【マギアレコード】魔法少女関係まとめ

魔法少女同士の関係は、ストーリーやイベントを通して大きな可能性を多く含んでいます。

しかし、メインストーリー以外ではその魔法少女関係がメインでも活かされる関係性なのか、はたまたIF(もしも)次元の関係性であるだけなのかが少しあいまいになっています。

実装当初から考えられていたであろう魔法少女関係というのは、魔法少女をタップした際のセリフから見えてきます。
ここから、新たな魔法少女関係が見えてくるかもしれません。

このページではメインストーリーを除いた各ストーリーでの登場頻度と各魔法少女をタップした際のセリフからわかる魔法少女関係を中心にまとめていきます。

※メインストーリーに絡んでいない外伝漫画シリーズの魔法少女、他作品とのコラボ魔法少女、季節限定、アルティメット・円環マギアタイプは除きます

・ボイスからわかる人間関係 更新中
・衣装別ボイス 未着手

 

 

・環いろは
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
十咎ももこ、水波レナ、秋野かえで、七海やちよ、深月フェリシア、二葉さな、環うい

鶴乃ぇ・・・
なぜ鶴乃関係のボイスがないのか、不思議すぎる
7章で鶴乃がピックアップされたのはこの影響なのだろうか
ういの話題ですが、発見できていない前提の内容となっています。

____________________________

・七海やちよ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

セリフだけ聞くとただの長い間戦い続けてきた魔法少女

____________________________

・由比鶴乃
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
十咎ももこ、水波レナ、秋野かえで、志伸あきら、純美雨

魔法少女ストーリーに出てくるメンバーそのままが話題に上がるということは、鶴乃の魔法少女ストーリーは初期から設定されていたメインにかかわる内容だということ

____________________________

・二葉さな
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
環いろは

想いが重い
魔力解放すると鳥の博識を披露します

____________________________

深月フェリシア
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
常盤ななか、竜城明日香

鶴乃同様に、魔法少女ストーリーに出てきた魔法少女が話題に上がっています

____________________________
____________________________

・梓みふゆ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
天音月夜、七海やちよ、雪野かなえ、安名メル

同じ出身校の後輩、旧みかづき荘メンバーについて話題に上がっています
8つ目のセリフがマギウスの翼関係のままであることを考えると、第二部がある程度進むと時代遅れ感を感じてしまうかもしれません

____________________________
____________________________

里見灯花
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
柊ねむ

魔法少女よりも叔父さんの話題が多いです。
マギウスについては一言も口にしていませんが、ういといろはは話題に出ません。

____________________________

柊ねむ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
里見灯花

マギウスについて一言も語っていないあたり、第一部の結末を考慮した結果だと考えられます。ういについて、いろはについての話題がないのは悲しい

____________________________

・環うい
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
環いろは、里見灯花、柊ねむ

話の内容としては第一部が終わってすぐ程度の期間と、過去の話だけです。
ちなみに、歌が好きであること、この後どうしたいのかをはっきりと話しているため進路についての悩みは解決した後の内容です。

____________________________
____________________________

アリナ・グレイ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
梓みふゆ、里見灯花、柊ねむ

話題に上がるのはマギウスとして動いている記憶の内容のみ
病院の屋上で起きた記憶改変以前の魔法少女関係は一切話題に出てきません
フールガール・・・

____________________________

御園かりん
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
アリナ・グレイ、七海やちよ

諸事情で第一部でほとんど出番がなかった分、第二部のアリナを再登場させる架け橋となりそう

____________________________
____________________________

十咎ももこ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
水波レナ、秋野かえで、七海やちよ

チームメンバーのレナとかえで以外にやちよが出てくるあたり、ももこがチームのリーダー的立場となる前はかなりやちよにお世話になっていたことがうかがえます。

____________________________

水波レナ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
十咎ももこ、秋野かえで

かもれトライアングルが定着しちゃうのはレナのおかげなんだからね!

____________________________

秋野かえで
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
十咎ももこ、春名このみ

ブロッサムが話題に出てくるあたり、チームブロッサムは初期から設定されていた組み合わせのようです
ふゆぅ、レナちゃんはシークレットなんだよ・・・
※魔法少女覚醒のセリフでレナの名前が出てきます

____________________________
____________________________

竜城明日香
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
深月フェリシア、常盤ななか

すこしはささらさんを話題に出してあげて!
とはいえ、話題に上がるのは魔法少女ストーリーで出るメンバーです
魔力解放では竜真流に伝わる型の説明をしてくれます

美凪ささら
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
竜城明日香

魔法少女ストーリーからもわかる通り、明日香とささらのコンビは初期から設定されていた組み合わせのようです

____________________________
____________________________

・和泉十七夜
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
天音姉妹、七海やちよ、梓みふゆ

過去の宿敵と、特に気になる魔法少女代表として天音姉妹について話題に出ています。
天音姉妹の話題が出てくるあたり、彼女たちはマギウス関係の出来事を経て十七夜から一目置かれる存在になったことがわかります。

____________________________

八雲みたま
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
十咎ももこ、和泉十七夜

ももみたは公式認定コンビである可能性が漂う

____________________________
____________________________

天音月夜
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
天音月咲、由比鶴乃、深月フェリシア

月咲が話題に出てくるのは相思相愛だから仕方がない
飲み逃げ犯扱いされたのが相当印象に残ったのか、鶴乃とフェリシアが話題に出てきます

天音月咲
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
天音月夜、七海やちよ

月夜が話題に出てくるのは相思相愛だから仕方がない
七海やちよ、彼女もまた主婦に紛れて安物を求めるファイター
しかし話題に上がる理由は紛れもなくどつかれたせい

____________________________
____________________________

・煌里ひかる
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
紅晴結菜(長女呼び)、大庭樹里(次女呼び)、笠音アオ(三女呼び)

三姉妹の従者になると決めたからなのか、律義にも三人に対しては長女、次女、三女と呼ぶようにしています。他の魔法少女が話題に出ないのは三姉妹にしか興味がないのかそれとも別の意味があるのか。

____________________________

・笠音アオ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
紅晴結菜(姉さま呼び)、大庭樹里(姉さま呼び)、煌里ひかる、鈴鹿さくや、智珠らんか

血が繋がっていない三姉妹という扱いにもかかわらず、律義に姉さま呼びをしています。他のアオ実装当時にいた二木市の魔法少女はまんべんなく話題に出るものの、ひかるがよく話題に出るあたりアオにとって二木市の魔法少女の中ではひかるが話しやすい相手という位置にあるようです。

____________________________

・鈴鹿さくや
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
大庭樹里、笠音アオ、智珠らんか

自分が所属していた虎屋町の魔法少女よりも、敵対していた竜ヶ崎、蛇の宮の魔法少女が話題に上がります。
元敵同士だったこともあり、何かと注目しているのでしょう。
ちなみに、魔力解放のセリフになると姉妹呼びではなく、ちゃんと名前を使って話します。

____________________________

・智珠らんか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
紅晴結菜、大庭樹里(次女呼び)、笠音アオ、煌星ひかる

プロミスドブラッドフルメンバーが話題に出るのは魔力解放をした場合のみです。その中でも特に樹里の話題が出てきます。
ちなみにセリフから家族関係があまりよろしくないという新事実を発見できます。

____________________________
____________________________

広江ちはる
ボイスタップで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
時女静香、土岐すなお

深碧の巫が公開されている時点ですべてのセリフが解放されているあたり、第二部へ入っても主に3人で行動していくことがうかがえます

____________________________

・土岐すなお
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
時女静香、広江ちはる

時女一族のメンバーがよく話題に出ますが、その内容はどれも深碧の巫の事件解決後の内容となっていてしかも都会に出た後。他の時女一族のメンバーが話題に出ないあたり、ネタバレに気を使っている感じがします。

____________________________

・南津涼子
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
時女静香、広江ちはる、土岐すなお

時女一族本家が話題に出てきます。後々鈴鹿さくやと関係を深めますが、ボイスを設定した時点では予定していなかった組み合わせのようです。

____________________________

・青葉ちか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ7まで解放状態)
広江ちはる、南津涼子

時女一族の中でもシティ派であるメンツが話題に出てきます。
すべて解放しているわけではありませんが、時女一族の中ではメンバーから距離を置いている印象をボイスから受けます。

____________________________
____________________________

鹿目まどか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
巴マミ、美樹さやか、暁美ほむら

見滝原のメンバーを網羅するあたり、どの時間軸でも切っても切れない関係のようです

____________________________

暁美ほむら(眼鏡version)
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
鹿目まどか、巴マミ

マミが話題に出てくるあたり、本当に尊敬しているんだなと考えることができます
それでも一番想いを寄せるのはまどかのみ

____________________________

美樹さやか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
鹿目まどか、暁美ほむら、巴マミ、佐倉杏子

まどマギメンバーで唯一フルメンバーを話題に出すという、実は一番全体を見ているのではないのかという考えを巡らせてしまいます

____________________________

巴マミ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

まさかの誰も話題に出さないという事態

____________________________

佐倉杏子
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
美樹さやか、鹿目まどか

さやかはともかく、まどかが話題に出るあたり何らかの因果を感じてしまいます

____________________________
____________________________

矢宵かのこ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

話題に上がるのは衣装とカラーの話
魔力解放することでかのこ特製の奇抜なファッションについて聞くことができます。

____________________________

空穂夏希
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
志伸あきら

同じ学校の運動系、男子に囲まれて育ってきたというところであきらと通じるものがあるのかもしれない
なぜこの関係が活かされないのか、あきらが多忙すぎるから!

____________________________
____________________________

都ひなの
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
木崎衣美里

どんな後輩も大事にするひなのですが、衣美里の存在は特に大きいのかもしれません

____________________________

木崎衣美里
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

あなた初期状態からどれほどの魔法少女に手を出してきたと思ってるんですか
そんな中誰も話題に出ないってマジですか
契約前の性格がわからないあたり、闇を感じます

____________________________

綾野梨花
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
都ひなの

荒れた心を救ってくれた大先輩という立場で話題となるかと思いきや・・・
初期の設定から、ひなのと深くかかわる立場だったようです
魔力解放するたびにミナギーランドへ行きたがります

____________________________

五十鈴れん
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

梨花との関係は後付け設定ですかそういうことなんですか
そうじゃないと、信じたいです・・・はい・・・

____________________________
____________________________

常盤ななか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

何かと色んな魔法少女から話題に上がる立場なのに、本人は誰も話題に出さない
ホントにクールです

____________________________

志伸あきら
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

魔法少女ストーリーでどこにでも現れる魔法少女は誰も話題に上げないという暗黙のルールがあるのかもしれない。
しかし花裂け女の噂について話すあたり、チームブロッサムは初期から予定されていた組み合わせであることがわかります。

____________________________

夏目かこ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
常盤ななか

かこが魔法少女になる後押しをした存在というだけあってななかが話題に出ています

____________________________

純美雨
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
常盤ななか

魔法少女の中でもななかに一目置いていることがうかがえます

____________________________
____________________________

保澄雫
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
由比鶴乃、深月フェリシア

鶴乃とフェリシアが話題に出るあたり、賑やかな人に興味が行く様子がうかがえます
なぜこの二人なのかというと、幻のみかづき荘メンバーとして一度お世話になったからです

____________________________

毬子あやか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

誰も話題に出ないあたり、初期の設定ではだれとでも絡める便利キャラの立場にいたようです
それがいつしか、誰かの大事な居場所になるとは

____________________________
____________________________

胡桃まなか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
二葉さな、阿見莉愛

さなはまなかへ料理によって生まれる笑顔を教えてくれていました
莉愛はまなかにとってほっとけない存在となっています。すべての始まりは行き倒れているところを救っただけでしたが、これも数奇な運命です

____________________________

阿見莉愛
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
胡桃まなか、七海やちよ、矢宵かのこ、夏目かこ、春名このみ

魔法少女ストーリーで出たほぼフルメンバーが話題に上がっています
かのこの話が出るということは、奇天烈衣装を見せて回るというかのこのイメージはどうやら現実の出来事だったようです

____________________________

梢麻友
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
史乃沙優希、阿見莉愛

沙優希と莉愛の話題が上がるあたり、最初から3人で行動するというのは想定されていたようです

____________________________

史乃沙優希
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
梢麻友

プライベートで気兼ねなく刀について会話できる麻友が話題に出てきます。

____________________________
____________________________

桑水せいか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
伊吹れいら、相野みと

れいらとみとが話題には出るものの、ほとんどはコミュニケーションが苦手な話と一人でいるときの話

____________________________

伊吹れいら
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
桑水せいか、相野みと

タップ時のセリフには一切話題に出ない不思議さ
しかしお菓子好きなことはよくわかるという内容です

____________________________

相野みと
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
桑水せいか、伊吹れいら

全体的にふわふわした話題ですが、親友の話題はしっかり出てきます。

____________________________
____________________________

粟根こころ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
加賀見まさら

初期から想定されていたまさここコンビ
十分魔法少女ストーリーで伝わってきますけどね
魔力解放すると編み物の話を始めます

____________________________

加賀見まさら
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
八雲みたま、粟根こころ

みたまが2番目によく話す魔法少女ということは、一番はもちろんこころですね。
こころが傷つくことを嫌がるあたり、特別な存在であると考えていても素直に好きといわないクールさが際立ちます。

____________________________

江利あいみ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

誰も話題に出ない!誰とも話せる便利ポジションということでしょうか
はいはい、また今度ね!

____________________________
____________________________

七瀬ゆきか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
柚希ほとり、柚希りおん、天音月夜

柚希姉妹はイベントでも交流があった元マギウスの翼メンバーで、天音月夜は尊敬する先輩であるため話題に出ています

____________________________

眞尾ひみか
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

誰も話題に出さないということは誰とでも話せる便利ポジションということでしょうか

____________________________

・恵萌花
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
純美雨、都ひなの、御園かりん

魔法少女ストーリーに出てきたメンバーそのままのメンツとなっています。

____________________________

・由貴真理愛
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
恵萌花、安積はぐむ

話題に出てくるのは楽しい手作りひな祭りの時に一緒にいたメンバーです。
残念ながら出会ったきっかけは詳しく話してくれません。

____________________________

・枇々木めぐる
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ7まで解放状態)
なし

第二部から実装された中で誰の話題も出ないことは珍しいですが、初期実装のキャラ同様、誰とでも絡めるようにされた便利ポジションとなりそうです。

____________________________

若葉つむぎ
未所持のため不明

____________________________
____________________________

静海このは
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
遊佐葉月、三栗あやめ

アザレア組しか話題に出しませんが、魔法少女ストーリーでも出たメシマズの話題が印象的となってしまう

____________________________

遊佐葉月
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
静海このは、三栗あやめ

色んな魔法少女と接触している葉月ですが、一番大事にしているのは家族同然なこのはとあやめのようです
魔力解放すると交渉術について話してくれます

____________________________

三栗あやめ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
深月フェリシア
※ログイン(その他)で静海このは、遊佐葉月が話題に出る

フェリシアと仲よくなることは初期から想定されていたようです
あれ、かこは?

____________________________
____________________________

春名このみ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
秋野かえで、夏目かこ

初期から想定されていたチームブロッサムですが、想定されていただけあってメインストーリーでも活躍の場があります
しかしなかなかお目にかかれないレアキャラとなってしまったのはなぜなのか

____________________________

千秋理子
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
天音月咲、梢麻友、阿見莉愛、胡桃まなか

月咲は魔法少女ストーリーで理子の話を聞いてくれてアドバイスをくれた、まなかは理子のイベントストーリーで魔女の結界から助けてくれたので面識があります
しかし、莉愛と麻友の名前が出るにもかかわらず面識がないということは初期から想定した流れとはすでに違う事態が起きているということでしょうか?
今後、莉愛と麻友との交流があるかもしれません

____________________________
____________________________

雪野かなえ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
七海やちよ、梓みふゆ

共に行動していたこともあってやちよとみふゆが話題に出ます。
他は音楽関係とやちよのおばあちゃんの話。

____________________________

安名メル
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
由比鶴乃、十咎ももこ、七海やちよ、梓みふゆ

第二次みかづき荘メンバーが話題に出ますが、ももこの扱いがなかなかシビア

____________________________

更紗帆奈
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

悲しすぎるぞ混沌の魔法少女さん
しかしセリフの内容はなかなか楽しそうな雰囲気

____________________________
____________________________

万年桜のウワサ
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
なし

具体的な名前は出さず、大切な人、白羽根の人といった表現をするため魔法少女ストーリーを見てみるとよくわかると思います

____________________________

観鳥令
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
和泉十七夜

十七夜は東の魔法少女として注目している存在だから話題に上がったのでしょう
よく話す人がいるとわざわざ名前を伏せているのはその人をマギウスの翼関係者として巻き込みたくないからでしょう

____________________________

牧野郁美
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
梓みふゆ

絶対素の方が流行る。
マギウスの翼に入るきっかけになったみふゆが話題に出ますが、友杞ゆみのことは「あの子」としか表現されません。令同様に、大事な人の名前を伏せて話しています。

____________________________
____________________________

宮尾時雨
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
安積はぐむ、里見灯花、柊ねむ

ネオマギウスのメンバーとしてははぐむしか話題に出ないため今後メンバーが増える可能性は低いのかもしれません。
灯花とねむが話題に上がりますが、尊敬しているというだけの話です。

____________________________

・安積はぐむ
未所持のため不明

____________________________
____________________________

小町みくら
未所持のため不明

____________________________

三穂野せいら
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
小町みくら、吉良てまり

みくらとてまりしか話題に出ないため、2人以外とのかかわりは未定の状態で設定が練られた可能性があります。
怪獣コスのような見た目の魔法少女姿は少し気にしている様子。

____________________________

吉良てまり
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
小町みくら、三穂野せいら、柊ねむ

歴史研究部メンバーの話題が多いですが、どちらかというとみくらの話題が多いのは幼馴染であるという関係があるからです。
マギウスとしてではないねむが話題に出てくるあたり、ねむが生存するという前提で設定が練られたのかもしれません。

____________________________
____________________________

水樹塁
未所持のため不明

____________________________
____________________________

柚希ほとり
未所持のため不明

柚希りおん
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ7まで解放状態)
柚希ほとり、香春ゆうな、七瀬ゆきか

話題に出るのはお月見は優雅な茶会の後でのメンツです。
青葉ちかは話題に出ないので、続編にあたる空ろな心に咲く花はのイベント内容は考慮されていないようです。
結構無茶ぶりをしてくる。

____________________________
____________________________

香春ゆうな
未所持のため不明

____________________________
____________________________

・リヴィア・メディロス
未所持のため不明

・篠目ヨヅル
未所持のため不明

・佐和月出里
ボイスで話題に出てくる魔法少女(魔法少女タップ8まで解放状態)
篠目ヨヅル、八雲みかげ

主にテレパシーで会話する相手が話題に出てきます。リヴィアについては直接名前を出そうとしません。

____________________________

 

 

魔法少女をタップした時のセリフからわかること

さて、魔法少女をタップした際のセリフから何がわかるのかというと、その魔法少女の初期から設定されていた魔法少女関係を知ることができます。

なぜ初期から設定されていると断言できるかというと、声入りだからです。
声が入っているというのは声優を呼んでセリフを一気取りしているはずなのでよっぽどなことがなければ初期から想定されていたセリフを吹き込んでもらい、それがマギアレコードへ反映されています。

ならば魔法少女ストーリーも最後に声入りではないかという話にはなりますが、具体的な魔法少女の名前が出ていなければ初期から想定されていた内容なのかはわからないというのが事実です。

タップした時のセリフからは初期から想定されていたコンビやチームが発覚したり、どこに出てもいい使い勝手のいいキャラであったりとそのキャラの立ち位置がわかります。

中には魔法少女ストーリーで会った魔法少女がいても話題に出ないということは偶然会った、初期とは違った出会いであることがわかります。

二木市の魔法少女については魔力解放されることで長女、姉さまといった抽象的な単語を使わず、名前を使用する場面を目にすることができます。
表向きの律義さと、裏のフレンドリーが使い分けられています。それゆえに、魔力解放を行わなければ二木市の魔法少女の魅力がなかなか伝わらないようになっています。

 

初期から想定されていた魔法少女関係から変わった魔法少女もいるはずなので、セリフの追加があることを期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です