次元縁書ソラノメモリー 1-3「なにがどうなっているのさ!」 

情報屋から戻ってくると、つづりさんとソラは以前行った世界について話していました。
ボクたちindementionは4人の力を合わせて多次元へ飛んではその世界の情報を多次元目録へまとめています。

つづりさんの力は繋がる力。その力は人とのつながりを見ることができるだけでなく、別次元とのつながりも観測でき、そこへ移動できるというすごい能力です。でもこれには欠点があり、つながってもいつのどこに到達するのかが不安定であり、元の多次元へ戻る方法も確立されていませんでした。

ファミニアの人々にはなにかしらの能力が備わっていますが、そのどれもが不完全であり、完全であればあるほど不足する点が浮き彫りとなります。
つづりさんの場合は、別世界ともつながることができるという強大な力を持っているけど制御は完全ではないという状態です。


不完全な繋がる力を補うために使用されるのが、つづりさん用に作られた武器『縁結の矛』です。縁結の矛は始点と終点を指定することで元いた次元と移動先の次元を見失ってしまう欠点を補っています。これはソラの記憶する力を縁結の矛と連携できるようにしているからであり、始点と終点を結んでいるのはつづりさんの力。


また、つづりさんが行えない移動先の座標と時間指定はボクが作ったヘアピンとカナデさんが使用できる集音の力で調整を行っています。
ヘアピンでは周囲の画像情報を収集し、ヘアピンを通しての会話も別次元通しで可能となっています。このヘアピンで音を収集し、音を記録できないソラのため、カナデさんが音を記録できる形に変換してくれるのです。
ヘアピンは集めた音情報は記録するために集める以外にも、周囲の状況を大まかに知ることができる材料にもなっています。とんだ先が空中なのか、水中なのか、はたまた地中なのか。
これで判断を行い、座標の調整を行っているのです。
これが完了すればその世界へ再び行くことになっても安全と判断された座標へ再び飛べばいいだけなので、二回目以降は初めて行くよりも簡単です。
今二人が行こうとしている世界はこれで二度目の世界ですので、ヘアピンを通して座標と時間を共有するだけで十分。あとは映像と音声を拾って記録を行えばいいだけです。


記録先は映像と音を記録できる水晶で、これには記憶ができる量に上限があります。水晶に記録された映像と音の二つの要素を一つの本へ記録するのは今のところソラにしかできない芸当です。その本を開くと映像と音声が立体的に再生され、原本はソラに記録されます。
こうやってボクたちはお互いのできることを共有し、支えあっています。

「それじゃ、よろしく!」
「任されましたよっと」
つづりさんが専用の武器を具現化させると石突を床につけます。すると、淡い黄緑色の光がつづりさんとソラを包みこみます。

「座標、時間共に前回の離脱時期に指定」
縁結の矛に埋め込まれた宝石が光り、足元は円形にエメラルドグリーンに発行しています。
「んじゃ、留守は任せたよ」
ソラがそういうと縁結の矛が宙に浮き、宝石が眩く光りだします。するとソラとつづりさんの姿が一瞬で消え、部屋にはボクとカナデさんが残りました。
どうやら二人は無事に次元以降に移れたようです。

情報屋の不安が気になるけど。

ボクは情報屋の元を離れる前に、珍しく情報屋に引き留められたのです。
他人と話すのがとても苦手な彼女がボクに話しかけてきたとき、その聞き取りやすい言葉はミノに話しかけるのと同等なほど流暢な話し方でした。

「小さな変化に気を張って。今の多次元は、気まぐれで道を変えるだけで大きな変化が起きてしまう状態だから。あなたたちが、主犯にはなってほしくない」

「情報屋・・・」

多くの次元が存在するということは、何かの拍子に次元同士が干渉してしまうということがあるのです。

次元にも終わりが存在し、大抵は消えるときは静かに消滅するのですが、時々爆発のような現象を起こして周囲の次元に影響を残して消滅する世界が存在します。
この現象が発生する原因は定かではありませんが、その次元はとても不安定だったことということが今までの調査で明らかになっています。

不安定な次元というのは、次元の在り方や法則、概念が定まっていないカオス状態であればあるほど不安定だと調べがついています。

おそらく情報屋が警戒しているのは、今回起きた正夢の噂が原因でファミニア、もしくはほかの次元が不安定になるということに注意してほしいとのことかもしれません。

そうなると、ボクはソラやつづりさんの行動に気を配らないといけないのです。彼女たちには、寄り道癖があるからです。

 

次元移動の道中


次元移動中は周囲にピンク色の意図が縦横無尽に絡み合い、時々光る粒子が飛び交う不思議な空間に入ります。その中にある一本の糸をわたしとつづりんが飛ぶように目的地へと移動します。
この空間はとても不確かで、観測が不可能なので不干渉次元と呼んでいます。この次元からすべての次元に行けるようなので、この膨大な空間の中に多次元が広がっているのかもしれません。
もし始点と終点を見失ってしまうとと、不干渉次元をさまようことになり、どこかわからない次元に放り出されてしまうでしょう。
これもあくまで憶測だけど。

次元移動をしていると突然つづりんが話し出します。
「ソラさん、この空間ってこんなに光の粒子少なかったっけ」

改めて周囲を見渡してみると、確かにいつもより粒子の数が少ない、というよりも全くない。
すると突然大量の粒子が降りかかってきて周囲の意図が大きく揺れ始めました。
「ソラ!つづりさんにつかまって!}
ヘアピンから聞こえた声に反射的に反応し、わたしはつづりんへしがみつきます。どうやら声の主はアルのようです。

何があったのかと問う間もなく、真横からショックウェーブが襲い掛かってきました。つづりんは苦しい表情になりながら次元間のつながりを維持していました。
今までに経験したことがないショックウェーブによって周囲の意図は次々とちぎれていきます。そして、ちぎれた糸がデタラメにつながっていったのです。
「なにがどうなっているのさ!」
つづりんの問いかけに対してヘアピンから声は聞こえてきません。

私とつづりんが通っていた糸もついに切れてしまい、私たちは終点へ吸い込まれていったのです。

 

1-2←Back page

list:お話一覧

Next page→ 1-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です