する人も、移住してくる人も増えていった。
また、土壌改善に成功した珍しい例としても注目されてその改善技術は他の土地でも使用されて世に大きな貢献を残した。

これが今残るチェルノブイリの歴史。

でも。

政府が押し進めようとした燃料開発プロジェクトで原発の建設予定がチェルノブイリにはあった。
そこまでは記録に残っているが、ある日突然その話題がパッタリと消えた」

「この事実を教えてくれた人のところを訪れて、何故急にプロジェクトが雲隠れしたのか調べるわ」

「歴史が変わったが故に生まれたと思われる違和感、果たして魔法少女は関係あるのかな」

私はプロジェクトの関係者と接触して話を聞いた。

プロジェクト資料を手に持っていたその人は、その資料をどこで手に入れたのかを覚えていないらしい。その資料は同じプロジェクトに参加していたメンバーならばみんな持っていたはず、彼はそう語っていた。

他の人達と違った立ち回りをしていなかったか聞いてみると、父親の病気が悪化したことで仕事かばんを持ったまま仕事場を離れてしまったことがあったらしい。
その次の日、プロジェクトはなかったことになってプロジェクト内容が建設場所を検討するための評価実験になっていたとのこと。

原発の開発は度重なる評価実験の末、海辺に開発されたが世界のエネルギー開発競争の中でロシアは遅れをとることになった。

彼はこう言った。

この資料の作成日から原発開発が進んでいたら、この国はもっとマシな順位を手に入れていただろう。

彼以外の関係者で、プロジェクト資料を所持している存在はいない。

紛失してしまったという可能性を考えても、たった一つしか残っていないなんてことがあるのか。

「さて、ここから魔法少女に繋がるなんてことあるか?」

「なぁに、魔法少女の専門家に聞けばいいだけの話さ」

私達はキュゥべえへこの周辺で一番長生きしている魔法少女について聞いた。

「この辺りで一番長生きしていると言えばイリーナだろう。
とはいえ7年程度で君達が求めている年代から生きていた子はもういない」

「ありがとう、それで十分よ」

私は魔法少女を疑われないよう宝石を用意し、そこに魔力を込めて魔法少女と偽ってイリーナと呼ばれる存在へ接触した。

「20年前にこの町で何かなかったかだって?」

「そんな昔のことを知って、何をしたいの」

「長生きしている魔法少女に会いたいの。魔法少女の宿命の中、どうやってそこまで長く生き続けることができるのか」

イリーナの取り巻きがあーだこーだと話しかけてくる中、イリーナが話し始めた。

「私の先輩から聞いたことがある。

もともとこの街には原発が作られていて、そのおかげでこの街は生計を立てれていたとか。でも、原発は事故を起こしてこの街は死に溢れかえった。
そんな現実を見て、1人の少女が願ったらしいの。

“事故が起こる原因となった原発開発を無かったことにして”

そして今のチェルノブイリがある。

先輩から聞いた話よ」

「そんなことがこの街に」

「事実かどうか知る方法は?」

「あるわけないでしょ。当時のことを知る先輩たちは、死んだり魔女になったりしたわ。
先輩から話を聞いてなきゃ、誰もそんな事実知らない」

一呼吸した後、イリーナは話をつづけた。

「でも、どうやら原発計画を無くすよう願った子は10年以上生き続けたらしいわ。最後は、私の先輩の先輩をかばって死んだらしい。
いつも笑顔で、希望に満ち溢れていたような子だったって先輩は聞かされていたみたい。
魔法少女で長生きする秘訣は、とにかく明るい希望を持ち続けることじゃないかしら」

「そう、ありがとう」

 

私は十分に情報を集められたと判断し、次の場所へ移動する準備を始めた。

「あの話が事実だとして、おそらく誰も信じないだろう」

「ええ、人は自分の体験したことしか信じない。

または周りが信じるから事実だろうという同調圧力による信じ込ませでしか事実だと認めてくれない」

「チェルノブイリ、歴史が変わった場所として覚えておきましょう」

 

次に向かったのは朝鮮半島。

ここには朝鮮と呼ばれる朝鮮半島丸々一つを国土とする国だ。

大昔は北と南で分断されていたらしいが、第二次世界大戦後を境に南北が統一されたという。

しかしこの朝鮮の歴史、なぜ北と南で領土が分断されたのか、どういう経緯で統一されたのかが曖昧となっている。

再びキュゥべえにこの土地の魔法少女について聞いていたのだが。

「仮に願いで歴史を変えようと願っても、願った少女の背負う因果量によっては歴史が中途半端に変わるというのはよくあることだよ」

「じゃあ歴史を変えた前例を全て教えてくれないかしら」

「それは無理だ。

ボクも歴史改変に飲み込まれているだろうからね、どう歴史が変わったかなんて全ては把握できないよ。

チェルノブイリのことについても、ボクは願った子のことさえ覚えていない」

「知っているだけ教えてくれないかしら」

こうやってキュゥべえに情報提供を求めた結果、朝鮮半島で歴史を変えるような願いを行った少女がいたという。

だがどう願ってどういう結果になったかは覚えていないという。

「朝鮮半島の歴史、学校ではあっさりした内容だから気にもならなかった」

「簡略化されているからこそ気づかない違和感ね。どう統一されたのか、現地の人たちにも聞いてみましょうか」

こうして南側と北側に住む人たちへ話を聞いてみると、第二次世界大戦後に日本から解放された朝鮮半島は復刻を掲げて朝鮮として再び動き出した。

皆こう答えてくる。

「でもおかしいわね、朝鮮半島については米国とソ連で領土分配の話し合いが行われていたという話があったはず」

「それがなかったことになった…

あれ、この展開って」

「外部から何かチカラが加わったのか、それとも史実と受け取って良いのか。

切り込み口は見つかったけど、後は願いで変わったという証拠があればいいんだけど」

チェルノブイリの時同様、イザベラは魔法少女のフリをして魔法少女たちへ聞き込みを行なった。
私は遠くから見守っていたが、チェルノブイリの時と違ってイザベラが危険な目にあう場面が多発した。魔女を相手にして危険な目にあうのではなく、魔法少女同士の争いで危なくなる場面が多かった。
何故魔法少女同士の争いが多いのか。魔女と戦わずにほかの魔法少女からグリーフシードを奪うという考えが日常化していたからだ。
何故そんな考えが日常化してしまったのか。

イザベラが聞き込みを行っていると、気になる情報が飛び込んできた。

「え、もともと北側と南側で魔法少女のテリトリーが分かれてたって?」

「国同士がそうだったからね、魔法少女の間でも自然とそうなっていった」

「まて、国が分かれてたってどういうこと?」

「なんだ、あんたも影響を受けた腹か。やっぱりあいつのそばにいた私しか、真実を知らないんだな」

「真実?」

「悪いな、あいつの頼みで真実を教えるつもりはない。知りたきゃ自力で探し出してみな。私から力づくで聞こうとしても無駄だよ、無関係な奴に絶対に話す気はないからね。

まあ、北側を探せば何かあるかもな」

言われた通り北側を探索していたが、イザベラはテリトリーにうるさい魔法少女と出会ってしまった。

「逃げるな!無断でテリトリーに入ったんだから許さねーぞ!」

「ここもうそのテリトリーの外だと思うんだけどなぁ。めんどくさい」

「助太刀しようか」

「いや、私が魔法少女じゃないとバレる方がまずい。いざとなったらでよろしく」

仕方がないから相手が見失うまで逃げていると、足元がコンクリートの謎な場所にいた。

「何だここ、少しだが魔力を感じる」

周りを調べていると重厚なハッチを見つけた。どう壊そうか悩んでいると、後ろから追ってきていた魔法少女たちに追いつかれた。

「見つけた、覚悟しやがれ!」

魔法少女は魔法で生成した爆弾を取り出して私に投げつけてきた。イザベラは避けたが、ちょうどよくハッチが壊されて中に入れる状態になった。

「ありがとね」

イザベラはハッチの下にある空間へ飛び込んだが、思ったよりも深い空間だった。

降り立った場所は、鉄製の通路のようで周りが暗くて状況を掴めない。

イザベラがライトを取り出して周囲を確認すると、驚くべきものが目に入った。

ライトをつけた後、追いかけてきていた魔法少女たちはハッチの中までやってきた。

「チクショウ、お前いい加減に!」

「まて、ここで争うのは禁止だ」

「はぁ?何を言って」

イザベラはライトを当てている先を指差し、魔法少女たちもそこをみた。

ライトが当たっている場所には、核を表すマークがあった。

そしてライトで上から下まで照らしてみると、明らかにミサイルが目の前にあることがわかった。

「核、ミサイル、だと」

これはとんでもないものを見つけてしまったのかもしれない。

そして周りをよく観察すると、見たことがない国名が目に入ってきた。

「北朝鮮?何だこれ、秘密組織の名前か何かか?」

「あら、まさかこんなものが消えず残ってたなんてね。核を隠すくらいしか因果量が足りなかったってことかな」

聞き覚えの声がする方を振り返ると、真実を知っているらしい魔法少女がいた。

「お前はシェンヤン!何でここにいる!」

「そこにいる異国の魔法少女を追ってきたのさ。それにしてもあいつ、歴史変えてもこれ残っちゃダメだろ」

「歴史を、変える?」

「ああ、あいつが変えたんだ。米国とソ連のせいで生まれてしまった南北問題を無かったことにしたいと願って」

「真実にたどり着いたから教えてくれるのか?」

「まさか、詳しくは教えない。

でも、あいつのおかげで朝鮮半島から無駄な争いが消えたという事実を多くの人には覚えてもらいたい。

まあ、ただの気まぐれさ」

北朝鮮、きっと願いによって消えてしまった国なのだろう。

「歴史が変えられていなかったら、どうなっていたんだ」

「そうだねぇ、北の人は貧困に苦しみ、南北同士で殺し合いになっていたかもしれない。

さらに言うとこのミサイルだ。

朝鮮半島だけでなく、世界が不幸になっていただろう」

「そいつのおかげで、朝鮮の私達はまともに暮らせてるって言いたいのか?」

「そうね、少なくとも私はあいつが願ったのは間違いないと思っている」

核ミサイルを作れるほどの国が生まれた歴史。

きっとその結果は人類にとっても不幸な結果なのかもしれない。

願いによって平和な方向へ動いた結果になったところで、

人類の軌跡が踏み躙られたことに変わりはない。

「ところで、なんでシャンヤンは歴史が変わったと覚えている?」

「何故だろうね。願った瞬間、目の前にいたからかな」

私達は施設内の資料を集めていたのだが、施設内を歩き回るシャンヤンにイザベラがある質問をした。

「ねえシャンヤン、なんで朝鮮の魔法少女は魔法少女同士で争うようになってしまったの」

「あんたの地元のことは知らないけど、朝鮮には魔女が少ないんだ。
その割には魔法少女の数が多くて、それ故にグリーフシードの奪い合いが多発した。
それと、聖遺物の争奪戦なんかも発生した時期もあって魔法少女同士が争い合うのが当たり前になったんだ」

「聖遺物の争奪戦・・・。
中華民国へ遠征したりしないのか」

「まさか。
あっちのやつらに侵入がばれたらそれこそ魔法少女同士の争いが激化してしまう。
いいか、世界中を旅するのはいいが郷に入っては郷に従えともいう。その土地の決まりや考え方は理解したうえで行動したほうがいい。じゃないと早死にするよ」

「警告どうも」

あの施設についてはその場にいた者達の秘密にしようと言う結果で収まった。

そして新たに聞いた聖遺物争奪戦という話。そういえばロバートも聖遺物について言っていた気がする。
魔法少女のことを知るためには聖遺物についても調査してみるといいかもしれない。

「決定的な証拠だと思うけど、北朝鮮、大韓民国なんて国があったという歴史がない以上、信じる人は少ないかも」

「そうね。まだこれくらいじゃ足りないけど、魔法少女に対する評価は概ね決まりそうよ」

今までは歴史が変わったという疑いしかない土地しか回ってこなかったが、次のポイントは違う。

歴史を振り返っても、明らかに歴史が何者かによって変えられたという痕跡が残る場所だ。何者かというのは言わずもがな、魔法少女だ。

そうして私たちが来たのはイタリアという謎の有毒な地底から噴き出るガス地帯を領土内に持つ国である。

ガス地帯を中心とした半径5キロメートルは侵入禁止地帯となっていて一部の許可が得られたものにしか侵入が許されない。

しかし、今私達はガスに触れないギリギリの距離まで移動してきている。

入るまでにいろいろごたついたが、政府の権限というのは便利ながらなかなかにずるいものだと実感した。

「地下からガスが噴き出たというのは第一次世界大戦よりも前で、ジャンヌ・ダルクが奇跡を見せた時代よりも後らしい。
約500年の間にここら一帯は謎の有毒ガスによって人が住めるような土地ではなくなったらしい。

でも現地に来てわかった。あの有毒ガスには魔力がこもっている」

「その有毒ガスだが、調査した研究者たち曰く、現代技術で作り上げられるどの防護服でもあのガスに触れると死んでしまったらしい。

死因は穴という穴から血が噴き出たことによる出血死。

そんな危険地帯にどう足を踏み入れるんだ」

「そうだねぇ」

イザベラはその辺を歩いていた猫を捕まえて、何か魔力をかけていた。

そしてその猫を毒ガス方面へ放った。

「イザベラ、何をして」

猫はガスに触れてもまだ生きていた。イザベラの様子を見ると、魔力を猫へ送り続けている様子だった。

2分しないうちにイザベラはへとへとになり、魔力供給が終わるとガスに触れていた猫は血を噴き出して死んでしまった。

「イザベラ、一度道徳を学び直したほうがいいんじゃないか。実験動物でもないものを実験に使うのはよろしくないと思うよ」

「別に気にすることでもないわ。おかげで魔力を防ぐバリアを周囲に張ればあのガス地帯でも動けると確認できた」

でも2分ももたなかった。これではまともに調査する時間がない。

「それがわかったところでまともに調査はできない」

「なぁに、すでに実現できそうな人材に目星はつけている」

イザベラはある資料を私に渡してきた。
そこにはテロメアに関する論文と、その論文を書いた人たちのリストがあった。

「この論文を書いた人がいる、大学にある生物学科に行こうっていうのか。
なんでこうも先のことを考えてこんな的確な資料を狙い撃ちで手に入れられるのか。私は魔力を持っていることよりもその才能に疑問を持つよ」

「偶然よ。もともとこの霧を乗り越えるために調べた結果で見つけたわけじゃないし」

「そうかい」

とある大学の生物学科には奇才と呼ばれる研究生がいるらしい。

その学生は生物の進化をテーマに研究をしているらしいが、噂によると自分の体に別の動物の血を混ぜようとしたり、動物たちを争わせて生き残った個体の生存能力が向上していないか調べたり、死体安置所で実験したりとかなりクレイジーな性格をしているとのこと。

しかし成果は出していて、最近ではテロメアを延ばせる可能性についての論文を出していた。

生物学の先端を歩む存在ではあると思うが、大丈夫なのだろうか。

大学に到着し、目当ての研究員について聞いて回っているとある研究者が声をかけてきた。

「おや、もしかしてディアを尋ねにきた方ですかな」

「あなたは?」

「電話でお話ししましたディア達を雇っている者です」

「教授でしたか。気付けず申し訳ありません」

「いえいえ、お気になさらず。ささ、彼女達がいる部屋へ案内します」

 

その頃、研究室では。

広めのケージに入っている2匹のモルモットを注目する少女がいた

その研究室へ、1人の背が高めな女性が入ってきた。

「ディア、もうすぐ来客の時間だ。応接室へ行くよ」

「待って、今いいとこなんだ。

本体とクローンが対面した時の反応を観察している最中で」

話を遮るかのように女性はディアを左脇に抱え上げて無理やり部屋から出そうとした。

「離せカルラ!今いいとこなんだ!」

「無礼は私だけにしておけ。せめて来賓する客に無礼を働くな」

「そんなの知るか!離せ、離せー!」

そんなことがあり、応接室に2人は向かった。

 

 

back:2-1-8

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-1-10

 

 

【マギアレコード】あなたはどっちが好き? アニメ版2期までとアプリ内でのストーリー相違点を振り返る

マギアレコードはアニメが作成されましたが、その内容はアプリ内とは相違点が多いためすでにプレイしていたプレイヤーで困惑した人もいるでしょう。
しかしアニメ版の展開も好き、もしくはアニメ版の展開の方が好きという方もいるかもしれません。

 

今回はアニメ版とアプリ内のストーリーの小さな違いではなく大きな違いを確認していき、それぞれの展開の良いところを探っていこうと思います。

 

違いその1 神浜へ来るよう促すういの幻聴を聞くタイミング

「運命を変えたいなら神浜市に来て。この町で魔法少女は救われるから」

この幻聴をきっかけに神浜の外にいる魔法少女が神浜に集まってくるという展開はアニメ版もアプリ内のストーリーも同じです。
この幻聴は灯花が活動メンバーを増やすために魔法少女にしか認知できない電波を使用した結果です。

アプリ内のストーリーではいろはもこの幻聴を聞いた後、神浜を訪れるという展開でした。
その展開がアニメ版では幻聴については黒江から聞き、神浜へ訪れたのは魔法少女討伐を行っているときに意識せずたどり着いてしまったという流れに変わっていました。

いろはの展開についてはどちらの解釈も違和感がないでしょう。

問題はほむらが幻聴及びういの幻影を見たタイミングです。

アプリ内のストーリーではチュートリアル部分、まどマギの中での数回時間軸をやり直してある時間軸ではじめてまどか、マミと共闘して委員長の魔女を倒すところでほむらはういの幻影を見ます。

この段階ではマミは神浜の異変についてなんも知らず、ほむらは見滝原組の誰よりも先に神浜へ興味を持ちます。

ではアニメ版はどうなっているのかというと、ほむらがういの幻影を見るのはマミが神浜に行って行方不明になった後、しかもアプリ内のストーリーでいう6章くらいの部分です。

ういの幻影が発生する原因を知っている身からすると、メンバーが集まった後もずっと灯花たちは電波を出し続けていたのかとツッコミを入れたくなってしまいます。
アニメ版ではういの幻影は何が原因で発生したものか語られておらず、誰も深堀しようとしない不思議な現象どまりとなっています。

電波を使用した結果だということはアプリ内のストーリーでも灯花の魔法少女ストーリーでしか知る手段がないものですが、しっかりと原因が存在していたのであればその設定はアニメ版でも引き継いでほしかったです。

 

違いその2 いろはが神浜を訪れるまでの環境

アニメ版マギアレコードでは物語のスタート時点からアプリ内のストーリーと相違点があります。

実はいろはの両親、アプリ内のストーリーでは物語が始まった時点で海外出張をしていません。
アプリ内のストーリーでのいろはの両親が海外出張するのは第一部六章スタート時点です。

アプリ内のストーリーではいろはがみかづき荘で生活するきっかけとなる違和感ない流れでしたが、アニメ版では「下宿だった」はずのみかづき荘へいろはの両親とやちよに接点がない状態で下宿先として決まっていたので突拍子のない展開となっていました。

まあ深く考えず見ていたならば「あ、そう」と気に留めない相違点だったでしょう。

しかし、大きく展開を変える要素が黒江との出会いです。

アニメ版オリジナル要素といえる黒江はいろはへ神浜という場所があることを伝える役割、アニメ版第二部ではいろはをドッペルから救うきっかけとしての役割で登場しました。
アニメ版第二部は黒江がいなければいろはが救われなかった展開となっていて、第二部では大事な人物として扱われていました。

このように、物語のスタート時点でアニメ版とアプリ内のストーリーでは大きな違いがあったのです。

 

違いその3 ドッペルの危険度

アニメ版でドッペルシステムの説明が行われ、使い続けた結果はほぼ魔女化したような状況になってしまうことが判明しました。アプリ内のストーリーではドッペルを使い続けてもほぼ魔女化するような状態になるということはありませんでした。

それもそのはずで、戦闘システム上ドッペルは超必殺技という位置に存在して戦っていればいやでも使いたくなる機会が山ほどありました。
そんなドッペルを使いすぎると魔法少女が長時間行動不能になるというシステムが導入されれば、使いたいときにその魔法少女が使えない、ドッペルという技は足かせの要因となるだけだというゲームとしてはストレスにしかならない要素になっていたでしょう。
アニメ版ではそんなことを気にせず本来の設定を使えると思うので、本来のドッペルの設定はアニメ版の解釈なのかもしれません。

ちなみにアプリ内のストーリーではドッペルを使いすぎると魂に負担がかかるほか、体の一部が不自由な状態になってしまうという設定が第二部まで引き継がれています。
ねむの足が不自由な原因もドッペルの使い過ぎです。

 

違いその4 かもれトライアングルがマギウスの翼に参加する

かもれトライアングル(ももこ、レナ、かえでの三人組)はアプリ内のストーリーではいろは達の助っ人としての役割で動き、いつでもいろは達の味方という立ち位置にいました。
アニメ版ではかえでがドッペルの存在を知ったことをきっかけにマギウスの翼へ3人で参加する流れとなりました。

マギウスの翼へ参加したことはドッペルを使い過ぎたらどうなるのかを身をもって伝える役割と、ももみた(ももことみたま)が結ばれる展開を前倒しで行うためのきっかけとなりました。
アニメ版第二部の展開がそもそもアプリ内のストーリーの展開の原型をとどめていないに等しい内容だったのでこの変化は物語の構成変更による影響が大きいでしょう。

 

違いその5 みたまの願いと神浜の東西問題

今後の展開にも大きくかかわるであろう大きな相違点はみたまの願いがぼやかされたことと、神浜の東西問題がそもそもないことです。

みたまの本来の願いは「神浜を滅ぼす存在になりたい」

この願いは神浜の東西問題が無ければ発生しませんでした。

アプリ内のストーリーでは大昔から神浜の地方に根付いている西側が東側を卑下するという風習があります。
みたまは成績優秀者として東側から西側の学校へ転校したのですが、偶然の事故と西側の東側に対する偏見が重なってしまって退学し、東側の学校に戻ってくるという経験をしています。
そしてさらに東側の生徒から、東側の印象を悪くしたとして冷たい扱いを受けてみたまは神浜を滅ぼす存在になりたいと願ったのです。

決してみんなを笑顔にしたいなどという可愛い考えから魔法少女にはなってはいないのです。

 

神浜の東西問題は魔法少女にも影響していて、一昔前までは西側と東側でテリトリーが分かれていて勝手にテリトリーへ侵入すると騒動が起きるくらい西側と東側で線引きが行われていました。

いろはが神浜に訪れた頃にはそんな考えは薄れていましたが、元東側テリトリーで活動するためには東側の顔役である和泉十七夜に、東側の魔法少女が西側で活動するには七海やちよへ一報入れるという暗黙のルールがありました。
アプリ内のストーリーでは東側にあるキレーションランドのウワサへ立ち入るために、和泉十七夜と接触するという展開があったのです。

しかしアニメ版では第一部の頃から東側には自由に侵入することができ、そもそも神浜の東西問題が存在しない世界となっていました。

神浜の東西問題は物語をややこしくするだけの要素なのでどちらかというとない方が幸せなのですが、神浜の東西問題をきっかけに魔法少女となった人数はそれなりにいて、マギウスの翼へ参加するきっかけも変わってしまいます。

神浜の東西問題は人間の闇も描かれていて、マギレコのダーク要素を引き立たせる良いスパイスだと思っている要素だったので除かれてしまったことは少し残念なことです。

 

アニメ版は失敗した物語?

さて、アニメ版とアプリ内のストーリーの違いは見滝原組の扱いやキレーションランドとフェントホープが合体したこと、ねむがういの記憶を持っているなど様々な違いがありますが、アニメ版はそもそも失敗した物語なのではという疑惑が浮かんでいます。

アニメ版第二部の終わり際で魔女文字で

THIS IS A STOTY
OF FAILURE


これは、失敗の物語

とありました。魔女文字を読む人がいるという前提で記載されたものですが失敗した物語というのが本当ならばマギアレコードの世界も何度か繰り返した結果という解釈になります。

マギアレコードの世界はまどマギの世界を繰り返したなかで、いろはが近道をして小石を蹴ってしまった結果生まれた奇跡の時間軸です。
そんな奇跡の時間軸が公式から実は複数存在したのですといわれれば、それはそれで困惑する事態です。ほむらの努力は一体、となってしまいます。

その結論はアニメ版第三部となる物語を見ればはっきりするでしょう。

 

まとめ

アニメ版とアプリ内のストーリーは全くの別物だと思ってよいでしょう。

アプリ内のストーリーは原点ということもあって設定が細かく、しっかり最後までいかされている点があれば余計なことや突拍子もない展開もあります。
人間社会の描写もしっかりあるのは、アプリ内のストーリーの良いところだと思います。

アニメ版では24分ほどの長さにいかにおさめようかと考えていたのか製作者側で押さえたいと思う点がピックアップされ、そのためにストーリーが練り直された内容に見えました。
そのおかげでより理解が深まるところもあれば、「で?」の一言で終わってしまうような場面もありました。

 

みなさんは二種類の物語、どちらが好きでしょうか。

 

【マギレコ二次創作】魔叙事詩カグラ・マギカ 2-1-8 お安い御用と言ったでしょ

早朝に叔父の家へ戻ったが、想像通り私達は叔父に強く叱られた。
朝にはキアラの両親も顔を出し、キアラはそのまま帰ってしまうかと思った。

でもキアラの両親はキアラへ甘かった。

キアラのやりたいようにすればいいと言い残し、キアラの退学処理もやってくれるとのこと。

キアラは私の部屋の隣にある空き部屋に滞在することになったけど、私はだからこそ軽率に聞いてしまったのかもしれない。

「キアラの両親、少し考えが甘すぎない?まさか、政治家に近い存在になれておこぼれもらえるって期待してるんじゃ

「いや、今はあれが普通だよ、違ったのは小学校の前半まで。
理由は河原で話したときの通りだよ」

「そうか」

私達はキアラの家へと移動し、キアラの部屋へと入った。

「今は父親の都合で米国で暮らすことになったけど、剣道が習える学校に転入できたのは父親のおかげかもしれない」

部屋にあった竹刀に触れながらキアラはそう喋った。

キアラは持ち出す荷物を整理するとのことなので、私は一階にいる父親へキアラの過去について聞いた。

「自分の夢を息子に押し付けるんじゃないと、私の師となる人に怒られてね。

妻の父親にもこっぴどく怒られた。怒られた後しばらくは納得いかなかったが、目覚めずに痩せていく我が子の姿を見続け、これが私が夢を強要した結果なのかと後悔するようになった。

そして私は妻が大きなショックを受けておかしくなってしまっていたことにも気づけなかった。気づいた頃には、もう手遅れだった。

私は目覚めるよう毎日キアラの手を握りながら願った。
悪かった、私を1人にしないでくれと。

そうやって数ヶ月後、やっとキアラが目覚めたんだ。

あれからキアラのわがままは可能な限り聞いてやろうと決めた。すべては私の認識が悪かったせいで招いたことばかりだったからな。

イザベラさん、彼女のこと、よろしく頼むよ」

「お任せください。というより私がキアラに助けられちゃうかもしれませんが」

この会話を隠れてキアラが聞いていたのは知らなかった。

でも、叔父様の屋敷へ戻る際に少しソワソワしていたのはそのせいだったかもしれない。

性別による育てられ方の違いは当たり前にあることだ。

とはいえ、入れ物と精神で性別が違う状態で生き続けるというのは死んでしまいたいと思うほど苦痛なことなのだろうか。

きっと苦痛だろうな。私だって耐え切れないだろう。

人間社会の見直しには、こういった点にも気にかけるべきなのだろうな。

叔父様の屋敷へ着き、荷物を置いたキアラは私の部屋にいた。

「それで、今後あなたはどんな活動をしていきたいわけ?」

「まずは魔法少女について見極めたい。私の知っている魔法少女は母親とあの畜生だけ。

これらの情報だけで判断するのは早計だ」

「見極めるったって、魔法少女を探してインタビューでもしていくのか?」

「いや、世界中を回って魔法少女が遺した痕跡を探す」

「世界ときたか。世界中旅する資金なんて何処から調達する気だ」

私は静かに地面を指さした。

「はっきり言ってくれないか、私はイザベラほど頭が良くない」

キアラったら、謙遜しちゃって。

「叔父からもらうわ」

いくらイザベラの父親がお世話になったからと言って子どもへ簡単に資金援助とするわけないでしょ。しかもそれが旅のためだと知ったら尚更だ」

「まあ、勝算はある」

 

次の日、私は叔父へ資金援助と旅へ出る許可をお願いしたが、あっさりと断られてしまった。

しかし普通ならばとても難しい難題をクリアした場合に限り承諾してもいいという。その内容は。

「おじさんを、大統領にしたらか。なかなか冗談がきつい」

「いえ、叔父様に父親と同じ方法で支持者を増やしてもらえば解決よ」

そんな簡単に大統領になれる方法があるなら誰でも飛びついて内容を聞きに来るよ」

「まあ最終的には叔父様の頑張り次第でしょうね。

私達は目立たないところで叔父様のサポートを行うわ。父親を殺した魔法少女へ指示を出したのは政治家かもしれないし」

「なるほど、事実だとしたらあまりよろしくない事態だね」

私は叔父へこのような提案を行った。

叔父の元へ届いた資料、及び会議に必要な資料は私が対処する。

叔父は米国各地を自分の足で見て周り、国民がどんな人たちなのかをしっかり理解して時には手助けしてあげること。

「そのやり方は、あいつと同じ」

「叔父様には、父親と同じ道を歩んでもらいます。どれほど効果があったかは、記憶が残っている叔父様ならよくわかるはずです」

叔父は了承し、次の日から実行に移された。

届く資料は文字が多いだけで要点はそれほどでもないものばかり。行われた会議の議事録を見ても何も決まらない会議ばかりで無駄が多かった。

そんな中、怪しげな行動をする政治家を見つけ出すことができたためキアラと共に調査を行った。

「金で物事をねじ伏せる政治家はいると思ったが、まさかテロリストを利用する輩がいるとは」

「権力を手に入れるためにはなりふり構わないさ。そんなテロリストも魔法少女を利用していると分かって、正直この世界終わってると思ったわ」

「しかし、雇われる魔法少女のふりをして潜入できるのか?」

「キアラは気付かれないように隠れていなさい。私が危なくなったらその時はよろしく」

「了解」

「でも悪いわね。まともな武器が拳銃しか支給できなくて。
キアラにぴったりな武器を用意してもらってるから少しの間辛抱してね」

「いや、ガードマンとして認めてもらえただけで十分だけど」

私はキアラと別れ、誰も尾行してきていないことを確認して夜のビル街 路地裏へと入った。

路地裏にはマスクとフードを身につけた二人組がいた。

「アンタが雇ってほしいと言う魔法少女か」

「魔法少女を何処で知ったかは知らないけど、金のためなら仕事を受けるわ」

「いいだろう」

フードの2人は誰かと無線で連絡しているような素振りを見せた後、私に端末を渡してきた。

「開いてすぐ表示される人物を人気のないところで始末しろ」

記載されていた人物は財務長官だった。

確か裏金関連の政策実現に向けて動いていて、目をつけていた奴は批判的な態度を取っていたわね。

「いいわ。報酬はいつ?」

「始末を確認したらその端末へ場所を送る。そこでそれなりの金額を渡そう」

私は端末をそっと床に置き、素早く2人の首を絞めた。

2人は銃器を携帯していたが突然襲い掛かられ、正常な判断ができず抜けずにいた。

すると物陰から1人の少女が出てきて私にナイフを向けてきた。

だが、隠れていたキアラがやってきて現れた少女の身柄をあっさりと拘束した。
もしかしてキアラ、武器なんていらないんじゃないのか。

「魔力を感じる。計器もなしに魔法少女か判断できるのかと思ったけど、判断するための存在を連れていたか」

酸素不足で動きが鈍くなっていた2人を気絶させ、私は少女に問いかけた。

「あなたの雇い主は何処にいるの?」

「教えるわけないでしょ」

「雇われないと生きていけないって、あなた達普通に生活することできないの?」

「仕事はやっていたさ。だが、魔女退治をしないといけない都合上、まともにバイトや8時間勤務なんてできないんだ。社会はそれを認めてくれない。

だから私達は普通に働けない。

あなたも魔法少女ならわかるでしょ!」

「魔女、休みの日に狩ればいいだけでしょ?」

「そんな都合よく見つかるわけないだろ。見つけた時に倒さないと、手持ちのグリーフシードが無くなる」

グリーフシード、キュウべえが言っていたやつか。

「分かったらこいつに離すよう指示して!アンタの連れなんでしょ!」

私が魔法少女について詳しく聞こうとすると路地裏の奥から数人の気配がした。

「ただ金目当てで釣れたやつかと思ったが、とんでもない大物だったみたいだな」

「ボス…」

少女の反応を見るに、私に話しかけてきた男が政治家と繋がるテロリストの頭らしい。

「アンタ、政治家とつながってるようだけど何が目的?」

「それは俺も知りたいな。一体誰の依頼で俺たちをかぎまわっている?」

「これは独断よ。肉親が政治家なだけで私が気になったから動いているだけ」

「それにしては知り過ぎている。もし独断でここまでやれるなら素晴らしい才能だ。
どうだ、少し話をしないか?」

「ボロノスさん、何を」

私に興味を持ってきた。力づくで情報を聞き出そうと思ったけど、穏便に聞き出せるなら越したことはない。

叔父には書き置きをしてあるし、1日くらいなら大丈夫よね。

「ありがとう、私もあなた達について気になっていたの。色々教えてほしいわ。
キアラ、その子を解放して」

キアラは少女を解放して私の後ろまで戻った。

「じゃあついてこい」

私とキアラは男達が乗ってきた車に乗せられてとある酒場へと着いた。

お酒しかない店だったため、私には水が用意されて男の前に座った。

「さて、アンタは米国のやり方をどう思う?」

「そうね、今も昔も米国は何処から生まれたか知らない強大な権力で世界を牽引してるわ。少し気に食わないけどね」

「ほう、たとえば?」

男はタバコに火をつけて私の回答を待っていた。

こいつらは狂信者か?それともただのごろつきの集まりか。

「慢心しているからよ。

自分たちがいつまでもトップだと周りに思い込ませて、更なる上を目指すものを出さないようにしている。

このままだと衰退するだけだから、気に食わないのよ」

「そうか。

一度俺たちの仕事を手伝ってみろ。その働きっぷりを見てお前を判断してやる」

「あら、聞くのはこの程度でいいの?なら私からいろいろ聞いてもいいかしら」

「ほう、聞かせてやってもいいが、俺がおまえを認めてやった後に聞いたほうがいいと思うぞ」

殺意の視線を感じる。今はこいつの仕事を手伝うと答える以外選択肢はないようだ。

「いいわ、手伝ってあげる」

「明日、俺たちが出会った場所と時間で打ち合おう。
さ、帰ってもらって構わない」

私とキアラはチップ程度の金を置いて店を去った。

男たちから監視されている気配がなくなった場所でキアラが私に話しかけてきた。

「正気か!テロリストの仕事を手伝うなんて米国政府を敵に回すことになるかもしてないのに」

「あの様子、まだテロリストかどうかを判断しきれない」

「どういうことだ?テロリストだと目をつけて行動してたんじゃないのか」

噂と見た目で判断なんてできないのはどれも一緒だ。
一緒の空間に留まってみて分かったが、彼らは思考を止めた野蛮人ではない。

次の日、私達は中東で活発に動き続けている狂信者たちが集まる拠点近くにいた。

「こんなところに奴らが潜伏していたなんて」

「意外だろう。入国審査をしっかり行っているこの国でも資料と見た目だけで判断して、本当に狂っている奴らも平気に入国させてしまう」

同行している男がその場を離れようとしたから私は話しかけた。

「あなた達は宗教を信じているの?」

男は少しキョトンとした顔をした後、何かを堪えるかのように顔へ手を当てていた。

「やめてくれ、敵陣の真っただ中で笑い殺す気か。

神はほどほどに信じている。だが神が全てこの世界を救ってくれるだなんてメンバーは誰も思っていない」

「そう、それがわかればいい。

キアラ、行くよ」

私達は狂信者達へ圧倒的な力の差を見せつけてリーダーと思われる存在以外は皆殺しにした。

そして狂信者たちが崇めていたキリストの像を破壊した。これも何故か任務だった。

狂信者を怒り狂わせたかったのか。

「なんだ、仕事が早いじゃないか」

テロリストのリーダーが声をかけてきた。

「お安い御用と言ったでしょ。

どうかしら、私は宗教なんて信じてないって分かってもらえたかしら」

「そう捉えたか。

俺たちは神へ縋ったりしない。狂った奴らを始末する裏仕事をするのが俺たちの仕事さ」

内情を教えてくれた。警戒心を示す方が失礼か。

「私はイザベラよ。あなたたちに協力するわ」

「俺はロバートだ。俺はお前が気に入った。
これからもよろしく頼むぜ、イザベラ。
そうだお前の知りたいと思っていることも可能な限り教えてやる」

「ありがたいわ」

彼らに魔法少女という存在をどこで知ったのか聞いた。話によると彼らの組織の起源はヨーロッパにあるらしく、ヨーロッパで活動しているときは聖遺物と呼ばれる不思議な力がこもったアイテムを集めて金にしていたらしい。
その時に偶然魔法少女と呼ばれる集団が聖遺物の争奪戦をしていると知り、それを機会に魔法少女を利用した活動を始めていったという。

あっさりと認められてしまったが、どうやら彼らは裏仕事に特化しているようだ。もし政治家から仕事を受けて政治潰しなんて考え出したら奴らを潰すしかなくなる。

今は監視状態でいいだろう、選挙戦も大詰めだ。叔父の様子を観察しておこう。

叔父は米国中を歩き回り、国民の声を直に聞いたことで顔が広い存在となった。
今の税で苦しむ人々のラインはどの程度なのか、今流行りの物事は何なのか、国全体での幸福度はどれくらいなのか。
これらのことなんて、部屋に籠って資料を処理しているだけでは正しい判断ができない。

叔父は考え方を少し変えたようで、政策の内容は国民に見合うような内容となっていった。

選挙当日、叔父の支持率は他の政治家を大きく突き放していた。

そして叔父は、見事に大統領の座を射止めた。

「おめでとうございます、叔父様」

「イザベラ、君のおかげでここにくることができた。

以前の私ならここで満足してあとは惰性で続けていたかもしれないが、ここからが大事だと強く実感できるようになった。

ありがとう」

「それはよかった」

「そうだキアラ、イザベラから頼まれていた君専用の武器が完成しているから渡しておこう」

そう言ってキアラに渡されたのは刀だった。

「これって」

「ずっと竹刀で戦わせるわけにはいかないと言われてね、ボディーガードをしてもらうわけだし日本の刀職人に作ってもらった。
拳銃もそうだが、国の法律には気を付けて持ち歩くんだよ」

「あ、ありがとうございます!」

キアラは今までに見せたことがない笑顔をしていた。
竹刀の状態でも強かったのに、刀なんて手にしたらどんな強さを見せてくれるのか。

こうして私は魔法少女調査のための資金援助を受けることができるようになった。

 

そして私は今空港にいる。

叔父からの資金援助が約束された今、魔法少女について知るための旅を心置きなく行えるようになった。

それと一緒にロバートの手伝いもさせられることになったが、なんの差し支えもない。

「資金援助だけでいいのに、ファーストクラスを使うのはやりすぎじゃないか?」

「時間に縛られなくていいじゃない。旅は追われる中やるものじゃないでしょ」

「まあいいさ。最初はロシア地域だっけ?」

「そう、まずは何の変哲もない街

チェルノブイリから行きましょうか」

 

back:2-1-7

レコードを撒き戻す:top page

Next:2-1-9