【マギレコ二次創作小説】魔叙事詩カグラ・マギカ 4-1 軌跡を壊す序曲

黄昏時が過ぎた頃、日継カレン、紗良シオリ、保別ピリカの3人を捕まえる作戦が行われたが、これは失敗に終わった。
拠点にしてると思われる廃墟には鏡の魔女の結界が広がり、ほとんどの魔法少女が神浜に散り散りとなり、皆が私たちの行方を見失った。

それから間も無く中央区では強力な電撃が走り、電線を伝って過大な電気が流れたことで神浜市全体とその周辺地域が停電状態となった。

騒ぎ出した人間達の中には神浜市から出ようとするものがいたが、神浜全体を覆うように電気の結界が展開され、神浜中は大騒ぎとなった。

無理矢理越えようとしてもコンクリートの壁のように通り抜けることができず、電気柵のように触れると痺れるだけではなく火傷もしてしまう。

人間、魔法少女問わず慌てふためいている頃、中央区の電波塔では儀式が進められていた。

儀式の魔法陣に操られている環いろは、鹿目まどか、夏目かこはそれぞれの持つ力を目の前にある遺骸へ注ぎ、遺骸は光を放ちながら宙に浮き始めた。

その遺骸へ私は神浜を回って集めた因果の束を遺骸へ繋げた。

「これでワルプルガへ因果が収束した。
次はピリカの番だ」

「うん。

いくよ、イペタム。私たちに希望を!」

そう言ってピリカが魔法少女になったことから手にしている聖遺物イペタムを取り出して地面に突き刺した。

それと同時に縁の線を辿って今までに出会った魔法少女達から希望の力が吸い上げられた。

イペタムは対象から希望の力を吸い取ってピリカのソウルジェムを浄化してくれる。

でも欠点もある。

イペタムは妖刀と呼ばれるだけあり、持っている間は急激に穢れが溜まっていく。

今回は希望をワルプルガへ流れるようにしているため、ピリカはすぐにドッペルを出す状態となった。

しかしピリカのドッペルはイペタムが本体であるため見た目は服が赤みがかった色に変わっただけしかわからない。

蘇生、慈悲、再現、膨大な因果と希望の力がワルプルガの以外へ収束し、ワルプルガの遺骸は眩しいほどの輝きを放ち、強力な結界に囲まれた少女が魔法陣の真上に現れた。

少女の姿となったワルプルガは頭を地面の方向に向けて結界の中で眠っていた。

「やった!成功だ!」

「後はこの世の知識を与えればすべて完了する。
シオリ、余計な情報は流すんじゃないぞ」

「心配しないで、快く契約してくれるよう知識を与えるから」

いくら蘇ったといえ、記憶が残っている保証はない。

知識のない赤子として復活されても困るのでシオリの電気の力を使用して頭脳へ知識を流し込む必要がある。

しかし受肉させた時点で9割は目的を達成している。

その結果が今眼下に広がる光景だ。

ワルプルガのために希望を奪われ続ける魔法少女達は苦しそうにドッペルを出し続けて黒いオーラを纏っている。

我を忘れて人を襲ったり、貪ったり、地獄のような光景が広がっていた。
ヒトの身で抗うことなど叶わず、道端であろうと、避難所であろうとかまわずヒトは次々と肉塊へと変わっていった。

まさに逸話にあるワルプルギスの夜そのものだ。

中にはヒトを愛する魔法少女もいただろう。しかしその愛する者も、呪いに飲まれた魔法少女は躊躇なく貪る。
上げる雄たけびは快楽による副産物なのか、それとも後悔の悲鳴なのか誰にも聞き分けることはできない。

普通ならば魔女となるはずだがこの街の特殊な条件のおかげで魔法少女が犠牲になることはない。

犠牲になるのは、ヒトだけだ。

暴れる魔法少女達に電波塔が壊されないよう、ピリカはポンベツカムイを呼び出し、塔の周りを防衛させた。

これでワルプルガが完全体になるまで邪魔が入ることはないだろう

ワルプルガの肉体が復活すると魔法陣は消え、反動を受けた3人はその場に倒れてしまった。

呪いを受けた3人はいずれ眼下の魔法少女達と同じようにドッペルを出し続けて暴れることだろう。
しかしシオリはそれだは飽き足らないようだ。

「その3人は過剰な穢れを持つのが十分だろう」

そう言ってシオリは穢れを凝縮させたグリーフシードのようなアイテム「カオスシード」を3人の首元に投げつけた。

環いろは、鹿目まどかには深く突き刺さったものの、一人だけカオスシードを弾いた。

驚いた、儀式の呪いと希望を奪われてまだ立ち上がる力があるとは。

「夏目かこ、なぜ動ける」

「本当にあなた達は神浜の魔法少女を知らなさすぎる。あなた達の思い通りにいくと思わないほうがいいですよ」

「こいつ、縁を切ったのか。切られた感覚はなかったぞ」

[偽装の力を使ったから当たり前ヨ]

なぜ、死んだ者の声が聞こえる?

[僕たちが一番厄介な存在だと思ったみたいだけど、タダで倒れたりしないよ]

あの時確かに屠ったはず。

[さあ、聞かせてもらいましょうか。あなた達の真意を]

「常盤ななかたち、なぜそこに立っている。ソウルジェムは確かに砕いたはずだ」

[ええ、私たち3人は確かに死にました。

あくまで私たちは一時の記録の再現に過ぎません。かこさんがいるからこそ、ここに立っているのです]

よく見ると夏目かこの頭にある飾りのうち三つの栞が光を放っていた。

「そうか、再現の力ってのは便利なものだな」

「邪魔をする気はないです。教えてください、ここまでしてやり遂げたい本当の目的を」

「それは僕も興味があるね、日継カレン」

足元を見ると久々に見たキュゥべぇの姿があった。

「久しいねキュゥべぇ。これが前に言ったあんたに帰ってくる見返りだよ」

「かつてワルプルガは魔法少女になったが、その時以上に大きな因果を感じる。

もし契約してくれたら、僕たちのエネルギー回収ノルマは目標を達成するだろう。

お手柄だよ、日継カレン」

「キュゥべぇさんと手を組んでいたのですね」

「契約してくれないと自動浄化システムを広げられないからね。

でもそれで終わりじゃない。

見ればわかるだろう、魔女とならずに躊躇なくヒトを殺戮できるこのシステム。

自動浄化システムが世界に広がれば魔女とならずに人間社会を」

「倫理観を」

「価値観を」

破壊することで魔法少女が中心となった新たな組織システムを構築できるようになるだろう。

そこには歯車のように奴隷となる決まりも生きるために働かなきゃいけない呪いも、信じる神のために他者を殺すディストピアは存在しない。

魔法少女のための新たな社会システムを構築して皆が曇りなく生きる世界とするのが私たちの本当の目的だ」

「そうですか、だから私のように今までの固定概念を殺すほどの穢れを皆に流したのですね」

「いずれ魔法少女とヒトは敵対する。

躊躇していたら魔法少女が奴隷にされてしまうぞ。今まで行われた戦争のように」

[敵わないわけですね]

予想外ではあったが結果的に邪魔が入らないのに代わりはなかった

もうすぐ、終わりが始まる。

「なるほどね、まあここでワルプルガが契約してくれれば君たちだけの問題だ。それまでは見届けさせてもらうよ」

「ま、今はそう思ってくれていいよ」

「…!来る!」

いきなりピリカが反応して何事かと思うと太い蔓が地面から伸びてきて私たちの前に3人の魔法少女が現れた。

「十咎ももこ、大きく想像を超えてきたな。
そこまでして私たちの前へ何故立ちはだかろうとする」

生えていた蔓はすぐに燃えて跡形もなく消えてしまった。

「もうあんた達のやり方が正しかろうがどうだっていい。

あたしらの日常を壊したこと、それを悔い改めさせるまであんた達を許せないんだよ」

「へぇ、悔い改めさせるって、どうやるのさ」

「そりゃもちろん、ぶっ殺すに決まってるだろ!」

十咎ももこが私に斬り掛かってくると、間にピリカが割って入って十咎ももこを突き飛ばした。

「相手なら私がします。シオリとカレンには触れさせませんよ」

「舐めんじゃないわよ!」

3対1で戦いが始まった。

ただ倒すだけならここから突き落とせばいいだけだろう。

だが私たちの目的は魔法少女を殺すことではない。

少々好戦的になっているピリカが不安ではあるが、あの3人相手であれば問題はないだろう。

「夏目かこ、あなたは加勢しなくていいのかい?」

「あれはももこさん達の問題です。私たちが手を出すほどではありません。

しかし、別の用ならあります」

そう言うと夏目かこはドッペルを身にまとい、私たちに目掛けて栞を飛ばしてきた。

私は弾き飛ばすことができたが、シオリとピリカには突き刺さってしまい、魔力を採取されてしまった。

「夏目かこ、何をした!」

「過去を教えてもらえないのであれば見るまでです」

夏目かこはピリカとシオリの魔力が篭った栞を掌に乗せ、二人の記憶を覗き始めた。

 

3-13:BACK
レコードを巻き戻す:top page
NEXT:4-2